gomatounyuuvigan2929マークナシ.JPG
2020年の秋ごろから、白ごはん.comの中にも #ヴィーガン タグを作ってレシピを紹介しています。

(僕自身の食生活でもミートフリーな日も多くて、以前から野菜と魚が中心っていうこともありますが)レシピ開発や商品開発においても、まだまだ情報や商品が足りていないところにこそ届けたい、そんな風に思っているので、最近は『白ごはん.com的なとことん美味しいヴィーガンレシピ』なるものを色々と試作して紹介していきたい!と熱意を持っています(^^♪

そういえば、昨年の秋にはTwitterでヴィーガンのだし取りについてのアンケートを取ってみたりもしました↓↓↓ (こちらもいろいろ進行中です)
***

というわけで、今日アップしたレシピは『ヴィーガンごま豆乳なべ』です。
sirogohan.com/recipe/gomatounyuu3/

これが本当に美味しい。ヴィーガンの鍋でここまで美味しく、楽しめるのは(手前味噌ですいませんが…)なかなかないのではないかと思っています。

だし汁は昆布と干し椎茸なのですが、鍋の具材となるものにも、風味が出たり出汁が出たりするものを組み合わせています。

例えば具材の一例ですが、下の写真は左上から厚揚げ(油のコクをプラス!)ささがきごぼう(鍋つゆに風味をプラス!)カリフラワー(具材として楽しめ且つ出汁も出る!)といった目的もあって入れています。

gomatounyuuvigan4.JPG

豆乳以外の調味料は、すりごま、味噌、醤油、ごま油、砂糖、塩、あれば白ねりごま、くらい。白ねりごまも入れたらコクが出るので用意できたらぜひ入れてほしいのですが、必須でもないのでなければ省いてOKです。

gomatounyuuvigan8.JPG

鍋つゆが出来れば、あとはカリフラワーと水菜、ゆでうどん以外の具材をすべて入れて火にかけるだけ!

gomatounyuuvigan11.JPG

最後にカリフラワー、ゆでうどん、水菜を加えて、火が通れば出来上がりとなります。

*ちょっとしたことなのですが、ゆでうどんも〆ではなく、はじめから入れた方が鍋つゆの味わいが深まるのではじめから入れています!

gomatounyuuvigan15.JPG

◇白ごはん.comの『ヴィーガンごま豆乳なべ』
sirogohan.com/recipe/gomatounyuu3/

鍋なので自分やいっしょに食べる人の好みに合わせてアレンジしつつ、ぜひお試しください~

IMG_0736.jpg
今日は朝から白ごはん.comのレシピサイトをどう改修してより使いやすくしていくか、WEB制作会社さんと打ち合わせでした(いつまでも慣れないWEB会議です…)。

昨年の6月から会員登録をはじめてみて、僕自身が使い勝手について感じたこともありましたし、皆さんからの意見もたくさんいただけました。そういったことも取り入れつつ、サイトをよりよく改修していけたらと思っています。

***

さて、今日は1月7日。今日から娘は学校スタートでした。けれど今日は午前までで「昼ごはんは家で食べる!」ということだったから、これはちょうどいいと、七草がゆを作って家族みなでいただいています。

IMG_0726.jpg
年末年始のごちそうで疲れた胃腸をいたわるためでもある、この七草がゆ。色どりだけじゃない、七草の香りの良さがほんとうに美味しいと思います!

白ごはん.comの『七草がゆ』レシピもぜひ参考にしてもらえたら嬉しいです。
https://www.sirogohan.com/recipe/nanakusa/

***

白ごはん.comの写真はNikonの一眼レフ&単焦点レンズで撮影しているのですが、最近ブログの写真はiphoneで撮ったものを使うことも多いです。今日もそれ。すごいですよね。美味しそうに撮れる! 

kasujirusai2715マークナシ.JPG
今日のおやつは黒豆と栗きんとんでした。栗きんとんもこれで最後だし、お正月気分がようやく抜けそうですww

さて、白ごはん.comの仕事はじめは『鮭と根菜のかす汁』の更新でした。寒い時期にほんとうに温まる汁ものレシピで、改めて作ってみていいなぁと思いました。

kasujirusai15.JPG
仕事柄どうしても”新しいレシピ”を作ろうとしてしまうのですが、今年はいまあるレシピをもっと家でも作って楽しむ1年にしたいなとも思います。繰り返す作ることで新たに気づくこともありますしね(^^♪

◇白ごはん.comの『鮭の粕汁』
https://www.sirogohan.com/recipe/kasujiru/

ですので、きっと今回の鮭の粕汁のように、再撮影して文章をリライトして…という更新も多くなりますが(元々が新しいもの好きなので^^)新しいレシピもこれまでに近い形で定期的に増やしていくぞ!と思っています。あらためまして、2021年も、白ごはん.comをどうぞよろしくお願いいたします!

