和の薬味野菜で作る、和風なカルパッチョ
http://allabout.co.jp/gm/gc/417747/

All Aboutでアップしました!

白ごはん.comでは「和風〇〇」なレシピってほとんどやっていないのですが、
All Aboutでは、担当の編集の方と「いまこんな野菜が流行っています!」
「次はこんなレシピどうでしょう?!」、そんなことをやりとりさせていただきながら、
進めているので、私もいつも色々と勉強させてもらいながらレシピを考えています(^^)

薬味野菜、醤油、オリーブオイル、そして主役の鯛の刺身。
不思議と合うんですよね~。ぜひお試しください!!

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



白ごはん.comで掲載しているレシピの中でも、
私のまわりの人たちが、よく作ってくれているレシピを
ちょっと紹介したいと思います。
身内ランキング、ってとこですかね(^ー^)

それはどれも簡単なものが多いんです。
口頭でレシピを伝えて、あとは作れる、くらいのレシピ。
まずは3品紹介します!!

① 大根やかぶの皮のポン酢漬け

これは和食を作ると必ず出る皮の活用レシピ。
大根やかぶは特にたくさん出るから、とても助かります。皮が出た時に切っておいてポン酢に漬けるわけです。サラリーマン時代も周りで「トミー漬け」の愛称?で広まりました(^^)

切り方・保存方法・ポン酢の再利用などについてはレシピで↓
http://www.sirogohan.com/ponzuduke.html




② なすの煮物

これは茄子の美味しさにまず驚き、みんなレシピを知りたがってくれます。そして鉄玉子などの鉄製品を加えると、漆黒に近い紫色に仕上がるので、それもポイント高いようです。先日の“暮らし上手”の撮影でもちょっとだけ紹介したんですけど、撮影後の試食会でも大絶賛でした!!

なすの煮方もシンプルで難しくないので、ぜひレシピみてください↓
http://www.sirogohan.com/nasuwasureni.html



③ ピーマンの和え物

これは男性でも作れるし、酒の箸休めなんかにとても喜ばれます。私も何かにつけよく作っています。味付けを塩昆布に任せるから、とくにレシピということもないのですが、ピーマン、針しょうが、塩昆布の組み合わせがいいんですよね。

ピーマンの切り方も合わせて紹介しています↓
http://www.sirogohan.com/pi-man.html





※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



先日、ネットで作家さんの器を購入しました。
ネットって器を探すのにも便利だし、目的の作家さんの器も
扱いのあるいくつかのネットショップを渡り見て決めることもできますよね。

でも、実際に手に取って微妙な雰囲気を感じられない分、
「ちょっとイメージが違った!!」ってことも、これまで何度かありました。
でもそれは仕方のないことなんですよね。
ネットの画像だけで見るのと、触るのとでは違いがあるのは仕方ありません…。
実際に目で見て買うときも、同じ器を何個も並べて、
自然光の下ではどう見えて、蛍光灯の下ではどう見える…、
なんて細かい違いを比較して、自分の好みの器を決めるんですから。

それでも、ネットで購入する利点がいっぱいあるから購入するのですが、
その際、できるだけ写真を多く掲載してくださっているお店を中心に見るようにしています。

今回、実際に手元に届いたものも、イメージした通り(^^)
よかったぁ~、と一安心です。

ちなみに今回購入したのは、
『うつわと暮らしの道具 sizuku 』 さん。

清水なお子 さん、
稲村真耶 さん、
照井 壮 さん、
山本 泰三  さん、

4人の作家さんの器を購入しました。
sizukuさんでははじめてお買いものしたのですが、
器の種類はかなり豊富だと思います。
ネットで器を探したい、という方は、ぜひ見てみてくださいね。

私がよくネットで作家さんの器を見に行くのは、ほかに

『工芸店 ようび』 さん。
『暮らしのうつわ 花田』 さん。
『暮らすうつわ とうもん』 さん。
『うつわ ももふく』 さん。

などにチェックしにいくのが多いですね。

・自分の好みの作家さんが多くいらっしゃること。
・幅広い器が見れる(取り扱いのある作家さんが多い)こと。
・器を色々な角度で丁寧に撮影されていること。
 (料理が実際に盛られていればなおイメージがつきやすいです)

そういった点で見に行くところを決めていることが多いです(^^)
参考までに~。

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



先日よめと一緒に近所のモーニングに行ってきました。
こちら愛知県近郊での「モーニング」なる文化は、もう皆さんご存じだと思います。
コーヒー1杯の値段で、パンやらサラダやらがつくやつです。

でも最近は喫茶店じゃないところまで、
「モーニングはじめました!!」、なんて旗を掲げていたりするんです。

例えばこのインドカレー屋さん。
店員は全員インド人。カレーも本格派。
そのカレー、焼きたてのナン、その他サラダなど4点がついて、、、

モーニング価格 400円!!

