月別アーカイブ / 2017年10月

kinarino3.JPG
各地で「今年いちばんの寒さ…」というニュースをやってそうなこの頃。私の住む愛知県でも、半年ぶりに10℃を下回ったとか。確かに犬の散歩してて寒さを感じることが多くなりました。

今日はキナリノさんで連載している「旬の献立」のvol.12の紹介記事なのですが(もう12回目!もう1年も連載しているのですね~)、その献立とは「豚の角煮と茶碗蒸しの献立」です。
https://kinarino.jp/cat4/27892

連載記事にも書いているのですが、この献立、私の勝手に作った隠れテーマが『茶碗蒸しとそば猪口の万能さを伝える』というものでした(^^♪

ちなみに、献立の全体像はこんな感じです↓↓↓

kinarino.JPG
染付のそば猪口との色合いがなかなか素敵に撮れたこの献立。寒い日にぴったりの献立です^^

茶碗蒸しをそば猪口で、っていうのは、冨田家がいつものごはん作りのときにやっている手法でして、、今回はそれをそのまま記事にも活用させてもらいました。

うちには自宅にも仕事場にも、たくさんの器があるのですが、“どの器がいちばん活躍してますか?”と聞かれたら、迷わず“染付のそば猪口です”と答える自信があるくらい、いろんなシーンで使っています。

imgkesiteok.jpg
↑これは祖母からもらったそば猪口なんですけど、こんな風にコーヒー飲んだり、お昼ご飯にちょっとしたスープ入れたり、プリンも作るし、おやつも盛り付けるし、茶碗蒸しもよく作ってます。サイズも形も万能で、丈夫だし味も香りも移らないそば猪口からできる技なんですよね!

そして、今回は「茶碗蒸し」に使いました。茶碗蒸しって、細かいことを言うと、器がバラバラだと厚みが違ったりすることで火通りに差が出やすい料理なんです。だから一度にまとめて作るときは「できるだけ器の厚みや素材を合わせたほうがよい」と思っています。

そんな意味合いもあって、スタッキングできて応用もききやすいそば猪口は、いくつか手元に持ちやすく、一度にまとめて作ったり、お客さんにお出ししたりする料理にも使いやすいと思います。

kinarino2.JPG

さて、次は「茶碗蒸し」。いつもの献立に取り入れづらい、、という声も聞きます。寿司に合わせるイメージが強いからかもしれません。

でも、今回献立として合わせたのは「豚の角煮」です。そして、こんな組み合わせが案外美味しい!

茶碗蒸しは言うなれば、「具だくさんでいただく、おかずに負けない味のお吸い物」のようなもの。みそ汁よりかは上品で、お吸い物よりかは味の面でコクや食べ応えがあります。だから、寿司だけじゃなくて、肉料理なんかと合わせても、その味わいに負けずに、献立としてばっちりバランスが取れると思います。

特に角煮のように味の濃い肉料理にみそ汁を合わせると、献立のバランスが濃いものに偏っちゃいがちになります(味噌自体が味が濃いものなので)。ということもあって、唐揚げでも、照り焼きでも、茶碗蒸しをそえたら、ちょうどバランス取れて美味しい!という献立も作りやすいんですよね(^^)/

と、ちょっと専門的な考え方も合わせて補足的に紹介させていただきました!連載記事ぜひご覧ください~。
https://kinarino.jp/cat4/27892

*このブログを書き終わって、「そっか、今日はハロウィンか…」と気づきました(笑) この仕事をやっているのにイベントごとに疎いなんて…。とはいえ、インスタ映えするようなオシャレなかぼちゃ料理って白ごはん.comに皆無なので、紹介できるネタもない…(>_<) 今日、そば猪口で茶碗蒸し作ろっかな…。

tyuurip8907.JPG
昨日、インスタで「チューリップ唐揚げ作ってます~」という投稿をしたら、思いのほかたくさんの方が「好きだけとうまく作れない…」というコメントをあげてくださったので、こりゃ急いでアップせねばと、白ごはん.comに先ほどアップしておきました♪

「チューリップ唐揚げ」
https://www.sirogohan.com/recipe/tyuurip2/

こちら、昨日インスタにアップした調理中の写真↓↓↓ なぜいつものから揚げに持ち手がついているだけで、こんなに心がときめくのでしょう(笑)



