月別アーカイブ / 2019年10月

wahuukare-2786.JPG
市販のカレールゥはけっこう脂が多かったりするんですよね。

それはそれで美味しいんだけど、たまには蕎麦屋のカレー丼みたいな出汁感のあるカレーが食べたい。

でも、カレー丼っぽいとろみじゃなくて、ちゃんとしたカレーライスにしたい!

そういうコンセプトで作ってます。白ごはん.comの和風カレー。
https://www.sirogohan.com/recipe/wahuukare-/


カレーに入れる具材は、普通のもので、あるものでOK。今回は、豚肉、じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、しめじ、いんげんを入れています。

生姜とにんにくを少しきかせて、はじめに油で軽く炒め、炒める最後に豚肉を加えます(フライパンで作る時は豚肉が先でもいいのですが、鍋で作ると豚肉がつっくきやすいので…)。

wahuukare-6.JPG

とろみ付けは、カレー粉、小麦粉、片栗粉を2:3:3で合わせたもの。小麦粉も入れた方が、とろみ具合がルゥを使ったものに近くなりますね。

wahuukare-13.JPG

具材を炒めたらだし汁を入れて、醤油やみりん、塩、少しのケチャップなどを入れて煮込み、野菜に火が通れば上のルゥ代わりのやつを入れて、とろみづけ!

wahuukare-15.JPG

だし汁使うし、調味料は完全に和なんですが、不思議と和っぽすぎない仕上がりになるので、ぜひ一度試してみてください(^^♪
https://www.sirogohan.com/recipe/wahuukare-/

牛すじカレー、和風カレーに続く、カレー第三弾はオーソドックスな「チキンカレー」でもアップしようかなーなんて、いまのところ考えています。

sokusekiko-n2837.JPG
みなさんはどっち派ですかね??

僕のまわりには「みそ汁にはほぼ決まった具しか入れない派」と「みそ汁をいろいろな具材で楽しむ派」がいて、圧倒的に後者のほうが多いように感じています。

僕的には、みそ汁は定番の豆腐にねぎ、油揚げはもちろんのこと、その時々の旬の野菜(これから季節なら小松菜だったり、大根やにんじん、れんこんなどの根菜類など!)を複数組み合わせても美味しいので、懐の深いみそ汁だからこそ、いろんな具材を楽しみたいなと思っています。


さて、前置きが長くなってしまいましたが…

今日は手軽ながら美味しい、意外だけどまた作りたくなる、そんなみそ汁の具の組み合わせの紹介。

「缶詰粒コーンとベーコンのみそ汁」
https://www.sirogohan.com/recipe/sokusekiko-n/

いやぁ、これが美味しいんですよ。さらに言えば、どの具材もさっと温めるだけでOKな食材なので、短い時間で作ることができるんです!

ベーコンだけ食べやすく切って、鍋に具材を入れてさっと温めてもいいし、下の写真のようになんならお椀の中に「汁気を切った粒コーン、ベーコン(5~6㎜幅くらい)、乾燥わかめ」を入れておいて、後から具なしのみそ汁をさっとそそぐ形でもOKです。一人分なら鍋も油で汚れないし、こっちのほうがいいかもしれないなーなんてと思います。

sokusekiko-n2.JPG
コーンの食感に、ベーコンのうま味、さらにわかめとベーコンの風味が混然一体となって、けっこうクセになる味わいかと!ぜひお試しくださいね(^^♪

sokusekiko-n3.JPG
ちなみに、今日は10/24【だしブレンド10%OFF特売デイ】なのですが、コーン&ベーコンのようなさっと火の通る具材なら、お椀の中でみそ、だしブレンド、具材を入れておき、そこにお湯をそそぐってな即席バージョンな作り方もできますので!
https://shop.sirogohan.com/

sokusekiretasu9.JPG
dasiblend_bn.JPG

dasiburebrother1298.JPG
こんばんは。24日(フシの日)の【だしブレンド特売企画】、明日10/24も開催します(^^♪ というより、今夜0:00から開催してますので~

先月からは

だしブレンドお徳用250gも10%OFFに!

なっています。お徳用1袋あたり218円OFFになるので、ほぼ送料と同じ値段OFFってことになるので(ネコポス発送の場合)、より普段使いしやすくなればいいなと思っています。

kodawari4_6960small.JPG
あと、10/1からの増税にともない「だしブレンドとこし袋特価セット」が終売になったのですが、こし袋も「このサイズはどこも作ってないから自分で作る!」と企画した商品だし、たくさんの方に手に取っていただきたいので、これまで10%OFF対象外だったのですが、今月からは

こし袋も10%FFに!

なっています。だし取りだけじゃなくて、お茶を煮出すのにも便利なので、ぜひ使ってみてください。よろしくお願いします(^^♪
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG

*明日はだしブレンドを使った味噌汁レシピか、和風カレーあたりをアップする予定です(和風カレーは特にだしブレンド専用レシピってわけじゃないですが、最後にちょっとかけて食べたりしても美味しいので…)どっちかはアップせねば思うとります。

dote2362.JPG
僕が18歳の時に名古屋に出てきて、たくさんある名古屋めしの中でも、おそらく一番はじめに好きになったのが『どて煮』だったと思います(^^)/

大学の学食で週3回は、白ごはんといっしょに食べてた記憶がありますからねー。そうとう気に入って食べていました(笑)

今回はその味を思い出しつつ、白ごはん.comに、名古屋らしい"みそ感たっぷりのどて煮"をアップしてみました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/dote/


豚もつってなかなか手に取る機会もないと思うので、下ごしらえだったり、調味料を入れてどのくらい煮るといいのかだったり、そのあたりのことをわかりやすくまとめたつもりです。きっと初めての人でも美味しく作れるはず!

