月別アーカイブ / 2020年12月

2020oseti.JPG
こんにちは。愛知でもかなり冷え込んできていて、雪がふり続いています。

今年の年末はどこにも出かけなかったからか、なんだか仕事モードが抜けきれず、おせちづくりをしながらバタバタと撮影をしています。昨日は「とこぶしの煮物」を新しく撮影して、今日は「鮭のかす汁」を再撮影。こちらはまた年明けに更新をしていこうと思います。

今年は大変な1年でしたが、温かいかす汁を家族みなで美味しいねと食べていられることが、なんだか身に染みて、ほんとうに有難いことに感じられました。ニュースを見てもどかしさを感じることも多かった1年でしたが、健康でいられること、多くの人のおかげで社会が成り立ち、支え合っていることを実感もしました。来年は少しでもはやく明るい兆しが見えたらなと願っています。

***

さて、おせちはどこまで進んだかと言いますと、数日前から作っておいた酢れんこんや黒豆、冷凍してあった干し椎茸の煮物なども解凍を終え、今日は栗きんとんと伊達巻きだけを作りました。これであとはお重に詰めるだけです。

今年は久しぶりにとこぶしも煮てみました。バタバタしつつもやはり比較検討してみたい気持ちが抑えきれず、追い鰹をしないもの、したものを作って味比べをしてみたりwww おかげで大掃除はちょっと手抜きですが、まぁいつかやればいいよねと思っています^^

***

そして、最後にTwitterにも投稿したのですが、今日の昼前から白ごはん.comにアクセスが集中して、つながりにくい状態がいまも続いています…。いつも大晦日にアクセスが増えるので、それを見越してサーバー容量なども検討していたのですが、予想以上で…、こればかりはいまはどうしようもなく…。他の作業をしつつ、気長に待っていただけたら嬉しいです(ほんと申し訳ないです…)

2020年もほんとうにありがとうございました。皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。

白ごはん.com 冨田ただすけ
https://www.sirogohan.com/

oseti2020.JPG
今日から仕事をしつつ、ぼちぼちとおせちの準備をやっていこうかと思っている冨田です。

今日からは黒豆でも煮ようかと思っているのですが、黒豆の下ごしらえで“乾物から水戻しする”のに半日以上かかるから、昨日の夕方から豆を水に浸しています。


黒豆の大きさにもよりますが、そこから煮る時間は4時間くらいかかるし、干し椎茸も同じ乾物なので戻す時間を考えておく必要があります。数の子だって塩抜きに半日以上かかったりするので、スーパーで買ってきてすぐ作るぞ!というわけにはいかないものが多いのも、おせちづくりの特徴かと思います。

年末はそれでなくとも忙しくから(やらなければならないことも、単純にやりたいことも多い!)、せめておせちづくりは、下ごしらえなどの時間を把握して、食材や調味料の買い忘れのないように、非効率にならないようにできたらいいなと、そんなふうに毎年のことながら思ってやっています。


***


去年は食べたいお店のおせちを買っていただいたのですが、今年の年末年始はどこにも行かないし、自分の食べたいおせちを10品くらい作ろうかなと思っています。←こういう仕事をしてても、毎年必ずおせちを作るってわけじゃないです(誰がが作ってくれたものが食べたい年もある…)
 
今年は作ってもらいたい気分な人は、その気分を盛り上げる記事としてww 、作りたい人は(作りたくはないけどしゃーない作るか、、という人も)何を作るか、どれが効率的かなども含めて、白ごはん.comのおせちレシピのまとめを参考にしてみてくださいね~。

kuromamesaitate.jpg 
黒豆の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵5日(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/kuromame/
戻す時間も煮る時間も、豆によるので、
ぜひ余裕を持ってやってみてください。
とにかく家にゆっくりいる時に煮るべしです。
でも市販のものにはない、くどすぎない、
自分好みの甘さにできるとこがいいですよね。


namasutate2.jpg
紅白なます
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/namasu/
大量に作っても冷凍しとけばOKかと。
冷凍したら繊維質がちょっと強く出るけど、
そんなに気にならない程度かと!
アレンジとしてはせん切り柚子をプラスしたり、
五目なます」にしても豪華さアップです。


kazunokotate2.jpg
数の子
…準備半日以上→作ったら冷蔵3~4日
sirogohan.com/recipe/kazunoko/
作ってから1日くらい味をなじませたほうが
美味しいので、直前に作るよりは少し前に
作った方がいいかもしれない!


