ai5HflZqox.JPG
なんと言うことでしょうか。事務所に入った時に一瞬何が起こったかわからなかったんですけど、昨日うちの事務所でけっこうな雨漏りをしてたことが発覚…。部分的にですがバケツの水をひっくり返したような状態でした(>_<)

幸いなことに家電や器、布など大丈夫だったのですが、工務店さんに対応いただくまで少し時間があるので、いろんなものを安全な場所に避難しました。

その時いろいろ洗って再設置したのですが、せっかくなのでキッチンまわりのツールを紹介しようとこの記事を書いています(^^♪


さて、まずは箸や大さじ小さじ、キッチンばさみを入れる“キッチンツール入れ”。

私は2つ使っていて、どちらもscopeさんのもの。scopeさんのサイトに、

キッチンツール立てというのは何故どれもこれも口が広がってんだ?台所道具も様々であり、サイズも違えば、重さも素材も違う。なかには、長い物、重い物もある。だから安定する事が大事で、つまりはツールが広がらない事が大事じゃないか。

とこの商品を作った経緯を書かれているのですが、まさにその通り!広がらないことが私にとってもすごく重要なのです。(scopeさんのサイトはこちらから

FtGP547Bgu.JPG
じゃあ、私がどういう風に使っているかというと、高さのあるスタンドは箸やさっと使いたいゴムヘラ、キッチンばさみなどを入れて、低いものはさじを中心に入れています。どちらも適度に重さがあって、たくさん入れてもしっかり安定してくれます。

調理中に「いまこれを取りたい!」と思うものがパッと取れることが大切なので、大きなキッチンツール入れの中には下のように小さな小瓶を入れて(それに箸だけをまとめて入れて)ます。

dOA_s4B4LQ.JPG
その横にはさみやゴムヘラ、小さい泡立て器も入れてるのですが、区分けすることで箸とごちゃごちゃにならずに使いやすいなと。ちょっとしたことですが、私の場合、箸が何種類かあるので、箸だけの中からパッと探せたほうががいいのでそんなふうにしてるんですよねー。

Udt3nVjZyB.JPG
そして、低い方にはいろんなスプーンや短いヘラ、骨抜きなどをがさっと(^^) これは案外探しやすいので、特に区分けはしてません。

ufqyJ_rJsY.JPG

さて、お次は塩と砂糖の入れ物。これまでいろいろと使ってきた結果、行きついたのがこの「KINNER(キルナー)ストレージジャー」です。

jMjOv15Zva.JPG
ガラスなので適度な重さが良くて、蓋を開いたときの口の大きさも十分で、作業がしやすく気に入って使っています♪

Wu4xHnw4zS.JPG
蓋のところにはゴムがついているので、必要最低限の密封性もあると思います。

BOqNaUTjUw.JPG
とはいえ、開けにくさはないので、調理中なんども開け閉めしてもストレスはないです。ちなみに私が使っているのは0.65Lのもの。(いちおうamazonにも販売ページがあったのでリンクを貼っておきます。こちらからどうぞ)

4Ki7Cn8AhE.JPG

ここからはさらっと。私のキッチンは野菜を切ったりする作業場と火口が少し離れているので、火口の近くにも箸や塩などを入れるものをいつも置いています。

こちらは元々あった祖母からもらった箸入れ(青いもの)だとか、ヘラなどを入れるものはデッドストックの古いガラス瓶、塩入れは松原竜馬さんの蓋物の器を使っています↓↓↓

jjyWLfrWb2.JPG
火口のそばに設置するとこんな具合。塩を2種類使っているのでもう一つちっちゃな塩入れもあります。そして、右側の蓋付きのステンレスの入れ物は味見用の小皿を入れています。

YYcFFI0wEs.JPG

たまにはこんな風に道具のことも紹介できるといいですね~。自分で記事として改めて道具と向き合って書いてみると、当たり前のようにしてることに隠れた工夫があったり、自分でも何かしらの発見があって面白いです。

早く工務店さんの雨漏り対策してもらわなきゃー!!