月別アーカイブ / 2020年09月

blog20200916.jpg
昨日アップした国連WFPの食品ゼロアクションのSNS、たくさんの方にRTやシェアいただき、ありがとうございます!食品ロスの問題は、企業と家庭、どっちか片側ではなく、どちらも共に意識を高めることが大切だとおもっているので、そういったことを考えるきっかけになればと思います。


***

さて、今日はyoutubeに動画を2つアップしたので、そのお知らせです。今回は『五目ごはん』『こんにゃくの炒り煮』の動画です。

こんにゃくは賞味期限が長いものですし(ストックしやすく食品ロスも出づらいかと!)、五目ごはんで使う干し椎茸なども、食べる部分以外の軸は、切り落としてからまた煮出せば(他の昆布やかつおなどと合わせて)2番だし的な使い方もできると思います(^^♪

それぞれぜひ参考にしてみてください~



***

それから、2日前にフードライターの白央篤司さんが、Twitterで「白ごはん.comの感想を聞かせてください」といった趣旨の投稿をしてくださり、200以上のコメントがありました。

コメントくださった方、白央さん、ありがとうございます。すべてにお返事はできないのですが、目を通して「なるほどなぁ~」と自分でも気づかないところを教えてもらった部分もありましたww


週末には『油揚げの含め煮』とそれを使ったアレンジレシピもアップ予定です!4連休の宅飲みにもってこいのレシピだと思うので、ぜひご期待ください~

***

白ごはん.comは国連WFPのアンバサダーとして、世界食料デーキャンペーン2020 「ゼロハンガーチャレンジ~食品ロス × 飢餓ゼロ~」 に協力させていただいています。食品を無駄にせず、できるだけ廃棄せずに美味しく食べる部分は食べ切ることが大切だと考えています。ぜひ皆さんも #食品ロスゼロアクション #ゼロハンガー2020 #国連WFP のタグをつけて、投稿してみてください。詳しくはこちらをご覧ください。
https://www.jawfp.org/worldfoodday2020/

***

◇ ごはんはもちろん、パンにサラダ、
◇ 炒め物などの仕上げにも美味しい
◇ 『無添加ふりかけカレー味』
◇ 絶賛発売中です↓↓↓
LINEbanar_kare-.jpg

zerohanga--2.jpg

9/1からはじまった国連WFPのキャンペーンに、ぜひ皆さんで参加いただきたくてブログを書いてます!ちなみに、国連WFPは飢餓をなくすための活動する国連唯一の食料支援機関です。

※このツイートの通り、1投稿が120円の寄付となります。さらにそれがTwitterならリツイート、Instagramならリポスト、Facebookならシェアをした数も、同じように120円の寄付のカウントとなります。

※上の取り消し線部分の内容を修正させてください。国連WFPの今回のキャンペーンアンバサダーの投稿については、上のようにTwitterならリツイート、Instagramならリポスト、Facebookならシェアをした数も、同じように120円の寄付とカウントされます。僕は今回アンバサダーとして協力させていただいているので、僕のツイート等は該当します。ただ、通常は1投稿が120円の寄付となるのみとのことです。誤解のある記述をしてしまい、申し訳ありませんでした。


参加方法などの詳細は下記WEBページにまとまっていますが、120円の寄付で途上国の子どもたち4人分の学校給食となります。
https://www.jawfp.org/worldfoodday2020/

日本の食品ロス(食べられるのに捨てられる食料)は年間612万トンにもおよぶ(平成29年度)と言われています(農林水産省の発表で)。反面、世界の飢餓人口は何億人といて、紛争や異常気象により、ここ数年は増加しているとのこと…。

僕も生活の中で、食品ロスを減らしたり(これとはまた違いますが脱プラの意識を持つよう)気を付けていますが、こういったキャンペーンの時に参加し、考えてみることがとても大切だとも思っています。

そこで、白ごはん.comから捨てがちな「野菜の皮や葉」「魚のあら」「だしがら」を活用するレシピをピックアップしてみましたので、参考になればと思います。ぜひ、大根の皮のきんぴらやポン酢漬けなど、非常に手軽なものもあるので、

