magurokarupa2324.JPG
みなさんこんにちは~。

今日は当日でもさっと作れる、お刺身を使ったカルパッチョレシピの紹介です(^^♪

「マグロのカルパッチョ」
https://www.sirogohan.com/recipe/magurokarupa/

お刺身なので手軽に作れるのはもちろんですが、このカルパッチョ、なにより盛り付けが決まりやすい!と思っています。

玉ねぎはスライスしてカルパッチョに合わせることもありますが、私はもっぱらみじん切り。

「いや、それちょっと食べにくそう…」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、食べてみると案外そうでもなく、ちゃんと刺身と一緒に食べることができます。そして「刺身を列に並べて、その上に玉ねぎをのっける」という盛り付けをすれば、それだけで動きと高さが出て見栄えがグッとよくなってくれます!

あとは仕上げに青じそをちらせばOK!サーモンの刺身でも同じように作れますが、サーモンなら粗びき黒胡椒がほしいかな、と思います。ぜひ皆さんお試しくださいねっ


*そういえば、娘が数日前にサンタさんに手紙を書いていました。「わたしがほしいのはワッフルやきです。同時に2個以上やけるのがいいです。」と、非常に細かい注文をつけていましたが、たいていワッフルメーカーは2個焼けるので、お望み通りのものが届いたもよう(^^♪ よかった~。

DbFI5QfVvz.JPG
明日はクリスマスイブですね~。この年末、仕事の合間をぬって、冷凍できるおせちの煮物を作ったり、年末のお片付けや掃除をせっせと進めてるわたくしです。今日は鴨ロースを仕込みました!

そう!トップの写真はちょうど今日仕込んだ「鴨ロース」を焼いてるところ。1枚はクリスマスに、残りは冷凍して年末にいただくか、おせちにでも入れる予定ですっ この記事ではこの鴨ロースからはじまって、もっと作りやすいクリスマスに喜ばれるメインの料理などなど、いくつか紹介したいと思います~。

ちなみに、鴨ロースは上のように焼いた後に煮汁でぐつぐつと煮て、、
YyEiEfHTFS.JPG

肉を取り出して落ち着かせ、、冷めたら煮汁に戻して
9D3A19OZDW.JPG

表面に味をしっかり染み込ませたら完成!これは間違いなく喜ばれますっ 百貨店や専門店などでも取り扱っているところもあると思うので、挑戦したいかたはぜひお試しください(^^♪
kamoro-su9490.JPG
鴨ロースの作り方 https://www.sirogohan.com/recipe/kamoro-su/


いきなりハードルの高い料理になっちゃってすいません…。せっかくのクリスマス目前の記事なのでちょっと張り切ってしまいました(笑) とはいえ、、この鴨ロース、娘も食べることは食べるけれど「チューリップ唐揚げ」の方が間違いなく喜んでくれます↓↓↓ この持ち手がやっぱりパーティーっぽい!

チューリップ唐揚げの作り方 https://www.sirogohan.com/recipe/tyuurip2/

tyuurip8907.JPG

揚げ物じゃなくて、、という場合は、手軽に手羽元でローストチキンを作るのもほんとにおすすめです!味も2種類、醤油系とカレー味を白ごはん.comでは紹介していますので、お好みの方でぜひ(^^)/

カレー味のローストチキン https://www.sirogohan.com/recipe/ro-sutotikinkare/
ro-sutokare4.JPG

醤油味のローストチキン https://www.sirogohan.com/recipe/ro-sutotikin/
ro-sutotikin8538.JPG

ヘルシーな鶏むね肉を使ったソテーも、食べやすくて白ワインにもぴったり!大人から子供まで喜んでくれると思います~

鶏むね肉のソテー https://www.sirogohan.com/recipe/munesote/
munesote6140.JPG

白ごはん.comだと、他には「手羽先唐揚げ」やベーシックな「鶏唐揚げ」などもありますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください~

皆さん素敵なクリスマスをお過ごしくださいね(^^♪

最近お肉料理が増えている白ごはん.comです!

