sekihan0636.JPG
こんにちは。先ほど、白ごはん.comに赤飯レシピをアップできました。

実は"赤飯"が、リクエストいただくレシピの中でもいちばん数が多かったのですが、アップまで時間がかかっちゃいました🙇ゴメンナサイ!

今回アップしたレシピは、皮の破れにくい"ささげ"を使って、『蒸し器』と『炊飯器』それぞれで作るやり方を詳しくまとめたものとなります。

***

こちらが炊飯器ver.⇩ もち米をゆで汁に浸したりする手間を省けるので、蒸し器で作るのに比べて半分以下の時間と労力で作れるのがいいところです!
sirogohan.com/recipe/sekihansuihanki/

sekihansuihanki7.JPG

そして、こちらが蒸し器ver.⇩ 時間はかかりますが、蒸し器を使ったほうがもち米の粒感が残って、より本格的な味わいに仕上がると思います。
sirogohan.com/recipe/sekihan/

sekihan27.JPG

***

簡単に手順を説明すると、ささげははじめに決まった分量の水を加えて20分ほどゆでて火を通します。

sekihan4.JPG
ささげがゆで上がれば、鍋ごと冷まして、炊飯器の場合は浸水させたもち米にそのゆで汁を全量加えます。そこに酒と塩、目盛りまで水を足し入れて、炊飯器で炊くわけです。

sekihansuihanki2.JPG
こちらが炊き上がり⇩ 蒸し器で作るのに比べて、ゆで汁がそのまま入っているので色はしっかり付いてくれます。そして蒸すわけじゃないので、全体的にやわらかめな仕上がり。でもそれはそれで食べやすくて美味しい!

sekihansuihanki0518.JPG

***

それでは蒸し器の場合では、作り方がどう違ってくるかと言いますと…(ささげを20分ゆでるところまでは一緒で)ゆで汁の一部を取ったあとに、下のように残ったゆで汁でもち米を浸して色付けをします(3時間くらい置いてこのくらいの色に)。

sekihan15.JPG
蒸す途中にふりかける用に、取っておいたゆで汁に酒と塩を加え(もち米を浸しておいたゆで汁も足りないので少しプラスして)、準備ができたら、もち米とささげをざる上げし、蒸しはじめます。

sekihan28.JPG
蒸す途中に上下を入れ替えたり、酒と塩入りのゆで汁をふりかけたりします(このあたりの回数や時間もポイントになるのですが細かい部分なので割愛します。実際に作るときにレシピページでチェックしてくださいね。)

sekihan24.JPG
こちらが出来上がり⇩ 炊飯器に比べると色は少し淡く仕上がりますが、もち米の粒感が残ってより本格的なおこわっぽさが出てくれます。

sekihan0693.JPG
それぞれ、ぜひ参考に、やりやすい方で作ってみてくださいね~ 年内に赤飯がアップできてホントにひと安心…なんとか間に合いました(^^)/

◇炊飯器で作る赤飯
sirogohan.com/recipe/sekihansuihanki/

◇蒸し器で作る赤飯
sirogohan.com/recipe/sekihan/

***

白ごはん.comストアからのお知らせです!入荷待ちになっていた"鍋つかみ"が本日入荷しました。のちほどお買い物いただけるよう準備しますので、ぜひまたチェックしてみてください~
https://shop.sirogohan.com/

nabe3_0792.JPG