nagatuki2577.jpg

みなさんこんにちは~。クリスマスも終わって大みそかへのカウントダウンがはじまりましたねー。

さて、年末年始は鍋料理にお雑煮と、だし汁の出番も多い時期。白ごはん.comのだしブレンドは、一番だしと二番だしの中間のような味わいなので、香りもふくよかで、しっかりと素材の旨みも楽しんでもらえると思います。 年末年始の白ごはん通販サイトの出荷に関しては以下の通り!

【あさって12/28(金)の注文分まで年内出荷可能】
【白ごはん.com通販ページ→https://shop.sirogohan.com/

なので、大みそかの年越しそばや、30~31日に仕込むおせち、年始のお雑煮にも間に合いますので、ぜひこの機会にだしブレンドをお試しください~。

いつもよりちょっと贅沢な濃さでだし取りをしてみるのもいいかもしれませんね!



さて、今日は岐阜の「長月」さんへ行ってきました~(上の写真は長月さんの売り場です^^)

だしブレンドを実際に手に取ってくださる皆さんの声を少しでも聞けたらと、オーナーさんにいろいろと話を伺ってきました。

なんと!案外「白ごはん.com」の商品だってことが伝わってない?!裏面の「だしがらマヨトースト」はやっぱり引きがある!などなど、いろんな声を聞くことができてめちゃめちゃ参考になりました(長月さんありがとうございます!)

今週は名古屋の「sahan」さんにも伺いました。岐阜の長月さんもそうですが、どちらのお店も僕が何年も前から個人的にお買い物をさせてもらっていた雑貨屋さんなので、こだわりのあるそういったお店で「だしブレンド」を扱ってもらえているのは嬉しいですね。

◎岐阜の長月さんのサイト http://nagatsuki.life/
◎名古屋のsahanさんのサイト http://www.sahan.jp/

*いまのところの僕の勝手な願望なんですが、来年はもう1~2品くらいオリジナル商品を作ってみたいと思っていて、実際の雑貨店さんの声をこれからもたくさん聞きたいと思っています~

karimisosiru8148.JPG
先日、畑をしている義父から顔の大きさほどもある、巨大なカリフラワーをもらいました。「勝手に大きく育っちゃったけどおいしいよー」とのこと。

大味かと思いきや、確かにちゃんと美味しい(笑)

その時に一緒にもらったのが小松菜や青ねぎだったのですが、みそ汁の中に入っている味をイメージすると、カリフラワー×ねぎ よりも カリフラワー×小松菜 のほうがなんだか美味しいそうだなと(^^)/

そこで、冷蔵庫に余っていた蒸し大豆も加え、3種の具材でお味噌汁にしてみました。
https://www.sirogohan.com/recipe/karimisosiru/

karimisosiru1.JPG

カリフラワーも小松菜も、食べやすく切って、カリフラワーだけ先に火を通し、時間差で小松菜などを加えます。すべての野菜がくったりとするくらいじっくり火を通して味噌を溶き入れます。

karimisosiru7.JPG

カリフラワーからも風味が出て、みそ汁がなんとも美味しい!もちろん具としても、ほっこりとしていて何とも冬らしい味わいに。

機会があればぜひカリフラワーのお味噌汁、試してみてください
https://www.sirogohan.com/recipe/karimisosiru/


*白ごはん.comの「だしブレンド」も絶賛発売中です!「だしこし袋」も年末忙しい中、おばちゃんたちが作ってくれたので(手縫いなんです!)、少しだけですが在庫ありの状態に戻りました。ほんとにありがたい…。
https://shop.sirogohan.com/

pakke-jinomi.JPG

taduna7962.JPG
料理の工程や、味つけに入れる調味料、それら一つ一つには何かしらの意味があるもので、この手綱こんにゃくも「まさにそのとおり!」と、納得もので、いつも感心させられます。


一見めんどうくさそうで、ただの飾りっぽいこの手綱こんにゃく。

でも、実はそんなに難しくないし、手綱にすることで「味のしみ込みがよくなる」「見た目がよくなる」「食べ応えが出る」と思うわけです。(3番目の食べ応えに関しては、手綱にしたほうがそしゃく回数が多くなって同じ量でもボリュームが出ると個人的に感じています!)