***

明日は『七草がゆ』ですね。スーパーに行ったら「七草がゆセット」がたくさん並んでいました!レシピも参考にしていただけましたら~↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/nanakusa/

***

白ごはん.comストアからのお知らせです。年始の発送が昨日からはじまりました!エプロンやオリジナルのオーバル皿、調理べらや鍋つかみなど、この年末年始に欠品となったものがたくさんありますが、徐々に入荷していく予定ですので、またブログやTwitterでお知らせさせていただきますね。

今年の白ごはん.comストアも楽しくお買い物いただける商品を増やしながらも、僕なりに商品化する意義を感じているものを増やしていきたいと思っていますので、レシピサイト同様によろしくお願いします。https://shop.sirogohan.com/ 

kawara6715.jpg
TBSの逃げ恥スペシャル、1/2に放送されましたね!4年前に放送され、僕の出身地である山口県下関市発祥の郷土料理『瓦そば』がその時に登場して、白ごはん.comに急いで追加したのですが、今回も『瓦そば』が津崎家の食卓に…‼ いやぁ嬉しかった(^^♪

今回は省かれてましたが、そうなんです。平匡さんの実家は山口県の設定なんですよね。僕も実家にいるころから(ふつうにスーパーで3食袋めんの瓦そばの商品がならんでたりするから)年に何度も食べていました。そして、山口を離れたいまでも同じような頻度で瓦そばを作っています。

年始の逃げ恥を見る前から、娘が「瓦そばをそろそろ食べたい…」と言っていて、年明けに作ろうかと言っていたところに、逃げ恥で瓦そばが登場したものだから、これは作るしかないでしょ!となったわけです。

今日の晩ごはんの瓦そば↓↓↓

レモンや大根おろしが入っているから、年末年始の豪華な食事に疲れていても、すごく食べやすいと思います。ドラマ見た方は逃げ恥の余韻を感じつつ、ぜひ『瓦そば』作ってみてください~

◇白ごはん.comの『瓦そば』
https://www.sirogohan.com/recipe/kawara/

2020oseti2750.JPG
あけましておめでとうございます。2021年、今年もどうぞよろしくお願いいたします!この1年も相変わらずですが、自分が人にすすめたくなったレシピを白ごはん.comにコツコツとアップしていけたらと思っています。それが少しでも皆さんの献立づくりのお役に立てば嬉しいです^^

***

さて、今年のおせちは上の写真のような仕上がりとなりました。たまに脱線しながらも、Twitterに途中経過をアップしたりしながら年末を過ごしておりました↓↓↓

***

うちは3人で食べるおせちなので、基本的に食べたいものを1段に詰める形にしています!上から順に紹介していきますね。

◇紅白かまぼこ
◇伊達巻き
◇酢れんこん


酢れんこんはいつもより厚みを出して(7~8㎜幅)、切り込みを2回入れてから切り離すようにして味のしみ込みをよくしました。

◇こんにゃくの煮物
◇黒豆
◇栗きんとん


黒豆は汁気も入れておいたほうが、シワも寄りにくいのでおすすめ。自分が持っているお重の高さにあったガラス小鉢があるといいかと思います(僕も定番で使うガラスの器は決まってます!)

◇たたきごぼう
◇とこぶしの煮物
◇たたきごぼう


今回は何年かぶりにとこぶしの煮物を作って入れました。僕が以前勤めていた料理屋さんでは、この上に葛でとろみをつけて1つずつ身の部分にたれをかけていたりもしたのですが、家庭料理なので含め煮にした状態でそのまま!でも1日は味をしみ込ませたほうが美味しいですね~

◇干し椎茸の煮物
◇紅白なます
◇長芋の炊いたん揚げたん


紅白なますは柚子釜を作って入れました。柚子の香りも移るし、なますは少し汁気もあるので柚子釜いいですほんと。それから、今年は煮物をあまり作りませんでした。その代わりといってはなんですが、長芋を炊いて味をなじませて、それに片栗粉をまぶしてカラリと揚げて(炊いたん揚げたんとうちでは呼んでいます^^)、冷ましてからお重に!これが冷めても美味しい。

という12品でしたーーー!!いやぁ美味しかった。

***

今年も「また作ってみようかな」と、そんなふうに思ってもらえるレシピをお伝えしていけたらと思っています。皆さんにとって、素敵な一年となりますように! 

