oseti2020.JPG
今日から仕事をしつつ、ぼちぼちとおせちの準備をやっていこうかと思っている冨田です。

今日からは黒豆でも煮ようかと思っているのですが、黒豆の下ごしらえで“乾物から水戻しする”のに半日以上かかるから、昨日の夕方から豆を水に浸しています。


黒豆の大きさにもよりますが、そこから煮る時間は4時間くらいかかるし、干し椎茸も同じ乾物なので戻す時間を考えておく必要があります。数の子だって塩抜きに半日以上かかったりするので、スーパーで買ってきてすぐ作るぞ!というわけにはいかないものが多いのも、おせちづくりの特徴かと思います。

年末はそれでなくとも忙しくから(やらなければならないことも、単純にやりたいことも多い!)、せめておせちづくりは、下ごしらえなどの時間を把握して、食材や調味料の買い忘れのないように、非効率にならないようにできたらいいなと、そんなふうに毎年のことながら思ってやっています。


***


去年は食べたいお店のおせちを買っていただいたのですが、今年の年末年始はどこにも行かないし、自分の食べたいおせちを10品くらい作ろうかなと思っています。←こういう仕事をしてても、毎年必ずおせちを作るってわけじゃないです(誰がが作ってくれたものが食べたい年もある…)
 
今年は作ってもらいたい気分な人は、その気分を盛り上げる記事としてww 、作りたい人は(作りたくはないけどしゃーない作るか、、という人も)何を作るか、どれが効率的かなども含めて、白ごはん.comのおせちレシピのまとめを参考にしてみてくださいね~。

kuromamesaitate.jpg 
黒豆の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵5日(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/kuromame/
戻す時間も煮る時間も、豆によるので、
ぜひ余裕を持ってやってみてください。
とにかく家にゆっくりいる時に煮るべしです。
でも市販のものにはない、くどすぎない、
自分好みの甘さにできるとこがいいですよね。


namasutate2.jpg
紅白なます
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/namasu/
大量に作っても冷凍しとけばOKかと。
冷凍したら繊維質がちょっと強く出るけど、
そんなに気にならない程度かと!
アレンジとしてはせん切り柚子をプラスしたり、
五目なます」にしても豪華さアップです。


kazunokotate2.jpg
数の子
…準備半日以上→作ったら冷蔵3~4日
sirogohan.com/recipe/kazunoko/
作ってから1日くらい味をなじませたほうが
美味しいので、直前に作るよりは少し前に
作った方がいいかもしれない!


siitakesaitate.jpg
干し椎茸の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/siitake/
うちでは年に何度も作る定番の常備菜で、
おせち用はいつもよりちょっといいやつで。
干し椎茸の美味しさに目覚める一品かと!
上で紹介したなますに混ぜても美味しい。


tatakigoboutate2.jpg
たたきごぼう
…当日作りやすい→冷蔵で4日ほど
sirogohan.com/recipe/tatakigobou/
だし汁なども使わないのでかなり手軽。
洗いゴボウ買ってきたら下ごしらえもラク!
シンプルだけどごぼうの美味しさが
しっかり感じられるし食べやすいので、
おせちとしても好きな一品です。


datemaki1011tate.JPG
伊達巻き
…当日作りやすい→作ったら冷蔵2~3日
sirogohan.com/recipe/datemaki/
他のおせちに比べて日持ちが短い点だけ
注意が必要な一品(だし汁が入るため)
でも、冷めた状態で食べるおせちの中で、
秀逸な美味しさかと思います。


surenkontate3.jpg
酢れんこん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間以上
sirogohan.com/recipe/surenkon/
冷蔵で長く日持ちするので、できれば
時間のある時に作っておきたい1品。
新鮮そうなれんこんを見つけたときにぜひ!


yuuantate6461.jpg
鮭の漬け焼き
…当日作りやすい→作ってから冷蔵2日ほど
sirogohan.com/recipe/yuuanyakisake/
焼いたらそんなに日持ちしないので
おせちに入れるなら31日に作るのがいいかと。
ただ、一度漬け込んだものを焼く前に
冷凍しておくことも可能なので、
そうすれば31日が少し楽になります。
鮭だけじゃなく、鰆などでも美味しいです。


kintontate.jpg
栗きんとん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵4~5日
sirogohan.com/recipe/kinton/
おせちは醤油味や酸味のきいたものも多いので、
こういった甘みのあるものがあると嬉しいですよね。
この栗きんとんのために、冨田家では秋に
栗の甘露煮を仕込んで脱気して保存してマス!
かなり本気の一品になりそうですww
甘いもの系だと「金柑の甘露煮」なんかも。


tikuzennisaitate.jpg
筑前煮
…準備半日→作ったら冷蔵4~5日ほど
sirogohan.com/recipe/tikuzenni/
干し椎茸が入るので、それを戻す時間が必要だし、
具材も多いので当日はけっこう大変になるかと。
でもこれ1品あれば、各々が好きな具材を楽しめて、
いいものですよね!


いかがでしょうか。他にも、「田作り」「エビの煮物」「あわびの酒蒸し」「タイの昆布締め」「さば寿司」など、紹介しだしたらキリがないくらいいっぱいあります。

僕自身もまだ何を作るか決めきれていないので、白ごはん.comの中で探してみようかと(^^♪ 参考になりましたら~