月別アーカイブ / 2018年06月

kyabemiso0457.JPG
今日はキャベツと厚揚げのみそ味の炒め物をアップしました。ごはんが進む味濃いめのおかず!
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabemiso/

キャベツを炒め物に使うときは「茎」と「葉」を別々に分けて時間差で炒めたりもしますが、キャベツたっぷりで作るときはそもそもそれをやるのが面倒なのでまとめて炒めます。

ただ、茎と葉は火通りの時間が違うし、中途半端に火を通した状態で仕上げちゃうと、食感はガリっとなるしキャベツの甘みも感じられなくて美味しくないし…となってしまいます。

なので、一度に炒めるんだけど、火の通った薄い葉の部分はお皿にポイポイと取り出し、太い茎の部分はじっくりじっくり、甘さを引き出すように炒めるとよいと思います↓↓↓

kyabemiso11.JPG

生姜や唐辛子、好みでにんにくなんかを少量きかせても!どれも味噌と相性ばっちりです。

kyabemiso13.JPG

ぜひ「キャベツと厚揚げの味噌炒め」お試しください~
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabemiso/

shouga0376.JPG
白ごはん.comにうちの生姜の保存方法をまとめてみました!これから薬味として、風味づけとして、生姜が大活躍の時期ですからぜひ参考にしてみてください。
https://www.sirogohan.com/recipe/shougahozon/

確か2年くらい前にもブログで紹介した水に浸ける保存方法なのですが、最近は余った唐辛子もひとつまみくらい入れて保存しています。

こうすることで、いつの間にか生姜にカビが生えちゃったとか、乾燥して水分が抜けちゃったとか、使いたいときに残念な気持ちになるのがなくなりました(^^♪

ちなみに、使いかけの生姜も水に浸けています↓↓↓

shouga0.JPG

水の取り替え時期の目安や、水に浸けることで生姜の味が抜けないのかとか、唐辛子の辛みはつくのとか、そのあたりのこともまとめていますので、ぜひチェックしてみてください~。
https://www.sirogohan.com/recipe/shougahozon/



それから、もう一つ、アジの南蛮漬けの動画もyoutubeにアップしています。こちらも合わせてどうぞ!

 

agedasinasu03562.JPG
毎年事務所の裏で夏野菜を作っていたのですが、今年はその空き地を違う用途で使うことになるかもしれず、自宅のベランダで夏野菜を作っています。事務所の裏でも細々でしたがさらに細々と…。

いま作っているのはピーマン、オクラ、ミニトマト、青じその4つで、結局むすめが喜んで食べてくれる野菜ばかりです(^^)/ ←青じそ以外

むすめは好き嫌いがほとんどないなので、なすも食べるけど、テンションが上がる野菜ではないようです(なぜかピーマンとかはテンションすごい上がります笑)。なので、この「なすの揚げ出し」は大人2人だけで盛り上がってます。おぉ、薬味もりもりがやっぱいいよねー次はみょうがのせようぜ、なんて。

そう、なすの揚げ出しは(揚げ油さえあるときであれば)けっこう手軽になすをもりもりと食べることのできる便利なおかず。

白ごはん.comの「なすの揚げ出し」
https://www.sirogohan.com/recipe/agedasinasu/

agedasinasu5.JPG
なすは皮目に切り込みだけ入れて(こうすることで食べやすく味のしみ込みもよくなるので)


agedasinasu7.JPG
170~180℃ほどで2分くらいを目安に揚げて取り出します


agedasinasu10.JPG
つゆは別に温めておき、薬味も冷やしておき、あとはこの3つを合わせる!

私はなすの切り口を1つ2つくらい上にして、そこに滑り落ちてほしくない大根おろしなどを盛り付けるのが定番です(^^♪

ぜひ参考にしてくださいねー

白ごはん.comの「なすの揚げ出し」
https://www.sirogohan.com/recipe/agedasinasu/

kintugi1.JPG

ちょうど先週、かれこれ3~4年分の割れてしまった大事な器たちの金継ぎが終わって、手元に届いたタイミングでした。

ブログで紹介したいなと思っていたら、今朝の地震。関西地方、大阪の皆さんに早く日常が戻ってきますこと、心より祈っております。

余震への備えが何より大切だと思うのですが、きっと大切な器が割れてしまった、という方も多くいらっしゃるのではないかと思って、カケラとともにビニール袋に入れておくだけなので器のことではありますが記事にさせていただきました。


こちらが今回出した金継ぎされた器たち↓↓↓

kintugi2.JPG

豪快に半分に割れてしまったものもありますし、部分的に欠けて使えなくなってしまったものもあります。湯呑は茶渋の色がつくくらい使っていたし、いまとなっては同じものがそろえられないものばかり。

