yamaimo11.JPG
先ほど、白ごはん.comに『山芋の磯部揚げ』レシピをアップしました!このレシピの紹介のあとに、『豚の角煮』のyoutube動画のこと、それから今週末予定している白ごはん.comストアの年に一回のキャンペーンのことについてもお知らせしたいと思います。

***

先日、山芋のふわふわ焼きをアップしました↓↓↓

それに引き続いての山芋レシピです(^^)/ 火を通すことで、もっちり食感となり、海苔の香ばしさも出てなかなかに好相性な組み合わせです。

◇山芋の磯部揚げ
https://www.sirogohan.com/recipe/yamaimoage/

このレシピは、山芋をすりおろして、海苔で包んで、さっと揚げる、そんな工程なのですが、シンプルなものでも作り慣れていないと、その工程の想像がつかなくて、作ろうという発想に行きつかなかったり、スーパーで買い物のときにその食材をスルーしちゃったりするかと思います。

yamaimo9.JPG
見てみたら、作ってみたら「思ったより簡単かも…」というものもあって、まさに山芋の磯部揚げはその部類のレシピじゃないかなぁ(揚げ物ですが…)と思います!

上のように、海苔ですりおろした山芋を包んで、170℃くらいの油で2分くらい揚げまっす!

yamaimo11.JPG
味付けは塩のみならお酒が進むような味付けに。好みで醤油にしてもOKです(^^♪ 山芋を見かけたらぜひトライしてみてください~。

yamaimo5638small.JPG

***

さて、続いては豚の角煮の動画です。



白ごはん.comでも、これから寒くなってくると人気のレシピで、圧力鍋を使わず、ただじっくり時間をかけて豚肉を下茹でしてから味付けをするという、ちょっと根気のいるレシピではありますが、かなり満足度の高い仕上がりになるんじゃないかと思います。

また、youtube動画をアップしたついでに、角煮を作ったときのラードの取り方のブログ記事を丁寧にまとめ直しました!ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。
https://lineblog.me/sirogohan/archives/67287135.html

***

最後に、今週末の22日、23日、24日の3日間、白ごはん.comストアでキャンペーンを行います。詳細は明日か明後日にでもブログでお知らせする予定です!

11月24日で白ごはん.comストアが2周年を迎えることができまして(しかも11いい、24にほんしょくの日!)、それに合わせていつもは24日だけなのですが、22&23日もキャンペーンを行いたいと思います。

売り切れとなっていた調理べらと鍋つかみも再入荷して、それに加えて新しく22日から発売予定の「オリジナルエプロン」も登場しますので、お楽しみに~!
https://shop.sirogohan.com/
 

kakunioil1.JPG
白ごはん.comの角煮レシピ、工程写真が多すぎて、ラードの取り方をきちんと紹介できなかったのでブログにまとめたいと思います。

◇白ごはん.comの『豚の角煮』
http://www.sirogohan.com/recipe/kakuni/

工程②の最後、味付け前の段階で、上にたまったラードをそっとすくい取ってください。上澄みだけをそっと取る感じです。

kakunioil2.JPG
どうしても、すくい取るときにゆで汁も一緒に入ってしまうため、取ったあとのラードは一度冷蔵庫で冷やします。

そうすると、ラード部分だけが白く固まり、ゆで汁が下にたまった状態となります↓↓↓
kakunioil4.JPG

(そのままにしておくとゆで汁が傷むため)ラードが固まったら上の白い部分だけを鍋に移して一度火にかけましょう。

kakunioil5.JPG
kakunioil6.JPG

水分は傷む原因ともなるので、脂を加熱して水分を軽く飛ばし、それから清潔な小瓶などに移してください。

kakunioil7small.JPG

水分はなくなって、ラードだけの状態となっているので、全体が白く固まります。

kakunioil6021small.JPG

それを炒め油の代わりに使うとよいです。

FGE8XVWLLb.JPG

ラードで炒めると、シンプルな野菜炒めでも食べ応えがしっかりと出てれます(ほんとに肉いらずです)

x1y0uos2Ht.JPG

これまでラードを使う経験ってそんなになかったのですが、お好み焼き屋さんとかでラード使ってパパッと炒め物出されたりすると、なんてことないキャベツやもやしの炒め物が「美味しい~!」ってなることを知ってからというもの、角煮を作る時はラードを取っておこうとなりました。

「キャベツだけのラード炒め(味噌味)」「もやしだけのラード炒め(塩味+ちょっとの醤油)」なども美味しいので、皆さんも角煮を作ることがあれば、ついでにラードをストックしてみてください~ チャーハンや焼きそばなど、豚肉やチャーシューを入れて美味しい料理にいろいろと使うといいですよ!

