mentuyuiriko2793.JPG
みなさん、こんばんは。今日はつけつゆに、かけつゆに、他にもいろいろ使える『めんつゆ』レシピをアップしたのでそのお知らせです。だしによってかなり味わいも手順も変わるので、オーソドックスな「昆布とかつおのめんつゆ」と「いりこと干し椎茸のめんつゆ」の2つのページに分けてあります。

***

その前に、ことあと0:00からスタートする【24日フシの日キャンペーン】についても少し…。再三のお知らせで恐縮ですが、白ごはん.comストアの月イチお得ディが、今回に限って“無添加ふりかけ”がさらなる特別価格となりますので、お見逃しなく!
https://shop.sirogohan.com/

hurikake9858yokonaga.JPG
***

さて、めんつゆの話に戻ります。家で手作りするめんつゆの何がいいかって、市販の多くのものよりも、後味すっきりめな美味しさがあることかな、と思います。

あとは、自分好みのだしの風味で作れること。作り方さえ知っておけば、だし素材をどう組み合わせるかだけなので、「今日はちょっといつもの昆布&かつお節に、干し椎茸を加えてみよう」とやってみることもできるし、「いりこ100%でガツンと作ろう」なんてこともできます。

mentuyukatuo2839.JPG
【オーソドックスな昆布とかつお節のめんつゆ】だと、昆布を水に入れてだし取りをはじめに行います。昆布を取り出したあとに醤油とみりんを加え、沸いたらかつお節を加えて、それから5~6分煮出します。あとは濾せば出来上がりです。
https://www.sirogohan.com/recipe/mentuyukatuo/

mentuyukatuo9.JPG
では、かつお節の入らない、【干し椎茸といりこのめんつゆ】だとどうかと言いますと、干し椎茸が戻るのに時間がかかるので、それだけ長く事前に水に浸しておく必要があります(2~3時間以上)。それを火にかけて沸いたらアクを除きます。

弱火で6~7分くらいじっくりだし取りをしたら、すくい網などでだしがらを取り上げ(特に濾す必要もありません)、そこに醤油をみりんを加えて、みりんのアルコール分を飛ばす程度火にかけたら出来上がりです。
https://www.sirogohan.com/recipe/mentuyuiriko/

mentuyuiriko5.JPG
なんのだし素材を使うかで、水に浸したり、火にかけたりするタイミングが異なりますが、それさえ理解すれば、どのようにでも組み合わせできます。作ったら冷蔵庫で5~6日日持ちするので、ストックしてあると何かと便利!

mentuyukatuo14.JPG
つけつゆにするときはストレートで使いますが、かけつゆにするときはどの割合で希釈するといいか、であったり、だしがらをどうするかなども、それぞれのページで紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください~(干し椎茸は食べやすく切ってめんつゆに戻し入れると、麺の具になるのでおすすめ!)

◇昆布とかつおのめんつゆ
https://www.sirogohan.com/recipe/mentuyukatuo/

◇いりこと干し椎茸のめんつゆ
https://www.sirogohan.com/recipe/mentuyuiriko/

mentuyuiriko10.JPG