月別アーカイブ / 2019年11月

hijikikinpira4201.JPG
うちの娘はひじきが好きですねー。ひじきの煮物に、ふりかけに、炊き込みご飯などなど。冷凍できるおかずも多いから、まとめて作っておいて、「もう少しおかずが欲しいな…」っていう時、献立に一品ひじき料理をプラスすることもよくあります。

さて、今日はそんなひじきを使った料理の中でも、煮物よりも少し時短ができる"きんぴら"の紹介です!

白ごはん.comの「ひじきのきんぴら」
https://www.sirogohan.com/recipe/hijikikinpira/

*ひじきをきんぴらにする場合は「長ひじき」が食べ応えもあって美味しいので、ぜひ芽ひじきじゃなくて、長ひじきを用意して作ってみてください。

作り方ですが、棒状に切ったにんじんをごま油ではじめに炒め、次に戻した長ひじきと好みで輪切り唐辛子を入れ、炒め合わせます。

hijikikinpira4.JPG
あとはさつま揚げを加えて炒め(煮物には油揚げが定番だけど、きんぴらにはさつま揚げが美味しい!)、醬油、砂糖、酒で味付け。汁気がほとんどなくなるまで炒めれば完成(^^♪

hijikikinpira9.JPG
煮物にする時はだし汁もいるし、煮る時間もきんぴらに比べれば長くなるので、「ひじきをきんぴらにする」っていう選択肢も、ひじき好きな人にとってはすごく活躍できるんじゃないか?!と思っています~

白ごはん.comのひじきのきんぴら
https://www.sirogohan.com/recipe/hijikikinpira/


*先ほど「だしブレンドお徳用」の販売が再開いたしました!こちらもどうぞよろしくお願いいたします~
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG

youtube2075small.JPG
ほっこりと冬らしい献立を動画で撮影してみました。

『ぶりの照り焼き&長芋の味噌汁』というセット。新米の時期、まさにご飯にぴったりの献立だと思います(^^♪

ぶりの照り焼きを煮詰める加減など、ぜひ動画でチェックしてみてください~




それから、Twitterなどで問い合わせを多くいただいていた『だしブレンドのお徳用』ですが、明日20日(木)に再入荷できることとなりました。大変お待たせして申し訳ないです(>_<) *昼前の10時か11時くらいには商品カートに在庫をアップできる予定です。

ただ、そんなに急ぎでない、ゆっくりで大丈夫…という方は、ぜひ、今週末の24日の10%OFFだしブレンドディを待ってから、お買い求めいただいてもと思います!

だしブレンドも11月24日で発売からようやく1年。「だしが美味しい」「だしがらも使ってみた」と、さまざまに感想をいただけて、販売も継続できていることが本当に嬉しく思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします~
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG

makaronigura4007.JPG
ここ1か月くらい、マカロニグラタンばかり作っていました…(笑) そしてようやくレシピ完成^^

あれ?作ってみたらけっこう簡単じゃん!

と、そんな風に感じてもらえるんじゃないかと(勝手に)想像してる、手軽さもあるレシピなので、ぜひお試しください。

白ごはん.comの『基本のマカロニグラタン』
https://www.sirogohan.com/recipe/makaronigura/


どんなレシピかと言いますと、、レシピによってはソースと具材炒めを別器具で行うものも多いのですが、それを一緒にしています。つまり、グラタンの具材を炒めたフライパンの中で、そのままホワイトソースを仕上げる、そんなレシピです!

はじめて作る人でも、きっと美味しくできるはず。

ちなみに、ホワイトソースのとろみの要となる小麦粉の合わせ方は、下のように、具材を炒めた後に火を止めて、具材に小麦粉&バターをまぶしてから軽く炒める、というところからスタート。

makaronigura7.JPG

弱火で30~45秒くらい炒めたら、白っぽいところもなくなるので、そこに牛乳400mlを3回に分けて加えます。

makaronigura9.JPG

牛乳を加えたら少し火を強め、混ぜながらとろみをつけ、沸騰直前までいけばまた牛乳を入れて、、を繰り返します。

makaronigura12.JPG

最後の牛乳を加えた後は7~8分弱火で煮込み、下くらいになれば、ゆでたマカロニの合わせ時!

makaronigura15.JPG

あとは耐熱容器に入れてピザ用チーズをふりかけ、トースターやオーブンで焼き目をつけます。

makaronigura20.JPG

これから寒くなる時期ですので、熱々のグラタンはぴったりのおかずですよね!ぜひトライしてみてくださいね!

白ごはん.comのマカロニグラタン
https://www.sirogohan.com/recipe/makaronigura/

*マカロニグラタンの仕上げ方として、ピザ用チーズをかける以外のやり方があって、それも別ページで紹介しています。白ごはん.comのホワイトソースの材料は、生クリームも使わずバターも少ないので、ピザ用チーズの代わりに"追いバター&パン粉"をかけて焼き上げる、のですが、これはこれで、ホワイトソースの味がよく味わえるのでおすすめなのです(^^)/
https://www.sirogohan.com/recipe/makaronigura2/

makaronigura4060small.JPG

*最後に一つお知らせ* いま入荷待ちなっている「だしブレンドのお徳用」が、来週の20日近くに入荷することとなりました。購入をご予定の皆さん、大変お待たせいたしました…。また入荷直前にブログやTwitterでお知らせいたしますので!よろしくお願いします。
https://shop.sirogohan.com/

be-konmesi3735.JPG
今日はベーコンを使った混ぜご飯レシピの紹介です。

具材はベーコンのみ、薬味的に焼き海苔と粗びき黒胡椒をたっぷりと合わせるという、コンビニおにぎりになってそうな、ちょっと誘惑強めの混ぜご飯。

海苔と合わせるとほんとに美味しいので、ぜひお試しを↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/be-konmesi/


毎度のことながら、ブログでも流れをざっと!