※保存期間は僕も「どのくらいかな⁇」と探りながらいつも使っています…(笑) たぶん1か月くらいは大丈夫だと思うのですが、うちでは冷蔵庫で2週間くらいで使いきっていますね(それ以上になる場合は、冷凍してもいいかと思います)。※ただ、ゆで汁の飛ばし方などでも変わってくるため、固まったラードの状態や香り、フライパンに入れて溶けたときの香りなどを見て、不安があれば使わないようにしてくださいね!

eringi6914.JPG
朝晩はだんだんと冷えてくるようになりましたね。先ほどツイートしたのですが、おでんなどのあったかい鍋ものが食べたくなる季節の到来を感じます~↓↓↓


ここで「じゃがいも派か、里芋派か、銀杏入れるのか」とかの、おでんの具の話をすると長くなりそうなのでいつかまた…と思います(^^)/

***

さて、今日は新しく白ごはんにアップした簡単なエリンギのおかずの紹介です。

◇エリンギのガーリック炒め
https://www.sirogohan.com/recipe/eringi2/

ぱっと作れる単品の炒め物にしては、食感もしっかり、食べ応えがあるのでなかなかオススメ。

僕はエリンギを炒めるとき、下のように『長さを半分に切ってから縦に4~5㎜幅に』切ることが多いです。こんなふうに平たく切ることで、軽く焼き色が付くくらい炒めたあとに食感がけっこう出てくれて、美味しいなと思います。

eringi2.JPG
味付けは醤油と塩のみ、仕上げに粗びき黒胡椒が合うので、たっぷりめにかけてみてください~

eringi8.JPG
◇白ごはん.comの『エリンギのガーリック炒め』
https://www.sirogohan.com/recipe/eringi2/

野菜は炒め物でも汁の具でも、切り方を変えると食感ががらりと変わって、料理自体の印象も大きく変わることがあるので、いつもとは違う切り方を試してみるのも面白いものだなぁと思います。

***

先日から白ごはん.comストアで、有機のお茶フェアトレードのコーヒーなどの取り扱いがスタートしました。購入くださった皆さん、ありがとうございます~。

みんなそうだよ、と言われるかもしれませんが、僕もご飯とお茶の時間にいつも助けられていると言いますか、仕事をしながらも「今日は何を食べよう」とか、「三時には今日は熱いほうじ茶でおやつをちょっと食べよう」とか、四六時中食べもののことばかりを考えて、そのことで元気をもらって毎日をつないでいっています。

自分が食べたい!って思えるものだったり、お気に入りのものが見つかると、それが楽しみになったりリラックスできたりするものになると思うので、白ごはんcomストアの取り扱っているオリジナルのだしブレンドやふりかけ、新しいお茶やコーヒー、おやつなどが、そんなものになると嬉しいです(^^)/
https://shop.sirogohan.com/
 

items202011.jpg
ストアにいくつか商品を追加したので、そのお知らせです。

これまで白ごはんcomストアでは、オリジナルのだしやふりかけなどを中心に販売してきましたが、せっかくWEBで買い物をしていただくなら、楽しんで選んだり、商品ページを見て面白く感じてもらえるような場所にしたいと前から考えてきました。

今回追加した商品は、僕が普段から飲んだり食べたりしている お茶やコーヒー、おやつ。
僕はお茶の時間にいつもとても助けられているので、ストアでもそういう休息の時間を楽しんでもらえるものが扱いたいと思っていたからです。どの商品に関しても、その生産や取り扱いについて詳しくお話を聞いた機会があるのですが、材料や製法など、強いこだわりを持たれています。

