月別アーカイブ / 2021年05月


白ごはん.comの中でも、『半熟煮卵』は通年人気が高いレシピ。

うちでは、酢を入れたり、カレー粉を入れたり、いろいろアレンジもしているのですが、一つくらいは煮卵の変わり種レシピがサイトにあってもいいかな、と思い、今日『カレー味玉』をアップしました。
sirogohan.com/recipe/kare-ajitama/

醤油ベースのたれに、カレー粉とおろしにんにく(チューブで1㎝分くらい)を足し入れるのですが、普通の味付けよりもやみつき感、おつまみ感がアップするかと思いますので、ぜひ試してみてください。



***


それから、今週は『自家製なまり節』のレシピも追加しておきました。
sirogohan.com/recipe/namaribusi/

かつおのさく買ってきて、おうちでわざわざ蒸して加熱しよう、って人は少ないかもしれませんが、これがけっこう美味しい!

かつおが旬の時期なら、刺身用のさくが1本300円くらいで売られていたりもするから、そんなときにやってみるといいと思います(マグロやかつおのツナ缶の代わりにもなるから、自分で作れば経済的でたっぷりいただけるメリットも!)


上の写真は、出来上がったなまり節を切って、おろし生姜+醤油+オリーブオイルで食べるときのものですが、市販のなまり節よりもしっとりとして柔らかく、自家製ならではの美味しさが楽しめます。


さくの状態のかつおに塩をしてなじませ、それからお皿やバットなどに移して15分くらい蒸すだけ、というシンプルな作り方ですので、蒸し器があればこちらもぜひお試しを。

***

自治体からの補助金もあるので、最近生ごみ処理機を導入しました。家庭から出る生ごみって、含まれる水分が多いことから焼却炉の温度を下げてしまう原因となるし、そもそもごみを収集して焼却するまで多くの燃料を必要とするので、ごみ自体の量を減らす工夫をすることが大切なのだろうなと感じています。

家から出る生ごみを堆肥化できたら、いま細々とやっているベランダ菜園の堆肥となって活用できるなと思って、ひとまず実践中。まだ1か月くらいなのでもう少し使い慣れる必要はありますが…。ちなみに、いまはベランダでミニトマト、ピーマン、ねぎ、小松菜などを育ててます(^^)/


料理の基本のレシピ本には必ず出てくる"あじの塩焼き"を、解説吹き出し付きでレシピにまとめました。内容的にもけっこうボリュームがあるので、吹き出し部分は興味があればくらいで、チェックしてもらえたらと思います。
sirogohan.com/recipe/ajisioyaki/


慣れない人でもやってみやすいよう、できるだけ写真多めに、ぜいごの取り方やエラの取り方、下の写真のように”化粧塩”のやり方なんかの手順も詳しく紹介しています。



魚=外で食べるもの、もしくは買って食べるもの、になるケースも多いかとは思いますが、おうちで魚料理を楽しむのもなかなかいいものだと、魚好きの僕は思うわけです。

塩焼きは、案外手間がかかるし、魚焼きグリルの掃除も大変だけど、作ってみたら「こんなに美味しかったんだ!」と、魚のシンプルな美味しさに気付けることもあるんじゃないかと思います。


鮮度の良さそうなあじを見つけたら、ぜひお家で塩焼きにしてみてくださいね!

◇白ごはん.comの『あじの塩焼き』
sirogohan.com/recipe/ajisioyaki/



**白ごはん.comストアでは、本日24日がフシの日キャンペーン**

だしブレンドやご飯が進む無添加ふりかけ、オリジナルの器やエプロンも10%OFFとなっていますので、こちらも見てみてください!
https://shop.sirogohan.com/



**気ままにピックアップ**

白ごはん.comの『おからの煮物』↓↓
sirogohan.com/recipe/okara/

Twitterでもつぶやいたんですが、白ごはん.comのおからの煮物は、「えっ⁈」っていうくらい油が多めなんです。でもそれが美味しさの秘訣かと思っています。

カロリーを気にする気持ちもなくはないのですが、また食べたくなるようなおからの煮物にしたいと思うと、油の美味しさが欠かせず、いつも油多めで作っています!冷凍もできるし、しっとり美味しいおからの煮物をまとめて作るのもいいものかと(^^)/


こんにちは。冨田です。

Twitterはたまーに投稿してたんですけど、仕事場の整理ができてないとなんだか落ち着かず、じっくりパソコンに向かってブログを書く気分になれなくて、久々の更新となりました。

この1か月も、ちょっとレシピをアップしたり、大豆田とわ子のドラマを見てプリンアラモードが食べたくなって作ってみたり、ちゃこの誕生日だったりしました(写真付きでどうぞ^^ ↓↓)

***

我が家では、妻も娘も自分から「模様替えをしよう」と試みたことすらないんですけど、僕は決まって年に数回は「ここをこうすれば…」と思い付きで家具を移動させたり、新しく何かを作ったり購入したりしています。そういう性分なんですよね。だから、うちの中では勝手にそういう係をやっています。

事務所の引っ越しでも、荷解きをして器を入れた後に、「やっぱこっちに家具を置いてみたい」とやってみたりするから時間もパワーも余計にかかって…良い形に収まることもあれば、やっぱダメだと元に戻すこともあります。妻からは、娘にも言ったことがないであろう、「考えてから行動しろ」との注意もこの度はじめて受けましたww

試行錯誤して、ようやく、モノの場所が落ち着いたキッチン…


撮影も何品かやってみたけど、使いやすくて、満足満足。

ちゃこはガラス越しに通りゆく人や車を見ているので、窓から何も見えなかった以前の2階の事務所よりもなんだか楽しんでそうです。

またぼちぼちレシピもアップしていきますね!



**気ままにピックアップ**

白ごはん.comの『豆腐田楽』↓↓
sirogohan.com/recipe/dengaku/


4~5月には、僕に住む愛知特有のことかもしれませんが、一部の金物屋さんやホームセンターで「田楽用品コーナー」を見かけることがあります。要は家で炭をおこして田楽を焼くための道具を販売しているわけです。

愛知県では、古くから田楽や、菜飯&田楽のセットが親しまれているようで、山椒の芽である木の芽を合わせて春先に作る田楽も、ひとつのイベントとして(あまり庭先でやっている人は見かけませんが)行楽先で食べ歩きができたりもします。

白ごはん.comでも、フライパンを使って作る家でトライしやすい豆腐田楽のレシピをアップしてますので、木の芽が旬のいま、ぜひ合わせて作ってみてもらえたらと思います~ 辛子と木の芽、甘辛い味噌の相性が抜群なんですよね!

↑このページのトップへ