月別アーカイブ / 2017年09月

nasutatakidon6605.JPG
秋ナスって美味しいですよね~。夏のナスよりも味わいが濃くなるとも言われています(今回のレシピには関係ないけど、夏の時期よりも皮がやわらかくなるそうです^^)

白ごはん.comやヤマサ醤油さんで、秋らしい時短丼ぶりをアップしましたので、そのご連絡です~!

まずは「なすと長芋のたたき丼」
https://www.sirogohan.com/recipe/nasutatakidon/

レンジで加熱したなすをしっかり冷やして包丁でたたき、長芋も包丁で細かくします。それにかつお節、刻みねぎなどの薬味を合わせ、醤油をかけていただくという時短丼になっております~。


sakedon.JPG
こちらはヤマサ醤油さんでアップした丼ぶり、「ほぐし鮭と炒り卵の3色丼」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2619

生鮭の切り身をゆでて身をほぐし、醤油ベースでしっかりと味付けをします。それに炒り卵や絹さやなどを合わせるシンプル丼ぶりです。


どちらもお昼ご飯っぽい丼ぶりですが(笑) ぜひお試しくだしさいね!


*今日発売のiphone8ですが、ずーっと5sを使っていたので変えることにしました。さっき受け取りに行ってきたのでただいまバックアップ復元ちゅう。8plusにしたので写真も背景がぼかせるポートレイト機能も!これからブログで使う写真でもiphone8plusが活躍してくれそうです(^^♪

butadon4641.JPG
白ごはん.comでも人気の丼ぶりレシピ『豚丼』の動画をyoutubeにアップしました~!

豚肉を一度取り出したり、といったちょっとしたポイントはあるものの、フライパンひとつで手軽に作れるので、ぜひお試しください!


※youtubeで動画を見ながら作っているという方へのちょっとしたお知らせです※

このブログの下に張り付けてある動画では見ることができないのですが、youtubeに移動して動画を見ると、動画の下の方に出てくる(一部隠れている)基本情報を開くことができます。そこにレシピ材料の一覧を確認できるようにしていますので、材料をチェックしたいときはわざわざ巻き戻さず、基本情報を開くようにしてもらえればと思いますっ

※PCかスマホか、アプリで見るかによっても変わってくると思うのですが、PCの場合は下に出てくる「もっと見る」をクリック、スマホの場合は動画の右下に出る▼マークをタップすると、基本情報が確認できると思います!

一度埋め込みじゃなくて、こちらから(youtubeで見る「豚丼」動画へ)を見てみて、基本情報の開き方もぜひ確認してみてください。



よろしくお願いします~(^^♪

shougasen6072.JPG
こんばんは~。

今日は包丁仕事としても出番の多い『生姜のせん切り』の詳しいやり方を白ごはん.comにアップしたので、その紹介です。
https://www.sirogohan.com/recipe/shougasen/

普段の家の料理でも、仕事で料理を撮影したりするときなんかでも、生姜のせん切りってよく出てきます。和食でも中華でも登場しますもんね(^^♪

でも実は知られていない(であろうと私は感じている!)ことが2つほどありました。←もちろん“繊維にそって切る”という基本的なことじゃなくて!

そんなことも含めつつ、今回まとめてみました。簡単にそのポイントだけ紹介しますと…、


一つは、生姜のせん切りは水に浸けておけば3日くらいは日持ちするので、まとめて切ったり、作りおきしておいたり、そんなことができるということ。

例えばおもてなしの時とか、当日にたくさーんやることがある時って、包丁仕事が雑になりがちです。だからこそ前もって準備できることはしておくといいのですが、生姜のせん切りも前もってできるということです。


もう一つは、水に浸けておいた生姜のせん切りを料理に使うときなんですが、わざわざざる上げなどしなくても、手でギュッと水気をしぼってから料理に使ってOKということです。

繊維を断つことなく、繊維に沿った切り方だからこそそんなしぼり方ができると思います!生姜のせん切り、少しマニアックですが参考になれば幸いです~。
https://www.sirogohan.com/recipe/shougasen/


*それから、ブログタイトルにも書いた「サイトのお知らせ」ですが、こちらも2つほどあります。一つは白ごはん.comがhttps化したということ(サイトのアドレスのはじまりがhttpからhttpsに変わりました)。これは自動転送されるのでまったく気にならないと思いますが、htttpsのほうが安全性が高いということで変更しておきました。

*もう一つは、最近白ごはん.comの動画が増えてきたので、サイトのそれぞれのレシピページに「動画を見る」というボタンなどを追加しました。少しでも使いやすく、見やすくなればと思います~。よろしくお願いします。

ikasasidon.jpg
もう見てくれた人もいるかもしれませんが、キナリノさんのインスタグラムにて、「イカ刺しの黄身漬け丼」の動画をアップいただきました!

白ごはん.comでアップしている黄身の醤油漬けを丼ぶり用にちょっとだけ調味料を調整し、黄身を3~4時間漬けておき、醤油とみりんで作ったたれはそのまま丼ぶりのたれに使う、っていうレシピです。

ただの黄身じゃなくて、ちょっと醤油を吸ってどろりと濃厚になった“醤油漬けの黄身”とイカの刺身がすごく合うんですよね。イカの刺身って食感がねっとりしているので、ほんとにぴったり!

