recipecard.JPG

昨日、オリジナルの鍋つかみを販売スタートして、あっという間にすべてが売り切れになってしまいました。いつものことながら、モノを販売することに慣れていないので、ほんとに手探り状態。

今回の鍋つかみは、作家さんに一点ずつ作っていただいていて、はじめの入荷数もトータルで50個強だったので、この4連休で売り切れになっちゃうかもですね~なんて話をしていたら、ほんとにすぐでした(買いたくて買えなかった皆さんには申しわけないです…)

『フシの日10%OFFだし、鍋つかみも販売スタートしましたよー』とお知らせしようと思っていただけに、しまったな感が否めません(笑)

***

とはいえ!今日は24日ですので、月に一回のフシの日、白ごはん.comストアの特売デイです!

新発売のふりかけはすでにお得価格設定なので、だしブレンドなどが対象ですが、ぜひこの機会におうちで使ってみてください~
https://shop.sirogohan.com/

hurikake3.JPG

また、だしブレンドや無添加ふりかけなどは、上の写真のようなレシピカードを1枚ずつ同封してお届けしています。

いまの時期なら、だしブレンドはさっぱり梅なめたけを作るレシピだったり、無添加ふりかけは冷たい卵黄のっけうどんのレシピだったり、レシピカードを見ながら作ってもらいやすいものを紹介するようにしています。こちらも参考になればうれしいです。

***

昨日のブログに「調理器具などのアイテムも増やしていく予定」と書きました。これはいま色々と動いていまして、今回の岐阜のstoffaさんの鍋つかみも作っていただける範囲で随時既存の4アイテムの在庫をアップしていきますし、同じように岐阜の木工作家さんにオリジナルの調理ベラを作ってもらっていたり、器やエプロンなんかの話も進んでいます。

白ごはんcomストアの取り扱いアイテムを増やすなら、愛着を持って永く使ってもらえる、そんなアイテムにしたい!と(数はたくさん作れないものもありますが)、そんな考えで僕自身がいちばん愛着を持ってやっていますので、これから先、お知らせするのが楽しみで仕方ありません!来月にはたぶんもう1アイテム増やせるかなと思いますので、これからも白ごはん.comストアをよろしくお願いします~
https://shop.sirogohan.com/

nabe3_0792.JPG
白ごはんcomストアで【鍋つかみ】の販売がスタートしましたので、お知らせいたします!
https://shop.sirogohan.com/

僕が長年使ってきた岐阜のstoffa(ストッファ)さんの鍋つかみを、このたびオリジナルデザインで作っていただけることになって、上のような4パターンが出来上がりました。

詳しい情報は鍋つかみの各ページに、その良さや使い勝手などをまとめていますので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!

***

ここからはざっと、今回の鍋つかみについて、写真多めでご紹介したいと思います。

↓個人的にミトン型じゃないシンプルな鍋つかみが好きで、こんな風に使っています(手の感覚に近い状態で使えるかなと)
nabe10_mix1416.JPG

↓デザインは4パターンですが、色違いでも使ってもらえるようにしています。
nabe10_kuro1399.JPG

↓こちらが、うす茶色のデザインと、墨色のデザイン。
nabe2_mix0768.JPG

↓こちらが渋めのベージュベースに、赤のラインとブルーのライン。
nabe2_mix0771.JPG

↓一度洗うと一気に柔らかくなるので、扱いやすくなります。
nabe5_blue0966.JPG

↓裂き布織りという作り方で、布を裂くところ、織るところ、それを縫製するところまですべて一人で作られています。
nabe4_1867.JPG

↓ミトン型ではないので、ちょっとした敷物にも使えます。
nabe7_cha0864.JPG

↓こちらはグラタン皿の下に敷いてみたもの。
nabe7_cha0977.JPG

裂き布織りだからこそ、"丈夫で、用途が広く、使い込むほど手によくなじみ滑りにくい"など、使うほどに感じられる良いところがたくさんあると思います。

伝えたいことを商品ページにまとめていますので、こちらもぜひご覧くださいね。

鍋つかみ(墨色)
鍋つかみ(うす茶色)
鍋つかみ(ベージュ×ブルー)
鍋つかみ(ベージュ×レッド)
 
