先日待ちに待った“粗食のきほん”が手元に届きました!!
今日くらいから全国の書店に並んでいるのではないかという出版社さんのお話です。

内容は前半が、幕内さんと初女さんの対談。
後半が季節ごとのご飯レシピ12品+味噌汁レシピ12品。
レシピとしては24×4で96レシピほど掲載しています。

自分でも後から見返して、美味しそうな味噌汁だなぁ(正しくは“あの味噌汁美味しかったなぁ”なんですけど^^)、とついつい見入っちゃうような内容になってくれたと、とっても満足しています!

そう!幕内さんと初女さんのお話には私も常日頃共感する部分が多いのですが、ずーっと昔から歴史の中で育まれてきた「ごはん」と「味噌汁」が食卓に登場する頻度が少なってきていることをとても残念に感じています。

だから少しでも見直してほしいんです!季節ごとに12品ずつって、思ったより多くて色々なレシピを今回紹介することが出来ました。決して突拍子な組み合わせにはしていないのですが、「こんなものもご飯やみそ汁に入れるんだ~」と思われるものもあると思います。でも間違いなく美味しいレシピばかりを詰め込んだという自信はあるので、試していただきたいものばかりっ。

書店で見かけたらぜひ手に取ってみてくださいね!!

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)