いやね、最近唐揚げブームだなんだって、テレビでよくやってますが、みーんな鶏もも肉を揚げたやつ。

昔のようにチューリップ唐揚げを出してくれるところは、ほんとに少ないんですよね…。理由は簡単で、ただただ手間がかかるから、っていうことだと思います。

それから家で作ろうじゃーありませんか!懐かしのチューリップ唐揚げをぜひぜひおうちの定番にしてください。お弁当やおもてなしなど、子供にも食べやすく、冨田家でもほんとに人気です(^^♪

このチューリップ唐揚げ、冨田家なりのこだわりがありまして、、

鶏皮は完全に外側にあるべし!

という、揺るがない気持ちで、チューリップ唐揚げをいつも作っております。鶏肉をくるっと巻いて、皮が内側、身が外側になるやり方もありますが、個人的には唐揚げにするなら皮は外!皮はパリッと揚げて、中はジューシーがいいと思っています。

tyuurip8843.JPG
こちらの「チューリップの作り方」も合わせてぜひチェックしてみてくださいね!
https://www.sirogohan.com/recipe/tyuurip1/

「チューリップ唐揚げの作り方」はこちらから。
https://www.sirogohan.com/recipe/tyuurip2/

wakames8785.JPG
手羽先唐揚げをアップしたら、それに合わせる「わかめスープ」のレシピが必要だと強く感じまして…。さっそく白ごはん.comにアップしました~
https://www.sirogohan.com/recipe/wakames/

特別な材料は何も使っていませんが、長ねぎをみじん切りにしてごま油でさっと炒めてからだし汁を加える、そんな作り方になっています。

手羽先の流れがあってのわかめスープなので、応用編としてまして、手羽先の先端部分も一緒にだし取りするやり方も最後のほうにちょこっと載せています。ぜひ参考にしてみてください!

negimijin8706.JPG
それから、ついでに「長ねぎのみじん切り」のやり方も追加しておきました。こちらは玉ねぎのみじん切りとは異なり、超オーソドックス、調理師専門学校でも教えてくれるような定番のやり方です。こちらも合わせてぜひ♪
https://www.sirogohan.com/recipe/negimijin/

tebakara85572.JPG
最近は先日アップした「味噌煮込みうどん」に引き続き、名古屋っぽいレシピも多くなってきた白ごはん.comです。

続いての名古屋グルメは「手羽先唐揚げ」。ビールとどうぞ!
https://www.sirogohan.com/recipe/tebakara/

いろいろレシピに書いていますが、手羽先唐揚げは専門店や居酒屋で食べる機会が多いですよね。それを家で作るとすると、やはり家ならではの美味しい作り方ってあると思いました。


次は「どて煮」でもやろうかぁ。ぜひ見てみてくださいね~。


*最近はさらりとレシピの紹介ですいません…。今週か来週あたりに、白ごはん.comのほんのちょっとしたプチリニューアルを予定しています。またブログで紹介しますので!

mi-toso-su8659.JPG

昨日、白ごはん.comに「ミートソース」のレシピをアップしました!


いやいや、ごはんにのっかってるじゃん(笑) と、普段あまり見かけない組み合わせの写真で記事が始まっていますが、そうなんです!


市販品のようにくどくない、やさしい味わいの手作りミートソースなら、パスタはもちろんですが、ごはんにのっけても本当に美味しい(^^♪ うちではごはんのっけの需要のほうが高いくらいなんです。←パスタ、ごはんに合うということは、パンに合わせてももちろん美味しいっ


特別な材料は使っていないのですが、味付けに醤油を使っていたり、隠し味にほんの少しのカレー粉を使ったりしているので、そのおかげもあって、ごはんに合う味付けになっているのかなぁと思います。

mi-toso-su8593.JPG

ミートソースって冷蔵で4~5日日持ちするし、冷凍もできちゃうので、常備菜としても便利です。ぜひまとめて作って、パスタはもちろんですが、せっかくなのでごはんのっけも、お試しくださいね!


