月別アーカイブ / 2021年03月

たけのこのゆで方9499.JPG
たけのこなども並びはじめて、スーパーでの品ぞろえも春らしく変わってきましたね!

ちゃこの散歩で公園に行くと、あっちこっちに土筆が生えてます。地域差もあるだろうから、土筆はこれからというところもあるかもしれませんが、この1~2週間でいっきに春らしさが増したような(^^)/

春は「手に取るのが久しぶり!」って野菜も多いから、白ごはん.comの春野菜のレシピをいくつかピックアップしてまとめてみようかと思います。

***

レシピのまとめの前に、今日は24日なのでお知らせを一つ。
だしブレンドやふりかけ、器など、ただいま白ごはん.comストアの一部商品が10%OFFとなっています。長らく入荷待ちとなっていた調理べらも入っています!
https://shop.sirogohan.com/

***

さて、ここから、春野菜を使ったレシピを10個ほど白ごはん.comからピックアップしてみます↓↓↓

takenoko (1)
たけのこのゆで方
sirogohan.com/recipe/takenokoaku/

家でゆでると香りがいいんですよね。週末など家にいるときにじっくりゆでて、「たけのこご飯」「たけのこのきんぴら」「たけのこの土佐煮」などにぜひ使ってみてください。

jagaimosaiyoko.jpg
新じゃがの煮っ転がし
sirogohan.com/recipe/jagaimo/

この新じゃがの煮物は、皮もむかず、調味料も水も、すべてはじめに合わせて煮るだけのシンプルレシピ。皮の香ばしさや新じゃがのみずみずしさが楽しめます!


hukiniyoko.jpg
ふきの炒り煮
sirogohan.com/recipe/hukini/

ふきは下ゆでに時間がかかるので、僕ですら「面倒だなぁ…」と思うこともww ただ、その面倒なことを乗り越えてでも、何度も食べたくなるおかずがこの炒り煮なんですよね。


udo5943.jpg
うどのきんぴら
sirogohan.com/recipe/udo/

よくあるうどのきんぴらレシピは「うどの真ん中は他の料理に、厚くむいた皮をきんぴらに」とされていますが、白ごはん.comではせっかくなら真ん中も含め1本丸ごとを使い切って作るレシピにしています!ぜひ1本まるごときんぴらに使ってみてください。


ebisoramame7746.jpg
そら豆とえびの炒め物
sirogohan.com/recipe/ebisoramame/

そら豆自体は5月くらいから旬を迎えますが、いまの時期には暖かな九州産のそら豆がスーパーに並ぶことも多いので、ひと足先にそら豆の風味を楽しむのもいいと思います!塩茹でが基本ですが、薄皮をむいて炒めものにするのもなかなかおすすめ。下の「手羽元とそら豆の和風ソテー」も同じような使い方ですね!

tebamoto0020.JPG


jagabe6076.JPG
新じゃがの醤油炒め
sirogohan.com/recipe/jagabe/

新じゃがとベーコンという定番の組み合わせなのですが、醤油とこしょうをたっぷり使って、しっかり濃い味に仕上げています。切ったら水にさらす工程をスルーしても、ちゃんと美味しくできるから大丈夫!



takenokogohansai8814.jpg
たけのこの炊き込みご飯
sirogohan.com/recipe/takenokogohan/

白ごはん.comではだし汁に醤油とみりんを加える作り方にしているのですが、ちょっとしたコツとしては、油揚げを細かく刻んで加えること。ごはん粒と同じくらいの大きさに切ることで、油揚げのコクは感じるけれど、食べるときにはたけのこの食感をしっかり楽しむことができると思います(^^♪

tukusisai9067.JPG
つくしの卵とじ
sirogohan.com/recipe/tukusitamago/

つくしの苦みが卵とじにすることで和らいで食べやすくなるから、「つくしのお浸し」よりも食べやすいおかずになるかと思います。うちの娘もお浸しは食べなくても、卵とじなら食べてくれますww

mamegohan9247.jpg
豆ごはん
sirogohan.com/recipe/mamegohan/

豆ごはんは作り方も材料もシンプルですが、ひとつポイントがあるとすれば、豆を米といっしょに炊き込むということ。後からゆでたものを加えるよりも、色は悪くなるけれど豆の風味がご飯に移って美味しくなります!

