月別アーカイブ / 2013年08月



最近facebookには逐一レシピ情報をアップしていたのですが、
ブログの方ではご無沙汰しておりました。(でもこのスタイルがアップしやすいので、ブログではこれからもまとめて紹介すると思います^^)

まずはAll About「シンプル和食」から。

トマト、青しそ、そうめんのシンプルレシピです。
「香味野菜たっぷりの焼うどん」 … これは生姜を後入れするのがポイントです!! 
http://allabout.co.jp/gm/gc/425508/

「冷製トマトそうめん」 … 夏らしい涼しげなレシピ。シンプル和食のコーナーでは夏一番のヒットレシピになりました。
http://allabout.co.jp/gm/gc/424435/



次に白ごはん.comから。

きゅうり、セロリ、たまねぎを
昆布だしと米酢でピクルスにします。
「ちょっとだけ和風なきゅうりのピクルス」 … これは嫁が珍しくとても気に入ってくれました。(きゅうりを大量に買い込んで作ってたから、きっと気に入っているはず!!)
http://www.sirogohan.com/pikurusu.html

「五目豆」 … これは間違いなくまとめて作りたくなる美味しさです。
http://www.sirogohan.com/gomoku.html

「ゴーヤの味噌炒め」 … ゴーヤー×味噌は間違いない組み合わせ。ご飯すすみます。
http://www.sirogohan.com/go-yamiso.html


こちらは私の仮撮影の画像ですが、
AERAではガラスの器を使って、
めちゃくちゃ涼しげに撮ってくれています^^
ご飯にのせるのが美味しいんですよねっ
それから、今日はAERAの発売日。
山形の郷土食でもある「だし」のレシピを載せています。
これはかなりの自信作です(自分でいうのもなんなんですけど笑) ぜひ手に取ってお試しくださいね。

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!


昼からビール!! といきたいところですが、BBQでもないのに昼から飲んでしまうと、どうしようもないところまで堕落してしまいそうで、お盆のお休み中もアイスコーヒーで我慢しておりました(>_<)

最近のお気に入りはドトールの水出しコーヒー。
夏はすっきりとした水出しコーヒーが飲みやすいのでたまにつくるのですが、ドトールで売られている水出しコーヒーは香りや味のバランスがとても好みでした(ネットで商品ページを探してみたんですけど、出てこなかった…残念)。水出し緑茶もよく作るんですけど、最近は水出しコーヒーの方が作る頻度が多くなりました。味もそうなんですけど、コーヒーって黒い色合いにもそそられるんですよね~。

それから、昨日の日経MJにも載っていましたが、新製品ランキングで冷凍食品で1位になっていた「ハーゲンダッツ コーヒーミルク」もなかなか美味しくて、嫁といっしょにはまっています。


冷たいものばかり紹介しちゃいましたが、冷たいものに偏って飲み食いしていたら、お腹が悲鳴をあげてしまうので、いかんいかんと思う今日この頃。せめて乳酸菌を採ろうと、ぬか漬けを食べたり、ぬか床そのものをちょっとつまんで食べたり…。でもそのぬか漬けは冷蔵庫で冷たくしとかないと箸が進まないんです^^

誘惑に負けてばかりなお盆休みでしたが、来週から気持ちを新たに仕事に取り組んでいこうと思います(^ー^) 秋からは初めて掲載していただける雑誌のお仕事も多く、フリーになって半年以上たちだんだん仕事の幅が広がってきています。またこのブログで順次紹介させていただこうと思います!!



