月別アーカイブ / 2016年01月

nebukayoko
白ごはん.comで「根深汁」のレシピをアップしました!
http://www.sirogohan.com/recipe/nebuka/

「根深(ねぶか)」っていうのは「ねぎ」の別名。栽培するときに土をかけて白くする作り方からそう呼ばれるらしいです

なんてことないシンプルなお味噌汁ですが、火を通したねぎの甘みを存分に楽しめる一品

白ごはん.comのレシピでは、ねぎを焼いたバージョンのレシピも紹介しています~↓↓↓ ぜひお試しを!

nebuka11

yuki2016 (1)
名古屋は朝から大雪でした 去年までは大雪で大喜びするのは娘だけだったのですが、今年はもう一人

そう、白ごはん.comなどの更新をがんばっているから、どんどんブログでの登場回数が減っているちゃこちゃんです(笑)

今日の散歩は大変大変

yuki2016 (3)
雪に突っ込んでは雪を食べ、そしてまた突っ込む

yuki2016 (4)
さすがに寒いのでしょうか、最後はこんな顔になってました↓

yuki2016 (2)
今日はぜんざいでも作ろうと思います  仕事の買い物も昨日済ませておいたし、コンロ一つ使って、コトコトじっくり炊いて、焼いた餅をのせて!おやつの時間が楽しみだぁ!

nikiriyoko2
たまーに和食のレシピで出てきますよね、『煮切りみりん』という、ちょっと面倒くさそうなヤツ(笑) 調味料の段階から難しそうな下ごしらえが必要だなんて、作る前からやる気をそがれる方もいらっしゃると思います でも、普通のみりんと、煮切ったみりんで作る仕上がりが全然違う料理があるから、レシピの中でどうしても登場してくるんですよね

私もほんとのところ、極力入れたくないんです、煮切りみりん。だってこの単語があるだけでなんだかレシピそのものが少し難しそうに感じそうだから とは言いつつ、白ごはん.comでもたまーに出てきます。たとえば、「鯛茶漬け」だとか。

なんでかと言うと、鯛茶漬けの鯛を煮切らないみりんで和えると、どうしても鯛の繊細な風味をみりんのアルコール臭が邪魔をしてしまうんです  そんなレシピではやっぱりみりんは煮切って使ってほしい!

せっかくなら、できるだけみりんを煮切ることが高いハードルに感じてほしくないので、白ごはん.comで「レンジで煮切る方法」と「鍋で煮切る方法」の2種類をアップしてみました↓↓↓
http://www.sirogohan.com/recipe/nikiri/

いつか煮切るかもしれないみりんのために(笑)、ぜひチェックしてみてください!

yuzunerisaiyoko
関東地方など朝から雪ですね 今日は取材の予定だったのですが、その影響で急きょなくなったので、料理の撮影など進めたいと思います~

一昨日の「手作りポン酢」のレシピにひきつづき、今日もレシピをアップしました!ゆずをしぼる、という作業と我が家で必ずセットでやっていることがこちら、「ゆず練り」作り、です

火を使わず、しぼったあとのゆずを刻んで砂糖を混ぜるだけ。これだけでいいの?という感じですが、とっても美味しい一品になります。調理時間は2分くらいかな

ちょっとしたお茶うけ、日本酒や焼酎の肴、焼き魚などのあしらい、なますやマリネなどの彩りに、などなど、いろいろ使うことができますよ~!ゆずをしぼったらぜひお試しくださいね!
http://www.sirogohan.com/recipe/yuzuneri/

ponzusaiyoko
白ごはん.comで『自家製ゆずポン酢』のレシピを更新しました♪
http://www.sirogohan.com/recipe/ponzu/

これまで白ごはん.comでは橙を使った手作りポン酢の作り方を紹介していたのですが、より汎用性のあるようにと、黄ゆずで工程写真を撮り直し、かんきつ類ならなんでもOKというレシピにしました

また明日か明後日くらいには、しぼったあとの黄ゆずを使った簡単箸休めのレシピもアップする予定ですので 合わせてチェックしてみてくださいね~。

utuwa
大学生のころから器を集めはじめた私、ずーっと趣味で集め続けてたうえに、いまは仕事での必要もあって、さらにたくさんの器が我が家に増えました(笑)

器についてブログや掲示板で質問いただくことも多いので、ちょっとこの際、リアル店舗、ネット店舗ともに、私がよく使うお店をリストアップしてみようと思います。まずはネット店舗のまとめ↓↓↓ 
※1回目の記事を2015年夏に作成、2016年1月にお店を追加しました。
※ちなみに紹介したすべてのお店で、私自身もネット購入実績ありです


『暮らしのうつわ 花田』 器の点数や種類、取扱い作家さんの数もとても多いお店。選択肢多くて迷っちゃいます!最近アップしたものだと、「黒豆の煮物」レシピは、こちらで購入したイム サエムさんの器です。
http://www.utsuwa-hanada.jp/index.php

『うつわと暮らしの道具 sizuku』 生活感のある作家さんの使いやすい器が多く、こだわり調理器具の取り扱いもありです!このブログでも記事にした村山朋子さんの器はこちらで購入したものです。
http://sizuku.ocnk.net/

『宙 SORA』 陶器、ガラス、漆器など取り扱いも多く、子供用の作家ものの器もちらほら!こちらで買った木曽志真雄さんの茶碗が私のだいのお気に入りです。
http://tosora.shop-pro.jp/

『工芸店 ようび』 器の点数、取扱い作家さんもとても多く、料理を盛った写真とともに商品説明してくれるので、器の良さが伝わってきやすいお店です!
http://www.rakuten.ne.jp/gold/yobi/

『季の雲』 作家さんから探す、作家さん主体のお店の印象で、どの器も品があって素敵です。古道具も少しあります!
http://tokinokumo.com/gallery/

『objects』 作家さんの器だけではなく、民藝品の素敵な器もセレクトしてくれているお店です!
http://objects.jp/onlineshop.html

『古道具 水無月』 骨董の器や小物の取り扱いが多く、家具もほしくなってしまうお店です。撮影用天板を買ったこともあります!
http://minazuki.shop-pro.jp/

『presse』 北欧やヨーロッパなどの器やガラスのヴィンテージものの有扱い多いです。布類やバスケット、小物なんかもたくさんあります!
http://momentsdepresse.com/

『千鳥』 器に盛り付けた写真とともに紹介してくれていて、取扱い作家さんも多いお店です!
http://www.chidori.info/index.html

『うつわ ももふく』 白磁や染付など落ち着いた雰囲気の作家さんの器の取り扱いが多い印象のお店です!
http://utsuwa-momofuku.com/

『ラフジュ工房』 家具が中心ですが、取扱い点数が多いので、ちょっとした小物や天板、アンティークのケースなどもいろいろあります。ちなみに上で使っているブリキのケースはこちらで買ったものです。
http://www.rafuju.jp/


実店舗が近ければぜひそちらにも行ってみてほしいのですが、自分の好みの作家さんや器をたくさん選ぶことのできるネットで見つけて、購入してみる!という選択肢もあっていいと思います

ぜひ、器屋さんリスト、活用してくださいね いいお店が見つかったら随時追加していこうと思います!

↑このページのトップへ