下のように人参やベーコンを少しプラスして、洋風にしても食べやすいかと思います!

mamegohanpirahu9566.JPG
洋風豆ごはん
sirogohan.com/recipe/mamegohanpirahu/


ひとまず目についたものをピックアップしましたが、白ごはん.comの「春野菜」のタグからは、もっといろいろなレシピがチェックできますので、こちらも参考にしてみてくださいね!

moyasinamuru5008.JPG
こんにちは。冨田です。

今年は桜の開花がほんとうに早いですね!数日前にちゃこの散歩で毎年お花見をする公園に行ってみたのですが、半分以上の桜がすでに満開の状態でびっくりしました。毎年恒例なので、ちゃこと桜もスマホでパチリ(^^♪

***

さて、ここ数日の間に2品ほど簡単な野菜レシピを白ごはん.comにアップしました。

ひとつは『豆もやしのナムル』
sirogohan.com/recipe/namuru3/

ボウルや保存容器に豆もやしを入れてレンチン加熱(目安は600W 4分!)します。

moyasinamuru3.JPG
豆もやしに火が通れば、塩と砂糖で軽く下味をつけ、あとは【醤油、ごま油、おろしにんにく】で味付けします。

moyasinamuru7.JPG
青菜のナムルは醤油&ごま油だけで十分な美味しさになると思うのですが、豆もやしは風味が強いのでそれだけだとちょっと弱い!

そこで、おろしにんにくを少しだけ加え、下味をつける段階でも砂糖をちょっと加えるなどの工夫をしています。

moyasinamuru11.JPG
【冷蔵庫で3日ほど保存可能】なので、ぜひ豆もやしでもナムル作ってみてください~

◇白ごはん.comの「豆もやしのナムル」
sirogohan.com/recipe/namuru3/

※豆もやしは普通のもやしよりお高めですが、栄養価も高くて食感も良いので、存在感のあるおかずに仕上がると思います(^^)/ ちなみに、豆もやしは、メーカーによっては袋ごとレンチン加熱ができるようにしてくれているところもあります!それを使う場合は、袋ごと加熱→器の中で調味でよりラクチンです。

***

もう1品は『ブロッコリーの辛子しょうゆ』
sirogohan.com/recipe/burokarasi/

burokarasi4920.JPG
豆もやしににんにくの風味をプラスしたようにこれには辛子をきかせているのですが、ブロッコリーやアスパラ、菜の花などの、野菜自体にちょっぴり苦みのあるものは練り辛子との相性が良い、と感じています。

burokarasi2.JPG
ボウルに【練り辛子、醤油、サラダ油】を混ぜ合わせ、そこにゆでたブロッコリーをあえるだけというシンプルなもの!

burokarasi5.JPG
シンプルですが、辛みが適度に抜けた辛子の風味が、食欲をかき立ててくれる味わいかと。ぜひこちらもお試しください~

◇白ごはん.comの「ブロッコリーの辛子しょうゆ」
sirogohan.com/recipe/burokarasi/

いまは仕事場が工事中なので、こういったシンプルな野菜料理くらいしか撮影できないのですが、春から料理をはじめる方もいらっしゃると思うので、チャレンジしやすさの点では、この2品すごくいいよなと思っています。近々「ツナごぼうコーンの簡単炊き込みご飯」に続く、作りやすい炊き込みごはんレシピもアップ予定ですので!

***

さて、たまたまラジオを聞いていた方から教えてもらったのですが、今日のお昼すぎのJFNのラジオ番組「Seasoning」にLDK編集長さんが出演されていて、白ごはん.comの無添加ふりかけをおすすめくださっていたそうです!

そういえば、白ごはん.comストアからついでにひとつお知らせも!