すごいですよね。
こんなんだったら、朝カレーにもチャレンジしたくなっちゃいます。
コーヒーは喫茶店じゃないから、ドリップではないけれど、
ほんとに熱々の焼き立てのナンが出てくるし、なんだか朝から幸せでした(^^)

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)


虫が苦手な方、すいません(涙) この子も大きくなったらきれなアゲハ蝶になるはず…。

最近木の芽を料理に使うことが少なくなってきました。
あとはぬか床に入れるくらいかなぁ、なんて少しほっといたんですが、

『あれ?? なんか葉っぱの様子が昨日と違う…。』
と思って気づいた時には、見事に木の芽の穂先ばかり食べられていました。

その正体はこのアゲハ蝶の幼虫くん。
このブログやfacebookでも山椒の木のことを以前記事にしたところ、
「アゲハには気をつけて!」というコメントをたくさんいただきました。

きっと前から卵があったんでしょうね。そしてたくさん食べたのでしょう。
ずいぶんと立派な体になっています(笑)

子供の観察のために、昨日から家の中で飼っています。
上の写真も新鮮な木の芽の枝を、伸びてほしくないところのものだけを
ポキッと折ってあげてみたあとの様子。

やはり狙うは穂先のみ…。少しでもかたくなった木の芽には目もくれません(・д・川)
これ以上木の芽をエサとして差し出すのもなぁと思っていたら、
いっしょにおいてみた紫蘇の間引いたものを、これまでにない勢いで食べていました!!

紫蘇の葉の続くかぎり、育ててみようと思います。
もう少し大きくなったら山椒の木に戻してあげようかな。

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)




All Aboutで『新ごぼうとアスパラの炒め物』のレシピをアップしました!
http://allabout.co.jp/gm/gc/417239/

アスパラって、2~3mmくらいの薄めに切っても、
味が濃いからしっかり主張してくれます(^^)
(この炒め物は野菜の切り方がポイントです!)

ぜひお試しください~。

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)


いろいろあってしそがこんな姿に。しそを煮だしてやることは一つ!

だいぶん大きくなってきました。赤しそと青しそ。
ベランダ菜園で食べたいときにちょっと使えるうれしさ(^^)

今日は大きくなった紫蘇達の下に育っていた子供たちを
間引いてあげました。薬味として使ってあげるかぁ、なんて思って。

うちのむすめも手伝いたがったので、よしよし、
「樽の中に水ためて、しそ入れて土を落としといて~」と言ってお願いしたら、

ゴシゴシゴシ。。。
両手に力を入れて、柔らかな紫蘇の赤ちゃん達をもみ洗いしている(・д・川)

こんなにちっちゃな子供たちは、塩もみされたように繊維がつぶれてしまった…。

予定変更。これはしそジュースにするしかない!
赤しそと青しその混合しそジュース。

しそのいい香りが広がる。数分ほど煮だしてあげて。

ざるで濾す、と。少しの分量なら濾した後に砂糖やクエン酸いれても
簡単に溶けますからね。

子供が挑戦しそうにない食べ物はとにかく協力させる!
クエン酸を入れた瞬間にうっすら赤色になりました。
赤しその量が少ないから、こんなもんかな。

ストレートで飲むしそジュースの完成!
むすめは一口飲んだけど、もういらないって…(>_<)
まぁそれも仕方ないか。。

しそジュースって、実は青しそでも美味しく作れるんですよね。
だから赤しそ&青しその混合でストレートジュースにしちゃいました。
まだまだ紫蘇達はこれからもっと増えてきますからね。
今度は大葉味噌とかにするかなぁ。

しそジュースのレシピもよかったら↓
http://www.sirogohan.com/sisoju-su.html
http://www.sirogohan.com/sisoju-suaka.html

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)



しあわせの白ごはん、二杯目のAERAが今日発売です。
(ふつう連載は1回、2回と数えますが、ごはんと美味しいおかずたちなので、今回の連載は一杯、二杯と数えているんです^^)

今回は、前回が豚の生姜焼きだったので、『魚料理』です。
旬の初鰹をどんぶりにしたレシピですので、ぜひぜひ手にとって見てみてください!

そして、AERAのレシピをもし試していただけた方がいらっしゃったら、
ぜひ感想を聞かせてもらいたいです。
これからの連載や、レシピに活かしたいと思います。

前回の生姜焼きのレシピも、ブログに感想をいただきました!! ↓

初の生姜焼き、いい味付けに仕上がりました。特に、トミーさんの生姜焼きのタレは本当に美味しくて、生姜焼きを作った後に、タレだけもういちど作って、冷凍することにしました。 ~一部中略させていただき~ たまり醤油がないので濃口醤油で代用して、冷蔵庫に白ネギもなかったので省きましたが、それでも、完成したソースがすごく美味しい!ケチャップをちょっと入れるのに驚きましたが、これがプロのコツなんだろうと感じました。

感想いただけたsammyさん、本当にありがとうございます(^^)
ちょっとのケチャップがバランスを整えてくれると思っています。
(私個人も、生姜焼きのたれをすごく気に入っていて、もっと気軽に食べてもらえるよう、
いつか商品化できればなぁと密かに企んでいるくらいです)

今回の初鰹のどんぶりは、生姜焼きよりもトライしやすいレシピですので、
手に取っていただいた方はぜひお試しくださいね!


All Aboutでたけのこを使った味噌汁レシピをアップしました~。
なぜか子供に大人気。「味噌汁といったらたけのこっしょ!?」というくらい。

そろそろ孟宗竹のたけのこも、もう終わりですね。。
今年もたっぷり堪能させてもらいました(^^)

「たけのこと絹さや、わかめの味噌汁」のレシピ↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/417180/

ぜひ見てみてくださいね!

※クリックしていただけるとランキングが上がります。
たくさんの方に和食を見直して、実際に作ってもらいたいと思っています。
ぜひクリックお願いします(^^)


↑このページのトップへ