kinarino2kaime.JPG
キナリノでのweb連載がスタートして、今回が第2回目。我が家らしい「冨田家の季節の献立」を紹介する連載です。

この年の瀬にアップしてもらったのは「きつねうどん」「冬の常備菜」の献立。

ちょっと渋すぎやしませんか、と自分でもツッコミ入れたくなる内容なんですけど(笑)、こういうのが好きだし、うちのご飯そのものだから、企画のコンセプトとしてはばっちりなわけです
「旬の献立vol2」 https://kinarino.jp/cat4/24337

kinarino2kaime2.JPG
献立の内容は、
・きつねうどん
・酢れんこん
・ねぎのマリネ
・黒千石豆の甘煮
・長芋の煮物
・水菜の浅漬け


冬の常備菜はそもそもおせちにつながるものも多いし、この年末年始におすすめなものも多いです。そんなわけで常備菜は、おせちに使えるものも入れつつ、味や食感の違う5品を組み合わせてみました。1週間くらい日持ちする常備菜もいくつかあるので、この時期特に参考にしてもらえるかなと思っています~。


話は変わって、献立から器に目を移すと、冬って大根だったり蓮根だったり、淡白な色合いのものが多い時期でもあります。春の緑、夏のカラフル、秋の暖色、冬の淡白、といっ野菜の色イメージでしょうか。

ここからは個人的な好みなのですが、冬の料理を盛る器に何を使うかというと、僕は赤などの暖色系の器を差し色に使うというよりは、好んで「青色」の器を使っています。冬の野菜で和の調理をすると、しょうゆ色がついて暖色系に近づくことも多いので‟暖色×暖色”よりは‟暖色×青色”のほうが食卓をすっきり見せることができるように思っています。

kinarino2kaime3.JPG
*書き出したらキリがないのですが、最近大晦日の年越しそばに対抗して?、「年明けうどん」ってポスターをここ数年目にする機会が増えました。そんなことにもあやかりつつの「きつねうどん」です~。ぜひご覧くださいね


連載「冨田ただすけの旬の献立」vol2
https://kinarino.jp/cat4/24337

連載はキュレーションサイト「キナリノ」さんにて。
https://kinarino.jp/

主な器はscopeさん(連載の最後に使用した器クレジットも入っています)。印判の染付が小皿に豆皿にさまざまあって、使いやすさも見栄えもナイスです^^
http://www.scope.ne.jp/