先日祖母から受け継いだお重が漆作家さんから戻ってきました~^^
何をお願いしたかというと、お重の傷や欠けを塗りなおしてもらったんです!
これまでは自宅使いだけだったので、欠けがあっても特に気にしていなかったのですが、撮影などで使うことが今後出てくると思い、家の近くの漆作家さんにお願いしてあったんです。

ちなみにこれまでのお重はどんな感じかといいますと、、


こんな感じ↑↑↑ お重の蓋が重なる上の部分に、合計20か所くらいの傷や欠けがありました(>_<) なんでも私の母が小学生の頃に祖母が購入して、運動会だとかにいつも使っていたとのこと。それだけ長い間使っていたら、仕方のないことですよねー。

漆作家さんに聞いてみたら、上の部分をすべて一度削るようにして取り除き、また新しく塗りなおす、という方法できれいにしていただいたようです。朱の部分も一部塗り直してもらい、ほんとうにきれいになって戻ってきました!

ちなみに2段の漆のお重を塗り直ししてもらって、お値段2万5千円。
傷が多かったから仕方のない値段!!(と思っています)
祖母は暮らしは質素でも、器だけは好きでいいものを購入していたそうで笑。元のお重の値段も高めだったようなので、大事に使わなきゃと改めて思いました~

また春になってお出かけの時にお重を使うのがいまから楽しみだなぁ(≧∇≦)