「ハンバーグ」

「ロールキャベツ」

「ミートソース」

「ピーマンの肉詰め」 

「煮込みハンバーグ」

ひき肉を使った家庭的なレシピも、徐々に増やしていっているのですが、やっぱり「玉ねぎのみじん切り」の登場回数が自然と増えてきますよね~

以前、白ごはん.comも玉ねぎのみじん切りのやり方を記事として紹介していましたが、動画でちゃんと補足説明して完結!と思っていたので、ようやくです(^^)/

まずは、目指すべきところ、「竹串を使わずに手早く玉ねぎをみじん切りにする動画」です↓↓↓



これははじめの切り込みを入れる所で、【刃先はまな板に当たるけど、刃元側は5㎜くらい浮かして余白を残す】というのがポイントです。そうすることで、ばらけずに次90度向きを変えて切るときに切りやすくなります。


そして、もう一つ玉ねぎのみじん切りの動画をアップしたのですが、こちらは「竹串を使って失敗なくみじん切りにする動画」で、初心者の方だったり、手順や感覚をつかんでもらうために、こちらからスタートしてみてるのもいいなと思って、こちらも動画にまとめてみました↓↓↓



煮込みハンバーグなんて、これからの時期いいですよね~。ぜひ玉ねぎのみじん切りも参考にしていただけましたらっ

*白ごはん.comの「玉ねぎのみじん切り」のレシピページはこちらから
https://www.sirogohan.com/recipe/tamamijin/

*youtubeに移動してみたい方は、それぞれこちらからどうぞ!
竹串なしの玉ねぎのみじん切りの動画 https://youtu.be/t56WonDCd9k
竹串ありの玉ねぎのみじん切りの動画 https://youtu.be/SXsOOhJr8jE
 

kajinikki2245.JPG
累計40万部の人気シリーズの最新刊、「みんなの家事日記」に(大変恐縮ながら…)特集いただきました(^^♪

いまちょうど全国の本屋さんで平積みで並んでいるところではないでしょうか。私もこの週末に大きな書店で見かけました!

特集ページは本のはじめに掲載いただいていて、家事えもんさんや、整理収納アドバイザーのEmiさんの工夫もいろいろと拝見できちゃいます。ちなみに、私のコーナーでは私の仕事場や普段使っている調理道具など、6ページにわたって様々まとめてくださっています。

kajinikki2249.JPG

こういったお話をいただくときに、いつも「私なんぞが…」と思っちゃうのですが、この本を見てさらにその気持ちが強まりました(笑) 皆さんすごいっす。そしてこれまでのシリーズ通り内容は盛りだくさん!

改めて自分って工夫下手だなぁなんて思っちゃうのですが、昔ながらの和食であり、家事における事々を、私自身は工夫をせずに一度やってみて、それを続けていくうちに、自分のペースでできることからやってみたり、家族にどう喜んでもらおうかという視点で考えてみたり、そんな部分が自分らしい特徴なんだろうな、とちょっと客観的に自分と向き合う機会にもなりました。

書店さんでみかけたら、ぜひ手に取ってみてくださいね~

*参考までにamazonの書籍ページのリンクを貼っておきます!こちらがそのページとなります。

gsujidaikon1984.JPG
今日は先日の「ぶり大根」と近いけど、作り方のポイントがまったく違う「牛すじ大根」のレシピの紹介です~。

熱燗といっしょに晩酌したいがためだけに作ってもいいかもしれない、男性がキッチンに立ってまとめて作っても喜ばれる1品だと思います(^^♪

白ごはん.comの「牛すじ大根」のレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/gsujidaikon/


まずは、手間を惜しまず牛すじを下ゆで!といっても一度水から牛すじをゆでてざる上げして洗い、2回目は生姜と合わせて水から2時間くらいゆでるというシンプルな工程ので、男性でも難なくできると思います。https://www.sirogohan.com/recipe/gsuji/

gsuji0524.JPG

牛すじを下ごしらえした後のものは冷凍もできるので、時間のあるときにやったほうがいいのですが、大根と一緒に炊くのは牛すじ大根を食べたい日の前日か、もしくは当日の早い時間から取り掛かるとよいです。

ぶり大根は大根の表面に濃い味が付いて美味しい、からいいのですが、牛すじ大根はそうではなくてしっかりと大根に味をしみ込ませた方が美味しいです。ですので、醤油などが入って少し炊いたあとに、完全に一度冷ます必要があります(←だから前日か、当日の早くに!)

