先週、ちょっとしたご縁が重なってお知り合いになった、おやつ職人“まっちん”さんに会いに岐阜に行ってきました~。

まっちんは本の出版、イベント、メディアへの掲載も多々あるので、ご存じの方も多いと思います!そういう私もまっちんおやつのファンで、おうちに「大地のかりんとう」があるとお茶の時間が楽しみで仕方ありません(^^)

岐阜では、まっちんと奥さんと3人で岐阜の街をぷらぷら。おすすめのお店もたくさん教えていただきました~。「カレーの文化屋食堂」「円居」「岐阜大仏」「ツバメヤ」「ミツバチ食堂」、、いろんなお店に伺いました(←気になるスポットだらけですよね~) 岐阜に住みたくなるくらい、素敵なお店と、あたたかい雰囲気にあふれた人たちばかりでした。


帰りにいただいたのが新しくプロデュースされたおやつ「3時のビスケット」。これはまだ仮のパッケージだそうなのですが、これが美味しかった^^ 

フライビスケットなのにまったくくどくはないんです。だけど、しっかりとした香ばしさや小麦のふすまの風味が感じられます。甘みもしっかりあるものの、あとを引きすぎないのがとっても食べやすいと思いました。
(持って帰ったら娘と嫁が“止まらない~”とか言って、1袋をすごい勢いで食べきってしまいました…。私はまだビスケット3枚しか食べてなかったのに…涙。もう一袋あったからよかったものの!)

シンプルな材料で作られています

まっちんと話をしていて、とっても共感したのが、原材料における「ショートニング」の使用についてです。どうしても大量生産で安定して利益を上げる必要のあるメーカーは、日持ちさせやすい、価格が安い、加工に適しているなどといった理由でショートニングに頼りがちです。

ビスケットにショートニングを使わず仕上げる商品を前提としてスタートしたまっちん、私も食品加工メーカーにいたのでよくわかるのですが、メーカーもやっぱりプロだから、その会社ごとに熟練したやり方があって、そのやり方、つくり方を変えていくって相当な苦労が必要になるんですよね。

いろんな問題をひとつひとつクリアしながら、たくさんの人に自分の想うおやつを届けたいというまっちんの姿勢は素晴らしいと思います。またひとつ、応援したいおやつが増えました(^^) 

*「3時のビスケット」は、新しいパッケージで4月中旬に発売予定だそうです。ツバメヤさん、まっちんの公式サイトなどでも情報がアップされると思いますので、気になるかたはぜひチェックしてくださいね↓↓↓

ツバメヤさんのサイト http://tsubame-ya.jp/
まっちん公式サイト http://mattin.jp/