月別アーカイブ / 2017年09月

sanmagohan.JPG

キナリノ×scopeの連載、今月は「秋刀魚の混ぜご飯」がメインの献立です。せっかくならと、土鍋でご飯を炊いて、そこに秋刀魚の塩焼きのほぐし身や薬味を混ぜ込んで作っています!


タイトル通り"秋刀魚の塩焼きの先にある贅沢"が感じられる料理で、このコピーを考えてくれたキナリノの下崎さんにほんと感謝です(笑)


秋刀魚の塩焼きを普通に食べるのとはまた違う、なんて言いますか、丁寧に身をほぐしてくれたありがたーい気持ちも少し感じたり、薬味と秋刀魚のほぐし身が混然一体となった美味しさ、そんなものたちがお茶碗のご飯をいただくたびに感じられるんですよね(^^)/


副菜には「長芋のみそ汁」と名残の食材「モロヘイヤ」を使ったおひたしを。ぜひ参考にしてみてください。


sanmagohan2.JPG

そして、こちらで使った土鍋はscopeさんの「伊賀・布袋鍋」なんですけど、1年くらい使ったら、すごいいい味が出てきてくれました。


器を育てるっていう感覚。私は昔から萩焼の湯飲みや急須を家で使っていたので(実家でも祖母の家もすべて萩焼だった)、貫入に色がついていく、それが新品の器とはまた違う味わいという良さにつながっていく、なんとなーく親や祖母の話を聞きながら自分もそれを楽しむようになっていきました。


この土鍋は萩焼などと同じように貫入にじんわりと色が移り、なんとも言えないいい味わいが出てくれます。※貫入とは器の表面の釉(うわぐすり)にヒビが入ったことのことです。


これから鍋料理が本格化する時期ですので、いい鍋を探しているという方、こちらを検討してみてもいいかもしれないです。重みはありますが、デザインもシンプルで、料理が映える土鍋だと思います。ちなみに昨日のみそ煮込みうどんレシピでも、この土鍋を使っています!



※これで中サイズ。2~2.5人前くらいの味噌煮込みを作って。

misonikomi7520.JPG

misonikomi7545.JPG
大学進学から名古屋に出てきて、かれこれ20年近く…。寿がきやの商品開発部にいたこともあるので、たぶん1000回くらいは味噌煮込みうどんを食べたり作ったりしています(笑) ←開発にいたころの試作も含めて。

すでに今年も秋めいてきて、2回も味噌煮込みうどん作りましたからね!(この撮影も含めてですが)

そして、ようやくです!個人的にずっとアップしたかったレシピ、「味噌煮込みうどん」を白ごはん.comに上げることができました~👏パチパチ
https://www.sirogohan.com/recipe/misonikomi/


「いや、名古屋人じゃないし…」と言わず、名古屋以外の方にこそ、ぜひ「味噌煮込みうどん」に目を向けてもらいたい!と私は常日頃、心から思っています。


なんでかって、それは「うどんが主役の味噌鍋として非常に作りやすく、なおかつ万人受けする味でもあると思うから」です。

misonikomi7520.JPG
味噌煮込みうどんが味噌鍋として優秀な理由をあげてみますと、、、

①野菜がたっぷり取れる(味噌味だから、根菜類でもしっかり美味しい!)
②鶏肉でも豚肉でも、さらには牡蠣やキムチなんかの鍋にうれしい具材を入れても美味しい
③こんなに卵が合う鍋料理はそんなにない
④生うどんを煮込んで作るから、うどん自体がそもそも美味しいし、うどんから適度なとろみがついてくれる

と、こんな風に名古屋出身ではないけれど、味噌煮込みうどんってサイコー!って思っていて、気が付いたら家族で味噌煮込みうどん鍋を囲んでいる、という冨田家なのです(^^♪

これから迎える鍋の季節、ぜひおうちの鍋料理のルーティーンに入れてほしい料理なので、ぜひチェックしてみてくださいね。
https://www.sirogohan.com/recipe/misonikomi/

*赤味噌(豆味噌)がなくても作れるには作れるのですが、名古屋の赤味噌をぜひ使って作ってほしいなぁ(米味噌にはないコクや渋みが力を発揮してくれるので!)

hoiruyaki7468.JPG
生の鮭の切り身が、さんまが並ぶ時期に合わせるように、スーパーでも見かけるようになりましたね~!

