nanbugohan.JPG
秋といえば新米の季節。

普通に炊くご飯がみずみずしくて、いつもよりちょっと多めによそっちゃうのは、冨田家だけではないはずです!

鍋炊きなんかすると、この時期は特に白ごはんだけでも超ぜいたくなご馳走になってくれるわけですが、秋は新米とセットで、一年の中でいちばん炊き込みごはんにして美味しい食材が旬をむかえる時期でもあります(^^♪

白ごはん.comのサイトの中でいろいろとピックアップしてみると、秋が旬の食材炊き込みご飯がちょうど10個あったので、まとめてみますね!いっきに写真とリンクをまとめます↓↓↓

matutakesai7787.JPG
言わずもがなの「松茸ごはん」。冨田家は今年、先日いただきものの松茸で数年ぶりの松茸ごはんをお家で堪能できました~!やっぱり香りがいいですね。
https://www.sirogohan.com/recipe/matutakegohan/


nagaimotakikomiyoko.JPG
めずらしく「長芋の炊き込みごはん」。ほっくりとろりとした芋の甘みが感じられるのでなかなかおすすめなんです。
https://www.sirogohan.com/recipe/nagaimotakikomi/


kakigohan7947.JPG
寒くなってくると美味しくなりますよね!秋から徐々にスーパーに並びはじめるので、出てきたらさっそく「牡蠣ごはん」もいいものです。
https://www.sirogohan.com/recipe/kakigohan/


kinokogohanyoko.JPG
シンプルにきのこをたっぷり使った「きのこの炊き込みごはん」も作りやすい炊き込みご飯の代表格です。海苔との相性もばっちりなので、行楽弁当のおにぎりにしてもうまいです!
https://www.sirogohan.com/recipe/kinokogohan/


renkongohan1515.JPG
秋から旬を迎える根菜類は、野菜自体の甘みも徐々に増してくるので、これからの時期にシンプルに炊き込みご飯にするのもいいものです。こちらは「れんこんの炊き込みご飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/renkongohan/


satumaimogohan5159.JPG
これから芋掘りシーズンを迎えるので、たくさんサツマイモが手元にあるときは一度は作りたいのが「サツマイモの炊き込みご飯」。塩だけで味付けで十分すぎるほど美味しくなってくれます。
https://www.sirogohan.com/recipe/satumaimogohan/


kurigohan7366.JPG
ちょっとだけもち米を入れると、もっちりして美味しい「栗ごはん」もまだまだ旬の時期でもあります。大きな栗を贅沢に使った栗ごはんは秋の贅沢のひとつですよねー。
https://www.sirogohan.com/recipe/kurigohan/


mukago3474.JPG
これから旬をむかえる「むかごの炊き込みごはん」もシンプルに芋の甘みとプチっとした食感が楽しめるのでおすすめですっ スーパーや百貨店、道の駅などで見かけたらぜひ買ってみてください!←炊き込みごはんにしなくても、素揚げするだけでもすごく美味しいですから(^^)/
https://www.sirogohan.com/recipe/mukagogohan/


rakkaseigohan5953.JPG
秋に収穫時期をむかえる野菜は落花生も!「落花生の炊き込みご飯」も、買ってきた殻ごとの落花生を長い時間ゆでるよりも簡単に短い時間で調理できるレシピだと思います~
https://www.sirogohan.com/recipe/rakkaseigohan/


ginnangohanyoko2.JPG
最後は「銀杏の炊き込みご飯」です。愛知県が生産量多いのですが、先日出荷がはじまったとニュースになっていましたよ!殻を割るのは手間ですが、割っただけの美味しさ、満足感があるご飯ものだと思います!
https://www.sirogohan.com/recipe/ginnangohan/

これだけあったら本当に迷ってしまいますよね(笑) 秋は炊き込みご飯の食材の宝庫だなって、改めて思いました(^^♪ お買い物に行ったときに、ぜひ思い出して「炊き込みご飯にしてみよーっと」となってもらえますよう!

以上、白ごはん.comの秋の炊き込みごはん特集でした!