2020oseti.JPG
こんにちは。愛知でもかなり冷え込んできていて、雪がふり続いています。

今年の年末はどこにも出かけなかったからか、なんだか仕事モードが抜けきれず、おせちづくりをしながらバタバタと撮影をしています。昨日は「とこぶしの煮物」を新しく撮影して、今日は「鮭のかす汁」を再撮影。こちらはまた年明けに更新をしていこうと思います。

今年は大変な1年でしたが、温かいかす汁を家族みなで美味しいねと食べていられることが、なんだか身に染みて、ほんとうに有難いことに感じられました。ニュースを見てもどかしさを感じることも多かった1年でしたが、健康でいられること、多くの人のおかげで社会が成り立ち、支え合っていることを実感もしました。来年は少しでもはやく明るい兆しが見えたらなと願っています。

***

さて、おせちはどこまで進んだかと言いますと、数日前から作っておいた酢れんこんや黒豆、冷凍してあった干し椎茸の煮物なども解凍を終え、今日は栗きんとんと伊達巻きだけを作りました。これであとはお重に詰めるだけです。

今年は久しぶりにとこぶしも煮てみました。バタバタしつつもやはり比較検討してみたい気持ちが抑えきれず、追い鰹をしないもの、したものを作って味比べをしてみたりwww おかげで大掃除はちょっと手抜きですが、まぁいつかやればいいよねと思っています^^

***

そして、最後にTwitterにも投稿したのですが、今日の昼前から白ごはん.comにアクセスが集中して、つながりにくい状態がいまも続いています…。いつも大晦日にアクセスが増えるので、それを見越してサーバー容量なども検討していたのですが、予想以上で…、こればかりはいまはどうしようもなく…。他の作業をしつつ、気長に待っていただけたら嬉しいです(ほんと申し訳ないです…)

2020年もほんとうにありがとうございました。皆さん、よいお年をお迎えくださいませ。

白ごはん.com 冨田ただすけ
https://www.sirogohan.com/

oseti2020.JPG
今日から仕事をしつつ、ぼちぼちとおせちの準備をやっていこうかと思っている冨田です。

今日からは黒豆でも煮ようかと思っているのですが、黒豆の下ごしらえで“乾物から水戻しする”のに半日以上かかるから、昨日の夕方から豆を水に浸しています。


黒豆の大きさにもよりますが、そこから煮る時間は4時間くらいかかるし、干し椎茸も同じ乾物なので戻す時間を考えておく必要があります。数の子だって塩抜きに半日以上かかったりするので、スーパーで買ってきてすぐ作るぞ!というわけにはいかないものが多いのも、おせちづくりの特徴かと思います。

年末はそれでなくとも忙しくから(やらなければならないことも、単純にやりたいことも多い!)、せめておせちづくりは、下ごしらえなどの時間を把握して、食材や調味料の買い忘れのないように、非効率にならないようにできたらいいなと、そんなふうに毎年のことながら思ってやっています。


***


去年は食べたいお店のおせちを買っていただいたのですが、今年の年末年始はどこにも行かないし、自分の食べたいおせちを10品くらい作ろうかなと思っています。←こういう仕事をしてても、毎年必ずおせちを作るってわけじゃないです(誰がが作ってくれたものが食べたい年もある…)
 
今年は作ってもらいたい気分な人は、その気分を盛り上げる記事としてww 、作りたい人は(作りたくはないけどしゃーない作るか、、という人も)何を作るか、どれが効率的かなども含めて、白ごはん.comのおせちレシピのまとめを参考にしてみてくださいね~。

kuromamesaitate.jpg 
黒豆の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵5日(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/kuromame/
戻す時間も煮る時間も、豆によるので、
ぜひ余裕を持ってやってみてください。
とにかく家にゆっくりいる時に煮るべしです。
でも市販のものにはない、くどすぎない、
自分好みの甘さにできるとこがいいですよね。


namasutate2.jpg
紅白なます
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/namasu/
大量に作っても冷凍しとけばOKかと。
冷凍したら繊維質がちょっと強く出るけど、
そんなに気にならない程度かと!
アレンジとしてはせん切り柚子をプラスしたり、
五目なます」にしても豪華さアップです。


kazunokotate2.jpg
数の子
…準備半日以上→作ったら冷蔵3~4日
sirogohan.com/recipe/kazunoko/
作ってから1日くらい味をなじませたほうが
美味しいので、直前に作るよりは少し前に
作った方がいいかもしれない!


