minitomato4945.JPG
久しぶりに白ごはん.comにレシピをアップしました~!

ミニトマトとしらすのチーズ焼き↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/minitomatoti-zu/

組み合わせも工程も、特別なことは何もしていないのですが、

「耐熱容器の底面ににんにく片を少しこすりつけると香りがよくなる」
「ピザ用チーズは使うけど、オリーブオイルも併用するとより美味しい(と思う!)」
「ちょっとだけ醤油を加えると、みそ汁がある和の献立にも合わせやすい」

とか、ちょいちょいポイントがあるなーと思ってレシピにまとめました。

minitomato3.JPG
ミニトマトって家庭菜園してたら夏がくるとたくさん出来ますしね。安いときも多いですから、半分に切って耐熱容器にどんどん入れましょう!


minitomato5.JPG
あとはしらすを広げて、オリーブオイルと醤油をかけ、ピザ用チーズを広げる!※個人的にはミニトマトは加熱することでやわらかくなるので、硬めのちりめんじゃこよりも、釜揚げしらすなどのやわらかきものが相性良いと思っています。


minitomato7.JPG
これをオーブントースターでチーズがとけるまで加熱すればOK。仕上がりはこんな具合です↓↓↓

minitomato8.JPG

僕も撮影でミニトマトを買ったものの、けっきょくお皿の大きさとか色味とかを考慮して使わなかった…ということも多いんです。そんな時に、ほんとうに重宝してくれるレシピだと思います!なんといっても、しらすもピザ用チーズも冷凍ストックしておけますからね!

ぜひ「ミニトマトとしらすのチーズ焼き」お試しください~
https://www.sirogohan.com/recipe/minitomatoti-zu/

dKdjj6Huq_.JPG
4月に入って、というより3月くらいからなんだか元気が出ません…。

仕事の〆切はせまってくるし、白ごはん.comのことも進めたいから、

せりゃぁぁぁ~

と、気持ちを奮い立たせてやっては、燃え尽きてぐったりというくり返し…(笑)



そんなちょっとスリ減っている僕は、仕事とは関係のないことがしたくなって、うちの定番おやつをあーしたりこーしたりして撮影してみました。

僕の地元、下関名産の『巌流焼』です♪

DQuNDWcwBZ.JPG
がんりゅうやきって読むんですけど、生地は卵多めでしっかりめ、中は白あん!

ずいぶん昔のことになりますが、朝の情報番組「はなまる」のベストおめざ、和菓子編に選ばれたこともあるんです!(令和になるっていうのに、古すぎる情報ですいません…)

dOfXpnil0L.JPG
どら焼きのあんは、粒あん派、こしあん派って分かれると思うんですけど、白あんも意外や意外、ほんとうに美味しいと思います!

日持ちも作ってから20日くらいあるようなので、お取り寄せもできちゃう便利さ!僕も下関から送ってもらったり、自分で取り寄せたりして楽しんでます。

元気の出ない方、、白あん好きの方、ぜひお試しくださいね!

僕も甘いもの食べて元気出して、乗り切りたいと思っています(笑)

巌流焼のホームページ
http://www.ganryu.co.jp/index.html

scope2343.JPG
今日から4月、新年度のスタートですね~ 新元号も何になるんでしょうかね。

外はちょっと肌寒くて、桜は咲いてたり咲いてなかったりですが、気分はもう春一色なので、盛り付ける器もあざやかな黄色にしてみました(^^)/

どんな料理かっていうと、料理をこれからスタートするっていう人にも作りやすいワンプレートで完結する、お昼ごはんでも晩ごはんでもどっちでもいけちゃうぜってなメニューです。

ちょうどいま新生活に向けて器をそろえようか、、って人も多いんじゃないかと思って、料理の紹介の前に器のことを少し…。

今回使ったのは、scopeさんで取り扱いしてるArabia(アラビア)のEeva(エエヴァ)というオーバル型プレートなのですが、白と黄があって、以前このブログでも白プレートについて書いたことがあります↓↓↓(調べてみたらけっこう前でした。ちょうど2年前!)
https://lineblog.me/sirogohan/archives/67281320.html