それぞれ割れたタイミングは違いますが、どの時も割れてしまったらカケラと一緒にひとまずビニール袋に入れておきました。

そして、自分で金継ぎするか、金継ぎの専門の方にお願いをするか、そこを検討し(最近は金継ぎ講座なども開かれていることもあるので)、値段を確認しつつ、どうするか考えるとよいと思います。

ちなみに、私は湯のみなど水を入れて口にするものが真っ二つなってしまったものが2つもあったので、すべて金継ぎ専門の方にお願いしました。

費用はそれなりにかかりますが、それでも大事な器を使い続ける一つの選択肢として金継ぎもあるよと知っていただけたらと思います。

kintugi3.JPG

kintugi4.JPG

kintugi5.JPG

kintugi6.JPG

*ちなみに、金継ぎといっても、漆で接着したあとに金や銀で装飾するものなので、金だけじゃなく、銀色も選べます。さらに言えば金も銀も使わず漆の黒色だけということも可能だと思います(私もあまり詳しくないのですが…)。器の雰囲気などに合わせて検討できる部分があるし、金継ぎされた器にはまた個性が出るので、それも一つの楽しみになると思います。

*私は今回「クロフ舎」さんというところで金継ぎをやっていただきました。
http://kurovsya.com/

butakimuti1295.JPG
あさっての日曜日は父の日。

一児の父である私が父の日イベントをがっつり後押しするのには気が引けますが…笑

これ家で作ってくれたら嬉しいなーっていうレシピを、どのお酒に合わせるかを前提にまとめてみようと思います!

白ごはん.comからの厳選18選。ぜひ参考にしてみてください。


まずは何といっても【ビール】から🍻 ※といってもハイボールとかの炭酸系もこちらで

karaage46202.JPG
◎鶏のから揚げ◎
唐揚げの揚げたてアツアツをビールにって、それだけで大満足ですよねー。言うに及ばずお父さん大満足です。
https://www.sirogohan.com/recipe/karaage/


tebayude1393
◎やみつきゆで鶏◎
こちらは唐揚げよりもさっぱり系ですが、こしょう、生姜、にんにく、その他いろいろな薬味の風味でビールがすすみます!ついでにスープも取れちゃう優れものです。
https://www.sirogohan.com/recipe/tebayude/


yakiedamame5642.JPG
◎焼き枝豆◎
普通にゆでるよりもコクが出て、香ばしさもプラスされて、味の濃いビールにもさっぱり系のビールにも!
https://www.sirogohan.com/recipe/yakiedamame/


batakon9834.JPG
◎コーンバター◎
バターもたっぷり、そこに醤油も入れてジュッと焦がして。居酒屋の定番の一品も、いまなら生のとうもろこしで美味しく作れます!
https://www.sirogohan.com/recipe/batakon/


nasuso-su6473
◎なす豚ソース炒め◎
なす好きのお父さんにぜひ作ってあげてほしい1品!味付けはソースだけなんですが、豚肉のうま味に薬味の香りがプラスされて何とも言い難い美味しさになってくれるんです。
https://www.sirogohan.com/recipe/nasuso-su/


butakimuti12892.JPG
◎豚キムチ◎
私の中ではビールと言えば豚キムチ。大学生の頃の名残でしょうか笑。その気持ちが強いので、ビールに合う味付けにちゃんとなってる気がします。
https://www.sirogohan.com/recipe/butakimuti/



さてさてお次は、、私も大好き【日本酒や焼酎】に合わせるなら🍶

gsujidaikon1984.JPG
◎牛すじ大根◎
おうちで作るのは牛すじの下処理からになるので、そこは大変なのですが・・・、これが出てくると日本酒好きのお父さんは泣いて喜ぶと思います(私がそうなるので笑)
https://www.sirogohan.com/recipe/gsujidaikon/


tebani9284.JPG
◎手羽先とねぎの甘辛煮◎
牛すじよりは手軽で、手羽先も美味しいけど、ねぎもたまらなく美味しい煮物です。焼酎ロックとか最高に合うと思います。
https://www.sirogohan.com/recipe/tebani/


namerou8963.JPG
◎アジのなめろう◎
美味しすぎて器までなめちゃうってのが名前の由来ともいわれるなめろう。これは日本酒や焼酎進みます!アジの刺身と薬味さえあれば作れるから実は簡単。
https://www.sirogohan.com/recipe/namerou/


tikukyuu9146
◎きゅうりとちくわの生姜おかか◎
これはちょうど昨日の晩ごはんに嫁さんが作ってくれたのですが、改めて白ごはん.comのレシピを自画自賛(笑) 日本酒、焼酎、なんでも合います。生姜をきかせるのがポイントですね。
https://www.sirogohan.com/recipe/tikukyuu/


ko-nkakiage02512.JPG
◎とうもろこしと枝豆のかき揚げ◎
白ごはん.comで昨日アップしたレシピですが、これは間違いなく美味しいやつです。旬の野菜をシンプルにこうして火を通すと、それだけでよい肴になってくれます。
https://www.sirogohan.com/recipe/ko-nkakiage/


kakuni39042.JPG
◎豚の角煮◎
牛すじ大根と同じく時間はかかりますが、最高にお酒に合うおかずだと思います。土曜日に豚を下ゆでだけしておくというのもアリですので、ぜひ挑戦してみてください~
https://www.sirogohan.com/recipe/kakuni/


