月別アーカイブ / 2020年02月

dgcurry13.JPG
皆さんこんにちは。

今日は24日(フシの日)、月イチ開催の【だしブレンド特売デー】、本日2/24も絶賛開催中です(^^♪ 

(毎回の告知が変わり映えしない内容で申し訳ないですが)白ごはん.comオンラインショップ限定の だしブレンドお徳用250gも10%OFFに なっていますのでぜひ活用くださいね!

だしブレンドオンラインショップ
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG

***

今日は特売の告知に加えて、だしブレンドのだしがらを活用したレシピも昨日アップしたので、そのこともお知らせしたいと思います。

個人的には、これまでだしがらレシピを30個くらいアップしてきましたが、リピートしたくなる確率ナンバーワンじゃないか⁈とすら思ってる自信作です(^^)/

dgcurry6539.JPG
だしがらのキーマカレー風ふりかけ↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/dgcurry/

っていう常備菜なのですが、要はいつもはひき肉を使って作るものを、だし汁を取った後のだしがらで作ってみたら、めちゃくちゃ美味しかったという一品なのです(なんというか、だしブレンドの鰹や昆布の粉砕加減がちょうどいい塩梅に感じられます)

レシピのほうでは、野菜なしのシンプルバージョンも合わせて2パターンの作り方をアップしているのですが、おすすめはにんじん、玉ねぎ、ピーマンの野菜入りレシピ。はじめにフライパンで粗みじんに切った野菜を炒め、そこにカレー粉を加えてさらにさっと炒めます。

dgcurry4.JPG
野菜と油、カレー粉がなじんだら、汁気をしぼっただしがら&調味料(といっても醤油と砂糖だけ)を加えて後は煮詰めるだけ。

 dgcurry6.JPG
沸いたら少し火を弱め、汁気がほとんどなくなるまで煮詰めましょう!

dgcurry7.JPG
完成したら粗熱を取って、保存容器に入れて冷蔵庫へ。冷蔵1週間は日持ちしますので!

dgcurry8.JPG
この記事のはじめにのせた写真は野菜なしバージョンのですが、弁当などにもぴったりなんです!

ぜひ、だしブレンドを普段お使いの方、だしがらで作ってみてください。お子さんにも喜んでもらえると思います~
https://www.sirogohan.com/recipe/dgcurry/

***

先月お知らせした「ふりかけ」の発売日ですが、少し発売日がずれこんで、4月中くらいになりそうです。いやぁ待ち遠しい。だしブレンド特売日も月イチですので、ぜひご活用ください。よろしくお願いします~
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG


csoba7079.JPG
皆さんこんばんは。
先ほど白ごはん.comに、家で作る自家製ラーメンのレシピをアップしておきました。

あまりにも長くなりそうだったので、3つに分けています。

・家で作るラーメンスープ
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba1/

・ラーメンスープ後の仕上げまでのレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba2/

・ラーメンのだしがらを使ったおかず
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba3/

***

ひとつずつ、簡単に紹介していきますね。

まずはラーメンスープのだし取りから。こちらは『鶏だし』と『和風スープ』を掛け合わせて仕上げます。そして、鶏だしには、スーパーでも買いやすい手羽中を使用。手羽の真ん中でスパッと切られているものが便利です。

csoba5.JPG

そして、和風だしのほうは、混合削り節、煮干し(特に頭やワタは取らなくてOK!)、昆布でだし取りをします。

csoba9.JPG

ちなみに、なぜ鶏ガラじゃなくて手羽中にしたかと言いますと、だしがらを取り出して、味付けをすれば手軽なおかずが1品すぐに出来上がるから!

csoba15.JPG

手羽中は骨も身も適度にあって、だしがらも美味しい。醤油、酢、ごま油、コショウで熱々のだしがらに味付けするだけで立派な1品となってくれます!

csoba16.JPG

だしを2種こしたあとは、鍋に合わせて、味を調えます。醤油、みりん、砂糖、塩。ここの塩加減だけは、煮詰め具合によってもスープの分量が変わってくるので、味見をしつつってのが大切です!

csoba17.JPG

あとは麺をゆでてスープを合わせる。ちなみに、麺は細麺か中太麺くらいまでがおすすめ。

無化調でスープを作ってるし、油も後から足さないので、麺が太すぎると味ののりがちょっと悪いかもしれません(麺は細いほうが味のノリがいいんです!)

csoba25.JPG

白ごはん.comに半熟煮卵のレシピもあるので、余裕があればそれも用意しておき、わかめやナルト、メンマや刻みねぎなどを盛り付けましょう! 

csoba27.JPG

手作りならではのやさしいうま味が広がるスープになっているはず!微妙な塩気の調整で、ラーメンはずいぶん味の感じ方が変わるので、スープの味見は麺と食べる時をイメージしつつ、慎重にやってみてください!

家でイベント的に「今日はおうちでラーメン作ってみよう!」とやってみるのも楽しいかもしれません。参考になれば嬉しいです(^^)/

・家で作るラーメンスープ
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba1/

・ラーメンスープ後の仕上げまでのレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba2/

・ラーメンのだしがらを使ったおかず
https://www.sirogohan.com/recipe/csoba3/

nanohanamisosiru4133.JPG
先日のブログでもちょっと紹介させてもらったのですが、「菜の花のゆで汁が美味しかった!」という白ごはん.comユーザーの方のツイートが話題になった件の続きです。


白ごはん.comの「菜の花のお浸し」の感想ツイートだったのですが、そういや「菜の花の味噌汁」など、撮影したけど時期を逃してアップしてなかった写真があったよな…とパソコン内を探してみたら…。