今回アップしたのは…

手綱こんにゃくの作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/taduna/

手綱こんにゃくの煮物の作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/tadunanimono/


はじめての方はぜひ「手綱こんにゃくの作り方」からチェックしてみてください。このブログ記事でもざっと手綱こんにゃくダイジェストを↓↓↓

下のように平らに切ったこんにゃくの中央に切り込みを入れて、

taduna3.JPG


くるりと巻き込んで端を穴に入れるわけです。

taduna5.JPG

端を引っ張ると、手綱こんにゃくの完成!

taduna7.JPG

今月末に作る人もいるかなーと思って、おせちに入れてもいいような、手綱こんにゃくの煮物も合わせてアップしておきました~

tadunanimono9.JPG

手綱にすることで、ほんとうに、味のしみ込みがよくなってくれるので、ぜひ一度おためしくださいね~。

tadunanimono8041.JPG


それから最後に、

これからぶりあらなどがスーパーによく出て、白ごはん.comの「ぶり大根」のレシピも活躍できる時期になるのですが、それに合わせて、youtubeで「ぶりあらの霜降りのやり方」を動画でまとめました。参考になりましたら~!




*白ごはん.comの「だしブレンド」も絶賛発売中です!だしこし袋は追加で作った300個がすぐに売り切れてしまったので、来週以降になってしまいますが、だしブレンドは在庫が安定してきました~
https://shop.sirogohan.com/

pakke-jinomi.JPG

LAgKpEjLBF.JPG
一週間ほど切らしていた「だしブレンド」と「だしこし袋」を急ピッチで作ってもらって、きょうから再販となったわけですが、そういえば、だしこし袋について、なんで作ったかなどをもう少し詳しく書きたいと思っていたので、このブログに書こうかと思います。


だしブレンドの通販ページはこちら
https://shop.sirogohan.com/

捨てなくていい選択肢をだしこし袋で作りたい、というページでも、だしこし袋のことを書いていますが↓↓↓そこで書ききれなったことを下にまとめようかと。
https://shop.sirogohan.com/shop/kodawari4


0NSQ42mO_m.JPG
上のものが白ごはん.comで作った「だしこし袋」。実は、だしブレンドを試作している時から「だしこし袋」をオリジナルで作ろうと思っていました。

理由はいくつかあって、、下にまとめますと、

① 自分が前々から「だしこし袋」を使っていて、便利だと感じていたから。

② ①で使っていたものも含め、市販のだしこし袋はどれも大きめで、家で使うのにちょうどよいと思えるサイズを作っているところがなかったから。

③ だしこし袋と言いつつも、市販のお茶パックの代わりにもなるので、②のように「家で使うのにちょうどいい!」ってサイズのものができると、だし取り、お茶の煮出しなどいろんなニーズがあると思ったから。

④ だし取り後にだしがらも料理に使ってもらいたいので、少量のだし取りでもだしがらを取り出しやすい大きさにしたかった。結局そうするとオリジナルのものを作るしかなかったから。

などがあります。

サイズは12×12.5㎝で、日本製の無漂白・無蛍光さらしを使っています。作ってくれているところは、30年以上もだしこし袋を製作・販売している日本のメーカーさんです。


kodawari4_6960small.JPG
だし取りであれば、こんなふうに↑↑↑ こんなふうに↓↓↓ 使います。

yamdmbYHGs.JPG
自分で「だしこし袋」とネーミングしておいて言うのもなんなのですが、だし取りだけじゃなくて、普通にお茶をやかんで煮出すのに市販のお茶パックを使っている人にもおすすめしたいものになりました。

ちなみにですが、うちはだし取り用とお茶煮出し用の2つを使っています。もちろん、じか入れしてざるで濾すこともありますが、洗い物を少なくしたいとき、パッと作業に移りたいときなどがあるので、だしこし袋を洗ってしっかり乾燥させた後、時間のあるときに素材を袋に入れて冷凍庫保管しておくこともあります。お茶も、みそ汁用にだけ取りたいときのだしの量も、うちではいつも決まっているので、そんな使い方もできると思います。

一つ、注意が必要なのは、だし取り用とお茶を煮出す用を1つの袋で使いまわすと、それぞれの風味が袋に残って、煮出した後に香り移りがあることがあるので、そこだけ気を付けてください。そのあたりのことも裏面の取り扱い説明の欄にまとめています。


白ごはん.comのだしブレンドの通販ページでも、商品の裏面を大きく拡大して見れるようにしていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
https://shop.sirogohan.com/


それから、だしブレンドのだしがらを使った「ふりかけ」の作り方も動画にしましたので参考に!



sukiyaki7889.JPG
今日から寒さが本格的になりましたねー。12月に入って寒さも深まり、鍋をかこむ季節の到来!といった感じですね。こたつも出したので、うちは準備万端ととのいました(笑)