商品ページにしてはボリュームのあるものになっていますが、気になるものをページをぜひチェックしてみてください!

houji6399.JPG
『瑞芳園さんの有機ほうじ茶』
僕の家からもさほど遠くない岐阜県瑞浪市で、無農薬・無化学肥料で長年お茶づくりをされている瑞芳園さん。香ばしさの中にしっかりとしたうま味と甘みが感じられて、まろやかでバランスのよい味わいだと思います。僕も毎日のように飲んでるのですが、ほうじ茶には珍しく一番茶を使っているので、とにかくうま味がしっかりしていて、美味しいなぁと毎回感じています。
https://shop.sirogohan.com/product/houjicha


sencha5657.JPG
『瑞芳園さんの有機煎茶』
瑞芳園さんの煎茶、こちらもしっかりとしたうま味と甘みがあり、ほどよい渋みが感じられるバランス。まろやかですが、後味はすっきりとしています。うま味が強いのは、瑞芳園さんの茶園が寒暖差の大きな標高約400mの山間部に広がっていることが大きいらしいです。
https://shop.sirogohan.com/product/sencha

sencha6588.JPG
お茶に合わせてほしいなと思い、商品をいっしょに開発してくれている、岐阜の山本佐太郎商店さんが、和菓子職人まっちんと作り上げてきた「大地のおやつ」シリーズのお菓子も取り扱わせていただけることになりました!

sencha6664.JPG
『大地のかりんとう(黒糖)』
このかりんとうは、北海道産石臼挽き小麦全粒粉、平飼いの卵、沖縄県産の黒糖などを使用し、揚げ油は国産米油で手揚げされています。黒糖が強すぎず弱すぎず、かりんとう自体の味わいのバランスとちょうどいい加減に仕上がっていて、クセになる美味しさがあると思います。
https://shop.sirogohan.com/product/karintoukokutou

karikoku6672.JPG
やさしい味わいでいて、素材感しっかり。かりんとうはちょうどいい食べ応えの太さもいいなと思います。

coffeede6111.JPG
『フェアビーンズさんのカフェインレスコーヒー』
名古屋でフェアトレード&オーガニックのコーヒーを 輸入・焙煎・販売されているフェアビーンズさん。わが家ではとにかくコーヒーの消費が多めなので、普通のコーヒーとカフェインレス(ディカフェ)コーヒーを常備して、交互に淹れたり、時間帯によってカフェインレスを選んだりして楽しんでいます。カフェインレスコーヒーは、フェアビーンズさんのものがほんとに好きな味わいで定番で飲んでいます。
https://shop.sirogohan.com/product/coffeede

coffeede6028.JPG

『フェアビーンズさんのアーモンドチョコ』
添加物なしのチョコレートは粘度が高くコーティングに手間がかかるそうなのですが、乳化剤や油脂などを添加しないチョコレートの素直な美味しさを、有機アーモンドとコラボレーションさせたいとこだわって作られたものです。食べたときの香りと口どけの良さ、全体的なやさしい味わいが本当にすばらしい!
https://shop.sirogohan.com/product/cacao55

55choko6167.JPG
55choko6060.JPG
フェアビーンズさんの商品は、アーモンドチョコはカカオの割合が異なるもの、コーヒーではカフェインレスではない、いちばん人気のコーヒーなども取り扱っています↓↓↓
https://shop.sirogohan.com/product/coffeesuma

sanji6696.JPG
『3じのビスケット』
大地のおやつシリーズの中でも、いちばんうちでよく食べているのが、この「3じのビスケット」だと思います。小麦粉ふすま入りだから生地の風味は強く、あっさりとした米油で揚げているので仕上がりは軽やか!
https://shop.sirogohan.com/product/sanji

ざざっと新しく追加した商品を紹介しました。気になるものがあれば、ぜひチェックしてみてください~。

***

僕もふりかけやだしブレンドを開発したとき、自分の名前を添えて商品を送り出すということの緊張感は想像より大きいものでしたし、逆風のように感じることが起こる中で、とにかく自分のやりたいことをすごく考えさせられた経験があります。なので、今回追加する商品を作られている方々のように、自分が良いと思うものを作って世の中に送り出すことを、真剣に、自分で受け止めて仕事をされている方に共感します。