他にもありました!菜の花のゆで汁を活用するレシピ。

お浸しとはまた違う、汁物のだし汁替わりに、菜の花のゆで汁を活用しようという2品です(^^♪

***

まず一つめは「菜の花の具だくさん味噌汁」
https://www.sirogohan.com/recipe/nanohanamisosiru/

菜の花、にんじん、油揚げの組み合わせで、味噌を溶いた後に菜の花を加え、さっと火を通して作ります。

不思議なもので、1分くらいのさっと火を通す時間だけで、菜の花のやさしいうま味が汁にちゃんと出てくれるんですよね。

だし汁なしで、菜の花のゆで汁だけでちょうどいいうま味加減にしようと思うと、いつもの味噌汁よりもちょっと具の割合が多くなってしまったのですが、それは致し方ない点としてご容赦ください…(笑)

nanohanamisosiru8.JPG

さて、もう一つのレシピはちょっと洋風なスープレシピ。

nanohanasiru6980.JPG
「菜の花とベーコンの具だくさんスープ」です。
https://www.sirogohan.com/recipe/nanohanasiru/

こちらも要領は同じなのですが、ベーコンの風味を油に移したいので、はじめに軽く炒めてから水を加えます。その後に沸いたら、味噌汁と同じく、先に味付けをして、その後に菜の花をさっと火を通します。

菜の花は本当に火が入りやすい野菜なので、グツグツ煮続けてしまうと、溶けるように柔らかい食感になってしまいます。食感を残したい方は特に、菜の花の火通しは最後にするといいと思いますよー(^^)/

nanohanasiru9.JPG

***

今日はバレンタインデーですね!白ごはん.comにそれらしいレシピがなくて、ちょっと申し訳ない気持ちになるのは僕の意識のしすぎでしょうか…(笑) ←白ごはん.comにそこまで期待してないって!という声も聞こえそうです。

でも、娘が友達とお菓子を交換するのに、「誰のレシピにしようかな~」と探しているのに遭遇してしまい、白ごはんサイトの中にそんなレシピがないことに、ちょっと悲しくなったんですよね…。昔マドレーヌとかよく作ってたから、そんな昔からある洋風焼き菓子も研究していつかレシピにしてみようかな。
 

makaronigura4007.JPG

今日はうちの近くでは初めての雪!ようやくです。

こんな寒い日はやっぱりアツアツのグラタンっていいですよね~(^^)/

先ほどyoutubeにレシピ動画をアップしました。




手順もシンプルだし(フライパンで具材を炒めてからそのままホワイトソース作りへ)、ぜひ動画で見る仕上がりのとろみ加減なども参考にしつつ、作ってみてください!!

***

普通のページはこちらです↓↓↓
白ごはん.comの『マカロニグラタン』
https://www.sirogohan.com/recipe/makaronigura/

***

そういえば!昨日から今日にかけて、白ごはん.comの菜の花のお浸しのレシピに関するツイートがずいぶんバズっていました(^^♪ ドさんありがとうございますっ


そうなんですよね!菜の花のゆで汁はすごいうま味で、お浸しのだし汁替わりに使うと、ほんとに美味しいんです。

味噌汁を作る時にも直入れしたり、雑炊のようなものにも直入れしたり、ゆで汁も一緒にいただける食べ方がおすすめなんです。菜の花も並び始めましたし、ぜひこちらもお試しくださいねっ

omuretu6885.jpg
皆さんこんばんは。

今日アップしたレシピ、『具だくさんのミートオムレツ』の紹介です。
https://www.sirogohan.com/recipe/omuretu/

白ごはん.comにはオムライスのレシピはあるんですけど、オムレツはなかったんですよね。調理師学校の洋食の授業ではたいていプレーンオムレツの作り方を習う(と思う)んですけど、朝食に嬉しいシンプルなオムレツより、もっと、ケチャップがドバっとかかったオムレツをやりたいなぁと、思っていました。

今日の試作後のツイート↓↓↓

具材たっぷりで、おかずにもってこい、そんなオムレツになったと思います。ほんと上出来でした(笑)

***

特徴はと言いますと、ミートオムレツなのでひき肉を使ってるんですけど、野菜の割合かなり多めな具だくさんオムレツです。

じゃがいも、玉ねぎ、にんじんをはじめに炒めて、続けてひき肉を炒めて、下味は醤油とこしょうのみ。そこに水を少し加えて、じゃがいもがホクっとなるくらいまで『蒸らし煮』にするのがポイントです!

omuretu11.jpg

あとは好みの卵の個数で、はじめから炒めた具と合わせてオムレツにする!仕上げはケチャップをドバっといきましょう!!ホクっとしたじゃが芋が特に、なんとも美味しい(^^♪

大人も子供も「これこれ!」って言ってくれそうな、そんなオムレツじゃないかなぁと思います。ぜひお試しくださいね。

白ごはん.comの『具だくさんのミートオムレツ』
https://www.sirogohan.com/recipe/omuretu/

 omuretu6902.jpg

nikudouhu6723.JPG

肉豆腐は、煮汁を吸った具材、豆腐や玉ねぎ、きのこの美味しさがたまらない(と個人的に思う)わけですが、その作り方は【具材が多いわりに煮汁はそんなに多くはない】んですよね。

逆に、煮汁たっぷりで、つゆだくすぎる状態で作ってしまうと、その美味しさも半減してしまうと思っています。必要な調味料が多くなったり、煮る時間が長くなったり、具材から出る旨みも煮汁が多いと薄まってしまう…。

その具材と煮汁のバランス、火の入れ方など、参考になるんじゃないかと、先ほどyoutubeにレシピ動画をアップしました!




参考になる点があれば嬉しいです。上の写真のように、具材&煮汁で丼ぶりにするのも渋くて好きなんですよねー(^^)

↑このページのトップへ