siitakesaitate.jpg
干し椎茸の煮物
…準備半日以上→作ったら冷蔵1週間(冷凍も可!)
sirogohan.com/recipe/siitake/
うちでは年に何度も作る定番の常備菜で、
おせち用はいつもよりちょっといいやつで。
干し椎茸の美味しさに目覚める一品かと!
上で紹介したなますに混ぜても美味しい。


tatakigoboutate2.jpg
たたきごぼう
…当日作りやすい→冷蔵で4日ほど
sirogohan.com/recipe/tatakigobou/
だし汁なども使わないのでかなり手軽。
洗いゴボウ買ってきたら下ごしらえもラク!
シンプルだけどごぼうの美味しさが
しっかり感じられるし食べやすいので、
おせちとしても好きな一品です。


datemaki1011tate.JPG
伊達巻き
…当日作りやすい→作ったら冷蔵2~3日
sirogohan.com/recipe/datemaki/
他のおせちに比べて日持ちが短い点だけ
注意が必要な一品(だし汁が入るため)
でも、冷めた状態で食べるおせちの中で、
秀逸な美味しさかと思います。


surenkontate3.jpg
酢れんこん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵1週間以上
sirogohan.com/recipe/surenkon/
冷蔵で長く日持ちするので、できれば
時間のある時に作っておきたい1品。
新鮮そうなれんこんを見つけたときにぜひ!


yuuantate6461.jpg
鮭の漬け焼き
…当日作りやすい→作ってから冷蔵2日ほど
sirogohan.com/recipe/yuuanyakisake/
焼いたらそんなに日持ちしないので
おせちに入れるなら31日に作るのがいいかと。
ただ、一度漬け込んだものを焼く前に
冷凍しておくことも可能なので、
そうすれば31日が少し楽になります。
鮭だけじゃなく、鰆などでも美味しいです。


kintontate.jpg
栗きんとん
…当日作りやすい→作ったら冷蔵4~5日
sirogohan.com/recipe/kinton/
おせちは醤油味や酸味のきいたものも多いので、
こういった甘みのあるものがあると嬉しいですよね。
この栗きんとんのために、冨田家では秋に
栗の甘露煮を仕込んで脱気して保存してマス!
かなり本気の一品になりそうですww
甘いもの系だと「金柑の甘露煮」なんかも。


tikuzennisaitate.jpg
筑前煮
…準備半日→作ったら冷蔵4~5日ほど
sirogohan.com/recipe/tikuzenni/
干し椎茸が入るので、それを戻す時間が必要だし、
具材も多いので当日はけっこう大変になるかと。
でもこれ1品あれば、各々が好きな具材を楽しめて、
いいものですよね!


いかがでしょうか。他にも、「田作り」「エビの煮物」「あわびの酒蒸し」「タイの昆布締め」「さば寿司」など、紹介しだしたらキリがないくらいいっぱいあります。

僕自身もまだ何を作るか決めきれていないので、白ごはん.comの中で探してみようかと(^^♪ 参考になりましたら~

datemaki1011.JPG
白ごはん.comに先ほど『伊達巻き』をアップしました!
sirogohan.com/recipe/datemaki/

今年の白ごはん.comの更新はこれにて終了(たぶん…)

明日からは、おせち料理づくりのことを、僕自身もぼちぼちと黒豆などを煮ていこうかと思っているので、このブログでも紹介していこうと思います~。

***

ちなみに、伊達巻きのほうはどんなかと言いますと、【フライパン】を使って【卵+タラの切り身】で作るレシピです。
 
ネットやレシピ本で出てくる伊達巻きレシピのほとんどは、市販のはんぺんか、魚やえびのすり身を使うものなので、ちょっと違う方向でまとめてみました。

datemaki1.JPG

そして、焼く際はオーブンではなくフライパンを使っています。フライパンはどうしても焼きムラが出やすいのですが、タラの下ごしらえなどにちょっと手間がかかるので、少しでも焼くほうは手軽にしたかったというのが理由です。

世の中には本当にたくさんのレシピがありますし、僕が知らないこと、白ごはん.comで紹介できていないこともたくさんあると思いますので、ぜひいいとこどりで(生地は白ごはん.comで、焼き方はオーブンで焼くのを他のレシピを参考にしてなど!)、やってみてください~

◇白ごはん.comの『伊達巻き』レシピ
sirogohan.com/recipe/datemaki/


***


今年も残すところあとわずか。来週からの一週間も出かける予定は特にないので、家で食べたいおせち料理を自分で作ろうかなと(たぶん10品くらいかな?)思っています。

明日以降のおせちに関するブログも参考にしていただけたら嬉しいです!


