benishouga5591.jpg
そぼろ牛丼レシピを昨日アップしたのですが、料理名としてマイナーなのか、Googleで「そぼろ牛丼」と入れてキーワード検索すると、昨日の今日ですでにかなり上位に来ていました。

5年くらい前のレシピ本でもやったことがある料理で、個人的には一押しレシピなのですが、けっこう意外…。

どうしてかって言うと、みんな「そぼろ丼」「牛そぼろ丼」って名前を付けてるんですね。いやでも、僕は「牛丼」が食べたい、作りたいときの代替レシピとして味付けも似せたかったので(実際、「3色そぼろ丼」と違って、より牛丼っぽい味つけになっているかと思います)、名前はどうしても「そぼろ牛丼」にしたかったんです。

でも検索されることが少ないマイナーなネーミングだとせっかく作ったレシピを見てもらえないかもしれない‥‥レシピをアップする人の共通の悩みですww

◇そぼろ牛丼のレシピもぜひご覧ください~
https://www.sirogohan.com/recipe/gyuudonsoboro/

***

そぼろ牛丼をアップして、紅生姜について掲示板に質問をもらっていたことを思い出しました。質問内容はこちら。

紅生姜を作るときの赤梅酢は、梅干しができてもう梅干しを漬けている状態のものを使用しても大丈夫でしょうか?(去年作ったもの)

答えは、大丈夫です!

写真の中央と右の紅生姜は、梅干しを浸けていた赤梅酢で作った紅生姜です。赤しそが多い鮮やかな赤梅酢を使うと色が濃くなりますし(中央)、淡い赤梅酢を使うとピンク色に(右)なります。ですので、「梅干しを漬けている状態のものを使用していいか」はOK!

土用干しをしたあとの梅干しを保存する際、「赤梅酢に戻す保存方法」と「赤梅酢には戻さない保存方法」の2種類があるのですが(詳しくは梅干しの作り方後半参照)、赤梅酢に戻す保存方法で「赤梅酢を使い切ったぞ!」と思っても、梅干しを消費するうちに梅酢だけが残ってしまいます。その残った梅酢を紅生姜に活用するとよいと思います。

ちなみに、写真左は赤しそを入れる前の「白梅酢」で作った紅生姜。ごくごく薄くピンクっぽい色味も出ていますが、もはや紅生姜ではない!と言われるかもしれません(笑) でも、味は紅生姜なので、余っていたらこちらもぜひ挑戦してみてください~。

◇白ごはん.comの紅生姜の作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/benishouga/


 ***

◆白ごはん.com無料会員登録もぜひ◆ お気に入りレシピの保存と、レシピごとにメモが残せるようになります。登録者数1万人を記念して、キャンペーンできないかなと考え中です。
https://www.sirogohan.com/


◆『無添加ふりかけ』も発売中◆ 紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作ったおぼろ昆布がたっぷり入っています。
https://shop.sirogohan.com/