とはいえ、一番の目標は、僕自身が素直に好きだと思えるものを楽しんで紹介していくことなので、みなさんも気軽にお買い物を楽しんでいただけたらうれしいです!
https://shop.sirogohan.com/

abokadomix.JPG
先週の土日に公開されたインタビューの記事、いろんな方から感想やコメントをいただけて!一つ一つ、読ませていただいております~。
実は、白央さんとのインタビューの中で、
リクエストで、最近人気の野菜を使ったものを入れてほしい、という声もわりにありますから、たまに入れることはあります。 アボカドなどは、とてもよくサイト内検索されるんですが、白ごはん.comではやってなくて。やったほうがいいのかな(笑)。
と、レシピで使う調味料や食材について話をしているとき、こんなやりとりがありました。

記事のチェックをさせていただいたときに、「あ、ぼそっと言ったアボカドのことを残してもらえたんだww」と気づいて、これを機に白ごはん.comでもアボカド料理を1品やってみよう!と思ったのでした。

***

せっかくなので、アボカドの切り方をはじめに少し丁寧に紹介して、その後に簡単なレシピをまとめています。

◇白ごはん.comの『アボカドの切り方と簡単料理』
https://sirogohan.com/recipe/abokado/

abokado2.JPG
くるりと切り込みを入れて、種を取ったら皮ごとくし切りにして。

abokado7.JPG
手で皮をむいたらお皿に盛り付けて(くし切りの形のままのほうが、盛り付けが難しくなくて様になりやすい!)、レモンをしぼります。

abokado12.JPG
そこにかつお節とあれば刻みねぎをちらし、食べる時に醤油をひとたらし!これで完成です(^^♪

abokado13.JPG
なんてことない料理ですが、和の要素とも相性のよいアボカドならではの簡単な食べ方だと思います。

◇白ごはん.comのアボカド料理ぜひお試しくださいね~
https://sirogohan.com/recipe/abokado/

abokado5932.JPG

***

白ごはん.comストアからのお知らせです。明後日の金曜日のお昼くらいから、僕が普段家で飲んでいる「お茶」「コーヒー」に加え、ちょっとした「おやつ」などをアイテムとして追加する予定です。

いま絶賛紹介ページを製作中!お楽しみに~
https://shop.sirogohan.com/

***

レシピ後記:アボカドって昔はたくさん食べていたんです。いまから20年前くらいまでは…。妻と大学生だったころ、ふたりでよく料理を作っていて、このレシピのようにシンプルに食べたり、アボカド&海老、アボカド&マグロといったように、しょっちゅう食べていました。

ただ、ある日突然、前回までめちゃくちゃ喜んでアボカドを食べていた妻が「もうわたしアボカドむり!」と言い出し(食べ過ぎて嫌いになったらしい)、その日からアボカドを家で使わなくなりました(笑)

仕事で4~5回アボカドを使ったレシピをやりましたが、家族はまったく喜んでくれない…だから白ごはん.comにもレシピがなかった…というわけです。

でも、20年ぶりくらいにこの撮影のときにアボカドを食べた妻が「けっこう美味しいじゃん」と言っていたので、もしかしたら新しいアボカドレシピも、これから白ごはん.comに増やすことができるかも⁉と思いましたwww どうなることやらですが…。

5VJAKIATlp.jpg
ブログ自体もひさびさの投稿となりました。

今月は白ごはん.comストアで、オリジナル商品をはじめ、オリジナルではないけれどおすすめしたい新しい商品をいくつか追加する予定で、その撮影やページ作りで…ただいまブログや白ごはん.comのレシピ公開も滞ってます…。

そんな中、インタビュー記事が昨日,今日と公開になりました。前編と後編に分かれている、けっこうボリュームのあるものになっています。

僕の食歴や経歴をはじめ、白ごはん.comの運営やレシピを作るときに気を付けていること、これから展望などなど、フードライターの白央さんに愛知の事務所まで来ていただいて、記事にしていただいています。

◇インタビュー記事の前半はこちらから
◇インタビュー記事の後半はこちらから

自分のことを話すこと自体に少し苦手意識があるので、自分が得意というか、時間をかけても苦にならない“レシピを作ってサイトで公開する”ことを頑張ろうと、普段は白ごはん.comのことばかりをやっているのですが、白央さんに本当に丁寧にまとめていただけたので、インタビューを受けて良かったと思っています(^^♪

時間があるときに、ぜひ読んでみてくださいね! 

matome1.jpg

10月24日は月に一回のフシの日、【白ごはん.comストアの特売デイ】です!

