月別アーカイブ / 2016年03月

jakoti-zu1
今日はお酒がすごーく進む、おつまみレシピの紹介です!

その名も「じゃこチーズカリカリ」


↓↓↓レシピの前に、ちょっと面白いので、このレシピが出来上がるまでを少しご紹介です↓↓↓

実はこのレシピ、私じゃなくて娘作です(笑) ホットプレートを使うときに、娘が自分で作り始めて、いまや我が家の定番になりました

そしてそして、最近、私が手持ちのレシピ本をいろいろと読み返していたところ…、これとほぼ同じレシピがすでに本に載ってたんです!しかも高橋みどりさんの「酒のさかな」という本

すごいぞ、娘 チチは誇りに思いつつ、記事を書いております(笑)


さてさて、レシピの紹介です。超シンプルですごーく簡単です お子さんでももちろん作れる!

jakoti-zu2
↑ホットプレートを温め(200~250℃ならOK)、ピザ用チーズを平たくかためて焼き、焼けてきたらじゃこをたっぷりのせます。

jakoti-zu3
↑じゃこの上にも少しピザ用チーズをのせてから裏返します。反対側も同じようにこんがり焼きます。

jakoti-zu4
↑裏返してみて、こんがり焼けてたら出来上がり!熱々を食べてもいいし、少し冷まして、カリカリにして食べても美味しいです。


娘なりに、「今回はカリカリバージョン」「次は半分に折って中はジューシーに」「じゃこの代わりにたらこを入れて」とか、いろいろと工夫して、家族を代表していつも焼いてくれるんです そしてどれもすごく美味しいっ お酒が進む~


ホットプレートを使うとき、ぜひお子さんに挑戦してもらってください~。


チーズのにおいってわんこ大好きですよね(笑) ちゃこが狙ってるところ↓

jakoti-zu5

tunamayoyoko
白ごはん.comで「本格ツナマヨちらし寿司」のレシピをさきほどアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/tunamayo/

これは当日にさっと作れる手軽さもありながら、子供も大人も大満足のちらし寿司レシピだと思います

“ツナ缶”って便利なんですけど、本格的な料理に合わせるほど、なぜかちょっとした“手抜き感”を感じられてしまう、すごくもったいない食材だと思います。

だからこのツナマヨちらし寿司は、ちょっとした豪華さや彩り、食べるときの食感や香りの違いなども考えて、本格的になるように組み合わせてみました

このレシピ、具材の組み合わせももちろん大事なのですが、いちばんのポイントは「盛り付け」かもしれません。

ちょっとしたコツがあるので、そのこともレシピで工程を追って紹介しています!今日のひな祭りの献立にもぜひお役立てください~。

hamagurisaiyoko
今日のお昼にはまぐりと春野菜のスープレシピを紹介したのですが、ド定番の「はまぐりのお吸物」のレシピも白ごはん.comで更新しました。
http://www.sirogohan.com/recipe/hamaguri/

今日の晩ごはんを食べながら、明日の晩ごはんの相談をしていたのですが(笑)、結局酢れんこん大好きな娘は定番のちらし寿司が食べたいということだったので(手巻き寿司と悩んでいたらしい)、ちらし寿司+はまぐりと春野菜のお吸物、という組み合わせになりそうです(^^)

hinamaturi (2)
いよいよ明日はひな祭りですね!

定番の献立はやっぱり「ちらし寿司」だと思うのですが、そこに合わせる汁ものって、ちょっと悩ましいところ。縁起もののはまぐり汁にするか、もっとシンプルなお吸い物にするか…。

去年の我が家の汁ものの紹介になってしまうのですが、ちらし寿司にあわせたのは「たっぷり春野菜を加えた和のスープ」でした。ちょっとはまぐりも入れています。

アスパラや菜の花、絹さやなどを組み合わせたのですが、これがなかなか華やかで、はまぐりが少なくても、はまぐりの代わりにあさりなどでも、春野菜のおかげで春らしさや彩りがプラスされて、食卓がにぎやかになってくれました

ヤマサさんでレシピを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください↓
https://recipe.yamasa.com/recipes/1941

白ごはん.comのちらし寿司のレシピもご一緒に↓(寿司飯に椎茸やかんぴょうの煮物を混ぜ合わせるのがミソです^^)
http://www.sirogohan.com/recipe/tirasi/

わが家にも一人娘がいるので、コロンとしたお顔のひな人形を飾っています 今年もちらし寿司を作る予定なのですが、野菜好きなので、汁ものにはやっぱり春野菜を入れようかなぁと思っています!



↑このページのトップへ