siitakesaitate.jpg
干し椎茸の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/siitake/
うちでは年に何度も作る定番の常備菜で、
おせち用はいつもよりちょっといいやつで。
干し椎茸の美味しさに目覚める一品かと!
上で紹介したなますに混ぜても美味しい。


tatakigoboutate2.jpg
たたきごぼう
…当日作りやすい→冷蔵で4日ほど
sirogohan.com/recipe/tatakigobou/
だし汁なども使わないのでかなり手軽。
洗いゴボウ買ってきたら下ごしらえもラク!
シンプルだけどごぼうの美味しさが
しっかり感じられるし食べやすいので、
おせちとしても好きな一品です。


datemaki1011tate.JPG
伊達巻き
…当日作りやすい→作ったら冷蔵2~3日
sirogohan.com/recipe/datemaki/
他のおせちに比べて日持ちが短い点だけ
注意が必要な一品(だし汁が入るため)
でも、冷めた状態で食べるおせちの中で、
秀逸な美味しさかと思います。


surenkontate3.jpg
酢れんこん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間以上
sirogohan.com/recipe/surenkon/
冷蔵で長く日持ちするので、できれば
時間のある時に作っておきたい1品。
新鮮そうなれんこんを見つけたときにぜひ!


yuuantate6461.jpg
鮭の漬け焼き
…当日作りやすい→作ってから冷蔵2日ほど
sirogohan.com/recipe/yuuanyakisake/
焼いたらそんなに日持ちしないので
おせちに入れるなら31日に作るのがいいかと。
ただ、一度漬け込んだものを焼く前に
冷凍しておくことも可能なので、
そうすれば31日が少し楽になります。
鮭だけじゃなく、鰆などでも美味しいです。


kintontate.jpg
栗きんとん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵4~5日
sirogohan.com/recipe/kinton/
おせちは醤油味や酸味のきいたものも多いので、
こういった甘みのあるものがあると嬉しいですよね。
この栗きんとんのために、冨田家では秋に
栗の甘露煮を仕込んで脱気して保存してマス!
かなり本気の一品になりそうですww
甘いもの系だと「金柑の甘露煮」なんかも。


tikuzennisaitate.jpg
筑前煮
…準備半日→作ったら冷蔵4~5日ほど
sirogohan.com/recipe/tikuzenni/
干し椎茸が入るので、それを戻す時間が必要だし、
具材も多いので当日はけっこう大変になるかと。
でもこれ1品あれば、各々が好きな具材を楽しめて、
いいものですよね!


いかがでしょうか。他にも、「田作り」「エビの煮物」「あわびの酒蒸し」「タイの昆布締め」「さば寿司」など、紹介しだしたらキリがないくらいいっぱいあります。

僕自身もまだ何を作るか決めきれていないので、白ごはん.comの中で探してみようかと(^^♪ 参考になりましたら~

datemaki1011.JPG
白ごはん.comに先ほど『伊達巻き』をアップしました!
sirogohan.com/recipe/datemaki/

今年の白ごはん.comの更新はこれにて終了(たぶん…)

明日からは、おせち料理づくりのことを、僕自身もぼちぼちと黒豆などを煮ていこうかと思っているので、このブログでも紹介していこうと思います~。

***

ちなみに、伊達巻きのほうはどんなかと言いますと、【フライパン】を使って【卵+タラの切り身】で作るレシピです。
 
ネットやレシピ本で出てくる伊達巻きレシピのほとんどは、市販のはんぺんか、魚やえびのすり身を使うものなので、ちょっと違う方向でまとめてみました。

datemaki1.JPG

そして、焼く際はオーブンではなくフライパンを使っています。フライパンはどうしても焼きムラが出やすいのですが、タラの下ごしらえなどにちょっと手間がかかるので、少しでも焼くほうは手軽にしたかったというのが理由です。

世の中には本当にたくさんのレシピがありますし、僕が知らないこと、白ごはん.comで紹介できていないこともたくさんあると思いますので、ぜひいいとこどりで(生地は白ごはん.comで、焼き方はオーブンで焼くのを他のレシピを参考にしてなど!)、やってみてください~

◇白ごはん.comの『伊達巻き』レシピ
sirogohan.com/recipe/datemaki/


***


今年も残すところあとわずか。来週からの一週間も出かける予定は特にないので、家で食べたいおせち料理を自分で作ろうかなと(たぶん10品くらいかな?)思っています。

明日以降のおせちに関するブログも参考にしていただけたら嬉しいです!