『和風カレーふりかけ』『無添加ふりかけ』、バラ売りのものがどちらも10%OFF 対象にはじめてなってます。

●長らく在庫切れとなっていた白ごはん.comの『鍋つかみ』『調理べら大・小』も入荷します(※)

◇白ごはん.comストア◇
https://shop.sirogohan.com/

※鍋つかみと調理べらは今日の12時に在庫をアップする予定です。

***

白ごはん.comがオリジナルで作っている『こし袋』も、実は24日には10%OFFの対象になっています(他の雑貨類は作家さんの手作り品なので割引にはできないのでご了承ください…)

ocha.JPG
だしを取るときに使ったり、上のようにお茶を煮出すときに使ったり。

これから寒くなる季節には、だし汁も温かいお茶も、出番が増えてくるかと思いますので、もし使い捨てのお茶パックを毎回使っているという方がいらっしゃったら(洗う手間はどうしても出てきますが)、繰り返し使えるエコなこし袋もぜひ検討ください。

日本製の無漂白・無蛍光さらしを使って作ったもので、袋の部分、紐の部分も大きすぎたり太すぎると無駄に汁気を吸ってしまうことになるため、白ごはん.comのこし袋は12㎝四方の小ぶりなサイズで、紐も細めのものにしています。

◇白ごはん.comのこし袋◇
https://shop.sirogohan.com/product/koshibukuro


***

また、僕が長年愛用しているものを、作家さんにお願いして、デザインをオリジナルにしてもらったり、形状をちょっとこだわって作ってもらったりしているのが、『鍋つかみ』『調理べら』です。

どちらも作家さんがお一人で手作りされていて(もちろん他にも制作されているものがあるため)、毎月の入荷数は少ないから、すぐにたいてい売り切れになってしまうのですが...今月はフシの日に合わせて、今日の12時にアップ在庫アップ予定です。

少量でも毎月作っていただける予定なので、売り切れていた場合は申し訳ないですが気長に来月見てみるか、、と思っていただけたらと思います(>_<)

nabe10_kuro1399.JPG
◇白ごはん.comの鍋つかみ◇
https://shop.sirogohan.com/product/nabetukami1


hera_2_3674.JPG
◇白ごはん.comの調理べら大◇
https://shop.sirogohan.com/product/heradai


◇白ごはん.comの調理べら小◇
https://shop.sirogohan.com/product/herashou


***

来月の11/24は、語呂合わせも「フシの日」だけにとどまらず、「いいにほんしょく(1124)の日」でもあり、白ごはん.comストアの2周年記念の日でもあります。この日にめがけて、いろいろ準備しているので、ぜひこちらもお楽しみに~(^^♪
 

kamaboko57762.JPG
火を使わない、材料の代用がいろいろきく、短時間で作れる!

そんないいところ尽くめな、『かまぼこサンド』

普段使いのおつまみとして、知っておくとものすごく使えるレシピだと思います。

白ごはん.comでは4種類のバリエーションをまとめてみました。

◇『かまぼこサンド』のレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/kamaboko/


kamaboko1.JPG
材料は何を使うかといいますと…【かまぼこ、きゅうり、大葉】などを用意して、そこに【梅干し、かつお節、わさび、イクラ】などの塩気や薬味的要素の強いものを組み合わせます。

kamaboko15.JPG
例えば↑↑↑これは、大葉、きゅうり、梅肉の組み合わせ。

 kamaboko19.JPG
他にも、これは↑↑↑おかか醤油にきゅうりをサンドして、わさびをピリリときかせるものもあります。

kamaboko16.JPG
ちょっと贅沢に、こんな風に↑↑↑イクラの醤油漬けを挟んでも見た目が華やかに仕上がります(これはおもてなしやパーティーにもぴったりかと)

kamaboko21.JPG
最後の4つ目は、番外編として、僕の故郷、山口県下関市が名産の『瓶詰めうに(アルコール漬け)』を使ったものも紹介しています(^^♪

***

好きな具材の組み合わせ1種でもいいし、2~3種類作って選びながら食べるのも楽しいし。なかなかおすすめなおつまみレシピかと!