白ごはん.comでもぼちぼち鍋レシピをアップしてまして、先月アップした「ごま豆乳鍋」はSNSでも作ってくれている方が多くて、ひとり、「他の鍋レシピも早くアップせねば!」と思っておりました。

そして、さきほど、以前からたくさんリクエストをいただいていた「すき焼き」のレシピ、冨田家流の作り方ですが、白ごはん.comにアップできました(^^)/

◎白ごはん.comの「すき焼き」
https://www.sirogohan.com/recipe/sukiyaki/

せっかくなので、以前の鍋レシピも…
◎白ごはん.comの「ごま豆乳鍋」
https://www.sirogohan.com/recipe/gomatounyuu/


sukiyaki9.JPG
うちは割り下を作って煮るタイプの関東風。私と妻、それぞれの実家でも割り下を使うすき焼きだったので、自然とこのやり方です。

具材に関していえば、長ねぎと玉ねぎを両方入れることだったり、絹さやは入れたい!とか、ちょっとしたこだわりもあります。ページでは具材の下ごしらえのことも詳しく紹介しています!


sukiyaki16.JPG
12月は鍋の回数多いと思うのですが、年末年始にちょっといいお肉を使って贅沢すき焼きってご家庭もあるかと思います。そのときの参考に少しでもなれば嬉しいです。


sukiyaki18.JPG

割り下を手作りするときのレシピもはじめに載せてますので、見てみてくださいねー!

白ごはん.comの「すき焼き」レシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/sukiyaki/

こんばんは。冨田ただすけです。

最近のさまざまな大きな出来事のわりに、まったくブログをアップできてませんでした…。ほんとに反省。

今日はちょっと、最近の出来事ダイジェスト版でお送りします!


【11月30日】
Twitterで「なにやら冨田ってヤツのLINEアカウントが便利らしいぞ」とバズってました。何万という方にいいねやRTをしてもらったのが嬉しい反面、いろんな反応があって、「冨田ただすけ=白ごはん.comって知らんかった!」という人がけっこう多かった…笑。自分の情報発信がいまのやり方でいいんかなーとちょっと考えるきっかけにもなりました。





【12月1日】
scope201812.JPG

今月のscopeさんの、旬、シュ瞬!連載、『水菜と豚ばらの蒸しポン酢』がアップされました!!
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9602

僕の料理人時代の頃の思い出と、水菜を使った手軽な蒸し料理をセットで紹介させていただきました~。蒸籠蒸しでもできちゃうし、手軽にフライパンで作るやり方も、合わせて紹介していますので、ぜひご覧ください。



【12月2日】
top_7304small.JPG

11月24日から発売した「だしブレンド」ですが、予想を上回って皆さんに手に取っていただけて12/2に完売…今週1週間は在庫がすべてない状態となってしまいました。ほんとにびっくり。もっと細々とお客さんの元へ~というイメージだったのですが、予想を反しての嬉しい出来事でした。

そしていま、来週12/10(月)から再販を行えるよう急ピッチで作っております。再販の詳しい日時は追ってお知らせいたしますので、こちらもよろしくお願いします!

SNSではこのだしがらを使って作った料理写真もたくさん見ることができて、それを見ながら夜お酒を飲んでいます(笑)
https://shop.sirogohan.com/


【12月3日】


こちらはインスタにアップした写真なんですが、僕の新しい事務所です。今日、電気にガスにいろいろと通って使えるようになりました。

といっても、実際に稼働するのは半年後くらいのイメージで、通常のお仕事をこれまで使っていた事務所で行いつつ、新しい事務所用の家電や家具をじっくり探して、ゆっくりと引っ越しをするつもりです。

今度はかなり広いから、いつか人を呼んで何かできたらいいなーくらいに思っています!


他にも、レシピやインタビュー記事など、いつもよりも多めな公開が続いておりますので、それらはまた改めてまとめたいと思います。

よろしくお願いします~

okonomiyaki5047.JPG

今日はふつうのレシピのアップです(笑) 

このレシピは、「最小限の材料で作る麻婆豆腐」と同じような考え方で、定番のものをとことんシンプルにしつつ、ちゃんと美味しくしたいと思ってレシピにしました(^^)/


白ごはん.comの「1枚分から作る簡単お好み焼き」
https://www.sirogohan.com/recipe/okonomiyaki/


そんな考えなので、お好み焼ですが、豚肉ナシ、魚介類ナシ。入れるものはキャベツと紅しょうがくらい。紅しょうがだってなければ入れなくたっていいです。そんなおやつ感覚でぱっと作れるレシピにしています。

okonomiyaki3.JPG

1枚分をぱっと作って、お昼ごはんなんかにもいいと思います。卵と水、具材の割合をいろいろ試してみたら、しっとり食べやすい仕上がりになりました!


okonomiyaki18.JPG

*せっかくなので、やってみたところ、白ごはん.comで発売した「だしブレンド」のだしがらを入れても美味しかったので、そのレシピも併記しています!