ものすごく丈夫で、一人分のカレーにパスタ、オムライスとかの1品完結の料理でも使いやすいし、例えばハンバーグとかのメインのおかずにも使え、今回の記事のようにワンプレートごはんにも最高。2人分の料理とかをどかっと盛るにも使える便利ささえもあるんですよね。

今回は春らしく黄色をチョイス。2年前に白プレートを紹介した時もちょうど春で、同じようにワンプレートごはんを盛っているので、僕の中でのこの器の使い方は変わってないんだなーと(笑) とにかく1枚あるとかなり使えると思うのでチェックしてみてください↓↓↓
・黄色…https://www.scope.ne.jp/arabia/colors/
・白色…https://www.scope.ne.jp/arabia/eeva/


さて、ここからは料理のこと。

いまはちょうどグリーンピースが旬で、スーパーでも1~2人分の分量にちょうどいいくらいの量でもパックで売られてます。そんなグリーンピースを使って、手軽な混ぜご飯を作るぞーっていうもの。

scopeさんの連載コラムでは、フライパンを使ってテンポよくワンプレートご飯を仕上げていく工程も紹介しています。
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9909


まずはフライパンで混ぜご飯以外の野菜を炒めて取り出しておき(コラムでは新じゃが&ウィンナー!)、それからバター追加してグリーンピースを炒めます。

scope2231.JPG

グリーンピースに火が通れば、炒めるのを止めて、温かいごはんを入れて醤油を加えて混ぜ合わせるわけです。決してご飯は炒めない。まだらに醤油味がついている混ぜご飯がおいしーと思います!

scope2259.JPG

今回はゆで卵を合わせましたが、混ぜご飯を作る前に、目玉焼きを作って取り出しておいてもOK!

scope2294.JPG

いやぁ、春らしい。黄色のオーバルプレート、もう1枚買って家族分そろえようかな…。

scopeさんの連載もぜひチェックしてみてくださいね~
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9909

hanami2019.JPG
そろそろ家のすぐ近くの公園も桜が満開だろうと、お花見に行ってきました~

作れるときは花見に弁当を作っていくんですけど、今年は超シンプル(^^)/


ちなみに、過去を振り返ってみると、、

◎2016年は「アスパラの肉巻き」や「じゃが芋と桜エビの炊き込みご飯」だったり。
https://lineblog.me/sirogohan/archives/57685317.html

◎2017年はWEB記事の撮影もかねて、「おにぎり2種」に「鯛の木の芽焼き」という豪華バージョンだったり!
https://lineblog.me/sirogohan/archives/67281016.html


今年は買い物にいかずに、タイミングよく家にあった食材を組み合わせてお弁当つめつめ。

・筍ご飯 … 手軽に水煮の筍で作りました。油揚げも入れず具材は筍のみ。
https://www.sirogohan.com/recipe/takenokogohan/

・かぶと椎茸と菜の花の炒め物 … かぶをじっくり炒めて、最後に椎茸と菜の花をさっと。

・モサエビの塩ゆで … 月イチの魚の取り寄せをしたタイミングだったので、赤色にちょうどいい!と日本海側で獲れるらしい“モサエビ”というちょっと小ぶりなエビを塩ゆでにして入れました。


写真は撮ってないのですが、2017年の記事のようにお皿や湯飲みも持参するのが好きなので、カチャカチャ言わせながら花見に行きましたよ~。

ピントは合ってませんが、ちゃこ連れで楽しめました↓↓↓

hanami20192.JPG
うちの近くの公園は、もう満開かと思って行ったら、「もしかしたら来週末も楽しめるのか?!」というくらい、半分は満開なのに、残りはバラバラで、まだ2~3分咲きくらいのものもありました。

来週の入学式まで桜が満開だといいですね~。

皆さんこんばんは。

今日は料理の音を聞いて楽しむ【ASMR動画】、第二弾のお知らせです♪

第一弾が「まな板で野菜を切る料理音」でこれがけっこう好評でした!SNSでリクエストもいただいたので、これまで作ってきた白ごはん.comの中から、『野菜を煮るときの音』だったり、『肉を焼く時の音』だったり、ジュージュー♪ コトコト♪ といった、まな板とはひと味違う料理音をひとつの動画にまとめてみました↓↓↓




ちなみに、はじめて作った「木のまな板で野菜を切る料理音」を聞く動画はこちら↓↓↓




肉じゃがが煮える音とか、野菜を切る音とか、どちらも聞いてて心が落ち着いたり、なごんだりしますよね~ 

たぶんASMR動画はこれでひと区切りついたので、来月からは心機一転、新しい動画をいろいろと作っていこうと思っています!

