月別アーカイブ / 2016年09月

renkon
今日から娘は3連休。

どうやら宿題もたくさん出たようで、心がくじけそうになりながらも、夕方にまとめてやってました〜。


私はすぐ近くでパソコン仕事をしていたのですが、、娘が何のまえぶれもなく、

「おと〜、酢れんこんいまから作って〜。そうしないともう宿題がんばれない…´д` 」

と言ってきました(*あ、私、おとうさんを略して、娘から"おと"と呼ばれてます^^)

さらに、

「酢れんこんは、電子レンジいっぱいくらいに作ってよね!」と(笑)


いやぁ、食べて悪いものじゃないし、むしろ食べてほしい野菜であり、酢を使った料理だし、、さすがに電子レンジいっぱいは無理だけど、、とさきほどれんこんを買ってきました

明日にでも山盛り作ろうと思います。


度々このブログでも酢れんこんネタをやってますが、なんでこんなに酢れんこんが好きなんでしょうね。ほんとに。こうして私が山のように酢れんこんを作ることがけっこうある(笑)

振り返って見てみると、去年のおせちの時期に、娘から「れんこん3000ぐらむたのむ」的なメモを渡されたこともありました→そのブログ記事

surenkonyoko2
これから運動会シーズンですし、もし事前に作っておく常備菜が何かないかな?という方がいらっしゃったら、ぜひ「酢れんこん」お試しください。

子供向けには、唐辛子なしのバージョンで作ってあげるといいと思います。酢れんこん好きの輪が広がるといいんだけど…

白ごはん.comの「酢れんこん」レシピはこちらから↓↓↓
http://www.sirogohan.com/recipe/surenkon/

rakkaseisai9492
食材もどんどん秋らしいものがスーパーに並び始めましたね~。秋らしい行事の一つ、昨日の月見は曇りで隠れちゃってましたが…(^^)

さてさて、今日は落花生のゆで方の紹介です 生の落花生は、ちょうどいまから旬をむかえる秋の食材。スーパーに並びはじめたところもあると思います。

白ごはん.comでも「落花生のゆで方」を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!
http://www.sirogohan.com/recipe/rakkasei/

rakkaseisai9522
ゆでたての落花生は味が濃くてホクホクで美味しいんですよね~!

rakkaseisai9529
ちなみに白ごはん.comの落花生のゆで方の写真も新しくしてみました。さすがに10年近くサイトをやっていると、ずいぶん昔に撮影したものは「もっと美味しそうに見せなきゃダメじゃん!」ってものも多くて(笑) 落花生も無事に美味しそうに撮れました

生の落花生は、ほんとに秋の一瞬の時期しかないので、ぜひ見つけたら塩ゆでで食べてみてくださいね!

kinukatugiyoko2
今日は十五夜。ここ数日曇りや雨の日が続いていますが、見れるといいですね~(^^)

十五夜(中秋の名月)は別名「芋名月」とも言われていて、里芋の収穫時期とも重なることもあって、里芋料理をいただく習慣がありますよね(←あ、もちろんお月見団子も)。

白ごはん.comでもいろいろな里芋料理があるので、参考になればと思い、それぞれリンクを張っておきますね!

「里芋のきぬかつぎ」
上の写真のように、味噌だれでも美味しいですし、シンプルに塩&黒ごまでも。いまの時期出回っている青柚子をふりかけると香りよく仕上がってくれます!
http://www.sirogohan.com/recipe/kinukatugi/


「里芋の炊き込みごはん」
satoimogohanyoko
里芋も炊き込みごはんのメインの具にすると、食べ応えがあって、ほっこり美味しくいただけます(^^) このレシピは煮干しだしで作っていて、だしがらも一緒に食べる作り方にしています。
http://www.sirogohan.com/recipe/satoimogohan/


「里芋の煮っころがし」
satoimoyoko2
定番の里芋の煮物もいいですよね~。上の写真はかなり色が濃いめの濃口醤油を使っているので、茶色っぽい色になっていますが、十五夜にはやっぱり淡い色合いの煮物に仕上げたいかな(笑)
http://www.sirogohan.com/recipe/satoimo/