***


白ごはん.comストアも、この年末たくさんの方に見に来ていただけて(本当に予想以上で!)、入荷待ちの商品も多くなってしまいました。

入荷待ちとなっている商品の今後の予定ですが、
〇 灰釉オーバル皿…1月下旬予定
〇 調理べら…1月末予定
〇 エプロンと鍋つかみ…未定(一部エプロンは春まで入荷できない予定です)

このような感じとなりそうです。また日程が詳しくわかればお知らせさせていただこうと思います。
また、商品のバリエーションも当初の想定より少なくなりましたが、エプロンとふりかけのキャンペーンはもう少し継続しようと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(^^♪ 
https://shop.sirogohan.com/

ちなみに、昨日の冨田家はだしブレンドを直入れした『たこ焼き』でした。味噌汁などの汁物でも直入れはいけるのでそうすることも多いのですが、汁気があってもとろみのあるもの、汁気が少なく具材にからむもの、たこ焼きのように生地混ぜ込むものなどは、特に直入れがまったく気にならないのでいい使い方だなーと思っています。年末たこパーいいですよね↓↓↓うちのレシピですww
sirogohan.com/recipe/takoyaki/

oDSC_1134.JPG

皆さんこんにちは。今日24日は、【白ごはん.comストアの特売デイ】です。

● 今日から発売となった『灰釉 小皿』『灰釉 オーバル皿』も、24日だけは10%offとなりますので、ぜひチェックしてみてください。

● 『3WAYエプロン』『無添加ふりかけ』シリーズも、年末年始に活躍できそうな『だしブレンド』も今日はお買い得になっています!

● 入荷待ちとなっていたオリジナル『鍋つかみ』も少量ですが入荷しています。

● お茶やコーヒー、お菓子なども(10%off対象ではないですが)、年末年始にあると嬉しいおうちタイムを作ってくれると思いますので、ぜひぜひ!

◇白ごはん.comストア◇
https://shop.sirogohan.com/

***

器については、お伝えしたいことがたくさんあるので、別の日にまた改めてブログ記事にできたらと思っています。今日は写真集のように、小皿とオーバル皿の使用例をざっとまとめようかと↓↓↓

oDSC_1586.JPG
oDSC_1620.JPG
oDSC_2008.JPG
oDSC_1068.JPG
oDSC_1381.JPG
oDSC_1438.JPG
oDSC_1795.JPG
oDSC_1827.JPG
oDSC_2216.JPG
oDSC_7216.JPG
oDSC_0782.JPG
oDSC_2367.JPG
oDSC_2298.jpg
oDSC_1228.JPG
以上が『灰釉(はいゆう)オーバル皿』の使用例でした!撮影してて思ったことは、ほんとに盛り付けが決まりやすいということ。余白の見え方が決まってて、中央に自然ときれいに盛り付けできるからかなと思います。
https://shop.sirogohan.com/product/haiyuuoval

***

ここからは小皿の使用例です(小皿もオーバル皿も下のような箱入り!)
kDSC_1580.JPG
kDSC_1602.JPG
kDSC_4153.JPG
kozara_sirogohan_1_4132.JPG
kDSC_4106.JPG
kozara_sirogohan_3_4487.JPG
kozara_sirogohan_4_4469.JPG
burotunamayo2331.JPG
kDSC_4216.JPG
kozara_sirogohan_5_4198.JPG
kDSC_4516.JPG
以上が『灰釉(はいゆう)小皿』の使用例でした!
https://shop.sirogohan.com/product/haiyuukozara

***

どちらも、シンプルながら“雰囲気のある器”に仕上がっていて、なおかつ、丈夫でもちろん食洗器OK、洗ったあとに高台に水がたまりにくいなど、日常にそったとても扱いやすい器です。

普段からおもてなしまで、しっかり頼れる存在になると思います!