いまのところ、料理番組みたいに1つの動画で数品をまとめてチャチャッと作るのを撮ってみようかなー、なんて思っています(^^)/

*白ごはん.comの公式youtubeチャンネルはこちら↓↓↓ 2019年は目指せ登録者10万人で動画数も増やしていく予定です!
https://www.youtube.com/c/sirogohancomChannel

musidaizu3620.JPG
蒸し大豆って便利ですよねー。サラダのトッピングに、炒め物や汁ものの実なんかにも。

水煮の大豆よりもしっかりした豆のうま味があって美味しいから、蒸したてを普通におやつ感覚で食べるのも好きです。そして、蒸したては匂いをかぎつけてちゃこも寄ってきます。あげすぎ禁物ですが、ワンコのおやつにもなるっていう…(笑)

ちょっと話が脱線しましたが、、白ごはん.comでおうちで作る「蒸し大豆の作り方や保存について」をまとめました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/musidaizu/


ふっくらと水戻しした大豆を、ざるに広げて、、

musidaizu6.JPG

50分前後蒸すわけです!

musidaizu8.JPG

最後は必ず味見して火通りを確認し、

musidaizu9.JPG

冷蔵で食べきれないものは、平らに一度冷凍して、バラバラもしくは折ってまとまりの状態で冷凍保存しておくと使いやすいです。

musidaizu13.JPG

けっこうこれが便利で、沸いたスープの中に落とすと、1分待たずにちゃんと解凍されちゃうんですよね。うちでは豚汁に蒸し大豆を入れるのもけっこう定番だったりします(なんか食べ応えがぐっと増すので気に入ってるんです笑)

おうちで「蒸し大豆」、ぜひお試しください~
https://www.sirogohan.com/recipe/musidaizu/

*春からの新生活、おうちで手軽に美味しいだしが取れる「だしブレンド」もぜひ使ってみてください。白ごはん.comでもお椀の中で作る「即席みそ汁」や、近いうちに「みそ汁の素」をだしブレンドで作るっていうレシピも公開予定ですので!
→白ごはん.comのだしブレンド https://shop.sirogohan.com/

pi-mandaizu3415.JPG
昨日、閉店まぎわのスーパーに行ったら牛すじが半額になっていたので、今日は家でゆっくりしながら牛すじをゆで、明日のために牛すじカレーを作りました!

白ごはん.comに掲載するためにけっこう何度も試作をしているので、自分で改めてサイトを見つつ作る時は、「もう少しアレンジできないか」とか「もう一段階だけ手を抜くとどんな仕上がりになるんだろ」とかを確認しながら作ることも多いです。

今日は牛すじカレーの野菜を【すりおろし→薄切り】に変えて作ってみました。もしうまくいけば、また白ごはん.comのレシピに追記しておこうと思います~(→牛すじカレーのレシピはこちらから


さてさて、、

今日は先日紹介した「レタスとゆで卵のみそ汁」に続く、即席のおみそ汁の第2段をアップしたのでそのことです(^^)/

みそ汁に使う具材は【ピーマン&蒸し大豆】!!
https://www.sirogohan.com/recipe/sokusekipi-man/

pi-mandaizu1.JPG
またまた意外な組み合わせですが(普通の組み合わせも来週はアップする予定ですので…笑)、どうやってみそ汁にするかと言いますと、ピーマンは細切りにして、お椀の中で蒸し大豆と合わせ、そこに熱いおみそ汁をかけるというものです。

pi-mandaizu6.JPG
ピーマンのおみそ汁には、オリーブオイルやこしょうなどがとても相性よいと思うので、ぜひ試してみてください~!

