月別アーカイブ / 2013年05月


しあわせの白ごはん、二杯目のAERAが今日発売です。
(ふつう連載は1回、2回と数えますが、ごはんと美味しいおかずたちなので、今回の連載は一杯、二杯と数えているんです^^)

今回は、前回が豚の生姜焼きだったので、『魚料理』です。
旬の初鰹をどんぶりにしたレシピですので、ぜひぜひ手にとって見てみてください!

そして、AERAのレシピをもし試していただけた方がいらっしゃったら、
ぜひ感想を聞かせてもらいたいです。
これからの連載や、レシピに活かしたいと思います。

前回の生姜焼きのレシピも、ブログに感想をいただきました!! ↓

初の生姜焼き、いい味付けに仕上がりました。特に、トミーさんの生姜焼きのタレは本当に美味しくて、生姜焼きを作った後に、タレだけもういちど作って、冷凍することにしました。 ~一部中略させていただき~ たまり醤油がないので濃口醤油で代用して、冷蔵庫に白ネギもなかったので省きましたが、それでも、完成したソースがすごく美味しい!ケチャップをちょっと入れるのに驚きましたが、これがプロのコツなんだろうと感じました。

感想いただけたsammyさん、本当にありがとうございます(^^)
ちょっとのケチャップがバランスを整えてくれると思っています。
(私個人も、生姜焼きのたれをすごく気に入っていて、もっと気軽に食べてもらえるよう、
いつか商品化できればなぁと密かに企んでいるくらいです)

今回の初鰹のどんぶりは、生姜焼きよりもトライしやすいレシピですので、
手に取っていただいた方はぜひお試しくださいね!


All Aboutでたけのこを使った味噌汁レシピをアップしました~。
なぜか子供に大人気。「味噌汁といったらたけのこっしょ!?」というくらい。

そろそろ孟宗竹のたけのこも、もう終わりですね。。
今年もたっぷり堪能させてもらいました(^^)

「たけのこと絹さや、わかめの味噌汁」のレシピ↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/417180/

ぜひ見てみてくださいね!

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)


立派な山椒の木にいっぱいの若い芽、つまるところの木の芽ちゃんたち。

和食には薬味が欠かせません。
あるのとないのとでは大違い。用意したい気持ちでいつも料理に望みます。

でも数ある薬味の中でいちばんやっかいなのが「木の芽」。
それはなぜかって??

値段が高いから!
料理にちょっと盛り付けたくても、5枚くらい入って1パック200円だったり…。

あの値段のおかげで、ぐっと我慢せざる負えないことが多いんですよね。。
それに、やはり木の芽ってスーパーであまり売れないから、
見るからに古いものたちも多いんです。ほんと木の芽は我慢してばかり(涙)。
春の料理の憂鬱なことの一つですよ。。。

なんていつも思ってたけど、めちゃくちゃうれしいことがありました!!

なんと、嫁の実家のお母さんが大きな大きな山椒の木をくれたんです(>_<)
私の胸の高さまである立派な山椒の木。


ほらほら木の芽も取り放題!!
幸せすぎます。。好きな時に好きなだけ、木の芽が使えるなんて。。
お母さん、大事にします。山椒の実もちゃんと収穫します。
ほんとうにありがとー!!

むかし白ごはん.comでアップした、木の芽の保存方法などもよかったら↓
http://www.sirogohan.com/kinome.html

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



白ごはん.comの「和パスタレシピ」。
たくさんアップしたので、ぜひ見てみてください!

パスタに関しては、プロではないですが、

わが家で食べている、“和の食材や調味料”を使った、
作りやすくて、家庭的な和風パスタを目指しました!