***

岐阜のstoffaさんは、鍋つかみの他にも、コースターやバッグなども制作されていますので、ぜひstoffaさんのサイトもチェックしてみてください~
http://stoffa.jp/

gobousarada2194.JPG
先ほど白ごはん.comに『ごぼうと枝豆の和サラダ』をアップしました。
https://www.sirogohan.com/recipe/gobousarada/

春くらいから出始めている“新ごぼう”を使って作ると、食感も軽やかで、枝豆や生姜との相性もばっちりだと思います。ぜひこの夏にトライしてみてください~!

***

作り方を簡単に紹介しますと、ごぼうは棒状に切って塩と酢を加えたお湯でゆでます。

gobousarada3.JPG
後から枝豆をゆでるのでお湯はそのまま取っておいて、ごぼうだけ水気を切ってバットや保存容器に移します。ここで【醤油、酢、みりん、少しの砂糖】を混ぜ合わせて、冷蔵庫に移し、ごぼうに少し下味をつけるのがポイントです。

gobousarada5.JPG
枝豆もゆでてざる上げし、粗熱が取れたら実を取り出して、せん切り生姜と戻したわかめと一緒に冷蔵庫で冷やしておきます。

gobousarada8.JPG
あとは、ごぼうの下味をつけた調味料ごと、すべての具材を混ぜ合わせ、オイルとこしょうをプラスすれば出来上がり!

gobousarada9.JPG
彩りもよく、生姜の風味もプラスされて、ごぼうの枝豆の食感がいいんです(^^)/

gobousarada10.JPG
白ごはん.comの『ごぼうと枝豆の和サラダ』、ぜひお試しくださいね!
https://www.sirogohan.com/recipe/gobousarada/

***

白ごはん.comストアから一つお知らせです!これから少しずつ調理道具などの雑貨アイテムを増やしていく予定なのですが、第一弾はオリジナルの鍋つかみ。

裂き布織りという作り方で、すべりにくく、使いこむほどにいい感じになってきます。明日の昼くらいにブログでお知らせ&白ごはん.comストアで販売スタートする予定ですので、よろしくお願いします!
https://shop.sirogohan.com/

nabe3_0792.JPG

tomatuna20122.JPG
爽やかで夏らしい混ぜご飯を、先ほど白ごはん.comにアップしました。

『トマトとツナの混ぜご飯』
https://www.sirogohan.com/recipe/tomatuna/

***

材料も工程もシンプルなのですが、トマトだけは【湯むきして皮を除き、種とまわりのゼリー状の部分も取る】と、混ぜご飯にしたときの美味しさが断然変わってくるので、ぜひやってみてください。

tomatuna4.JPG
油を切ったツナと1㎝角に切ったトマトを合わせて、温かいご飯に混ぜます。味付けは醤油と塩だけでOKです。

tomatuna7.JPG
器に盛り付けてから、粗びきの黒胡椒をたっぷりめにふるのが美味しいです。それから、大葉が冷蔵庫にあればせん切りにして添えてみてください。風味がプラスされていっそう美味しくなります!

tomatuna9.JPG

皮のないトマトの口当たりも良く、爽やかで、ツナの油っけとばっちり合っていると思います(^^)/

tomatuna20122.JPG

白ごはん.comの『トマトとツナの混ぜご飯』ぜひお試しくださいね~
https://www.sirogohan.com/recipe/tomatuna/

***

参考までに、上の写真の器ですが、左側の茶碗は阿南維也さん、大葉の入った小皿は正木春蔵さんの作ったもの。いい器はほんとに料理を引き立ててくれます。

 ***

◆白ごはん.comの会員登録◆ 登録者数が1万人を超えました!使い勝手などのご意見もまたお待ちしています。
https://www.sirogohan.com/


◆『無添加ふりかけ』も発売中◆ 紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作ったおぼろ昆布がたっぷり入っています。
https://shop.sirogohan.com/

benishouga5591.jpg
そぼろ牛丼レシピを昨日アップしたのですが、料理名としてマイナーなのか、Googleで「そぼろ牛丼」と入れてキーワード検索すると、昨日の今日ですでにかなり上位に来ていました。

