こんばんは。白ごはん.comの冨田です。

寒くなったらお知らせしようと、
僕の中で温めておいたお知らせがあります。

「湯豆腐をおうちで楽しみましょう~」という、
なんともゆるいものなのですが、
改めて、湯豆腐っていいなぁと、思ったもので(^^♪

今日はその湯豆腐についてです。


***

本題の前に、ひとつだけ。

**白ごはん.comストア**
**本日24日は年一回の感謝SALE中**


一気に売り切れしまった「国産有機大豆の打ち豆」も再入荷しましたので、ぜひまたチェックしてみてください。無添加ふりかけや3WAYエプロン、オーバル皿なども、いつもよりお得なSALE仕様になっています!
https://shop.sirogohan.com/




***

さて、話は戻りまして、湯豆腐についてです。

今日、既存のシンプル湯豆腐レシピを、写真を追加したり、文章をリライトしたりして、更新しておきました。また、このブログトップの写真(具だくさんの湯豆腐)を先日撮影しまして、近日中にアップする予定です。

◇湯豆腐レシピ◇
sirogohan.com/recipe/yudouhu/


最近、うちの娘がはやくも湯豆腐の美味しさに目覚めてくれて、「今日は湯豆腐だよ~」と伝えると、我が家では歓声があがるくらい喜ばれるようになりました(^^♪

おうちで美味しい湯豆腐を楽しむためのポイントは"薬味"なんじゃないかと、僕は思います。


その中でも、冷奴に定番の刻みねぎよりも、どちらかというと「大根おろし」と「おろし生姜」のほうが大事で熱々の豆腐に冷たい大根おろしを合わせ、そこに生姜の香りをプラスする、これだけでばっちり満足感が高まるはずです!


もちろん、刻みねぎ、かつお節、柚子やすだちなどのかんきつ類、切り海苔、他にも大葉やみょうがなど、好みの薬味を用意すればするほど、味を変えて楽しむことができるので、ここは【用意できるだけ頑張る!】のみだと思いますww


薬味が準備できれば好みの豆腐をゆらゆらと温めます(湯豆腐レシピの中では、自分で土佐醤油を作るやり方も合わせているので、余裕があればそれも準備して)


熱々をいろんな薬味でいただきましょう!きっと年代問わず喜ばれるはずなので、ぜひ湯豆腐好きの方は、ご家族にも布教してみてください(^^)/

◇湯豆腐レシピ◇
sirogohan.com/recipe/yudouhu/
※好みでタラやきのこ類、春菊や水菜をプラスして!
 そのやり方は近日中に白ごはん.comにアップ予定です。


***

ブログがさらに長くなっちゃいますが、白ごはん.comでは新しいレシピをぼちぼちアップしています↓↓↓
この他にも、「菊芋と小松菜の味噌汁」や「打ち豆入りのひじきの煮物」なども。これらもよければまた見てみてください!

*打ち豆は福井県の郷土食材で、丸大豆をつぶして乾燥させたもの。パッと使える便利さがあって、うちでは6~7年前くらいからよく使うようになりました。今度この乾物についても、ブログ書けたらなと思っています~。ではまた!