取り扱いしている「フェアトレードアーモンドチョコ」ですが、4月に入ると気温も高くなる日がありそうなので、現在ある在庫数のみ(各20袋くらい)で休売にする予定です。ふりかけに加え、こちらもよろしくお願いします!
sirogohan.com/product/cacao55

gsujidaikon1984.jpg
先ほど、白ごはん.comのyoutubeチャンネルに『牛すじのゆで方』『牛すじ大根の煮物』の動画をアップしました!

家で作れると嬉しい一品だと思うので、ぜひ動画も参考にチャレンジしてみてもらえたらと思います(^^♪

◇シンプルに長い時間煮るだけの牛すじの下茹で

※元の白ごはん.comのレシピはこちらから

◇牛すじ大根。こちらも時間はかかりますが、大根にしっかり味をしみ込ませた仕上がりは最高!

※元の白ごはん.comのレシピはこちらから

***

それから、先日Twitterでもお知らせしたのですが、ここ4~5日ほど、白ごはん.comが特に夕方の時間帯に重たくてつながりにくくなる状態となっていました。

原因を確認してもらっていたのですが、おそらく特定できて、今日からは普通につながると思います。タイミング悪くサイトが閲覧できなかった皆さん、ほんとうに申し訳ないです…(今日ももし重たいようなら調査して対応しますので、その際は改めてお知らせさせていただきます!)

(先日の白ごはん.comのアンケートで「ログイン保持期間をもっと長くしてほしい」というコメントが多かったのため、その対応策をちょうど4~5日前に行ってもらっていました。その仕様変更によってサーバが重たくなったようです。この4~5日はログイン保持がきちんとできていたので、それをいったん解除してしまうことになるのですが、サイトが重たいほうが問題が大きいのでひとまず元に戻しました。ログイン保持期間を延ばすことについては継続して検討しますので!)

***

最後に、この週末にわかったことなのですが、いま発売の“雑誌LDK(晋遊舎)”の特集記事で、ふりかけ51種を食べ比べて採点するという企画があったようなのですが、そこで白ごはん.comの無添加ふりかけが最高得点の評価をいただいてるそうです!
この企画は雑誌社さんから事前に連絡があるものではないそうなので事後のお知らせとなりましたが、僕にとっては思いの強い商品なので本当に嬉しい出来事でした~

*ふりかけのページはこちら(ちょうどいまSale中のものもあります)
sirogohan.com/product/hurikake2setmix

*LDKの雑誌についてはこちらのリンクも見てみてくださいね
shinyusha.co.jp/media_cat/ldk/

sabadaikon4862.JPG
しばらくブログの投稿がストップしていました…。

先週、仕事場の引っ越しをなんとか遂行したものの、慣れない力仕事で腰を痛めてしまい…40を過ぎた自分の体力のなさを痛感しましたww 体力つけねばなりません。

これから工事をする事務所に荷物を先にどかどかと入れただけなので、工事完了の4月には荷ほどきが待ってます。そしてまだキッチンは自宅しか使えないため、そんなに撮影もできない状態です。

撮りだめておいたレシピが少しあるので、3月はそういったレシピを更新していこうかと思います~

***

さて今日は、さばの水煮缶を使って手軽に作る『さば大根』をアップしました。
sirogohan.com/recipe/sabadaikon/

大根は大きすぎず1.5㎝幅の半月切りにして(なんなら皮もむかずに作ってもOKで、そのことはリンク先にいろいろとまとめています)、水とさばの水煮缶の汁気を合わせ、それではじめに煮ていきます。

sabadaikon6.JPG
大根全体に火を通しやすくするため、落し蓋をして5分ほど煮たら、さばの身と醤油等を入れて、ぐつぐつと煮詰めていけばOK!

sabadaikon13.JPG
鍋底にうっすら煮汁が残るくらいになれば、好みでゆでた大根の茎をちらして出来上がり!

sabadaikon16.JPG
ぶり大根よりも手軽に作れ、でも、食べ応えはしっかりあってご飯がすすむ!そんなおかずだと思います。ぜひ【さばの水煮缶と大根】を用意して、おうちで作ってみてください~

◇白ごはん.comの『さば大根』
sirogohan.com/recipe/sabadaikon/
 

↑このページのトップへ