*大型の台風が上陸してますね…。私も期日前投票を昨日済ませ、ベランダのものも片づけたりと、〆切の近い仕事もあってバタバタしていました。なかなか白ごはん.comもいまはアップできていないのですが、ちゃんとレシピも動画も撮りだめてますので、今月末くらいからまたアップしていきますので~! 

nanbugohan.JPG
秋といえば新米の季節。

普通に炊くご飯がみずみずしくて、いつもよりちょっと多めによそっちゃうのは、冨田家だけではないはずです!

鍋炊きなんかすると、この時期は特に白ごはんだけでも超ぜいたくなご馳走になってくれるわけですが、秋は新米とセットで、一年の中でいちばん炊き込みごはんにして美味しい食材が旬をむかえる時期でもあります(^^♪

白ごはん.comのサイトの中でいろいろとピックアップしてみると、秋が旬の食材炊き込みご飯がちょうど10個あったので、まとめてみますね!いっきに写真とリンクをまとめます↓↓↓

matutakesai7787.JPG
言わずもがなの「松茸ごはん」。冨田家は今年、先日いただきものの松茸で数年ぶりの松茸ごはんをお家で堪能できました~!やっぱり香りがいいですね。
https://www.sirogohan.com/recipe/matutakegohan/


nagaimotakikomiyoko.JPG
めずらしく「長芋の炊き込みごはん」。ほっくりとろりとした芋の甘みが感じられるのでなかなかおすすめなんです。
https://www.sirogohan.com/recipe/nagaimotakikomi/


kakigohan7947.JPG
寒くなってくると美味しくなりますよね!秋から徐々にスーパーに並びはじめるので、出てきたらさっそく「牡蠣ごはん」もいいものです。
https://www.sirogohan.com/recipe/kakigohan/


kinokogohanyoko.JPG
シンプルにきのこをたっぷり使った「きのこの炊き込みごはん」も作りやすい炊き込みご飯の代表格です。海苔との相性もばっちりなので、行楽弁当のおにぎりにしてもうまいです!
https://www.sirogohan.com/recipe/kinokogohan/


renkongohan1515.JPG
秋から旬を迎える根菜類は、野菜自体の甘みも徐々に増してくるので、これからの時期にシンプルに炊き込みご飯にするのもいいものです。こちらは「れんこんの炊き込みご飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/renkongohan/


satumaimogohan5159.JPG
これから芋掘りシーズンを迎えるので、たくさんサツマイモが手元にあるときは一度は作りたいのが「サツマイモの炊き込みご飯」。塩だけで味付けで十分すぎるほど美味しくなってくれます。
https://www.sirogohan.com/recipe/satumaimogohan/


kurigohan7366.JPG
ちょっとだけもち米を入れると、もっちりして美味しい「栗ごはん」もまだまだ旬の時期でもあります。大きな栗を贅沢に使った栗ごはんは秋の贅沢のひとつですよねー。
https://www.sirogohan.com/recipe/kurigohan/


mukago3474.JPG
これから旬をむかえる「むかごの炊き込みごはん」もシンプルに芋の甘みとプチっとした食感が楽しめるのでおすすめですっ スーパーや百貨店、道の駅などで見かけたらぜひ買ってみてください!←炊き込みごはんにしなくても、素揚げするだけでもすごく美味しいですから(^^)/
https://www.sirogohan.com/recipe/mukagogohan/


rakkaseigohan5953.JPG
秋に収穫時期をむかえる野菜は落花生も!「落花生の炊き込みご飯」も、買ってきた殻ごとの落花生を長い時間ゆでるよりも簡単に短い時間で調理できるレシピだと思います~
https://www.sirogohan.com/recipe/rakkaseigohan/


ginnangohanyoko2.JPG
最後は「銀杏の炊き込みご飯」です。愛知県が生産量多いのですが、先日出荷がはじまったとニュースになっていましたよ!殻を割るのは手間ですが、割っただけの美味しさ、満足感があるご飯ものだと思います!
https://www.sirogohan.com/recipe/ginnangohan/

これだけあったら本当に迷ってしまいますよね(笑) 秋は炊き込みご飯の食材の宝庫だなって、改めて思いました(^^♪ お買い物に行ったときに、ぜひ思い出して「炊き込みご飯にしてみよーっと」となってもらえますよう!

以上、白ごはん.comの秋の炊き込みごはん特集でした!

↑このページのトップへ