#食品ロスゼロアクション #ゼロハンガー2020 #国連WFP

この3つのタグをつけて、投稿してみてください。また、このブログをTwitterにあげている下のツイートもぜひRTお願いいたします。

さて、ここから料理の紹介に移ります。はじめは大根の皮の活用で2品。これから秋冬をむかえると大根料理の出番も増えてきますよね。煮物などでは大根の皮を厚くむく必要があるので、その皮をきんぴらにしたり、もっと手軽にするなら刻んでポン酢に漬けるだけでも美味しい一品となります↓

daikonkawatate.JPG M1HxV73uo4.JPG
◇ 大根の皮のきんぴら(立派なちょいおかずに!)
sirogohan.com/recipe/daikonkawa/

◇ 大根の皮のポン酢漬け(手軽さナンバーワン!)
sirogohan.com/recipe/daikonkawa/


それから、次はだしがらの活用レシピ2つです。かつお節と昆布。出汁を取ったら冷凍保存しておき、まとめて作るといいかもしれません。どちらも常備菜として日持ちするものなので、食卓で活躍してくれるはずです(^^♪ ↓

lGFBut1MpC.JPG TEMttESyLI.JPG
◇ 鰹だしがらふりかけ(だし取りの後に!) 
sirogohan.com/recipe/katuohurikake/

◇ 昆布だしがらと椎茸の佃煮(昆布ならこちら!)
sirogohan.com/recipe/kobusiitake/


こちらは野菜についてくる茎や葉の活用。かぶ、大根、にんじんなど、そのままにしておくとしなびてしまうので、買ってきたら野菜から切り離し、保存しておくとよいです。それをできるだけ早いタイミングで、細かく刻んでふりかけにするのがいちばんかと↓

dnDv9SbBuR.JPG uqHNW1V8NQ.JPG
◇ かぶの葉ふりかけ(じゃこ&ごま油プラスで!)
sirogohan.com/recipe/kabuhurikake/

◇ にんじん葉のふりかけ(くるみを少し合わせて!)
sirogohan.com/recipe/ninjin/


最後は魚のあらや野菜のゆで汁をだし汁代わりに活用するという例です。スーパーで売られている鯛のアラなどは、もちろんお吸い物にぴったりなわけですが、同じ作り方で「サバ」や「アジ」でも美味しいだしが取れて、お吸い物に活用できます(しかもアラに一度火を入れることになるので、生ごみが臭くなりにくい!)。また、野菜のゆで汁もだし汁代わりになるものも多く、白ごはん.comで紹介してきた中では「菜の花」のゆで汁が昆布だしのよう!とすごく評判となったことがあります(これは菜の花が旬の時期にぜひお試しください^^♪)↓

usioyoko2.jpg nanohana4310tate.JPG
◇ 鯛のあら汁(アジやサバでも美味しい!)
sirogohan.com/recipe/usio/

◇ 菜の花のゆで汁でおひたし(ゆで汁がだし代わりに!)
sirogohan.com/recipe/nabana/

いかがでしょうか。捨てがちな野菜の皮なども、知っておくだけで手軽な一品に早変わりできるものがあります。ぜひおうちでもトライしてみてほしいですし、国連WFPのキャンペーンに何かしらの形で参加していただけたら嬉しいです!よろしくお願いします。