5年くらい前のレシピ本でもやったことがある料理で、個人的には一押しレシピなのですが、けっこう意外…。

どうしてかって言うと、みんな「そぼろ丼」「牛そぼろ丼」って名前を付けてるんですね。いやでも、僕は「牛丼」が食べたい、作りたいときの代替レシピとして味付けも似せたかったので(実際、「3色そぼろ丼」と違って、より牛丼っぽい味つけになっているかと思います)、名前はどうしても「そぼろ牛丼」にしたかったんです。

でも検索されることが少ないマイナーなネーミングだとせっかく作ったレシピを見てもらえないかもしれない‥‥レシピをアップする人の共通の悩みですww

◇そぼろ牛丼のレシピもぜひご覧ください~
https://www.sirogohan.com/recipe/gyuudonsoboro/

***

そぼろ牛丼をアップして、紅生姜について掲示板に質問をもらっていたことを思い出しました。質問内容はこちら。

紅生姜を作るときの赤梅酢は、梅干しができてもう梅干しを漬けている状態のものを使用しても大丈夫でしょうか?(去年作ったもの)

答えは、大丈夫です!

写真の中央と右の紅生姜は、梅干しを浸けていた赤梅酢で作った紅生姜です。赤しそが多い鮮やかな赤梅酢を使うと色が濃くなりますし(中央)、淡い赤梅酢を使うとピンク色に(右)なります。ですので、「梅干しを漬けている状態のものを使用していいか」はOK!

土用干しをしたあとの梅干しを保存する際、「赤梅酢に戻す保存方法」と「赤梅酢には戻さない保存方法」の2種類があるのですが(詳しくは梅干しの作り方後半参照)、赤梅酢に戻す保存方法で「赤梅酢を使い切ったぞ!」と思っても、梅干しを消費するうちに梅酢だけが残ってしまいます。その残った梅酢を紅生姜に活用するとよいと思います。

ちなみに、写真左は赤しそを入れる前の「白梅酢」で作った紅生姜。ごくごく薄くピンクっぽい色味も出ていますが、もはや紅生姜ではない!と言われるかもしれません(笑) でも、味は紅生姜なので、余っていたらこちらもぜひ挑戦してみてください~。

◇白ごはん.comの紅生姜の作り方
https://www.sirogohan.com/recipe/benishouga/


 ***

◆白ごはん.com無料会員登録もぜひ◆ お気に入りレシピの保存と、レシピごとにメモが残せるようになります。登録者数1万人を記念して、キャンペーンできないかなと考え中です。
https://www.sirogohan.com/


◆『無添加ふりかけ』も発売中◆ 紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作ったおぼろ昆布がたっぷり入っています。
https://shop.sirogohan.com/

gyuudonsoboro1951.JPG
白ごはん.comに先ほど『そぼろ牛丼』のレシピをアップしました。
https://www.sirogohan.com/recipe/gyuudonsoboro/

ひき肉を使うことで、通常の牛丼より短時間で仕上げようという試み。少しここで流れを紹介したいと思います。

***

まず、(いきなり手間がかかる工程で申し訳ないですが)玉ねぎは粗みじんくらいに切ってください。生姜はみじん切り。そうしたほうが、ひき肉との味のなじみがよくなるのでおすすめです。

切ったものは鍋に入れて、そこにすべての調味料(醤油、みりん、酒、砂糖)をはじめから加えます。

gyuudonsoboro4.JPG
玉ねぎと生姜を3分くらい先に煮ます。

gyuudonsoboro6.JPG
その後にひき肉を加えて、だまにならないよう箸で混ぜながら加熱します。

gyuudonsoboro8.JPG
ひき肉の色が変わったあと、鍋底に煮汁が少し残るくらいまで3分くらい煮詰めれば出来上がり。

gyuudonsoboro11.JPG
紅生姜もみじん切りにして添えるのもおすすめ!

gyuudonsoboro12.JPG
このような作り方です。冷凍もできるので、まとめて作るのもいいかもしれません。ぜひおうちでお試しくださいね!
https://www.sirogohan.com/recipe/gyuudonsoboro/