ここからはちょっと切り口を変えて、、
「長芋の煮物」もまん丸お月さまみたいでおすすめです。
nagaimonimonoyoko2
里芋の煮物の色が濃かったので、、長芋の煮物と同じような作り方でも、、と思ったので写真を添付したのですが、これもまた十五夜にふさわしい形で、雰囲気出てますね(^^) 長芋も煮物にするとほっこり美味しいので、手に入れやすいもので作ってみてください
http://www.sirogohan.com/recipe/nagaimonimono/

最後は芋は芋でもさつまいもで↓↓↓
「さつまいものレモン煮」

satumaimoyoko2
芋名月はやっぱり里芋が主役ですが、さつまいもなどで代用するところもあるそうなので、これもまた今日にぴったりなおかず。日持ちもする常備菜なので、おすすめです~。
http://www.sirogohan.com/recipe/satumaimo/


私は朝のちゃこの散歩のときに、近所の和菓子屋さんで月見団子をすでに予約済み。これで間違いなく娘も大喜び

いまニュース見てみると、、全国的に夜に雨のところは少なそうですね。 きれいな月が見れますように~。

tebani9284
ねぎと生姜と少しのにんにく。香辛野菜をたっぷり入れて、手羽先を煮ていきます。

ぐつぐつ。ぐつぐつ。

中火で煮汁がしっかり沸き立つ火加減で。

食べやすく切った手羽先は、切り口からも味をたくさん含んでくれます。

teba
ごはんにも、お酒にも、なんでも合うのがいいんですよね。

先日、味付けについての記事を上の煮込んでいる写真でアップしたところ、思いのほか「レシピ求む」の声が多かったので、急いでアップしました(笑)

ぜひお試しくださいね!
http://www.sirogohan.com/recipe/tebani/

honda
白ごはん.comの掲示板やブログで「この料理の器は誰の作品ですか??」とよく質問をいただくので、白ごはん.comのレシピページの‟補足”部分に、器についての情報もこれから記載していこうと思います!

ひとまず、おかずカテゴリのものは、わかる範囲で追記してみました(^^) かなり昔に買った器もあるので、記載のないものもちらほらありますが、そこはすいません
http://www.sirogohan.com/okazu/

少しでも、器選びの参考になればと思います!おかずカテゴリ以外も、少しずつですが追記していきますねー。


*ちなみに、上の写真は最近、岐阜の本田さんで購入した器たち。
http://hondakeiichiro.com/

本田さんは古いものを中心に、味わいのある作家さんの器も、幅広く取扱いがあるので、器好きにはほんとにおすすめです!

tonjiru
ついさっき、朝晩少し涼しくなってきましたね~、と事務所のとなりの薬局のおじいちゃんと立ち話をしてきました。

事務所の2軒隣りがちょうど家を解体工事中で、、おじいちゃん曰く「昔はガラス屋、その前はおもちゃ屋だった」とのこと。こうして話を聞いてみると、私の事務所がある商店街はけっこう歴史があるんだなぁと改めて思うと同時に、解体されていく家の梁がものすごく立派で、少し悲しい気分にもなりました ここ数年、ご近所さんのいいなぁと思っていた古い家がどんどん解体されていくので余計にそう感じます。

古いものを壊すだけじゃなくて、いまの時代にうまく活かしていく工夫が、都心部だけでなくて私の住む愛知の田舎のあたりでも、どうにか実行できないかと、つい考えてしまいます。。

古いものをいまの時代に合わせて、、というのは料理の世界でも同じ課題があるので、つい話が脱線してしまいましたが、、秋らしい豚汁を、ヤマサ醤油さんのサイトでアップしていただきましたっ。「秋のきのこ豚汁」です。
https://recipe.yamasa.com/recipes/2432

ぜひお試しくださいね!

*昨日は「白ごはん.comの味付けについて」の記事に、たくさんのコメントありがとうございました!いただいたコメントがほんとに多かったので、失礼ながらまとめてお返事させていただきました(すいません)。レシピの応用の仕方や、献立の考え方など、そういったことを白ごはん.comで伝えきれていないので、そういう情報がわかりやすくなっていれば!とも思いました。これからの課題です(^^) というか課題ばっかりです~(笑)

↑このページのトップへ