煮物って冷めるときに味がしみ込んでいくので、完全に冷ました後に、今度は煮汁を少し煮詰めるように炊いていくわけですっ 

bloggyuusuji.JPG
ぜひ刻みねぎもたっぷり用意して、一味唐辛子を好みで振りかけて、熱燗などのアテにしていただいちゃってください(^^)/ もちろんご飯にもあう味付けです。

白ごはん.comの「牛すじ大根」のレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/gsujidaikon/

gsujidaikon1984.JPG

*来年はサイト開設10周年だから!と、この11~12月に仕事を入れすぎてしまった冨田でした・・・。テレビに雑誌、普段はあまりやらないことをガシガシとやって、ようやく明日くらいで落ち着きます~。でも、肝心の白ごはん.comのことがほとんどできていなかったので、年末はサイトのこと色々とやらなきゃなーと。雑煮なんかもアップしたい。おせちも作りたい。時間との戦いになりそうです(笑)

7IcnnrSVbB.JPG
来週はいよいよクリスマスですね~。今年も残すところあと2週間ほど。一気に年末ムードが盛り上がってきてますね(^^♪

今年はなんか変な感じなのですが、冨田家は毎年恒例のクリスマスディナーをキナリノさんの連載の撮影もあって、そっくりそのまま先日再現しまして…(笑)、来週は2回目のクリスマスディナーとなります(娘と嫁さんは大喜び!)

ちなみに、キナリノさんの連載も今回から、季節ごとのイベントの楽しみ方をより具体的に(といってもうちのやり方の提案なのですが、それをそのまま的な…ね笑)ご紹介できるような形に小変更となったので、今回の記事、ぜひ見てみてほしいですっ。うちのクリスマス、こんな感じでございますというような、記事になっとります!

キナリノ連載「冨田家のクリスマス」
https://kinarino.jp/cat4/28574

せっかくなので、こちらのブログの記事は、連載では使われなかった写真たちを厳選して、ピックアップしております♪

MCrxFh0D81.JPG

ざっくりどんな内容かといいますと、、うちは毎年のクリスマス、年末の忙しい時期でもあるので「作り置きおかず」をうまく活用して、家族みんなで楽しんでいます。冷凍できる自家製ミートソースをバケットやチーズに合わせたりだとか、日持ちするサーモンのマリネや野菜にそえるディップソースを時間のあるときに作っておいたり、だとか。

ShXA9yrkTq.JPG

白ごはん.comの「鴨ロース」なんかも日持ちするし、冷凍もできるので、ストックがあるときはそういったイベント感の出るメイン料理を合わせたりもしますが、娘には少し不評だったりするので、ちょっとだけ手間はかかるけど食べやすいチューリップ唐揚げなんかも候補として有力になったりするんですよね。大人は懐かしく、子供は食べやすくて嬉しいので。

当日は、野菜もいっぱい食べたいので、ワインのあてにもなるようなサラダも作ることが多いのですが、冬場に美味しい根菜類(れんこんやにんじん、大根など)を野菜スティックサラダとして、手軽な1品にすることも多いです!*ゆでた方が美味しいれんこんとにんじんだけはさっとゆでて!

rBjESjKIPe.JPG

連載記事にも書いてもらっていますが、クリスマスディナーだからって肩肘はるってことはあんまりしなくてもいいような気がしていて、普段はバラバラのお皿を今日はそろえてみよっか、とか、娘にも今日は大人のグラスを使わせてあげよっかとか、そのくらいで十分にディナーの特別感は出るような気がしていて、うちではもっぱらそのようにしています。*ちなみに今回はscopeさんの『Ostindia Floris』という青みがきれいなお皿がみんなのおそろいの取り分け皿となりました~

毎年恒例の、娘も自腹のプレゼント交換だったり(娘も少ない小遣いをはたいて買ってくれるので、ほんとに楽しみで嬉しい…)、クリスマスケーキを食べるところだったり、ごはんの後のカードゲームだったり、そんな超内輪な冨田家ネタも写真付きで紹介させていただいています(笑)ぜひご覧くださいね~

キナリノ連載「冨田家のクリスマス」
https://kinarino.jp/cat4/28574

buridaikonyoko.JPG
季節感のあるレシピのアクセス増減を見て、「今年も冬がやってきなぁ」とかをよく感じている私ですが、なんと、、今年の冬はGoogleさんの仕組み変動によって、ガクンっと白ごはん.comアクセスが落ちてしまい、サイトから季節の移り変わりをまったく感じられない今日この頃です('A`|||)

私はどのレシピで冬を感じていたかといったら、やっぱり「ぶり大根」だったんですよね。ちなみにそのアクセス、前年比で半分以下(笑)

アクセスが減って悲しいとか、そういう気持ちじゃなくて、単純にこのぶり大根レシピが美味しいので、たくさんの人に作ってみてほしい!と思っています。

Twitterとかでも「大根は好きじゃないけどこのぶり大根は作る」とか「子供がすごい食べてくれた」とか、「大根を別ゆでしなくていいから楽!」とか、例年いろんな声を聞いていたぶり大根。ほんとにおすすめなので、せっかくならブログで紹介して作ってもらう機会を増やしたいと、記事にしてみました~