ブログでもさっと全体のレシピの流れをまとめておきますね。


はじめに豚もつは「3分ゆでてざる上げ」を2回くり返し、その後に切ったこんにゃくと5分ほどゆでてアクをすくい取ります。5分ゆでたらざる上げ。

dote7.JPG

下茹でに使った鍋を軽く洗ってから、ざる上げした具材を入れて、調味料をすべて入れてよく溶かし混ぜます。豆みそに砂糖、酒やみりんも入っていて、この段階で混ぜ合わせた感じが仕上がりに煮詰め加減の目安になるので、ほほぅ、このくらいになるまで煮詰めるのか…と見てもらえたら!

dote12.JPG

さて、後は中火にかけて沸いたらアクをすくい取り、その後は弱火で1時間半を目安に煮ていきます。

dote16.JPG

1時間半後がこのくらい。この状態で一度冷まし、再び火にかけると下のような仕上がりに!

 dote18.JPG

はい出来上がり!お酒もご飯もすすんじゃうこと間違いなし(^^♪ 名古屋らしいこってりとしたみそ味になっています。

dote20.JPG

食べるときには、刻みねぎをちらして、好みで一味唐辛子を振るといいですよー。家でも確実に美味しく(しかも大量に!)作れちゃう。ぜひ「どて煮」お試しくださいね!
https://www.sirogohan.com/recipe/dote/

dote2362.JPG

youtube2053small.JPG
毎月2本の動画更新の予定でしたが前回アップできず…。

今月に入ってはじめての動画!

今回は、さつまいもを使ったシンプルな炊き込みご飯、

それから春菊のみで作る豚汁、という2品です♪


さつまいもは旬をむかえるこれからの季節にぴったりのご飯ものだし、

春菊は「春菊を使った料理でいちばんすき!」と身内の評判すごぶるよいレシピ。


前回はミートソースでけっこう長い動画になってしまいましたが、

今回は実質の調理時間15分くらいなので、ぜひ見てみてください~



それから、Twitterでもつぶやいたのですが、ネット上で今回の台風被害への募金も行える(ここはTポイントも連携さえすればそれも募金に使える)ので、情報としてご活用ください。

*僕がつぶやいたころはまだまだ募金が少なく、yahooが同額寄付を上乗せするっていう期間だったので【寄付が2倍】と記載されています。いまは上限に達したようなので、同額寄付の取り組みは終了しています。


ありきたりな言葉でしか出てこないですが、被災された方々が一日でも早く穏やかな生活に戻れますように。

nabetaki1117.JPG
皆さん台風への備えは大丈夫でしょうか。僕も自宅や事務所の飛んでいきそうなものを取り入れたり、停電にそなえて少し買い物をしたりなど今日のうちにやっておきました。

今回の台風は(ニュースでも再三言われてますが)、念には念を入れてくらいのほうが良さそうなので、僕からもブログを通して「鍋炊きご飯」についての情報をと思いました。

台風や地震などで停電が起こると『炊飯器を使わず、どうやってご飯を炊くか』という情報へのニーズが少なからずあるようで、各種SNSでもそうですし、白ごはん.comのアクセスを見ても明らかに「鍋炊きご飯」ページが見られていたりします。

とはいえ、停電になれば必要な情報が見られなくなるかもしれないから、停電になる前に知っておくことも重要だと思うので、簡単に下にまとめておこうと思います。


◎必要なもの◎
米、水、鍋(できれば蓋つきのもの)

*鍋は、蓋つきのものが炊きやすいです。金属製の鍋でもいいですし、土鍋でもフライパンでもOKです。
*蓋つきの鍋がないと炊けないかというとそうではなくて、熱を逃がさないことが蓋の目的なので、簡易的に【片手鍋+アルミホイル】という組み合わせでも炊くことができます。


◎米と水の分量◎
米は【2合に対して400~450ml】【3合に対して600~650ml】が目安です。もし、お米を量る1合カップ(180ml)があるようなら、2合には2杯半、3合には3杯半くらいでOKです。


◎米の下準備◎
米は鍋で炊く場合は、火を通りやすくするために(乾物なんかといっしょで)、米を研いだ後に浸水させておく必要があります。浸水の時間は夏なら30分、冬なら1時間が目安です。

*米を研いでから水気を切り、炊く鍋に入れ、上で紹介した米を炊く際に必要な水を入れてから、今の時期なら30分くらい待って、その後に火にかけます。


◎鍋でご飯を炊く◎
必要な分量の米と水を合わせ、浸水させたら、鍋を火にかけます。蓋つきの鍋ならはじめから蓋をします(蓋のない鍋なら火にかける前に鍋の口をアルミホイルで覆ってから)。

火加減は2~4合くらいを炊くのであれば中火でOKです。なので卓上ガスコンロの火の強さでも十分に炊飯可能です。中火にかけて沸いていてきたら火を弱めます。弱火の状態で鍋の中の水がなくなるまで10~15分を目安に炊きます。

最後は蓋を取ってみて、鍋肌に水分がふつふつ泡立っていないかを見て、水気がなければ火を止めます。そのまま10分蒸らせば、炊きあがりです。


ぜひ一度、手元にある道具で、ご飯を鍋炊きできるかどうかシュミレーションしてみてください。下により詳しい鍋炊きごはんに関する情報もリンクをはっておきますね。

・鍋炊きご飯の基本 https://www.sirogohan.com/recipe/gohan2/ 
・蓋なし片手鍋で炊くやり方 https://www.sirogohan.com/recipe/yukihira/

※上のリンク先の情報は「鍋炊きごはんを美味しく炊く」情報のため、若干火の調整などがここで紹介したものよりも面倒です。このページで紹介した方法のほうがより手軽で、コンロまわりも汚れづらいので、参考になればと思います。

↑このページのトップへ