インスタグラムのアプリを入れていなくても、パソコンからでも動画を見ることができますのでぜひチェックしてみてください(^^♪

「イカ刺しの黄身漬け丼」↓↓↓

https://www.instagram.com/p/BY-AxdBDuZ5/


*ちなみに動画では剣先イカの刺身を使っています。スルメイカよりも刺身の色合いが白っぽくて醤油だれの色が映えるかなぁと思いまして。もちろん味わいも剣先イカは甘みが強いので美味しいですよね~。とはいえ、年中、イカっていくつかの種類が出回っているので、毎回違うイカを買ってみて、食べ比べてみるのも面白いと思います~。

白ごはん.comのyoutubeチャンネルに、「ゴーヤチャンプル」をアップしました~!

もっと早くにアップしたかったのですが、ゴーヤの旬も終わりかけ。名残の食材になってしまいました…。でも、まだまだスーパーにも並んでますし、ごはんが進むおかずなので、ぜひ動画を見つつ、ゴーヤチャンプル作ってみてください(^^♪



*ちなみに、youtubeに移動して見たい場合は下のリンクをチェックしてみてくださいね。
https://youtu.be/rV3ZDo4wCB8


*けっこうこのゴーヤチャンプルのレシピ、twitterなどのSNSで「これまででいちばん美味しくできた!」というコメントと共にアップしてもらうことが多いんです!塩や砂糖、こしょうなんかは下ごしらえで使うんですけど、最後の味付けはシンプルに醤油だけ、ってのがいいんだと思います~ シンプルがいちばんですよね!

hanba-gu6321.JPG
長らくお待たせいたしました。レシピサイトや基本の料理書に載っていないことはない“ハンバーグ”。白ごはん.comもサイト開設9年目にしてようやく「基本のハンバーグ」のレシピがアップできました(^^)/
http://www.sirogohan.com/recipe/hanba-gu/

何やってんだという感じですがね(笑) ←今年の後半はハンバーグに引き続き、できるだけ多くの定番料理を押さえていこうと思いますので!



そういえば。

昨日の深夜にこのハンバーグをアップしたのですが、ちょうどそのタイミングで白ごはん.comの掲示板にハンバーグに関するご質問をいただきました(投稿してくださったgooさんありがとうございます!)


冨田さん、いつもわかりやすく美味しいレシピを本当にありがとうございます。お陰で、季節のものを美味しくいただける喜びを感じながら料理をすることができ、大変感謝しております。

ところで、冨田さんの書籍の中に和風煮込みハンバーグが掲載されており作ったのですが、卵を入れないことに驚きました。卵がなくてもハンバーグがしっかりまとまり、崩れませんでした。冨田さんがハンバーグに卵を入れない理由があれば教えていただきたいです。宜しくお願いします(2017.9.11 gooさんの投稿より)。


と、こんなご質問だったのですが、そうなんですよね。私はこれまでの書籍、そして今回の基本のハンバーグも卵なしのレシピです。

その理由は卵はつなぎにはなるのですが、ひき肉の割合に対して卵の分量が多すぎると、必要以上につなぎとしての役割が強くなって、ハンバーグに少し硬さが出たり、卵の風味が肉の風味の邪魔を少ししちゃったり、そんなマイナス面もあるような気がしていて、なくて美味しくできるなら入れない方がいいじゃん!と思って卵なしのレシピにしています。

卵を入れることでもちろん味にコクが出たりとそういうプラスの面もあるのですが、それはパン粉や牛乳を少し多めに加えることで、卵を入れないことの味わいの不足をカバーできると思っています。


あとは、玉ねぎを炒めていれるかどうかの件。

レシピ記事にも書いているのですが、玉ねぎって炒めず生のままのみじん切りをハンバーグのタネに加えても作ることができます(そうするとシャキッとした玉ねぎの食感が多少残る仕上がりになると思います)。

でも、白ごはん.comのレシピは事前に炒めた玉ねぎをひき肉に合わせるレシピです。

理由は、玉ねぎの甘さをしっかり引き出して加えたいから、ということと、もう一つは、上の理由で牛乳などが多めのレシピになっているので、生の玉ねぎをたくさん入れてしまうと成形や焼き上がりの時に、崩れやすくなるからなんです。


ハンバーグって、家それぞれの作り方がありますよね。肉だねはもちろん、ソースに関しても。白ごはん.comはできるだけ家庭的で、特別な材料を使わず、安心感のあるジューシーなハンバーグを目指しました。このレシピでもぜひ一度作ってもらえるとうれしいです~。

*白ごはん.com「基本のハンバーグレシピ」
http://www.sirogohan.com/recipe/hanba-gu/

*昨日アップした革新的な!?「玉ねぎのみじん切り」も合わせてどうぞ!
http://www.sirogohan.com/recipe/tamamijin/

↑このページのトップへ