暑い日が続いていますね(>_<) 外に出ると干からびてしまいそうなくらい暑い…。
私も食欲が少し落ちちゃって、ビールばかりが進んでいます。あ、先週発売のdancyuに載ってた“焼酎のソーダ割り”、これにも最近はまってます(なんだか酒ばかり飲んでるみたいですが・笑。焼酎のことはまた記事にまとめたいな、と)。

でもこんな日差しの強さに助かっていることが一つ。
7月末はちょっとバタバタしていて、土用干しができなかったので、いまさらながら梅干しを干しています。雨も降らず、日差しも強く、梅干しがどんどん乾いていきます(^ー^)

上の写真は2日目なので、あと1日か2日ほど干してあげれば土用干しの完了っ。自家製は手がかかりますが、それだけ愛着も沸きます。むすめは彼女なりに「梅干しって干すんだ~」と見てさわって、いろんなことを学んでくれているようです。

食育ということがさかんに言われるようになってから、“食歴”という言葉も聞くようになりました。食べる、作る、見る、話す、身の回りの食べ物に関して、いろんな経験を子供に積ませてあげることってとても大切だと思っています。

そんなことを言っても、むすめはまだ梅干しを食べてくれないんですけど(・д・川) 今年は出来たの食べてほしいなぁ。。

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)



AERAの連載「しあわせの白ごはん」。毎週がんばっております。
←毎週ブログで紹介することもできないので、たまには記事にしないと!と思って(笑)

今週発売号は増大号なので、まだしばらく書店に並んでいると思います。
今回の「しあわせの白ごはん」の連載はなんと!!

『チキンカレー』 です。


自分でAERA用に仮で撮影したチキンカレー。
AERAに載っているのはもっと雰囲気のあるいい写真ですが、
こんな少しドロッとした濃厚チキンカレーなのです。
白ごはん.comでは絶対にやらないレシピですからね~。和食以外のレシピもいろいろと研究できるので楽しんでやっています。作りなれたものも、このために研究するものも、いろいろ混ぜこぜなんですけど、このチキンカレーは完全に後者。

加工食品の研究開発部にいたころに色々とスパイスについて勉強したこと、名古屋の老舗のカレーうどん屋さんとタイアップして店主さんに教えてもらったこと、いろんな経験をもとに、家で作る美味しいカレーを、と思ってレシピにしました。
(ちなみに名古屋の老舗カレーうどんは名古屋市黒川の“鯱乃屋”さんです^^)

月曜日にAERAが発売になって、さっそくカレーの感想もメールでいただきました。“忠実に作って、家族に大好評でした”という感想、うれしかったです!! 今週のAERA、ぜひ手に取ってみてくださいね(^ー^)サザンや壇蜜のインタビューも読みごたえあったなぁ。。特に壇蜜。同じ年だと思うけどすごい人ですね。新しい発見でした。


アップするのに時間がかかっちゃいましたが、信州・松本の続き。

松本には“陶片木”さん、“ギャルリ灰月”さんなどの作家さんのものなどを扱う器屋さん、街のいたるところにある骨董屋さん、中町通りにある“ちきりや工藝店”さんなどの地方の窯元の器を扱うお店などなどがあって、器好きには本当に面白い街ですね。子供がいるとゆっくり選べないのが難点ですが(>_<)、なんとか器めぐりもちょこっとはできました。

今回は、左と奥の鉢ものを“陶片木”さんにて、手前の印版の小皿を縄手通りの骨董屋さんにて、右の漆器を中町通りの漆器屋さんで購入しました!! 


器以外にも、ちょっとした小物もついつい買っちゃうんですよね。ちなみに金色のちっちゃな棒みたいなのは“箸置き”。なかなかこんなこじんまりした箸置きも少ないので、買ってしまいました^^


今度行くときは、松本にある“大久保醸造”さんにも寄りたいなぁ。
松本市内にある老舗のお醤油屋さんで、ほんとうにすっきりとした美味しい醤油を作っていらっしゃいます(特に私は“紫大尽”という薄口醤油が好きで使わせてもらっています)。

日本料理店で勤めているとき近くの酒屋では大久保醸造さんの醤油の扱いがなかったので、いつも直接電話注文させてもらっていました。電話口で、なんというか、会社っぽくなく家族みんなで作っている雰囲気が伝わってきて、“どんなところで、どうやって醤油をつくってるんだろう??”とすごく興味がわき、いつか見学に行きたいなと思っていたところなんです。今回行けずに本当に残念。。