手軽にホイル焼きにして、しめじやえのき茸といったきのこ類やせん切り人参なんかも一緒に包んでどうでしょうか??

レモン醤油にするか、素直にポン酢をぶっかけるか迷うところではありますが、私は撮影で余ったレモンをひとしぼり。

レシピにも書いているのですが、レモン醤油の時はレモンの香りもあってバター控えめでも美味しいですが、ポン酢をかけていただくときは、少しだけバター多めのほうが美味しいように感じます(^^♪

ぜひお試しくださいね~

「鮭のホイル焼き」
https://www.sirogohan.com/recipe/hoiruyaki/


それから、、もう時期は終わりがけ。名残の食材“とうもろこし”。

今年は電子レンジでの加熱レシピを白ごはん.comにまとめたのですが、せっかくならと動画にして(いまさらながら笑)アップしましたので、よろしければぜひチェックを!まだスーパーでとうもろこし売ってますもんね!



*youtubeに移動してみたい方はこちらからどうぞ↓↓↓
https://youtu.be/24l7c9Js6n0


*数年に一回おとずれる「健康管理のためにランニングくらいしなきゃ!」っていう危機感…からの、3日坊主で終わってしまうランニング…。今年もその危機感がおとずれ、先週土曜日から朝に走り始めました(笑) でも今日で5日続いてるっ いつになくまじめに続けていこうと思っています(ほんとに) 

新米の時期ですね~。

ご飯をおいしく食べるには、精米日を気にしたり、水にこだわったり、炊き立てであったり、いろんな要素があるわけですが、「鍋で炊く」というのも、ガス火の強い火力によって、弱い熱源よりも米の粘りがしっかり出る美味しい炊き上がりになってくれます。

そんな鍋炊きご飯の動画をyoutubeにアップしましたので、そのご連絡です。



*youtubeの画面で見た方はこちらからどうぞ↓
https://youtu.be/4Z9iGh61Cz0


*iphoneなどの携帯にまったく執着がない私ですが、たまたま携帯変えよっかなと思ったタイミングがiphone8の発売日付近でして、、発売日当日にiphone8plusを手にしたのですが、写真機能すごいです!ポートレイト設定でこんなにきれいに撮れちゃう。背景もきれいにぼかしてくれちゃってます!今度料理撮ってみよーっと。

IMG_0056.jpg
(今日の仕事場でのちゃこ)

hannikomi71552.JPG
先週の「基本のハンバーグ」に引き続き、今週は「和風煮込みハンバーグ」のレシピを白ごはん.comにアップしました~!
https://www.sirogohan.com/recipe/hannikomi/

たっぷりきのこ入り、ブロッコリーも煮汁の中で直に煮込んで火を通します。煮込む時間なんて少々長くなっても大丈夫なので、実は普通のハンバーグよりもほっとける分簡単だし、野菜も取りやすい優秀レシピなんですよね~。

