近ごろ、子供が好き嫌いを克服したもの、いくつかあります。
それも案外ふだんのおかずの何気ないもので。

好き嫌いを克服させる方法として、
①子供にご飯を一緒に作る工程を協力させて、食べたい気持ちにさせる
②少しずつ、「そういえばこれも食べれたから、きっとこれも大丈夫!!」的に、
 段階的に克服させる

などなど、いろんな方法があると思いますが、
最近いくつか野菜を中心に、克服してくれたんですよね(^^)

例えば、
『大根』は、大根の皮をポン酢漬けにしたら、食べてくれるようになりました。
それ以降は、大根おろしも拒否しつづけていたものの、改めて食べると「美味しい!!」と、
感じてくれるようになりましたね(^ー^)
『かぶ』は、煮物などにすると嫌がっていたけど、大根と同じく、漬物にしたら
食べられるようになりました。
『なす』は煮物でも漬け物でもなく、フライにしたら喜んで食べていました!!
『たまねぎ』も嫌いだったんですけど、新たまのこの季節に、味噌汁の具として出したら、
予想外にあっさり食べてくれました(^^)

ほんとうに、子供の食べ物に関してはトライ&エラーの繰り返しです。。。
それをどうにか、子供が受け入れられる“隙間”を見つけては、
『なんだ~、食べられるんじゃん!! 美味しいんじゃん!!』
って大げさに子供に伝え、それ以降できるだけすんなり受け入れるようにしむけたり…。

そんな努力をしつつ、子供の好き嫌いを少しでもなくして、
野菜たっぷりの食生活を推し進めたい冨田家なのであります。。。
(親にとって美味しいものを、子供と一緒に食べたいだけかもしれませんがヽ(*´∀`*)ノ)

まだまだ子供の食生活には親の関与するところが多分にあると思うので、
悩み続ける日々なのでありました。。。

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)