kamaboko57762.JPG
具材が数種類あれば、お皿にたくさん並べても、様になるのでおすすめです↓↓↓

kamaboko5765.JPG
◇白ごはん.comの『かまぼこサンド』、ぜひお試しください~
https://www.sirogohan.com/recipe/kamaboko/

***

白ごはん.comストアからのお知らせです。毎月24日はフシの日キャンペーンということで、深夜23日24:00~24日0:00まで、一部の商品を除き10%OFFとなりますので、この機会にぜひお試しください~
https://shop.sirogohan.com/

また、現在売り切れになっている、作家さんに作っていただいている白ごはん.comオリジナル商品『鍋つかみ』と『調理べら』ですが、明日の12時ごろに入荷予定となっていますので、気になる方はぜひその時間帯にもチェックしてみてください(10月は少なめなので、売り切れてしまうかもしれませんが、11月にはたくさん入荷できる予定です)

◇一つ一つ手作りの裂き布織り『鍋つかみ』
https://shop.sirogohan.com/product/nabetukami1

◇繊細な動きができ、かつ丈夫な『調理べら』
https://shop.sirogohan.com/product/heradai

***

昨日の山芋のふわふわ焼きが思った以上にSNSで好評で、「それならば、同じ居酒屋系レシピ(だと個人的には思っている)かまぼこサンドも急いでアップしよう!」と、今日写真整理をして、加工して、レシピとしてまとめました(^^)/ 山芋のふわふわ焼きと合わせて、ぜひ週末におうち居酒屋を開催してみてくださいね!


yamaimo5870.JPG
お家で居酒屋っぽい料理を(できるだけ簡単なものばかりをピックアップして)、ばらばらと作って、なんなら作りながらでも、お酒といっしょに楽しむっていうのも、週末のイベントとしてけっこう楽しいものだと思っています。

白ごはん.comで言えば、ピリ辛たたききゅうり』『やみつきキャベツ』『トマトサラダ』『コーンバター、このあたりが比較的作りやすいもので、ここにポテサラ』『春雨サラダ』『マカロニサラダなどの翌日以降も楽しめる常備菜的なサラダ類、唐揚げ』『フライドポテト』『カルパッチョなどの揚げ物や刺身類を取り合わせれば(もちろん刺身は買ってくるだけでもいいんですけど)、いろいろ楽しくて最高じゃないかと思います。

前置きが長くなってしまいましたが…、そんなお家で居酒屋風料理を楽しむときにけっこういいのが『山芋のふわふわ焼き』です。居酒屋で”鉄板焼き”スタイルで出てくるところもありますが、家で作るならフライパンでまとめてガッと作るのがいいかと思います。

白ごはん.comの『山芋のふわふわ焼き』
https://www.sirogohan.com/recipe/yamaimoyaki/

***

作り方ですが、山芋の皮をむいてすりおろして、卵、酒、しょうゆを加えてよく混ぜます。

yamaimo22.JPG
それをフライパンに流し入れて、蓋をして弱火でじっくり焼いて、裏返せるようになれば裏返し、反対側をさっと焼いて出来上がり!

yamaimo29.JPG
食べる時は、こってりお好み焼きソースでもいいんですけど、僕のおすすめは『かつお節&ポン酢しょうゆ』です。さっぱりかつ箸が進む美味しさに(^^♪

yamaimo31.JPG
好みで刻みねぎや青のりなんかを合わせて、箸で切ってマヨネーズ付けていただきましょう! 

yamaimo5884.JPG

白ごはん.comの『山芋のふわふわ焼き』
https://www.sirogohan.com/recipe/yamaimoyaki/

ぜひお試しくださいね~

↑このページのトップへ