まず、ベーコンは7~8㎜幅くらいに切ってフライパンでこんがりと炒め、そこに醬油、少しの砂糖、胡椒を加えて味付けします。

be-konmesi6.JPG

ベーコンの醬油炒めが出来上がれば、フライパンの底や淵にもけっこう香ばしい旨みがくっついているので、火を止めたフライパンに温かいご飯を入れて、その中で混ぜ合わせます。
 
be-konmesi8.JPG

後は茶碗に盛り付けて、粗びき黒胡椒をふりかけ(たっぷりめで!)、

be-konmesi10.JPG

相性抜群の焼き海苔を添えれば完成!焼き海苔はちぎり海苔でも、よく見る8切りのサイズの海苔を添えて巻いて食べてもどちらでも(^^♪

be-konmesi11.JPG


なぜご飯を炒めないか、、という疑問もあるかもしれませんが、炒めず混ぜご飯にするからこそ、しっとりとした美味しさが楽しめて、それがこの組み合わせにはいいなと思ったからなんです。

たまにはこういうレシピもいいもんだな、と思いアップしました。ほんとうにベーコンありがたし…。ぜひベーコン1パック買ってみて、試してみてください~

白ごはん.comの「ベーコンの醬油炒めの混ぜご飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/be-konmesi/

butabarahakusai34092.JPG
先日、白ごはん.comの鍋料理ランキングの記事を書いて、すっかりお鍋気分が盛り上がってしまい…、久しぶりに作ろうか??とやったのがこの料理。

『豚バラ白菜の重ね煮』です!
https://www.sirogohan.com/recipe/hakusaisu-pu/

鍋料理のようでもあり、煮物やスープっぽさもある、一度作ると献立に合わせてけっこう自由自在な料理だなーと思っています。

ブログタイトルにも書きましたが、この重ね煮は1日目に具材をざっと食べてスープを少し残しておいて、2日目に餅巾着を入れて食べるのがめちゃくちゃ美味しい…(^^♪

ひとまず、じゃあ、重ね煮の流れから↓↓↓

白菜と豚バラ肉は3~4㎝幅に切って、鍋の中に交互に入れて重ねていきます。一番上にはせん切りの生姜も少々。

butabarahakusai4.JPG

ここにはじめから、だし汁、醬油、みりんを入れて火にかけ、沸いてきたらアクだけすく取って、後はじっくりコトコトと15分煮るだけ!

butabarahakusai9.JPG

僕は白菜の芯の部分だけは先に入れて、アクをすくい終わったら葉の部分を入れています。その方がなんだかアクがすくいやすいなーと思ったからです。15分後はこんな具合に~↓↓↓

butabarahakusai10.JPG

鍋料理や、メインの煮物的な感覚で、当日全部を食べきる気持ちで作ってもいいものです(その場合は具を少し減らしたあとに、きのこ類、豆腐、マロニーや春雨なんかを入れて増量しても!)

butabarahakusai34282.JPG

我が家で定番化しつつある楽しみ方は、1日目は白菜と豚肉の具をメインに美味しくいただいて、スープは少し残しておき、2日目は餅巾着を入れてコトコトと煮て、具材の味がしみ込んだ餅巾着をいただく!これも本当に美味しいのでオススメです(^^♪

motikin3697.JPG

最近、白ごはん.comにもち巾着の作り方もアップしておいたので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね↓↓↓

白ごはん.comのもち巾着の作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/motikin/

白ごはん.comの豚バラ白菜の重ね煮の作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/hakusaisu-pu/
 

odensai31912.JPG
皆さん、こんばんは。

最近すこし寒くなってきて、家族で鍋を囲む機会がちょっとだけ増えてきました。うちは金土日のどこかで鍋にすることが多いんですけど、皆さんのおうちだとどうでしょうか??

白ごはん.comの鍋レシピの中で、何が人気かと言いますと、

1位→おでん
2位→すき焼き
3位→ごま豆乳鍋
4位→水炊き
5位→キムチ鍋

というような順位ですねー。今年はちゃんこ鍋かもつ鍋あたりを増やしたいと思ってるのですが、ここになんとか食い込んでほしいなーなんて思っています(^^♪

さて、不動の人気第一位の「おでん」ですが、実は10年近く前にレシピを撮影してから、ずいぶんと時間がたってしまいました。なので、今回すべての写真を再撮影することに

odensai2.JPG
大根の切り方や下茹でのやり方はもちろん、

odensai8.JPG
その他の厚揚げ、練り物、こんにゃく、芋類などの下ごしらえも写真が大きくなってみやすくなったと思います!

odensai3006small.JPG
これらが↑↑↑冨田家のおでんの定番具材なのですが、けっこう下ごしらえに手間がかかるので、僕は時間に余裕をみて2日から3日かけておでんを仕上げる(例としては具材下ごしらえ1日、翌日に一度火を入れておく、最終日は冷める工程でしっかり味がしみ込んでるので温めるだけ)ってことも多いですねー。

odensai18.JPG
新しく再撮したおでんレシピも少しでも参考になれば嬉しいです!

odensai20.JPG
白ごはん.comのおでんレシピ https://www.sirogohan.com/recipe/oden/
白ごはん.comのおでんの下ごしらえ https://www.sirogohan.com/recipe/odengu/

↑このページのトップへ