月別アーカイブ / 2016年01月

shouga2
レシピによく出てくる「生姜ひとかけ」という表現。

そもそも生姜の形や大きさが一つずつ異なるので、人によって思い浮かべる“ひとかけ”の大きさが違うのは仕方のないことだと思います…。

数あるレシピ本や、料理を作る人によっても「生姜ひとかけ」の若干の解釈の違いがあるかもしれませんが、私のこれまでの経験から言うと「生姜ひとかけ=10gくらい」がぴったりだと思っています。

shouga3
じゃあ10gがどのくらいの大きさかというと、「親指の第一関節よりも少し大きいくらい」の大きさです。

生姜の大きな塊にくっつている、小さな塊をポキっと折ったらこのくらいになることが多いかもしれないですね。小さな塊がないときは、大きな塊を切って、だいたい上の写真くらいすればOKです!

いまはレシピ本の表記分量も、昔の4人分から変わって、ほとんどが2人分になりました。だからよほど生姜を効かせる料理でないかぎりは、2人分で「生姜ひとかけ」を使うことも少なくなったように思います。

料理の際の参考にしてみてください~。

※これからこのブログで、料理の基本的な計量や調味料のことなどを、ひとつずつまとめていこうと思います。それを先々白ごはん.comの特集ページでまとめ、わかりやすく一覧にする予定です。時間のあるときにアップする形になるので、ゆったりとしたペースでまとめていきますね よろしくお願いします!

buriteriyoko
白ごはん.comで今が旬の鰤(ぶり)を使った「ぶりの照り焼き」レシピをアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/buriteri/

今回はおうちの冷蔵庫に余りがち??な、長ねぎ(白ねぎ)を一緒に照り焼きにするレシピにしています フライパンの中で作るので、ぶりとねぎがいい具合にお互いを美味しくしてくれる、といいますか、、ねぎが食べたくてぶりの照り焼きを作る気持ちすら起こる、個人的にはそんなレシピです ねぎ好きなので(笑)

ぜひお試しくださいね~!

igautuwa
昨日は家族みなで「伊賀FOODマーケット」へお出かけしてきました~。名古屋から車で2時間くらい。ちゃこにとっても初めての遠出だったので、ドライブ途中にドックランのある御在所PAで休憩しつつ 上の写真はお出かけで買い物した草木染めのエプロンと小皿たち

伊賀FOODマーケットは私はじめてだったのですが、月に一回毎月第2日曜日にやっているようですね。詳しくは公式サイトを見てみてください~↓↓↓
http://dacolabo.org/market/

伊賀市役所のすぐ近くの上野市駅前の広場に、今回は飲食ブースが30くらい、クラフトブースが10くらい。特産の伊賀牛を使った料理があったり、地元の和菓子屋さんなどもたくさん出店されていて、なかなか特徴のあるマーケットでした!

igaudon
↑娘は伊賀牛の肉うどんをたいらげ、、

igadango
↑食後には地元伊賀米を炊いて作ったお団子を

igasomemono
↑私は草木染めのブースで、藍色に染めたエプロンを買いました~!これでギャルソンタイプのエプロンは黒、紺、緑に引き続き4色目 コレクターになりつつありますね(笑)

それから、写真はないのですが、この会場の真ん前に「青い鳥」という器屋さんがあって、そちらでも可愛らしい柄の小皿をいくつか見つけることができました~。


ちゃこを家に迎えてから、こういったマルシェやマーケットはワンコを連れていきやすいので、いろいろと行くようになりましたねー。今年はもっといろいろと遠出もしたりもして、お出かけして楽しもうともくろんでます

iga
マーケットに行ったあとは、その会場から車で5分くらいところにある、まっちんの伊賀のお店「和菓子工房まっちん」にも伺いました。近いうちに伊賀の米粉を使ったお菓子も販売されるようですよ~!

igachako2
追伸:ちゃこは昨日はじめてドックランで長い時間他のワンコとご一緒しました。ずっとシッポを垂らして、にげてばっかり、追いつめられるとすぐにおなかを出して降伏の合図 ガラス越しだと吠えまくるんですけどね(笑)