僕が住む愛知岐阜の陶磁器産業が盛んな地域は、いま外食産業からの注文も減っているそうです。器を使っていただく方の気持ちが満たされると同時に、良い物を作られている側の方々にも商品を届ける喜びが生まれるなら、それは本当に嬉しいことです。

良い物を永く使っていただけるように、白ごはん.comストアも良いお店でありたいと思っています。商品ページもぜひチェックしてみてください~

◇白ごはん.comストア◇
https://shop.sirogohan.com/

burotunamayo2295.JPG
こんばんは。白ごはん.comの冨田です。

ここのところ、連日のブログ更新!おうちクリスマスから、年末のおせちづくりまで、白ごはん.comらしい情報をお伝えできたらなと思っています~。

***

さて、今日はワインなどにぴったりな、手軽に作れるおつまみレシピをアップしたのでその紹介です(^^♪

ブロッコリーのツナマヨディップ
sirogohan.com/recipe/burotunamayo/

ブロッコリーはレンジで加熱して、端から房もすべて刻んで細かくして、あればでいいのですが、マッシュルームも細かく刻みます。

burotunamayo5.JPG
あとは、油を少し除いたツナ、ブロッコリー、マッシュルームをボウルに入れて、そこにマヨネーズと酢、コショウで味を調えれば出来上がり!

burotunamayo8.JPG
クラッカーを添えてテーブルへ!

burotunamayo9.JPG
白ワインにぴったりな手軽な一品かと思います。ツナ&マヨだけだと、どうしても重たくなってしまうので、冬の時期はブロッコリーを合わせるのがほんとにおすすめ!

burotunamayo2331.JPG
10分かからず、当日でもぱっと作りやすいので、ぜひお試しくださいね~。

◇白ごはん.comの『ブロッコリーのツナマヨディップ&クラッカー』
sirogohan.com/recipe/burotunamayo/

***

事前にあまりきちんとお伝えできていませんでしたが…、今日の夜24:00すぎから白ごはん.comのオリジナルの器の販売もスタートする予定です(いまめちゃくちゃ急いで商品ページを作っています…)

小皿とオーバル皿の2種を販売するのですが、窯元さんの都合で、ひとまず100セットずつの入荷となりました。年末年始に新しいお皿っていうのも、ステキかとも思います~(このブログで使っている小皿とオーバル皿です)またぜひ見てみてください!

また、昨日紹介したエプロン、もともと入荷数が少なめだった生成が入荷待ちとなってしまいましたが、近いうちに少量入荷できるかと思います。そして、今日の24時から入荷待ちとなっていた『オリジナル鍋つかみ』も作家さんから年内最後の入荷をしていただいたのでお買い物いただけるようになります!合わせてよろしくお願いします。
https://shop.sirogohan.com/

kuro9068.JPG
最近はもっぱら、こんなふうに仕事をしている冨田です。3WAYエプロン、毎日のように使っています(^^♪

さて、オリジナルエプロンを発売して1か月がたちましたが、ちょっとバタバタしてまして、ブログでさらりとエプロン新発売とお伝えしたのみとなっていました。

ちょうどいま、白ごはん.comストアで【エプロン10%OFF】【ネコポス送料分実質無料ふりかけセット】の2つのキャンペーンをやってますので、今日はちょっと、自分なりにこだわりにこだわった、3WAYエプロンのことをブログに書きたいと思います!
https://shop.sirogohan.com/

(エプロンかよーという方、ブログ最後にちょっとクリスマスっぽいレシピをピックアップしてます。そして明日はクリスマスにもナイスなレシピアップしますのでご容赦ください^^)

***

エプロンを紹介している商品ページは、こんな文ではじまっています。
このエプロンは、僕がふだん上半身はなるべく身軽に料理したいので腰まきのものを使っているけれど、油が飛ぶ調理だったり、魚料理や包丁研ぎの時など、首に負担をかけず、上半身もカバーできるエプロンが欲しいと思って考えたものです。

そうなんです。僕はこれまで基本は腰まきのものを使い(面倒なときはエプロンすらせず)、服をカバーする必要があるときは、わざわざ別の肩掛けエプロンを出してきて使っていました。