◇ ごはんはもちろん、パンにサラダ、
◇ 炒め物などの仕上げにも美味しい
◇ 『無添加ふりかけカレー味』
◇ 絶賛発売中です↓↓↓
LINEbanar_kare-.jpg


sirasuorosi2899.JPG
先日、白ごはん.comに実装した『解説付き』レシピ工程、これまで超シンプルな味噌汁2品をやってみました↓↓↓

◇豆腐とわかめの味噌汁(解説付き)
sirogohan.com/recipe/twmisosiru/

◇大根と油あげの味噌汁(解説付き)
sirogohan.com/recipe/damisosiru/


そろそろ味噌汁以外もやってみたいと思いまして(^^)/

『大根おろしとしらすを組み合わせるだけ』の簡単レシピを少し掘り下げて、しらすおろし以外の別の料理にも役立ちそうな解説付きレシピにしてみました~

◇しらすおろし(解説付き)
sirogohan.com/recipe/sirasuorosi/

sirasuorosi1.JPG
用意するのはしらすと大根。解説付きレシピでは、大根の部位による味の違いや、水気のしぼり方なども詳しく紹介しています。

sirasuorosi8.JPG
これからの時期ならすだちも路地ものが出てきて、使いやすくなりますよね。しらすおろしは仕上げにかんきつ類をしぼったり、なければ酢を少しプラスしても美味しいので、ぜひお試しください~

sirasuorosi15.JPG
◇しらすおろし(解説付き)
sirogohan.com/recipe/sirasuorosi/


***

最後に、白ごはん.comストアからのお知らせです。
https://shop.sirogohan.com/

入荷待ちとなっていた『鍋つかみ』『調理べら』がともに、今週末くらいに少量ずつですが入荷できることとなりました!

前日までにブログと公式Twitterで案内させていただきますので、どうぞよろしくお願いします!ふりかけシリーズの『無添加ふりかけ』『和風カレーふりかけ』も大好評発売中です(^^♪

LINEbanar_kare-.jpg


 

8recipe.jpg

つい先ほど、白ごはん.comのyoutubeチャンネルに、野菜の切り方動画を5つほどアップしておきました~。
白ごはん.comのyoutubeチャンネルへ

先日ブログでお知らせしたWEBページとは違って、動画ならではのわかりやすさもあると思います。ぜひチェックしてみてください(^^♪ 代表的な、乱切りと輪切りをしたに添付しておきます!





***

さて、ちゃこの様子を最近あまりお知らせできていなかったのですが、twitterで気まぐれにアップしたものがけっこうたくさんの方に見てもらえました。なにせ写真が面白かったので…(笑)


僕が料理の撮影をしているとき、妻も横で何かカシャカシャ撮影してるな…と思っていたら、ちゃこの真剣な顔を激写していました(ですので妻の撮影です^^) でも写真を見て納得。これは押さえておきたい写真です。僕も気づいていたら、料理どころではなかったかもしれません(笑)

料理以上の反響だったのが少し複雑ですが、ちゃこファンを公言してくださっている方もけっこういらっしゃるので、そこは期待に応えるべく、これからも面白写真を中心に?アップしていきたいと思います!

***

それから、「調理道具についてもいつかブログで書きますね」と数か月前に言ったきりになっていることにいま気づきました…。こちらも何か伝え甲斐のあるものをキッチンで今度探してみようと思います(ゴメンナサイ!)

 
◇ ごはんはもちろん、パンにサラダ、
◇ 炒め物などの仕上げにも美味しい
◇ 『無添加ふりかけカレー味』
◇ 絶賛発売中です↓↓↓
LINEbanar_kare-.jpg

sishamonanban1563.JPG
この夏くらいから、意識して魚料理を白ごはん.comに増やそう!と、ひとり計画を立てて進めています。まだまだ少ないけれど、白ごはん.comには作りやすいか美味しいか、どっちか当てはまる魚料理がけっこうあるよね、くらいに言われるよう頑張ろうと思ってマス!

さて、今回は『ししゃもの南蛮漬け』です。
sirogohan.com/recipe/sishamonanban/

フライパンで作るレシピで、薬味以外は包丁いらずだし、けっこう作りやすいかなと思います。

***

どんな手順かと言いますと…

はじめに南蛮酢を保存容器で作っておきます(※このししゃもの南蛮漬けレシピは、白ごはん.comの南蛮酢の中でも非加熱で作れるお手軽バージョンにしています!