白ごはん.comの「ピーマンと蒸し大豆のみそ汁」
https://www.sirogohan.com/recipe/sokusekipi-man/

*即席みそ汁シリーズは、お湯そそぐだけのパターンもあって、それには白ごはん.comのだしブレンドも使えます!先日のワークショップでも参加者の皆さんに「即席みそ汁の風味ではない!」と太鼓判をいただきました(笑) 手軽さも、ほっとするだし汁の風味のよさも、おみそ汁にはどっちも欲しいところだと僕なんかは思います。ぜひだしブレンドも即席のおみそ汁に使ってみてほしいです(^^♪ 来週は定番具材で即席みそ汁を紹介しようと思っています~

白ごはん.comのだしブレンド
https://shop.sirogohan.com/

ebiretasu3533.JPG
昨日、白ごはん.comに「エビとレタスのかきたま汁」をアップしました!
https://www.sirogohan.com/recipe/ebiretasu/

急きょ「急いで撮るぞ」と撮影したレシピなのですが、というのも、、

少し前にアップした「レタスとゆで卵の味噌汁」で、「レタスって火を通すと美味しいですよね!」と共感してくれる方も少しいらっしゃったのですが、「レタスを汁ものの具にするとは!」という驚きの感想が大半だったんです。

*少し前の「レタスとゆで卵の味噌汁」はこちら↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/sokusekiretasu/

なので、これはレタスの使い方の一つとしてちゃんとお伝えせねば!と、味噌汁以外でレタスをスープの具にした料理をアップしたというわけなんです。今回は「えび&レタス」のスープ。

ebiretasu2.JPG
ショウガはせん切りにして、先にえびと生姜を炒め、だし汁を入れて調味し、ゆるくとろみをつけます。そこに溶き卵を加えてかきたま汁にして、最後の最後にレタスを投入!

ebiretasu14.JPG
あとはさっとひと混ぜするだけでOKです。レタスはすぐに火が通るし、火が通ったあとも、シャキシャキ感は残るので、スープの中でよいアクセントになってくれます。

一つポイントがあるとすれば、味噌汁でもこのスープでもそうですが、レタスの青っぽい香りが強くて気になる時は、こしょう(もしくは粗びき黒こしょう)を最後にふるとよいです。レタスの香りがこしょうで気にならなくなると思います。

みなさん、ぜひサラダでレタスを使ってちょっと余っちゃった…っていうときは、味噌汁やスープの具に最後に加えて食感を楽しんでみてください~。

*エビとレタスのかきたま汁
https://www.sirogohan.com/recipe/ebiretasu/

asaritakenoko1579.JPG
野菜を切って、鍋を振って、湯気立つ料理を盛り付けて、、と、料理をする人が自分で作ってて「おいしそ~~」と感じるそんな瞬間、いま風にいえば料理の“エモい瞬間”を撮影したいと日々思いながら料理しています。特にこだわっているのは“出来たてを撮る”ということかもしれません。

ちなみに、上の写真は左手で丼椀を、右手でお玉を持って、セルフタイマーで撮影(セルフタイマーといっても、どのくらい動きがあるか考えてセルフタイマーの“2連続撮影”~“10連続撮影”くらいまでを使い分けています…)。自分で料理を仕上げまでやって盛り付けて、それから移動して三脚かまえて撮影して…って流れなので、テキパキどころじゃなく台風のようにあわただしく、時に急ぎすぎて鍋をひっくり返したりすらしています(笑)

いやぁ。今月のscopeさんでの連載、あさり&たけのこのおかず汁なんですけど、これは美味しそーに撮れたなぁと(笑) 
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9861

一人で調理&撮影をしていると、いいところをスルーしちゃって、おぉ、通り過ぎちゃったよ…って悔やむことが多いんですけど、カッコいい器と素朴な料理、できたてを盛り付けている湯気のもくもく。あわただしく動いている中、こんな一瞬が撮れると「あぁぁ」と、心が動くんですよね。ほんとに嬉しいんです。

asaritakenoko12.JPG
こちらは鍋の中↑↑↑ 今回は水煮たけのこをいかに美味しくさっとスープの具にするかっていう、そんなコツも合わせて連載の中で書いてみました。

asaritakenoko1717.JPG
桜の開花ももうすぐで、春らしさも感じてほしくて、木の芽も添えてみました↑↑↑ 上の写真のように、だし汁いらずでもしっかり濃いうま味のスープに仕上げたかったので、汁の量はひかえめ。具だくさんのおかず汁といった感覚でぜひ作って食べてみてほしい一品です。

scopeさんの連載、ぜひチェックしてみてください~
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9861

↑このページのトップへ