kabuae8212.JPG
娘の卒業式があったので、その晩は娘が食べたいといものを中心にそろえてみました。茶碗蒸しやピーマンたっぷりのマカロニサラダ、おにぎり、ローストチキン、和風カルパッチョ、このかぶの和え物などなど。

好きな野菜は?と聞くと迷わず「ピーマン!」、いちばん好きな料理は?と聞くと「茶碗蒸し!」と返ってくる娘なので、けっこう喜んでもらえました。そういえば、最近は酢れんこんがランク外になってきましたね…(笑)

***

さて、今日紹介する白ごはん.comの新レシピは、「かぶの明太子和え」。辛子明太子ではなく普通の明太子を使うと、子供でも食べやすく、喜んで食べてくれました。

「かぶの明太子和え」
https://www.sirogohan.com/recipe/kabuae/

kabuae8.JPG
一玉100gくらいの小かぶを使うと、皮もそのままでOKで、食べやすく切って塩をして、出てきた水を捨てて、明太子と和えます。

明太子に加えて、かぶの茎や葉を1㎝くらいに切ったものを少量のごま油で炒め、それを一緒に和えると、彩りも味わいもぐっとよくなるのでおすすめです(^^♪

kabuae9.JPG
白ごはん.comの「かぶの明太子和え」、ぜひお試しくださいね~
https://www.sirogohan.com/recipe/kabuae/

***

白ごはん.comではレシピにたびたびごま油が出てきます。あれにも、これにも、ごま油。

では、どのレシピもごま油味かというと、そうではないんですよねー。

ごま油の風味がしっかり立ったレシピは、実はほとんどなくて、大半がごま油を少量使いして、料理の風味アップをはかるって目的のものばかり。

このかぶの和え物も、さほどごま油の風味は出てきません。先日アップした「白菜のうま煮」なんて、まったくごま油の風味は感じないけれどごま油が小さじ1/2ほど入っていて、ごま油があるかないかで、かなり味わいの濃さ、みたいなものが変わってきます。

皆さんも、料理に合わせて、ほんの小さじ1/2くらいごま油を加える、その使い方をぜひやってみてください。

※だしの素や鶏ガラスープの素など、化学調味料入り(もしくは酵母エキス等)の味わいが強く出る調味料を料理に使わない場合、特にごま油の少量使いが効いてくると感じています~。