和パスタレシピ一覧ページからどうぞ。

アップしたことだけですが、ブログでまず紹介させていただきました!
よろしくお願いします(^^)

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



母の日が近いですね。
カーネーションが定番ですけど、わが家は花より団子。
食べ物を贈りたいと思っています。

でもそれだけでは何だか味気ないので、
結局いちばん喜ぶ「孫」の力を借りて、プレゼントを作ろう!ということになりました。

そこで先日のGWに行ったのが
岐阜県各務原市に最近オープンした「eumenes」という雑貨屋さん。

木工作家さん、キャンドル作家さん、二人で店を立ち上げ、
ワークショップもいろいろとやっています。
今回はうちのむすめでもできそうな「手作りキーリング」にしました。

まずは木を選びます。色や形がいろいろあります。

次に木に字を打ち込んでいきます。
むすめは何度か練習をしてから本番へ。
力加減にコツがいるようですが、5歳のむすめでもできました!

あとはくぼんだ字の中にペンキを入れて、
こすって掃除して、穴を開けたり、ヤスリでけずったり。

出来上がりはこんな感じ。
いろんな人にあげるから、ワークショップなのに大量生産(笑)

店内には木工の小物だけでなく、
可愛らしいキャンドルもたくさん。それからアンティークの雑貨も。

キーリングのワークショップ、一人700円で、1時間弱でできるそうです。
私たちは子供もいたし、大量に作ったので、1時間半かかりました(^^)
(ちなみに1個追加するたびに300円プラスでした)

このキーリング+お菓子でも母の日に贈ろうかな、と思っています。
ワークショップもこれから増やす予定だそうで、また行きたいなぁ。
→ eumenesさんのサイトも見てみてくださいね。

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)




遅くなってしまいましたが、坂ノ途中さんのお野菜をどうやって料理したかを
少し紹介させていただきたいと思います!!
(数日前に記事にしたのですが、坂ノ途中さんは京都の八百屋さんで、有機農業に就農する方たちを応援されている企業です↓ 詳しくは下記ブログ記事を見てみてください)
http://sirogohan.blogspot.jp/2013/05/blog-post.html


まずはいただいたお野菜たち
わさび菜、マスタードレッド、葉にんにくなどの珍しいお野菜も
セットしていただいたんですが、一緒に野菜の食べ方なども紹介している
資料を同封してくれているので、とてもわかりやすかったです!!

サラダセットとしてまとめてくれていた野菜たちがあったので、
さっそくサラダに。細かい葉の野菜たちは、ため水の中で洗うと汚れが
落ちやすいので、丁寧にふり洗いしてあげました(^^)
オリーブオイル、塩、酢、胡椒などシンプルなドレッシングで、
サラダセットをいただきました。わさび菜、ルッコラ、マスタードレッドなど
彩りもよく、野菜の個性が強いので一口一口が違う味がして面白いサラダでした。
小松菜と新たまねぎは味噌汁に。
新たまは甘みが強く、小松菜は同封の資料にあったとおり、
えぐみが少なく、柔らかめで、素直な味が美味しかったです!
かぶは皮ごとぬか漬けに。かなり浅漬けでいただきました。
しっかり甘いかぶで、浅めに漬けて正解でした(^^)
(ちなみに、うちのぬか床はぬかも無農薬のものを米屋からもらって作ってます!)
甘夏はもちろん皮もいただきます!
安心して皮も食べることができるのも、無農薬野菜のいいところですもんねっ
こんな出来上がりに。
よめの実家のみんなに食べてもらったら、絶賛でした(^ー^)

作った人と八百屋である坂ノ途中さんが、しっかりとした信頼関係を持っているので、
同封の野菜情報も丁寧でわかりやすいし、そういった資料も含め、
安心して野菜を美味しくいただくことができました。
(きっと電話やメールで聞いたらいろんなことを教えてくれるんだろうなぁ^^)
 
新規就農は難しいと私も耳にします。
有機農業はなおさら厳しい環境であるのも容易に想像がつきます。
そんな勇気ある生産者の方が続けて野菜を作れる、
そんな仕組みが必要だと思うので、ぜひ応援したいです。
また続けて購入させていただきたいと思います。
 

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)


↑このページのトップへ