***


白ごはん.comストアも、この年末たくさんの方に見に来ていただけて(本当に予想以上で!)、入荷待ちの商品も多くなってしまいました。

入荷待ちとなっている商品の今後の予定ですが、
〇 灰釉オーバル皿…1月下旬予定
〇 調理べら…1月末予定
〇 エプロンと鍋つかみ…未定(一部エプロンは春まで入荷できない予定です)

このような感じとなりそうです。また日程が詳しくわかればお知らせさせていただこうと思います。
また、商品のバリエーションも当初の想定より少なくなりましたが、エプロンとふりかけのキャンペーンはもう少し継続しようと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします(^^♪ 
https://shop.sirogohan.com/

ちなみに、昨日の冨田家はだしブレンドを直入れした『たこ焼き』でした。味噌汁などの汁物でも直入れはいけるのでそうすることも多いのですが、汁気があってもとろみのあるもの、汁気が少なく具材にからむもの、たこ焼きのように生地混ぜ込むものなどは、特に直入れがまったく気にならないのでいい使い方だなーと思っています。年末たこパーいいですよね↓↓↓うちのレシピですww
sirogohan.com/recipe/takoyaki/

oDSC_1134.JPG

皆さんこんにちは。今日24日は、【白ごはん.comストアの特売デイ】です。

● 今日から発売となった『灰釉 小皿』『灰釉 オーバル皿』も、24日だけは10%offとなりますので、ぜひチェックしてみてください。

● 『3WAYエプロン』『無添加ふりかけ』シリーズも、年末年始に活躍できそうな『だしブレンド』も今日はお買い得になっています!

● 入荷待ちとなっていたオリジナル『鍋つかみ』も少量ですが入荷しています。

● お茶やコーヒー、お菓子なども(10%off対象ではないですが)、年末年始にあると嬉しいおうちタイムを作ってくれると思いますので、ぜひぜひ!

◇白ごはん.comストア◇
https://shop.sirogohan.com/

***

器については、お伝えしたいことがたくさんあるので、別の日にまた改めてブログ記事にできたらと思っています。今日は写真集のように、小皿とオーバル皿の使用例をざっとまとめようかと↓↓↓

oDSC_1586.JPG
oDSC_1620.JPG
oDSC_2008.JPG
oDSC_1068.JPG
oDSC_1381.JPG
oDSC_1438.JPG
oDSC_1795.JPG
oDSC_1827.JPG
oDSC_2216.JPG
oDSC_7216.JPG
oDSC_0782.JPG
oDSC_2367.JPG
oDSC_2298.jpg
oDSC_1228.JPG
以上が『灰釉(はいゆう)オーバル皿』の使用例でした!撮影してて思ったことは、ほんとに盛り付けが決まりやすいということ。余白の見え方が決まってて、中央に自然ときれいに盛り付けできるからかなと思います。
https://shop.sirogohan.com/product/haiyuuoval

***

ここからは小皿の使用例です(小皿もオーバル皿も下のような箱入り!)
kDSC_1580.JPG
kDSC_1602.JPG
kDSC_4153.JPG
kozara_sirogohan_1_4132.JPG
kDSC_4106.JPG
kozara_sirogohan_3_4487.JPG
kozara_sirogohan_4_4469.JPG
burotunamayo2331.JPG
kDSC_4216.JPG
kozara_sirogohan_5_4198.JPG
kDSC_4516.JPG
以上が『灰釉(はいゆう)小皿』の使用例でした!
https://shop.sirogohan.com/product/haiyuukozara

***

どちらも、シンプルながら“雰囲気のある器”に仕上がっていて、なおかつ、丈夫でもちろん食洗器OK、洗ったあとに高台に水がたまりにくいなど、日常にそったとても扱いやすい器です。

普段からおもてなしまで、しっかり頼れる存在になると思います!

僕が住む愛知岐阜の陶磁器産業が盛んな地域は、いま外食産業からの注文も減っているそうです。器を使っていただく方の気持ちが満たされると同時に、良い物を作られている側の方々にも商品を届ける喜びが生まれるなら、それは本当に嬉しいことです。

良い物を永く使っていただけるように、白ごはん.comストアも良いお店でありたいと思っています。商品ページもぜひチェックしてみてください~

◇白ごはん.comストア◇
https://shop.sirogohan.com/

↑このページのトップへ