kuromamesaiyoko.JPG
そろそろおせちの準備に取り掛かろうかっていう方も多いんじゃないでしょうか。今日は前置きも手短に、今月アップされたヤマサ醤油さんのレシピなども含めつつ、おせちにぴったりなレシピをまとめて紹介したいと思います。


まずはやっぱり「黒豆の煮物」↑↑↑
https://www.sirogohan.com/recipe/kuromame/

これは冷蔵5日が目安で、冷凍も可能!前日から豆を戻す必要があるし、炊く時間もけっこう長いので、時間のあるときに計画的に作るのがおすすめ。空気にふれるとシワが寄りやすいので、冷凍するときでも煮汁をたっぷりそそいでから冷凍するとよいです。


kurosenyoko.JPG
それから、黒豆の煮物よりも短時間で炊くことのできるのが「黒千石豆の煮物」です。
https://www.sirogohan.com/recipe/kurosen/

こちらは黒豆よりも小さい分、甘みもしっかり豆に入るので、冷蔵1週間が目安で冷凍保存も可能!黒豆のふっくらした食べ応えに対して、こちらはもう少し豆の粒感が感じられる炊き上がりになると思います。最近はスーパーの乾物コーナーに置いてあることもあるので、見つけたらぜひ。煮汁ごとヨーグルトにかけるのも美味しいです。


namasuyoko.JPG
紅白がめでたい大根とにんじんの「紅白なます」も長く日持ちしますよね。
https://www.sirogohan.com/recipe/namasu/

これは冷蔵1週間が目安で、実は冷凍保存も可能!「なますを冷凍??」って私も思いましたが、勤めていた料理屋では年始の初釜やお弁当のために普通にやってました^^。解凍後は少しだけ野菜の繊維質が強く出てきますが、気にならない程度だと思います。

紅白なますをボリュームアップして、少し贅沢にした「五目なます」も同じだけ日持ちします↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/gomokunamasu/

gomokunamasu0072.JPG

ここ数年、僕が欠かさず作っているのはこの「赤カブの酢漬け」
https://www.sirogohan.com/recipe/akakabu/

僕の住む愛知や岐阜では非常にメジャーなカブで、決まって12月ころから並び始めるのですが、赤カブならではの色合いがお正月らしく、ちょっとした渋みもあって日本酒と相性も最高に良いのです!

akakabu0267.JPG

それから、おせちの定番、「田作り」も日持ちするので今日からでも作ってもOKの1品!
https://www.sirogohan.com/recipe/tatukuri/

保存の目安は冷蔵7~10日、冷凍保存も可能です。田作りはたれを絡ませたあとに、寒いところに置いておけば(冷蔵庫に入れなくても)、たれもゆるまずに保存可能です。乾物のいわしに、醤油と砂糖など、傷むものは何も入っていませんので(^^)/

tatukurisaiyoko.JPG

続いては、お正月には立派な椎茸で作りたい「干し椎茸のうま煮」です。
https://www.sirogohan.com/recipe/siitake/

siitakesaiyoko2.JPG
これは僕は昨日大量にすでに作って、冷蔵庫にストックしてあるのですが、日本酒に合いますよね~。滋味深い味わい。こちらも冷蔵1週間、冷凍保存も可能です。上で紹介した五目なますの1目としても、この干し椎茸の煮物を使うことができます。


surenkon6329.JPG
それから、うちのおせちのド定番「酢れんこん」
https://www.sirogohan.com/recipe/surenkon/

娘の大好物ということもありまして、、しかも冷蔵で7~10日ほど日持ちします。ただ、これは冷凍は不可なので、注意してくださいね。

fd_9xhhlXi.JPG
これはその酢れんこんを使った「射込み明太れんこん」で、今月ヤマサ醤油さんのサイトにアップしていただいたレシピです。より色合いもよく、子供も喜ぶ仕上がりになります!ちょっとだけ辛子明太子を詰めるところにポイントがあるので、ぜひチェックしてみてください!
https://recipe.yamasa.com/recipes/3608


kinkan6539.JPG
「金柑の甘露煮」もおせちの中に入っていると、彩りもよくて、よい箸休めになってくれます。
https://www.sirogohan.com/recipe/kinkan/

こちらは冷蔵で2週間ほど日持ちします。余ったみつはお湯で薄めて「ホットきんかん」にしていただくのもなんだか冬っぽくておすすめです。


saikyou6283.JPG
それから「さわらの西京焼き」なども、味噌床を作っていまから漬けこんで(大晦日まで冷蔵庫で寝かせてから)31日に焼くっていうのもアリです!
https://www.sirogohan.com/recipe/sawara/


味噌床作るのはちょっと大変…。という方には、シンプルに醬油やみりんなどで漬け込む「鮭の漬け焼き」もおすすめです。さわらでも同じように美味しく作れますし、漬け込むときに柚子の輪切りを1~2切加えて、柚子の香りをプラスしてもなかなか良いものです。
https://www.sirogohan.com/recipe/yuuanyakisake/

yuuan6460.JPG

ここからは煮物2品の紹介なのですが、一つは「長芋の煮物」
https://www.sirogohan.com/recipe/nagaimonimono/

おせちの煮物と言えば、海老芋などの里芋系が多いですが、長芋のほうがより作りやすく、お重などに盛る時も形がそろえやすいので、きれいに盛りやすいんですよね。僕が料理屋で勤めていたころのおせちには、度々登場したいいところいっぱいの煮物です(煮物が余ったら、汁気を切って小麦粉を絡めて揚げると、めちゃくちゃ美味しい唐揚げとなります!)

nagaimo6167.JPG

もう一つの煮物は、具材たっぷりな「筑前煮」
https://www.sirogohan.com/recipe/tikuzenni/

tikuzenni0236.jpg
具材をそろえたり準備したりするのには時間がかかりますが、手間をかけた分だけ、たくさんの具材の美味しさが凝縮されて、美味しく仕上がると思います。時間があればぜひチャレンジしてみてもらいたい1品です!


simesabayoko.jpg
最後は「〆さば」です。僕の大好物。
https://www.sirogohan.com/recipe/simesaba/

これは冷蔵だと2日なのですが、そもそも寄生虫対策のために冷凍保存してから食べたほうがよいので、作ったら1日以上冷凍しておき、30日や31日に解凍してからいただくとよいです!


以上、おせちレシピ15選でした。白ごはん.comでは上のレシピ以外にもたくさんおせち的なレシピがあるので、ぜひ参考にしてみてください。毎年これを作るっていうその家ならではの味があると、行事がより楽しくなる気もしますよね。
https://www.sirogohan.com/feature/oseti.php


*ヤマサ醤油さんのレシピも1品紹介させていただきましたが、「射込み明太れんこん」以外にも、たくさんおせちのレシピをアップしています!長年にわたり、これまで月に数レシピをヤマサ醤油さんのサイトにアップいただいていたのですが、実は今月で終了となります…。楽しみに見てくださっていた皆さん、これまで本当にありがとうございました!
https://www.yamasa.com/happy-recipe/recipe-writers/tomita/