***

以前は月イチで通っていた整体にここ数か月間ずっと行ってなかったのですが、つい数日前にひどい腰痛になってしまい…撮影どころじゃなくなってしまいました。セルフメンテンナンスはやってるつもりでも、なかなか難しいですね。また整体に通おうと思います…。そんなわけでしばらくは、既存レシピのリライトなどパソコン仕事をがんばろうと思います。

 ***

◆白ごはん.com無料会員登録もぜひ◆ お気に入りレシピの保存と、レシピごとにメモが残せるようになります。そろそろ1万ユーザーに届きそうです!
https://www.sirogohan.com/


◆『無添加ふりかけ』も発売中◆ 紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作ったおぼろ昆布がたっぷり入っています。
https://shop.sirogohan.com/

IMG_5556.jpg
義父の畑で夏野菜が育ちに育っています。

「いま何作ってるの?」と聞くと、「夏野菜いくつかと、自然に生えてきたかぼちゃっぽいやつ」との答え。

数か月前には、”自然に生えてきた小松菜っぽい野菜”と渡された記憶もあるので、まぁ何というか、ゆるい感じで(いい言い方をすればのびのびとww)野菜作りをしているわけです(笑)

だから、当然きゅうりだって大きくなる!

いや、きゅうりに関しては、育ちすぎたヤツのほうが圧倒的に多い気がする…。今回は1.5㎏ほど。

***

もうお決まりなんですけどね。冷たくしても美味しいし、ずっと飽きずに食べることができるから、きゅうりの直煮を作るようにしています。

◇育ちすぎきゅうりの直煮
https://www.sirogohan.com/recipe/kyuujikani/

これがけっこう夏の間、アクセスが増えるんです!みんな同じ悩みを抱えてるんでしょうか…(笑)

皮をむいたおばけきゅうりは、1.5㎝くらいに切ってことこと水で煮ます。そこに醤油、みりん、砂糖の調味料と、かつお節を直に入れてコトコト炊いていきます。

IMG_5560.jpg
20分くらい炊けば出来上がり。僕は今回、白ごはん.comレシピの2倍以上の分量で作ったのでもう少し煮る時間が長くなりました…(煮物レシピを2倍、3倍で作るときは、醤油等の調味料は同じ倍率で増やせばOKですが、水やだし汁だけは少し控えめにするといいですよー煮る時間がものすごく長くなってしまいますからね…)

IMG_5565.jpg
これで3~4日ほど冷蔵庫で日持ちします。朝昼晩と、きゅうりの直煮が食卓を支えてくれそうです(^^♪

***

直入れしたかつお節ですが、今回は「だしブレンド」も半分くらい入れてみました。昆布の味わいと食感も出てなかなか良かったです。
https://shop.sirogohan.com/

***

会員登録スタートして、お気に入り登録数がいちばん多いのは「なすの煮びたし」!Twitterではこんなふうに言ってくださる方も!ありがとうございます(^^)/ 白ごはん.comの夏野菜レシピがいろいろ参考になればうれしいです。

ma-bon1835.JPG
これまでレシピ本などでマーボーなすを紹介することが何度かありましたが、いろんなパターンで作るうちに「もっと簡単にできないかな…」と思うようになりました。

今日、白ごはん.comにマーボーなすのレシピをアップしたのですが、これまでで一番シンプルで簡単な作り方になったんじゃないかと思います。なすは揚げない、最後のとろみ付けもしない、そんなマーボーなすです。

◇白ごはん.comの『マーボーなす』
https://www.sirogohan.com/recipe/ma-bon/

***

中華料理の調理工程でたまに出てくる“なすを油で揚げる”っていうのは、皮の紫色を安定させ、きれいな色合いに仕上げる目的でもやっているのですが、ここはより簡単に、【フライパンで多めの油で“皮を下にして炒める”】ってやり方で代用しています。

ma-bon5.JPG
炒めたなすは一度取り出しておき、生姜、にんにく、好みで唐辛子も入れて軽く炒め、続けて豚ひき肉をほぐしながら炒めます。

そこに味噌、みりん、砂糖、しょうゆ、ごま油を加えてよく炒め合わせます。

ma-bon14.JPG
ひき肉と味噌などの調味料を、なすに絡みやすいような割合にしたので、片栗粉でのとろみ付けは省いたレシピに。なので、あとはなすを戻し入れて炒め合わせるだけ!