ぜひぜひ、基本のハンバーグと合わせて、チェックしてみてくださいね(^^♪


*昨日、名古屋市で開催されていた「わんだらけ」という日本最大級のわんこのマルシェにちゃこと行ってきました~ 嫁も娘も犬グッズのブースが山ほどあって興奮気味だったのですが、肝心のちゃこは犬が多すぎたのか、終始緊張したような面持ち…。吠えもせず、ただただ圧倒されていましたね(笑) 小さいころから犬より人が好きなので、昨日は愛犬家のみなさんになでなでしてもらえた時がいちばんいい顔してました↓↓↓

chako201709.jpg
だんだん口先が赤茶けていっているちゃこちゃんでした(笑)

satumaimogohan5159.JPG
2日くらい前から白ごはん.comがtwitterでたくさんの方に取り上げられています。たぶん何百っていう方が白ごはん.comについてツイートしてくれていて、いい意見もマイナスの意見もたくさんあって、こんな時だからこそと、一つずつじっくり見させていただいております(^^♪



twitterの検索窓で「白ごはん.com」って入れるとたくさん出てくるんですけど、見てたらほんとに楽しいです。皆さんのイチ押しレシピとかもたくさん上げてくださってて!

見た感じ最近アップした「ハンバーグ」や「玉ねぎのみじん切り」が多い気がしたけれど、最近のもの以外だと「ぶり大根」「おでん」「ピーマンの肉詰め」「とうもろこしご飯」「魚の煮付け」「さばの味噌煮」「鍋炊きご飯」「角煮」「豚の生姜焼き」「栗ご飯」といった定番のものから、「土佐醤油」「なす豚炒め」「花わさびの醤油漬け」といったマイナーな料理をイチ押しとして紹介してくださっている方もいらっしゃいました(自分の紹介されてない!って方すいません…)


せっかくなら!この食欲の秋がせまった今のタイミングでの、私なりの埋もれた白ごはん.comおすすめレシピを紹介したいと!さつまいも料理のランキングを作ってみました(忠実に白ごはん.comの年間アクセス数に基づいてます)芋堀りシーズンも近いですし、ぜひ参考にしてみてください。

第1位 「さつまいもご飯」年間17.0万PV
satumaimogohan5159.JPG
これはほんとに簡単だし、色味もいいし、普段のおかずに弁当にとおすすめです!皮ごと角切りにして炊き込むのがおすすめです(^^♪ なんといっても調味料は塩だけ、ですし!
https://www.sirogohan.com/recipe/satumaimogohan/


第2位 さつまいものレモン煮 年間12.7万PV
satumaimoyoko2.JPG
これはちょっとマイナーな気もしますが、常備菜として非常に優秀だし、献立や弁当の中で100%味わいが被ることがないので、けっこう重宝するおかすです。私が料理屋に勤めていたときも、和弁当の副菜として常連でした。少し食感はやわらかくなりますが、冷凍も可能です!
https://www.sirogohan.com/recipe/satumaimo/


第3位 大学芋 年間12.1万PV
daigakuimoyoko.JPG
甘いものレシピが続きますが、こちらは完全におやつレシピです。かれこれ10年近く前に作ってアップしたレシピなので、そろそろ撮影し直したいと思っています(笑) ポイントは2度揚げと蜂蜜を使ったたれです~
https://www.sirogohan.com/recipe/daigakuimo/


第4位 鬼まんじゅう 年間6.1万PV
onimanyoko.JPG
またまたおやつものでした。「鬼まんじゅう」ってようは「芋の蒸しまんじゅう」なんですけど、名古屋の定番お菓子にもなっています。それをどうにかお家で簡単に美味しくできないかと作ってみたレシピになります。
https://www.sirogohan.com/recipe/oniman/


第5位 鶏肉とさつまいもの煮物 年間3.1万PV
satutorini3479.JPG
ようやくさつまいものおかずレシピが出てきました!これは甘いさつまいもに鶏肉を合わせて醤油っぽい色合いでどんな味?と想像つかない方も多いかと思いますが、ほんとにおすすめ。来年くらいには2位くらいに上がってほしいレシピです。甘いけど醤油味でご飯もすすむ。個人的にはこれこそ埋もれた名作レシピです(笑)
https://www.sirogohan.com/recipe/satutorini/


芋堀りでたくさんさつまいもをもらったら、冨田家の食卓やおやつの時間に、すべての料理が登場することと思います^^ 皆さんもぜひ参考に!

↑このページのトップへ