それができたら、ししゃもに小麦粉をふりかけてまぶし、余分な粉を落としておきましょう。

sishamonanban5.JPG
あとはフライパンに油をしいて、片面2分ずつくらい焼くのですが、2分ずつ焼いた後に、特に子持ちししゃもの場合は、下のようにフライパンの端からししゃもを立てて、腹側を1分くらい追加で焼くとよいです。

sishamonanban10.JPG
あとは作っておいた南蛮酢に浸け込むだけ↓↓↓

sishamonanban11.JPG
味をなじませたら、器に盛り付けてください。食べる時にたっぷりの刻みねぎ(もしくはちぎった大葉)と、好みで粗びき黒胡椒をふりかけてみてください~。

爽やかで食べやすく、いつも以上にししゃもがたっぷりいただけると思います(^^♪

◇白ごはん.comのししゃもの南蛮漬け
sirogohan.com/recipe/sishamonanban/

sishamonanban1563.JPG

***

今回の台風の影響でまだまだ停電が続いているところも多いようです…。少しでも早く復旧し、これ以上被害が広がらないよう願っています。停電で炊飯器が使えない、でもガスは使えるという状況であれば、ご飯を鍋炊きすることもできますので、白ごはん.comのページも参考になればと思います↓↓↓

◇白ごはん.comの『鍋炊きごはんのやり方』
sirogohan.com/recipe/gohan2/

***

◇ ごはんはもちろん、パンにサラダ、
◇ 炒め物などの仕上げにも美味しい
◇ 『無添加ふりかけカレー味』
◇ 絶賛発売中です↓↓↓
LINEbanar_kare-.jpg

8nasu.jpg
先日の野菜の切り方のまとめ方が、けっこうわかりやすいと評判だったので継続しようかと!今回は写真の通り「なす」のまとめです。

白ごはん.comの中で検索される食材キーワードは、季節ごとの旬の素材がやはりいちばん多いのですが、今の時期は「なす」が圧倒的!

トマトやきゅうりみたいに、とりあえずサラダにしとけってものでもないし、どうして食べようか…となるんだと思います。
 
そこで!手軽に作れるものから、常備菜になるものまで、白ごはん.comの中から冨田的おすすめレシピベスト8をまとめてみました。ぜひ気になるものをチェックしてみてください。

nasugomatate2.JPG nasunibitasi1069tate.JPG
◇ レンジ加熱なすのごま和え(手軽さが何より!)
sirogohan.com/recipe/nasugoma/

◇ なすの煮びたし(夏の人気ナンバーワンレシピ!)
sirogohan.com/recipe/nibitasinasu/

nasutatakidontate.JPG nasumomitate5167.JPG
◇ なすと長芋のたたき丼(これもレンジ加熱!) 
sirogohan.com/recipe/nasutatakidon/

◇ なすの塩もみ(非加熱で。とにかく強くもむ!)
sirogohan.com/recipe/nasumomi/

hukusintate.JPG nasuso-sutate.JPG
◇ 手作り福神漬け(手作りが美味い常備菜!)
sirogohan.com/recipe/hukusin/

◇ なす豚ソース炒め(ソース味が最高!)
sirogohan.com/recipe/nasuso-su/

ma-bontate.JPG agedasinasutate.JPG

◇ 麻婆なす(手軽なやり方で!)
sirogohan.com/recipe/ma-bon/

◇ なすの揚げ出し(油のコクにさっぱり薬味!)
sirogohan.com/recipe/agedasinasu/

いかがでしょうか。なすの塩もみのように、火を使わずに作れるレシピもありますが、量を食べようと思うとやはり加熱した方がいいんですよね。

その加熱方法も、「油と相性がいいから揚げたり、多めの油で炒める」というやり方と、「手軽にレンジ加熱する」という別のやり方もあるので、そこを知っておくとなす料理の幅が広がるような気がします。参考になりましたら!


◇ ごはんはもちろん、パンにサラダ、
◇ 炒め物などの仕上げにも美味しい
◇ 『無添加ふりかけカレー味』
◇ 絶賛発売中です↓↓↓
LINEbanar_kare-.jpg

↑このページのトップへ