ついに手元に届きました。『暮らし上手の副菜手帖』!!
その中の“副菜を変える美味しい器”というコーナー、14ページあるのですが、そちらの料理と監修をさせていただきました。

今回いろいろな器に、普段私が食べている副菜を中心に、なんと40品も撮影していただいたんです。(後で数えてみてびっくり!!) 同じ料理でも器を変えればこんなに表情が違う、といったものも含めて40なんですけどね^^


他にも、上のページなんかは『覚えておきたい3つの盛り付け』と題して、
杉盛り、俵盛り、寄せ盛りの基本となる盛り付けのコツなんかも紹介しています。
あとは、どうやって季節感を出すかとか、定番の器の種類別の盛り付け方法だとか。

盛り付けの本って、大きな本屋さんに行けば必ず数冊はおいていますよね。
でもそれらの多くが“おもてなし”のための料理だったり、和食でも“敷居の高い”料理だったり。。もっと普段から使える盛り付けの本があってもいいのにな、と思っていました。

そんなところに今回エイ出版さんから“副菜を使って盛り付けを紹介する”というテーマをいただき、本当に勉強になりました。見ていただいて、少しだけ普段の盛り付けをちょっと変えてみようかな、と思ってもらえるとうれしいです!!

しかも今回の企画、すべてショップリスト付きで、実際にいま買える器だけを使っています。私も盛り付けていて「この器ほしいなぁ」というものもあったので、さっそく今からチェックするぞぉ~。
→ amazonでの取り扱いページにリンクをはっています

特集の最終ページ、相変わらず、顔写真の笑顔はちょっとひきつってます(・д・川)
いつまでも慣れない気がする。。再来週また雑誌の特集があって顔写真を撮られてしまう…。料理の仕事の中で一番緊張する瞬間なのです。。。それだけがいやだなぁ(>_<)

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)