月別アーカイブ / 2016年07月

taima (1)
私のキッチンまわりのもので、買い替え頻度が高いものは「フライパン」「キッチンタイマー」

フライパンはお気に入りのものを見つけたので、ここ5年くらいずっと同じものを使用中。*フライパンを紹介したブログ記事はこちら→https://lineblog.me/sirogohan/archives/58172810.html
pan
キッチンタイマーはかれこれ10種以上買い替えて使っています そもそも使用頻度が高いし、よく落としちゃうので(笑)、液晶部分が映らなくなったりして買い替えに…ってパターンです。

でも、ようやくキッチンタイマーも定番で使い続けたいものが見つかりました 今回はそんな2種類のキッチンタイマーを紹介したいと思います!


ひとつ目は、シンプルデザインの王道、無印良品のキッチンタイマーです。

taima (3)
何がいいって、やっぱりデザインのシンプルさ。それからダイヤル式であること。

薄い筒状のまわりの部分なんですけど、気持ちいいくらいスムーズに10秒ずつダイヤルできるんです!1分、3分をセットしたいときなんて、ストレスなく2~3秒あればセットできちゃいます^^  もちろん背面はマグネットなので、冷蔵庫などにもくっつけて使用できます。

ちなみに、お値段税込1900円。無印良品の商品ページのURLです↓
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4548718365760



さてさて、続いてはTANITA。タイマーといえばここってくらい、たくさん商品展開をされていますが、私がたどり着いたがこのタイマー↓
taima (2)
キッチンタイマーの多くは『分と秒のボタンがあって、それらを1カウントずつ増やしていけるタイプ』、『0~9のボタンがあって、自由に時間を設定できるタイプ』、このどちらかが圧倒的に多いですが、これはその中間のような使い勝手のタイマー。

1、3、5分のボタンがあるので、10分にしたければ5分を2回押す、というやり方です。細かい秒数は上にある「秒」ボタンで設定します。

これが自分の料理のスタイルに合ってて、液晶も大きいので超お気に入りです 

こちらは税込1620円くらいなのですが、amazonなどだとたいてい900円近い値段で買えちゃいます。
amazonの商品ページへ


キッチンタイマーの買い替え時期と重なってたら、ぜひ参考にしてみてください(≧∇≦)

takoyoko5507
最近はスーパーでも「半夏生(はんげしょう)にはタコを食べましょう!」と、コーナーを作っているところもありますね(半夏生にタコを食べる風習は主に関西地区だそうですが、東海地区にもその流れが^^)

というわけで、今日は半夏生。タコの足のように稲がしっかり根をはる願いを込めて食べられるようになったともいわれているようです。そこで、タコの簡単レシピを白ごはん.comでアップしました!

「タコとせん切りキャベツのごま酢和え」です!
http://www.sirogohan.com/recipe/tako/

冷蔵庫にありそうなキャベツは、せん切りにして塩でキュッともんであげることで、酢をきかせた和え物の具としてぴったりになってくれます。

タコをサラダっぽくさっぱり食べたいときは、ちょうどよい料理だと思うので、ぜひお試しください~。

↑このページのトップへ