toumorokosihikaku9299.JPG
白ごはん.comの「とうもろこしご飯」、まさにこれからの時期に作りたい炊き込みご飯で、毎年6月に入ってからアクセスも徐々に増え始めます。

これまでレシピでは「好みでとうもろこしの芯を入れて炊いてください」と補足として書いていたのですが、芯を入れたほうがなんとなく美味しいよな、という記憶をたどっての比較検証で、同時に炊き上げて比較をしたことがありませんでした。

できれば今年のシーズンの前に一度ちゃんと検証をしてみようと思い、まったく同じ条件で、芯のありなしで炊き分けて味の比較をしてみました。今回はその結果をこのブログにまとめたいと思います^^


まず、同じ炊飯器を2つ持っていないので、今回は下のように文化鍋で、芯のありなしで炊き分けてみました。

toumorokosihikaku1.JPG

2つの鍋を同時に火にかけ、炊き上がりも同じになるようにセットしました。とうもろこしは1本。これで具沢山な炊き上がりになります。

toumorokosihikaku2.JPG

炊きあがったほうは芯を取り出し、さっくりと混ぜ合わせて、味の比較です。

toumorokosihikaku3.JPG

【とうもろこしの芯の入ったご飯の味わい】
・鍋の蓋を取ったときに感じるとうもろこしの香りが若干、芯の入っていない方よりも強い。
・米だけを食べてみると、とうもろこし由来の味の厚みやふくらみが米の味わいにプラスされている。
・とうもろこしの実と炊きあがったご飯の一体感が強い。

【とうもろこしの芯のないご飯の味わい】
・上に比べると、ご飯だけを食べてみると米の味、塩気を強く感じる。
・芯入りのご飯のような、味の厚みを米の部分からは感じられない。

と、このような比較結果でした。

嫁と一緒に試食したのですが、芯の入っていないものが美味しくないわけではまったくないのですが、米の部分の味わいのふくらみ方や実と米の一体感などを考えると、「こりゃ芯入りのレシピに統一したほうがいいよね」という意見で一致。さっそく白ごはん.comのレシピも変更しておきました。

とうもろこしもスーパーにたくさん並び始めたので、ぜひ芯も実と一緒に炊き込む方法で炊いてみてくださいね!!

白ごはん.comの「とうもろこしご飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/morokosigohan/

*白ごはん.comでは日々古いレシピを検証し直して、レシピの修正を行っています。レシピ下部の補足にそのことは追記していますので、合わせてチェックしていただけたら幸いです~

omuraisu0134.JPG
白ごはん.comで「あんかけオムライスレシピにしたいなー」と数年前から考えていたのですが(←ほんとこんなのばっかりですいません…)、いろいろ考えて試作してたら、他ではあまり見かけないユニークなあんかけオムライスのレシピにたどり着きました!

白ごはん.comの「和風あんかけオムライス」
https://www.sirogohan.com/recipe/omuraisu/

オムライスってバター使ったり、鶏肉や野菜を炒めてチキンライスを作って、というレシピが基本なので、せっかくなら白ごはん.comは油少なめ、とことん和風なレシピにしようと思ったんですよねー

何が違うかっていうのは、パッカーンとオムライスを割ってみるとわかります(笑)

中は基本のチキンライスだったり、和風レシピにたまにあるジャコを使ったご飯でもありません。

omuraisu0150.JPG

オムライスの中が何かと言いますと「トマトの炊き込みご飯」。

炊飯器に大ぶりに切ったトマトをたっぷり入れて、だし汁ベースで炊いたものです。

みじん切りのにんにくと、少しのオリーブオイルを加え、それから炊飯器のスイッチON!

tomatogohan10.JPG

ちなみに、上の炊飯釜はにんにくではなく、生姜のみじん切りを入れて炊いた時の写真(にんにくならもっと少なくてOK)。

このトマトの炊き込みご飯、和風オムライスにするときにはにんにくのみじん切りがおすすめだけど、普通に食べるときは生姜のみじん切りでも爽やかに仕上がっておすすめなのです(^^♪

tomatogohan9866.JPG

というわけで、今回のレシピでは「トマトの炊き込みご飯」も別レシピとして白ごはん.comにアップしています。

炊飯器で事前にオムライスのご飯の部分を手軽に作っておけるのも、作りやすさにつながるかなーと思ったり。

ぜひ和風あんかけオムライス、お試しくださいねー

白ごはん.comの「和風あんかけオムライス」
https://www.sirogohan.com/recipe/omuraisu/

omuraisu0134.JPG

kyuuriume0075.JPG

こんばんは。冨田です。

いきなりブログタイトルとは違う内容ですが、今日こんなザルを買いました↓↓↓



近くの金物屋さんでなんでも倉庫を整理してたら出てきたらしい古いもの。

米を研いでザル上げするためのものだそうで、たくさん米を炊く昔の道具とのこと。

「いつか使うかも…」と思ってつい買っちゃって、こうしてモノが増えていくのです(笑)