これをどうにか一つにできないかなと思ったのが、エプロンを作ることにしたきっかけです。

自分の好みなのですが、長くて重かったりしない動きやすさ、可愛すぎたり上品すぎない素朴でシンプルなデザイン、この2つの要素があるといいなと思って、それも意識して形にしてみました。

***

エプロン自体の仕様は、白ごはん.comストアのページを見てもらえたらと思うのですが、結果的に、ひとつのエプロンでこのような腰まきスタイルができ、↓↓↓

ao8309.JPG
背中でクロスする肩掛けエプロンにすることもできました↓↓↓
aonagasa8499.JPG
これが3つのうちの2WAYなのですが、この2つも僕なりに使い分けしています。

腰まきは腰をしっかりサポートする、腰痛予防的な効果があるので、僕は長時間キッチンに立つときは腰まきスタイルでエプロンを欠かさずにするようにしています(お米屋さんや酒屋さんの前掛けと同じような意味合いがあると感じているので、腰痛の方にはいいかもしれないです)。

背中でクロスする肩掛けは、よくある首掛けエプロンと、紐がかかる位置が異なるので、肩こりしにくいと個人的に感じています(首掛けエプロンを使うとすぐに肩がこってしまうため、もともと僕はちょっと苦手で今回も首掛けではなく肩掛けの仕様にしました)。

また、ボタン穴の位置を変えることで、肩掛けスタイルでもゆったり~胸元をしっかり隠せる位置にまで変更が可能です。(ちなみにモデルは冨田170㎝です笑)

abcnagasahikaku.JPG
今日もあじを3尾買ってきて塩焼きにしたのですが、このように魚をさばいたり、油や調味料が飛ぶ調理の際にはやはり上半身をカバーしたいので、この肩掛けスタイルで使っています。

abc7868.JPG

***

最後に!もう一つの、3つ目の使い方は、【ちょいがけ】というあまり聞きなれないネーミングにしたのですが、要はこういうことです↓↓↓

aaa7.JPG
このエプロンは腰から出た紐にボタン穴があって、胸元の内側にボタンがあります。それをクロスすれば先に紹介した“肩掛け”となり、クロスせずに直列でボタンを留めたら、上のように頭を通すことなくさっと腕だけを通して着脱ができる仕様となります。それが“ちょいがけ”です。

abc9019.JPG
これは洗い物やちょっとしたキッチンでの作業の際に便利なのですが、『お出かけ前に洗い物をさっと終わらせたい』『洗い物の時にだけエプロンしたいけど、付けるのが面倒』といった場合、けっこう使えるかと!

腕を通すだけなので、何より着脱が早い。そして髪をスタイリングしたあとでも気にせずにエプロンを付けることもできます。

kuro9278.JPG
エプロンはフリーサイズで、素材はコットン45%、リネン55%。生地自体がウォッシュ加工されたものなので、はじめからザラっとした質感です。色はブラック、ブルー、うす茶、生成の4色展開となります。

Twitterなどでも「思ったよりも軽くていい!」「肩がこらないかも」と感想を少しずついただけています。商品ページには使い方などもより詳しくまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね(いまだけ10%OFFですから~)

白ごはん.comの【3WAYエプロン】
https://shop.sirogohan.com/product/epronao

***

ここからはレシピを少しご紹介したいと思います。なんといってもクリスマス目前!白ごはん.comのレシピの中から、献立としていいなと思うものをピックアップしてみました↓↓↓

tyuurip8907.jpg
◇チューリップ唐揚げ
sirogohan.com/recipe/tyuurip2/
これは食べやすさも懐かしさもあって盛り上がるんじゃないかと!

ro-sutotikin85382.jpg
◇和風ローストチキン
sirogohan.com/recipe/ro-sutotikin/
揚げ物を避けたいという場合は、こちらも作りやすいと思います(^^♪

takokarupa7704.jpg
◇タコのカルパッチョ
sirogohan.com/recipe/takokarupa/
ホタテのカルパッチョか、どちらか、僕も作ろうかなと思ってマス!

potates0500.jpg
◇ポテトサラダ
sirogohan.com/recipe/potates/
これはあると嬉しいので、時間があれば作りたいなと。

↑このページのトップへ