月別アーカイブ / 2013年08月


幼稚園に通うむすめは夏休みに入っています。
上の写真は国宝“犬山城”の天守閣からの眺め。

最近むすめの中で「城めぐり」がちょっと流行っているようで、
犬山城以外にも、小牧城、岐阜城、松本城と立て続けに行ってきました。

日本に4つしかない国宝の城が2つも含まれているなんとも豪華な城めぐりです。
城自体が好きというよりも、城にたどり着くまでが楽しいみたいですけど^^
(犬山城や松本城って、復元ではないので大人でも怖いくらい階段が急だったり!)

渋いっちゃー渋い嗜好かもしれません。
最近シーズン3がはじまった「孤独のグルメ」も気に入ってみています(・д・)コレニハビックリ!

今日も土鍋でご飯を炊いて、明太子をたっぷり入れて、
めちゃめちゃ贅沢なおにぎりを作ったんですけど、
「ご飯も明太子も美味しい!海苔がもっと美味しくできるはずだ!!」
と評論家みたいな渋いコメントをよこしてきやがりました(笑)
(これだけこだわりがあるなら、いつか私のアシスタントにでもなってもらおうかなとちょっと思っちゃいました)

信州・松本に行ったときの、町めぐりや旅館についても明日以降アップしていきますので、お楽しみに!! 素敵なお店いっぱいでした。

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)



白ごはん.comで、家庭料理の定番“ポテトサラダ”をアップしました!!
→ 『美味しく作るコツ満載。ポテトサラダのレシピ』へ

最近、フライドポテトやポテトサラダなど、
昔ながらの和食とはちょっと違うけれど、いまの家庭では定番だったり、
詳しく紹介されてたら作りたくなるだろうなー、なんてレシピも挑戦するようにしています^^

先日アップしたフライドポテトもまさにそうでした。

facebookでいつも通り、レシピ更新情報としてアップしたら、瞬く間にいいねが300くらいつきました。これは最近アップした「れんこんの直煮」などとは違う、すごく積極的な反応!! 「こういうレシピを待ってる人も多いんだ」と感じた瞬間でした。

白ごはん.comの渋い和食とはちょっと違うけど人気でそうなレシピ第2弾は「ポテサラ」です。みんな家で作りますもんね!私の我流の方法もちらほら出てきますが、ぜひ少しでも参考にしてもらえればうれしいです。

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)



“器の使い始めは、米のとぎ汁で煮沸するといい”って、器屋さんなどで食器を購入するとそういった注意事項を記載したしおりをつけてくれたりしますよね。

普段あまり気にしないと気づかないことなんですけど、器には土から作った“陶器(とうき)”と、細かく砕いた石で作った“磁器(じき)”の2種類があります。わかりやすく言うと、ホテルの洋食器みたいに硬い器が磁器で、茶道なんかで使われる無骨な形をしたものが陶器だったりします。

買った器が磁器なのか、陶器なのか?このあたりは、器を買ったところで聞いてもらうのが一番だと思うのですが、土ものの陶器を買った時には、私も必ず米のとぎ汁で煮沸をするようにしています。

料理屋で働いていた時にはじめて“器によって汁気や香りが中に染み込んでしまう”ということを学びました。土ものの器である陶器は特にそうです。料理の汁気が染み込んでしまうと、色が悪くなったり、器自体を口に近づけた時に、料理そのものとは違う匂いを感じたりしてしまいます。

そういったことを防ぐために、米のとぎ汁ではじめに煮沸するんです。専門ではないので詳しくないのですが、米の糊のような働きとぬかの油分が、お皿の中まで染み込むことで、後から入ってくる色の濃い煮汁だったりが中に染み込むのを防いでくれるものと思います(そう信じています^^)。

やり方は以下の通り。
①米を研いだ時にとぎ汁をとっておく。
②買ってきたお皿が入る鍋やフライパンなどにお皿と①のとぎ汁を入れて中火にかける。
③じっくり鍋の温度を上げていき、沸いてきたら火を弱めて、コトコト10分から20分くらい煮沸する。
④そのまま冷まして、冷めたら取り出して洗って乾燥させて、それから使用する。
※もしとぎ汁がなければ、水に米をひとつかみ入れてから、同じことを行うとよいです。
※鍋などに入らない器のときは、温めたとぎ汁を器に入れて一晩置いておくとよいと思います。

私が器を買ったらこうしています、くらいの情報なので、参考までに(^ー^)
明日も器を買う予定なので、きちんと初めのお手入れをしてあげたいと思います!!

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)


↑このページのトップへ