9negiyoko
これまでたくさんのライターさんや編集者さんとお仕事をご一緒させていただいたのですが、試食をしていただいて話にあがるのが「冨田さんって絶対お酒好きですよね?!」なんて話題です(笑)

確かに!毎日晩酌してますし、ビールに焼酎、日本酒(冷に燗に)、ハイボールなどなど、いろんなお酒を飲んでる!一人で飲んでるのに、時には翌日にうっすら残るくらい、飲みすぎちゃうこともあります

そんな時にパッと作るのが「九条ねぎのみそがけ」のような、野菜をシンプルにいただく一品。お酒によって、ここに一味唐辛子をきかせたり、黒こしょうをドカッとふりかけたり、とスパイスを使い分けたりもしながら ←炭酸系のビールなどいくときはスパイスを合わせることが多いかも。

実はこのレシピ、白ごはん.comではなくて、このブログの中で紹介しています。右下にある「カテゴリ」→坂ノ途中×白ごはん.comの野菜レシピでシンプルな野菜レシピをいくつか紹介しています!

野菜が美味しければ肉や魚がなくても、すごーく贅沢感があって彩りも香りもよい料理が仕上がるので、時間のあるときにでもぜひご覧ください~(特に焼酎や日本酒好きなかた必見かも笑

※この「九条ねぎのみそがけ」、ブログのレシピ記事に書き忘れたのですが、ちょっと余った薬味ネギだとか、ニラなんかと合わせても美味しいです!

kirn (1)
みなさん「キリンラーメン」って知ってます?この超レトロなパッケージ、見たこともない!という人が多いかもしれないですね

ずいぶん前ですが、「マツコの知らない世界」でも取り上げられたりして、一度は終売になったけどまた製造されているそうなので、人気は間違いなく右肩上がりの「素朴系インスタントラーメン」です

kirn (5)
何が素朴かって、国産のものを多く使い、味もいわゆるインスタントラーメンっぽい濃いめの味ではなくてけっこうあっさりめ。濃厚系ラーメンが好きな人にとってはもはやラーメンの味付けですらないかもしれません(笑) 


年末年始って、何かと忙しかったり、ちょっと贅沢なものを食べたりするので、インスタントラーメン食べたりしません?我が家ではこのキリンラーメンが人気なんです

愛知県だといろんなスーパーに置いてるんですよね。製造メーカーが愛知県で、昭和40年ごろから売られている商品らしいのですが、パッケージとやさしい味わいから、リピするようになりました(味がいくつかあるのですが、うちはしょうゆ派です)

kirn (2)
↑野菜たっぷりで作って、、

kirn (3)
↑お昼にぴったりなんですよね~。

なかなか東海地区以外では売っていないかもしれないのですが、便利なものでamazonで調べてみると売られていました!興味のあるかた、ぜひお試しください~!

nagaimo
昨日から白ごはん.comの「七草粥」レシピとこのブログ、たくさんの方に見てもらえています~。LINEブログのトピックにも取り上げていただき、身近な食に願いをかける昔ながらの風習っていいなぁと改めて感じました。

はじめてこのブログや白ごはん.comを見にきた!という人もいると思うので、この記事のタイトル「2年の間のNo.1レシピ!」をちょこっと説明しますと…、

私は2014年からヤマサ醤油さんのサイトでレシピを月5品ほど紹介させていただいています。醤油や昆布つゆ、ぽん酢などを使った作りやすい和食レシピが中心です。

ほぼ2年間やってこれまで100品以上作ってきたのですが、このつい先日アップされた↑↑↑このレシピが、個人的に間違いなくNo.1だ!という趣旨なわけです

「長芋のめんつゆバター焼き」なんですけど、ヤマサ醤油さんの昆布つゆで作ったら、こりゃもうすぐにでも全国チェーン店の居酒屋看板メニューはれるくらいの美味しさです (※お伝えし忘れましたが、ちょっぴり居酒屋っぽいメニューです。けどご飯も進みます!)
https://recipe.yamasa.com/recipes/2229

しかも超カンタン。輪切りにしてバターで炒めて、めんつゆ絡めるだけですから。そう後は青のり これはほんとに試してもらいたいレシピだなぁと思って、ちょっと熱く紹介しちゃいました(笑)

ぜひお試しくださいね~!

↑このページのトップへ