vermichula6
今日はNHKカルチャーセンターの和食だし講座でした。計2日の初日だったのですが、久しぶりの料理教室  ちょっと緊張しつつ、なんとか無事に終わりました。参加くださった皆さん、ありがとうごございます(^^) 明日参加されるかた、どうぞよろしくお願いしますっ

さて、最新刊の「暮らし上手」シリーズの雑誌にてバーミキュラを使った和食レシピを1品掲載!というお知らせを先日ブログでも紹介させていただきましたが、来週から暮らし上手のWEBサイトで1週間に1品、計5品ほどレシピ紹介する予定です↓

img_460_265[1]
さて、今回のブログ記事はは「バーミキュラ特集」ですっ そもそもバーミキュラって?という方のために簡単に説明させていただくと、、

バーミキュラは名古屋で作られている鋳物ホーロー鍋で、その高い機能性とデザイン性から、発売されてここ数年たらずにも関わらず、いまとっても注目されているお鍋なんです。自宅が工場から近いということもあって、先月工場見学させていただいたので、そのこともまとめたいと思いますっ
バーミキュラ公式サイト http://www.vermicular.jp/

今回レシピを作るにあたって、いろいろなレシピで試してみたのですが、バーミキュラの機能のどんなところが他の鍋より優れているかというと、『密封性が高いので無水調理ができる』『同じ理由から蒸らし煮も得意』『遠赤外線効果で素材の内側からじっくり火が通る』、こういったところなのですが、和食を作るにもとってもぴったりの鍋でした。煮物、ごはん、汁物、炒め物など、いろいろレシピを考えたので、レシピがアップされたらぜひご覧ください!個人的には、素材の持ち味をいかす「蒸らし煮」と「ごはん炊き」が和食ととっても相性がいいなぁと思いました。


そしてバーミキュラの工場の中へ...

vermichula1
↑これは鍋を作る材料を高熱で溶かし混ぜているところ。

vermichula2
↑バーミキュラの型のあるラインまで移動するため、容器に移して…

vermichula3
↑型に流しているのですが、ひとつずつ温度計で温度を確認しながらの作業!

vermichula4
↑これは型から外した後に、蓋と鍋の身の設置面を加工しているところ。密封性を高めるための作業で、ひとつずつ丁寧に行われていました。

vermichula5
↑最後にホーローをかける作業。何度も均一に。この後に鍋を焼くのですが、ホーローをかける、焼くという作業を何度か繰り返すそうです。

vermichula6
↑ホーローをかけた後にじっくり焼かれます。しかもホーロー→焼き→ホーローと何度か繰り返すんです。

ひとつひとつ本当に丁寧に作られていて、鋳物ホーローで世界を目指す!というコンセプトになるほどっと応援したい気持ちになりました(^^) そして、バーミキュラの会社の方にお話を聞くと、これからもどんどん進化していきそうな感じ  これから私も時間ができたら白ごはん.comでバーミキュラレシピ特集なんかも挑戦してみたいなぁ

ひとまず、来週からのWEBでのバーミキュラレシピアップもお楽しみに~!またアップされ次第紹介しますね。
 

【LINEブログに引っ越したばかりなので、ぜひ新たにブログ登録お願いします~】

パソコンでご覧くださっている方は、お気に入り(ブックマーク)に以下のアドレスをぜひ
https://lineblog.me/sirogohan/

また、スマホをお使いの方は、ブログの更新情報をLINEで受け取ることもできます。
冨田ただすけ公式アカウントと友だちになって、LINEのタイムラインをチェックしてみてください。

スマホなら下をクリックで友達登録できます↓
友だち追加数