先日、宅急便で器がたくさん届きました!!
素朴な紙の包みに“OSORO”の文字。
少しだけカラフルな色合いがパッケージの隙間から見えています。

今回お仕事でサンプルをいただいたのは、鳴海製陶さんの器。
NARUMIと書かれたコーヒーカップ、実家でもお客様用に使っていた思い出があります。

その鳴海製陶さんが作られている“ボーンチャイナ”。
公式サイトから引用させていただくと、

ボーンチャイナは原料に骨灰を含んだ磁器の一種です。
温かみのある乳白色と滑らかな質感、美しい透光性が特徴で、最高級の磁器と言われます。


18世紀中頃にイギリスで初めて作られ、鳴海製陶では1956年に日本初のボーンチャイナのディナーセットを開発しました。以来半世紀以上にわたって、ナルミボーンチャイナは洋食器のトップブランドとして国内外で高い評価を得てきました。


とのこと。(ちなみに鳴海製陶さんのボーンチャイナに関するyoutubeも面白かった!)
歴史ある鳴海製陶さんとお仕事をさせていただくこと、光栄です!!
でも手元に届いたのは、とてもスタイリッシュなこんなお皿↓↓↓


このお皿のことは、明日もっと詳しくご紹介したいと思います。
実はデザイン性と実用性を兼ねそなえた、とても素敵な器なんです(^^)

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
 たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
 ぜひクリックお願いします(^^)