白ごはん.comの「ぶり大根」のレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/buridaikon/

牛すじ大根の煮物もよく作るのですが、似たような煮物だけれど美味しく作るポイントや味付けが全然違うものだなぁと、感じています。

ぶり大根は大根の中に味がしみ込まなくても、ぶりのパンチのある風味が大根の風味と相まって、ちょうどよい美味しさになってくれます。反面、牛すじ大根は大根の中に味がしみ込んでないと、大根の臭みが勝ってしまうので、しっかり味をしみ込ませる工程が必要になると思っています。

もう一つ、おかずっぽさのあるおすすめの煮物といったら「手羽先の煮物」かなぁ。

tebani9284.JPG
こちらも合わせてぜひ作ってみてください~!寒い時期は煮物が美味しいですもんね(^^♪

白ごはん.comの「手羽先の煮物」のレシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/tebani/

pi-manshori15642.JPG
季節外れですいません…。ピーマンのヘタや種の取り方について、白ごはん.comで改めてページを作ってみたので、そのお知らせです。※こちらは動画ではなくて白ごはん.comの通常のレシピページです※

白ごはん.comの「ピーマンの下ごしらえ/切り方」
https://www.sirogohan.com/recipe/pi-manshori/

身近すぎて意外と盲点だったりするのかな、と思い、ピーマンを半分に切ってヘタを取り除く、種を取る、内側に残った種を弾いて飛ばす、、そのあたりから、ピーマンの切り方までをおさえています。ご興味のあるかたぜひ!


それから今日は動画の紹介がいくつか。

一つは「鮭のホイル焼き」をyoutubeの白ごはん.comチャンネルにアップしました~

 

*youtubeに移動してみたい方はこちらの白ごはん.comチャンネルへどうぞ。


そして、動画がもう一つ。私も使わせてもらっているwoodpeckerのいちょうの木のまな板。そのwoodpeckerさんがyoutubeや公式サイトにて「木のまな板のお手入れ方法」を動画で紹介されています。

少しだけ私もwoodpeckerの福井さんとおしゃべりしたり、まな板の手入れの工程部分は私が実際にやるところを撮影いただきました!私も福井さんとお話してとても参考になりましたので、木のまな板をお持ちの方、ぜひちチェックしてみてください~



*まな板の動画は、冒頭部分、私が変な顔で相槌ばっかりしてます…そこはお気になさらず。今回は基本となる手入れ部分の紹介でしたので、福井さんとの超マニアックなまな板トークはお蔵入りに…(笑) 他にもまな板とカッティングボードの違い、といった動画もあります!

moyasiitame1411.JPG
白ごはん.comで「もやし炒め」をアップしました!
https://www.sirogohan.com/recipe/moyasiitame/

いちおう2種類のレシピを1つの記事にまとめています。

ひとつは「ラードを使ったもやし炒め」、もう一つは「ごま油を使ったラード炒め」です。それぞれ味付けに特徴がありますので、ぜひチェックしてみてください(^^)/

blog1.JPG
その他、もやし炒めのポイントとしては、、、火加減は常に強火(コンロの壁側じゃないほうが、たいてい2つのうち強いほうなので、そっちで炒める)。

写真だとフライパンを思いっきり振ってますが↓↓↓ フライパンを振りすぎないというのもポイントになります。

blog2.JPG
基本的には、もやしを平らにならして、フライパンの底面にしっかり当てて、もやしに火を通していきます。たまにフライパンを振って、合計1分くらいで仕上げるイメージです(※レシピには詳細のせてますので!)

blog3.JPG
参考になれば嬉しいです!もやし炒めは、炒め物全般に通ずるコツも含まれてますので、ぜひチェックしてみてください。

白ごはん.comのもやし炒め
https://www.sirogohan.com/recipe/moyasiitame/

*いや、、正直なところ、もやし炒めって化学調味料を使っちゃえば、それだけで美味しさポイントかなり高くなります。化学調味料がちょこっと入れば水っぽさも感じにくいし、もやしの青っぽい風味もマスキングされるし。でも、せっかく白ごはん.comで紹介するので「使わなくても、こうすれば美味しいよー」という、そんな立ち位置のレシピです(^^♪ 調味料は家にあるものを使ってもらえればいいので、いいとこどりで、参考になる部分をピックアップしてもらえればと思います~

↑このページのトップへ