昨日発売のAERA、1年8か月続いた私の連載「しあわせの白ごはん」が最終回となりました。これまで見てくださったみなさん、本当にありがとうございます!

最終回は実家の下関に帰って、母親に煮しめの作り方をきちんと教えてもらって、その目分量すぎるレシピを作りやすいものに変えてみました(笑)

食・料理って生きるためにはなくてはならないもので、次の世代へとずーっと受け継がれていくもの。いちばん自分が影響を受けたのはやっぱり実家の料理です。そのひとつひとつに目を向けて、時間のあるときには作り方を教わろうと、改めて思えることができました。

料理研究家になってそろそろ丸2年。AERAの連載とともに歩んできた時間だったと思います。その中でAERAの編集のみなさん、カメラマンの小林キユウさん、いろんな方の助けがあって、毎回毎回が勉強でした。こんな貴重な機会をくださったAERA編集部のみなさんに心から感謝いたします!

来年はまたこの経験を活かすためにも、新しいことにひとつづつ挑戦していきたいな、と年末だからいろいろ妄想しています(^^)

*あっ、そういえば!来年2月にこの連載が本になりますので!また詳細決まればお知らせしますっ