そして、今日はなんてことないレシピですが「きゅうりの梅肉和え」をアップしました~
https://www.sirogohan.com/recipe/kyuuriume/

きゅうりは皮をむいて青くささを抑えるのがポイントで、さらにカツオ節をプラスして、うま味アップ、カツオ節によっては魚の香りが強く出るものもあるので、そこにこしょうをふるとばっちり!というレシピです。

ぜひぜひお試しください~

kyuuriume7.JPG

SqLJsrZHeZ.JPG
今日はじめて事務所でクーラーを使いました。ガスコンロもがんがん使って料理してるとほんとに蒸し暑かった…。今年の夏は猛暑かもとどこかのニュースで聞いたのですが、少し先が思いやられちゃいました…。


さてさて、最近ひさしぶりにキナリノさんのレシピ動画を2つ撮影していただきまして、さっそくアップしてもらいました~

1つ目は「夏野菜と厚揚げのカレーそぼろ煮」
https://www.instagram.com/p/Bjq9uvNgQZ8/

蒸し暑くたって、カレー風味のおかずは食欲がすすみますよね。厚揚げ&夏野菜&カレーという組み合わせで、和風の醤油味にしています。

q_orfJ_x4M.jpg

もう一つは「かつおのピリ辛炒め」
https://www.instagram.com/p/BjeC4KdgOw2/

こちらもピリリと一味唐辛子や粗びき黒こしょうをきかせて、食欲そそる仕上がりに。かつおの刺身は火を通しても美味しいので、ぜひこちらもお試しください~。

*それぞれリンクから飛べばPCからも見れますので~ 普段SNSやっている方はインスタやTwitterのアプリのほうが見やすいかもなので、”キナリノ”で検索して見てみてください!

zukkiyaki7868.JPG

先月からスタートした新連載、6月はズッキーニです~

scopeさんのチラシにも載っているこの連載、先月のそら豆の塩ソテーはけっこうな反響があって(見てくださった皆さんありがとうございます!)、実際に作ってくれた人も本当にたくさん!

今月も、そんな風にコラムを読んで「じゃあやってみよっかな」とトライしてもらえるようなズッキーニのレシピを考案!←したつもりです笑

ズッキーニを半分に切って、塩してパン粉して、焼く前にオリーブオイルをかけて、魚焼きグリルでじっくりじっくり…。ズッキーニこれからが旬ですので、ぜひぜひご覧くださいっ

*「旬、シュ瞬!」6月ズッキーニの記事
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9188

先月の連載ですが、まだまだそら豆の旬も続きますのでこちらも再度!

*「旬、シュ瞬間!」5月そら豆の記事
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9146

zukkiyaki8011.JPG
*ズッキーニのパン粉焼きは食べるときにカレー粉をそえて、ちょいとスパイシーに仕上げても美味しいのです。あ、上の写真にも昨日アップしたにんじんサラダ使ってましたねー。ズッキーニがとろりと仕上がるので、献立の中ににんじんサラダのような、しっかりめの食感のものがあると献立全体のバランスも良くなると思います~

ninjins9978.JPG

みなさんこんばんはー。

最近アップしたサラダチキンの横のにんじんサラダのレシピが知りたい!

と掲示板に書き込みいただいたので、さっそくアップしました~

白ごはん.comの「にんじんサラダ」
https://www.sirogohan.com/recipe/ninjins/


料理屋ではこういうサラダ系レシピって勉強する機会はなかったのですが、大学卒業後に働いたRF1の工場だったり、バイトでキッチンに入っていたクレヨンハウスの惣菜コーナーだったりと、それ以外の所でサラダのレシピを学ぶことが多かったんですよね。

*ちなみにクレヨンハウスの吹田店で、辻調理師専門学校に通っていたとき1年間キッチンでバイトしてました!(ずいぶん昔ですけどね…)あそこのにんじんサラダも美味しいです。いまもあるのかなー

saradatikin7514.JPG

せっかくだからサラダチキンのレシピもどーぞ!こういった肉料理に添えたり、お弁当の隙間にちょっと入れたりとにんじんサラダは本当に便利なおかずですよね~

白ごはん.comの「サラダチキン」
https://www.sirogohan.com/recipe/saradatikin/



それから、最近白ごはん.comがなぜかTwitterで大人気だぞ、というお知らせです。

ネットだからこそのフリーな感じで、キビシイご意見ももらうこともあるのですが、こうして見てもらえる機会が増えることは素直に嬉しいです!