続いては白ごはん.comではあまり馴染みのない【ワイン】に合わせて!レシピによっては相性よいものもあるのです(^^♪

blogscope0501.JPG
◎そら豆の塩ソテー◎
そら豆を茹でるのではなく、香ばしく焼き色をつけて、塩&レモンでいただくこの料理。失敗のない手軽な1品なのですが、レモンや油がプラスされる分、白ワインととても相性が良いと思います!
https://www.sirogohan.com/recipe/soramamesote/


asaribata7384.JPG
◎あさりのバター醤油◎
こちらも油とレモンの合わせ技。バター醤油の美味しさはこれはもう間違いないものですし!白ワインに合わせたいおかずです。
https://www.sirogohan.com/recipe/asaribata/


ro-sutokare4.JPG
◎カレー味のローストチキン◎
醤油ベースの味付けにカレー粉をプラスして、オーブンで焼くだけのレシピです。醤油やカレー粉の複雑な味わいがプラスされているので、白ワインでも、赤ワインでもどちらでも美味しいと思います。
https://www.sirogohan.com/recipe/ro-sutotikinkare/


takokarupa7704.JPG
◎タコの和風カルパッチョ◎
ゆでタコはどこのスーパーでも売ってますから作りやすいと思います。ゆでタコ、レモン、にんにく、オリーブオイル、醤油、黒胡椒で作ります。売ってれば地ダコなどの美味しいタコで作ると最高です。こちらも白ワインと合わせた一品!
https://www.sirogohan.com/recipe/takokarupa/


jakoti-zu5
◎じゃこチーズカリカリ◎
このレシピだけ、白ごはん.comじゃなくてブログに載せてた気まぐれなものです(笑)でも赤ワインにも白ワインにもうれしいおつまみになってくれるはず!ちゃこが覗きたくなるくらい、こんがり焼くのがポイント!
https://lineblog.me/sirogohan/archives/55967935.html


kamoro-su9490.JPG
◎鴨ロース◎
最後はもし売ってればこれもいいかも、程度のものです…が、赤ワインとは最高に合います!百貨店や高級スーパーなら取扱いあるところがあるかもです。
https://www.sirogohan.com/recipe/kamoro-su/


とまぁ、自分がお酒と食べたいおかずやつまみを列挙したのですが、私もけっこうなお酒好きなので、あながち間違っていないと思います(^^)/ 父の日に、ぜひ1品でも参考に作ってみてくださいねっ

ko-nkakiage02512.JPG
昨日は「とうもろこしご飯」に芯を入れるかどうかについての検証をブログで書いたのですが、そのとうもろこしご飯と同じくらいテンションが上がるおかずレシピの紹介です!

「とうもろこしと枝豆のかき揚げ」
https://www.sirogohan.com/recipe/ko-nkakiage/

これはとうもろこしも、枝豆も、美味しいフレッシュな生のものが手に入る、いまだからこそ美味しいかき揚げで、それぞれ実を切り落としたり、枝豆は軽くレンチンして実だけにしてからかき揚げにするっていうものです!

衣は卵が多め。とうもろこしと枝豆にしっかり食感も味もあるから、衣にも味わいがしっかりついててもちょうどよいバランスになります↓↓↓

ko-nkakiage9.JPG

スプーンで180℃の油に落として約2分揚げます↓↓↓

ko-nkakiage11.JPG

大きさにバラつきがあることなんか気にせず、揚げたてに塩をふっていただきましょう!

ko-nkakiage13.JPG

卵入りの衣なので、揚げたていちばん!と言っときながらも冷めてからもしっとりとした美味しさがあるかき揚げでもあります。お弁当にもぜひぜひ~

「とうもろこしと枝豆のかき揚げ」
https://www.sirogohan.com/recipe/ko-nkakiage/

*とうもろこしが旬を迎える時期には、ちゃこもわかめちゃんカットになるのが毎年恒例になりました(笑) インスタに他にもいろいろ写真アップしてます^^ https://www.instagram.com/tomita_tadasuke/



↑このページのトップへ