料理を仕事にしていると、必然的に素材の組み合わせをアレコレ考えなきゃいけないことが多いのですが、「この組み合わせ、どうして気付かなかったんだろ⁉」と思うことってまだまだ出てきます。

今回アップした炊き込みご飯がまさにそれ。

『丸ごとピーマンとツナの炊き込みご飯』
sirogohan.com/recipe/pi-mantunagohan/


***

包丁を入れずに丸ごとをじっくり加熱したピーマンの味は、やさしい甘さがあってジューシーで、なかなか美味しいんです。白ごはん.comでも「甘長ピーマンの蒸し焼き」で、普通のピーマンでも代用可と記載していて、夏場にたくさんピーマンをもらった時なんかは一人3~4個食べたりするくらい。

うちは家族みながピーマン好きってのもありますが、【ピーマンの丸ごと加熱】は美味しくて、食べやすくて、たっぷりピーマンが食べられる、いい調理法だなと思っています。


それを炊き込みご飯でやってみたことなかった!そりゃやらねば!とやってみた組み合わせがこちら。

米 2合
ピーマン 5~6個
ツナ缶 小1個


これだけ。だし汁いらずで、調味料も醤油とみりんだけです。炊き込みご飯って具材を切るのとだし汁を準備するのにひと手間かかるのですが、それが必要ないのがいいところだと思います!


工程での注意点もそんなにないレシピですが、ピーマンから水分が出るので、炊くときの水加減は控えめにするのがポイントかなというくらいです。

はじめからツナと洗ったピーマンを丸ごと炊飯器に入れて炊くと上のような感じに。

ピーマンは箸で簡単に割けるほど柔らかくなっているので、炊き上がってから箸を使ってヘタと種を取り除きます(ある程度種が残っても問題なし!ご飯に混ぜれば気になりません)


仕上げに粗びき黒胡椒が相性抜群なので、あればぜひふりかけて食べてみてください。

ピーマンのやさしい甘さやご飯になじむ感じ、ツナや胡椒の風味が混然一体となって、なかなか美味しいご飯だと思います(^^)/ ピーマンは比較的買いやすい値段になってきていると思うので、ぜひお試しください~

◇丸ごとピーマンとツナの炊き込みご飯
sirogohan.com/recipe/pi-mantunagohan/

***

それから、他にも白ごはん.comでは、これからの季節食べたくなるご飯レシピを”増産”しています!

最近アップしたのは、蒸し器で作る『梅じゃこおこわ』。仕上げにごまと大葉をプラスするのですが、さっぱり風味よく、蒸し暑い時期にぴったりだと思います。
sirogohan.com/recipe/umejakookowa/



***

最後に、白ごはん.comストアからのお知らせです。6/20は父の日ということもあり、オリジナル3WAYエプロンを(欠品中のものもありますが)ただいま5%OFFとさせていただいています。

僕もよくこのエプロンを腰巻にして料理をするのですが、お米屋さんや酒屋さんの前掛けと一緒で、腰が支えられて腰痛予防にもなると思いますので、料理好きな方へのプレゼントとしてもぜひ検討ください~
https://shop.sirogohan.com/product/epronao