ma-bon16.JPG
これならフライパンひとつで作れるし、工程もシンプルだから作りやすいんじゃないかと(^^♪

ぜひなすをたっぷり使って作ってみてくださいね。

◇白ごはん.comの『マーボーなす』
https://www.sirogohan.com/recipe/ma-bon/


***


先日のブログでも紹介した今回の豪雨災害のYahoo基金の災害支援募金のページです。Tポイントも使えます。支援が少しでもつながっていけばと思います。
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630044


***


◆白ごはん.comの無料会員登録スタートです◆ お気に入りレシピの保存と、レシピごとにメモが残せるようになります!
https://www.sirogohan.com/
*登録されたみなさん、実際に使ってみてどうでしょうか?お気に入り登録数はどのくらいになりましたか?お気に入りの中でカテゴリごとに表示できたりしたほうがいいのかなぁと、少し思っています。

◆『無添加ふりかけ』も絶賛発売中です◆ 紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作った大量のおぼろ昆布がうまうまです。
https://shop.sirogohan.com/
*梅がアクセントに効いています!これがすごく評判がいいのですが、逆に言えば梅が苦手な方には不向きなふりかけかもしれないので、その点だけご注意くださいね。

sakesote1301.JPG
レシピの紹介をする前に…今回の熊本を中心とした豪雨、甚大な被害でニュースを見るたびに胸がいたみます。できることと言えば募金するくらいしかないので…Yahooネット募金で昨日募金をさせていただきました(Yahooネット募金はTポイントでも募金可能ですし、募金スタート時はYahooが募金額を倍に上乗せしてくれることが多いので、僕はたいていここを使っています)被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
https://donation.yahoo.co.jp/detail/1630044

***

今日は『鮭のムニエル』をアップしたので、そのお知らせです。

鮭ってスーパーの魚売り場で、お客さんが手に取りやすそうな一角を年中ドドンと確保してますよね。しかも鮭だけで2~3種類あることも。調理しやすく、骨が柔らかいから食べやすいのがいいんですよね(^^♪

◇白ごはん.comの『鮭のムニエル』
https://www.sirogohan.com/recipe/sakesote/

はじめに塩をするのは、魚料理の基本。身に塩が浸透することで、美味しくなります。

sakesote1.JPG
あとはこしょうを振って、薄く小麦粉を付け、それから焼き始めます。

sakesote6.JPG
焼くときは、バターではなく植物オイルからスタートしたほうが、きれいな焼き色が付いてくれます。皮も含め、全体の面をきれいに焼くように心がけるとよいです(浮いた部分は箸で軽く押さえたりしながら)。

sakesote11.JPG
バターは最後に入れてもいいし、入れなくてもいい。味付けが塩こしょうのみのシンプルなムニエルにレモンをしぼって食べてもいいし、残ったフライパンでバター&醤油のソースを作って、上からかけても美味しい!

レシピページでは焼き方のところなど、詳しく紹介していますので、参考になればと思います。
https://www.sirogohan.com/recipe/sakesote/

***

◇白ごはん.comの無料会員登録スタートしたので、まだの方はぜひ!お気に入りレシピの保存と、レシピごとにメモが残せるようになります!
https://www.sirogohan.com/
*ログイン保持期間を延長したはずなのですが、ちょっと不安定なようで、いろいろ調整してもらっています…。

◇『無添加ふりかけ』も絶賛発売中です!紀州産の梅肉がきいて、愛知県産の焼き海苔が香って、北海道産の昆布で作った大量のおぼろ昆布がうまうまです。
https://shop.sirogohan.com/
*梅がアクセントに効いています!これがすごく評判がいいのですが、逆に言えば梅が苦手な方には不向きなふりかけかもしれないので、その点だけご注意くださいね。

↑このページのトップへ