ぜひぜひお試しください~

白ごはん.comの「1枚分から作る簡単お好み焼き」
https://www.sirogohan.com/recipe/okonomiyaki/

dasiblendblog1.JPG

きょうは和食の日なんです。いい(11)にほんしょく(24)の日、だそうです!

そして、昨日このブログで告知したとおり、白ごはん.comの通販ページを無事にオープンすることができました~
https://shop.sirogohan.com/


はじめての「だしブレンド」というだし取り商品を取り扱っているわけですが、だしブレンドは、素材も、商品のコンセプトも、けっこうこだわって作りました。

なんと言っても、「だしが美味しく、だしがらも食べやすく美味しい」ということを目指して作ったので、いろんなかつお節メーカーを渡り歩き、2年以上かかってようやく商品化となったんです。

dasiblendblog2.JPG

ちなみに、だしブレンドの素材は、かつお節、羅臼昆布、あご、干し椎茸の4つの天然素材だけでできています。それを下の写真ように、細かく粉砕してブレンドしたわけです↓↓↓


dasiblendblog3.JPG

なんでこの形状にしたかというと、粉っぽくしすぎると、だしを取る時には雑味が出やすく、だしがらを食べるときには粉っぽっくて美味しくない。これ以上大きすぎると、特にかつお節がごわごわして食べづらい。そんなところで、この形状。


dasiblendblog4.JPG

だしがらを捨てずに食べるっていう提案をしたかったので、せっかくなら包材さえもなくしてしまって、それを使い捨てのものから、くり返し使えるものに置き換える選択肢があるといいなと思って、同時にだしこし袋も作りました。

だしがらを食べるって、簡単に文字にかけるし、だしパックやかつお節などのパッケージにもよく書いてあるのですが、毎回活用するってすごく大変なことだし、工夫が必要なことだと思っていました。

そのことにちゃんと向き合って、情報発信をしている商品ってまったくなかったので、そんな商品を作りたいと思っていました。ぜひ一度サイトもチェックしてみてください!

*白ごはん.comの「だしブレンド」
https://shop.sirogohan.com/

きょうは和食の日なので、和食のこと、だし取りのことを少しでも考えるきっかけにもなればと思います!

dasiblend1.JPG

皆さんこんばんは。

告知してからなかなか実物をお見せできるタイミングがとれなかった、白ごはん.comはじめてのオリジナル商品。実は明日、11月24日に発売となります!

食文化の継承であったり、和食の良さを再認識してもらえるようにと、11月24日は「和食の日」(いい日本食の日)に制定されていて、そういえば、白ごはん.com自体も、和食をもっと広めたい、作る機会をサイトを通じて増やしたい!そう思って10年前にスタートさせたな、と原点回帰の気持ちも込めて、11月24日に商品を発売することにしました。

その商品の名前は『だしブレンド』。

これまで、日本料理屋さん、食品加工メーカー、お惣菜屋さん、そしていまは料理研究家として、さまざまな食の仕事に携わってきた経験を、何か形にできないか、自分だからこそ作れるものがないかと、試行錯誤する中で生まれた商品で、だし取り専用の商品なんだけど、普通の「だしパック」とはまったく違うコンセプトのものになります。

明日の朝には、白ごはん.comの通販ページがオープンしたり、この商品の素材について、使い方について、いろいろな情報をまとめたページも公開できるのですが、一足先に紹介動画だけここにアップしたいと思います!ぜひご覧ください↓↓↓



また、通販ページがオープンになれば、全国の取扱店さんの一覧など、いろいろな情報も解禁できますので、改めて明日11月24日にブログにて「だしブレンド」のことをまとめたいと思います~

よろしくお願いします~!

*またtwitterなどのSNSでもお知らせ&募集をしますが、食関係のお仕事をされている方であったり、雑貨店で並べることを検討くださる方に向けて、サンプルをお送りすることも可能です。私の手持ちのものなので数が限られているのですが、ひとまずご連絡いただけましたら!

↑このページのトップへ