natuyasai.JPG
うちのベランダ菜園ではまだまだ収穫がそんなにないのですが、義父の畑などから続々と夏野菜が届くようになりました(いまはきゅうり、ピーマン、なすが一番多いかな)

スーパーでもこれから夏野菜が買いどきなので、改めて白ごはん.comイチ押しの夏野菜レシピをまとめておこうと思います。野菜を前にどうやって食べようかなぁと考えている方、参考にしていただければ!


まずはさっぱりといただける夏ぴったりの和え物たちから〜どれも時短料理です。

minitomatoyoko.JPG
「ミニトマトときゅうりのごま和え」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/minitomato/

和食の基本的な料理「ごま和え」ですが、ミニトマトもとても相性良しです。黒こしょうがピリリと香る飽きのこない味わいで、箸休めなんかにぴったりな1品。最近「普通のトマトではだめ?」とSNSで質問いただいたのですが、ミニトマトのほうが水っぽくなりにくいのでおすすめです。


dasiyoko.JPG
ごはんのお供になる「だし」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/dasigohan/

きゅうり、なす、みょうがといった夏野菜を大葉や生姜と合わせ、昆布をきかせた醤油ベースの調味料に漬け込んで作ります。しっかり冷やして、ごはんにかけていただくと暑い時期に最高の組み合わせになると思います(^^)/


pi-man1615.JPG
「ピーマンの塩昆布和え」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/pi-man/

塩昆布の旨味と生姜のさわやかさで箸が止まらぬ美味しさです。ピーマンを無駄にしない切り方も紹介しているので、そちらも合わせて見てみてほしいレシピです〜


pi-sara65632.JPG
「ピーマンサラダ」↑↑↑
https://www.sirogohan.com/recipe/pi-sara/

こっちはもう少しサラダっぽい仕上がりになるピーマンの副菜。和風に塩昆布でいくか、ちょっと洋風にハムなど合わせてサラダ風にいくか、、という違いです。箸が止まらなくなる美味しさ!(だと思っています)


kuromisonasu2690.JPG
「レンジ蒸しなすの味噌がけ」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/kuromisonasu/

材料3つをまぜるだけの『黒こしょう味噌』を、レンジで加熱したなすにかけるだけ!この味噌だれがあればスティック野菜もいつもと違う食べ方ができますよ


go-yanikumiso6710.JPG
「ゴーヤの豚みそ」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/go-yanikumiso/

娘があまり喜んでくれないから積極的にゴーヤはもらってこないのですが…、ゴーヤってめっちゃ大きいものもあるので、1本使い切れないことも…。冷蔵庫に半端のゴーヤがあるときによく作るレシピ。これもご飯がめっちゃ進みます。


wakamegohanyoko.JPG
「刺身わかめの簡単丼ぶり」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/wakamegohan/

ぱっとお昼ご飯を手軽に済ませたいときとか、食感のいい「きゅうり」に、冷凍ストックしておきやすい「じゃこ」「刺身わかめ」などを合わせてうちでたまに作る丼ぶりレシピです。これもやっぱりきゅうりあってこその丼ぶりだと思います。


tomatosarayoko.JPG
「トマトサラダ」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/tomatosara/

こちらはSNSを見ても、作ってアップしてくれてる人が多いなぁという印象のトマトのサラダ。ビールの箸休めにもぴったりだと思います。きんきんに冷やして作ってみてください。


次に、きっといつもと違う夏野菜の魅力を発見できるレシピたちです〜だまされたと思ってぜひ挑戦してください

zukkisarada2229.JPG
「ズッキーニのサラダ」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/zukkisarada/

加熱して食べる印象が強いズッキーニですが、薄く切って塩もみすれば本当においしくサラダでいただけます。(かれこれ10年前くらいの自家菜園で作ってみたことあります、ズッキーニ!)


kyuurimisosiru8719.JPG
「きゅうりのみそ汁」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/kyuurimisosiru/

こちらはズッキーニとは逆に生で食べることの多い野菜。でも、皮をむくことや、火を通してから時間をおいてよく味をなじませることで、とても美味しいみそ汁の具に!新しいきゅうりの魅力に気づける食べ方だと思います~


tonjirunatu6801.JPG
「トマトとオクラの夏豚汁」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/tonjirunatu/

豚汁に入れる野菜といえば根菜が定番ですが、夏野菜と生姜を使えば、コクもありつつ、さっぱりとした味わいの豚汁ができます。食欲が落ちる夏にも、飲みたくなるみそ汁となってくれます(^^)/


edamamegohanyoko2.JPG
「枝豆の炊き込みご飯」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/edamamegohan/

「とうもろこしご飯」人気が高いのですが、それと同じくらい流行ってもいいのになぁと思うのがこの枝豆を使った炊き込みご飯。春のえんどう豆、夏の枝豆というように、冨田家だと定番の塩味の炊き込みご飯。でもあんまり知名度がない…。ほんと美味しいのに!っていつも思っています。


manganji0989.JPG
「甘長とうがらしの蒸し焼き」↑↑↑
http://www.sirogohan.com/recipe/manganji/

甘長とうがらしって買うと高いから、もらえると本当に嬉しい野菜です。ピーマンでも同じように作れるのですが、ヘタも種もぜーんぶいっしょに10分くらいじっくり焼くレシピです。レシピっていうほどのものでもないんですけどね(笑)


zukkiitame2556.JPG
「ズッキーニの生姜炒め」↑↑↑
https://www.sirogohan.com/recipe/zukkiitame/

ズッキーニ、生姜、醤油少々に粗びき黒胡椒。シンプルだけどクセになる簡単な炒め物です。ズッキーニもいまはどこのスーパーにも並んでいる気がしますね。ぜひお試しを。


一個でもやってみようかな、と思ってもらえるレシピがあればうれしいです。夏野菜もりもり食べて、うだる暑さを乗り切りましょう~ 

*このレシピのまとめは昨年ブログ記事として紹介したものにレシピを追加して再構成したものです~