8XZRThmCh5.JPG

6月のヤマサ醤油さんでのサイト、初夏のレシピいろいろです!

そら豆やズッキーニといった6月からが旬の野菜をはじめ、梅雨入りもするジメジメとした時期でもあるので火を使わないレシピもいくつか紹介しています。


まずは上のレシピ、こちらは「トマトとそら豆の和風カプレーゼ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2851

彩りも味わいも爽やかで、塩茹でしたそら豆を定番レシピにプラスするような作り方にしています。



2品目は火を使わないサラダで、「きゅうりとひじきのツナサラダ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2849

ひじき缶詰&ツナ缶詰を使って、後はきゅうりと混ぜるだけ!っていうシンプルレシピです。

HI9ZVVf7Vz.JPG


もう一つ、火を使わないレシピをアップしています。こちらは「ピーマンときのこのさっと煮」。
https://recipe.yamasa.com/recipes/2848

めんつゆを使って電子レンジで加熱して作るのですが、生姜を入れて少し爽やかな風味にしています。

XlnRf2GqzX.JPG


最後はズッキーニを使ったレシピで、「塩もみズッキーニとささみのぶっかけうどん」。
https://recipe.yamasa.com/recipes/2850

ズッキーニは浅漬け感覚で、軽く塩をしてぶっかけうどんの具に!ゆでたささみをほぐし、オニオンスライスもプラスして、食感も食べ応えもばっちりだと思います(^^♪

VT4Y4HWdpp.JPG

一つでも参考になるレシピがありましたら嬉しいです。

*ヤマサ醤油さんでアップいただいているレシピも相当な数になったと思うので、いつかランキングつけてみたいなー。個人的なおすすめランキングみたいなの。実はめちゃくちゃ美味しいってのもたくさんあるんですよね(^^)/

bini-rut4.JPG

白ごはん.comでは、これから【家事のコツ】的な、レシピというよりは読み物といった記事を増やしていこうと思っています。


第一弾は何かといいますと…… 


「ストック品のメモ書きに!ビニールテープのすすめ」!!


おぉ、、

自分でも驚くくらいの渋すぎる内容です(笑)

でもまぁ、白ごはん.com以外にはやらなさそうな記事なので、それもまたいいかなと(^^♪



タイトル見てもいまいちわからないかもしれませんが…、

『ビニールテープ』という、ビニール製でできた、粘着力が強く、耐寒性もあって経時変化しにくいテープが、冷蔵や冷凍ストック品にメモ書きするのにとっても便利だぜ!っていう記事です。


ちなみにビニールテープ、私はここ10年くらい自宅で愛用しているのですが、文具コーナーやホームセンターにはたいてい置いてあるものです。

bini-rut2.JPG

ビニールテープならではの利点もいっぱいあるのですが、そのあたりはぜひ記事を見てみてほしいです。

bini-rut3.JPG

冷蔵しても、冷凍しても、1年以上経過しても、さっと剥がしやすく糊も残らず、また再び貼れるという優れもの(記事を見てほしいと書いときながらだいたい書いてしまった…!)。これはハマる人が少なからずいると思います。

詳しくは「ビニールテープのすすめ」をご覧くださいね!
https://www.sirogohan.com/recipe/bini-rut/

misansho9278.JPG

”ちりめん山椒”は買うと高いっていう勝手なイメージを持っている冨田です…。

なら自分で作ろうじゃないかというところからスタートしてのレシピ化だったのですが、いまです!いま!実山椒がちょうど出始める時期なんです。


うちの山椒の木にもようやく実山椒が…(下の写真は実がなる少し前のものです)。ただ、残念なことに鉢植えだからか??たくさん実をつけてくれないのです…本当に申し訳ない程度の量しか採れない…涙。

kuratap3.JPG

仕方ないので、先日産直市場で1袋100円で実山椒が安く売られていたのを買って、うちで採れた実山椒と合わせて下ごしらえ。

misanshosai1.JPG

小さな枝を落としてさっと茹でたら、水に3時間くらいつけて辛みを抜きます。食べてちょうどいいくらいの加減なので、実際に口に入れてみることが大切なんです。

misanshosai2.JPG

あとは、ちりめんじゃこを買ってきて、酒、しょうゆ、少しの砂糖などと煮て、煮汁をしっかり煮詰めれば完成~。

misanshosai3.JPG

今日の晩ごはんに出そっと。半分くらいは冷凍かな。

産直市場や百貨店ならいまの時期たいてい売っていると思うので、ぜひ手作りしてみてくださいね!

白ごはん.comの「ちりめん山椒」
https://www.sirogohan.com/recipe/tirimensansho/

↑このページのトップへ