今回は伺う時間がなかったのですが、また近いうちに松本に出かけて、行けなかった大久保醸造さん、松本民芸館、さらには周辺安曇野などのギャラリーなどもいろいろ行きたいと心に誓いました^^ (家族をおいて一人でも行きたい・笑)

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)




むすめの“城めぐり”の希望を叶えるため、先週、信州・松本に行ってきました。
大人の楽しみは何と言っても温泉と料理。(私は松本って器などの民芸も有名なので、それも大きな楽しみでしたが^^) ということで、ずっと行ってみたかった松本からタクシーで10分くらいの美ヶ原温泉の“旅館すぎもと”をお宿に予約。

当日、まずは松本の駅についてから、歩いて15分くらいかけて松本城へ。
6歳のむすめでも歩いて行けました(松本市内の観光のしやすさにもびっくり)。


さすが国宝。これまで見たお城の中で一番かっこいい!!(安っぽい表現ですが…) 風格と美しさを兼ねそなえた、凛としたたたずまいのお城です。むすめは楽しんで中を散策してました^^

それからゆっくり風呂に入りたかったので、少し早めに旅館すぎもとへ。
温泉や貸切風呂、いろいろ楽しみましたが、中庭にも足湯があります(上の写真)。

ゆったり読書をするのに最高の場所でした。そして、足湯の横には氷の中に入れられたビールやシャンパン。なんとも宿泊者の気持ちをくすぐる演出です^^ (もちろんビール飲んでしまいました!!)




お風呂からあがったら、ちょうど店主さんが蕎麦打ち実演をする時間だったので、そちらものぞいてきました。誰もいらっしゃらずに店主さんとマンツーマンで蕎麦打ちについていろいろ教えてもらった時間はなんとも有意義でした。奥が深そうで、簡単にはいかないそば打ちですが、いつか自分でも打ってみたいと思いました(ちょっとだけ)。

夕食は信州らしさが出たコース料理。
野菜に川魚に馬肉に。〆はうんちくを聞きながら打っていただいた10割そば。


山菜のない夏の時期は、地元野菜のお浸しや粕漬けのお通し。
うりの粕漬けが食感もよくあっさりしつつコクがあって美味しかった。

新鮮な馬刺し。信州では赤身を主に馬刺しとしていただくと教えていただきました。
生姜醤油以外にも、「ウニ+わさび漬け」「唐辛子味噌+みょうが」という
新しい組み合わせもとても新鮮で美味しかったです。

かわいらしい器で、鮎のうるか焼き。お酒にぴったりでした。

香りのよい10割そば。しかもメッシュ24という粗いそば粉で作ってくれました。
そのまま、塩だけ、めんつゆで、という3段階の食べ比べをご教授いただきたので、
もちろんその通りにいただきました。香りも甘みも強く、とても美味しかった!!

この他にも「信州牛の鉄板焼き」「根曲がり竹の味噌漬け焼き」「蟹とじゅんさいの酢の物」「自家製豆腐」「イワナの昆布〆と馬刺しのお寿司」「蟹グラタン」「とうもろこしご飯」などなど。

ここには書ききれないほどのお料理の数々。すべてが手をかけて作ってあり、地のものを大切にされている姿勢も素晴らしいと感じました。

私のむすめは初めての馬刺しに大興奮(・д・川)
ひとりで何切れ食べたことか!! 6歳にして馬刺し好きになるとは…。
親の予想を超えて、旅館すぎもとの料理を一番堪能していたむすめでした(笑)

朝食も美味しかったし、お店の方のおもてなしの姿勢も素敵だったし、ぜひまた近いうちに(できれば違う食材の採れる季節に)また行きたいと、家族みんなで同じ気持ちになった素敵なお宿でした。
旅館すぎもとの公式サイトはこちら → http://ryokan-sugimoto.com/

明日か明後日には、松本の市街地で、いろいろお買い物をしたので、買ったものたちも紹介したいと思います!!

※身近な和食を見直すきっかけ作りができればと思います!ぜひクリックお願いします(^^)


↑このページのトップへ