takoyaki5467.JPG
今日このあとM-1みなきゃ~!急いでブログもアップです(笑)

ついさきほど、昨日の昼に家族で『撮影用たこ焼き会』をしまして、さっそくその時の写真を使ってレシピをアップしておきました!

初回試作メモは5年前だったので、おそらく20~30回と作ってきて、ようやく【生地がとろとろな仕上がり】なたこ焼きレシピができました。
https://www.sirogohan.com/recipe/takoyaki/

takoyaki11.JPG

具材は定番の刻みねぎと紅しょうが。

天かすはだし汁が香れば、なくても十分美味しいかなと思うので、うちでは入れないことが多いです。

takoyaki14.JPG

たまにこのシンプルな具材に、キャベツや下ごしらえしたこんにゃくを合わせることもあるのですが、そのレシピも最後の方にまとめています!

takoyaki18.JPG

 年末年始のたこパーにぜひレシピ活用してみてくださいね(^^♪


白ごはん.comの「たこ焼き」レシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/takoyaki/


*明後日の12/24はだしブレンドの特売デイです。年末のおせちや、年始のお雑煮などにぜひ使ってみてください!
https://shop.sirogohan.com/

dasiblend_bn.JPG



皆さん、こんばんは。冨田ただすけです。

12月も中旬をすぎると、スーパーの生鮮食品コーナーはクリスマスを打ち出してきて、かたや乾物コーナーはやけにお正月っぽくなってきますよね。おせちにはやっぱり昔ながらの乾物が欠かせないんだよなー、なんてことを考えたりして今日もスーパーで買い物してました。

さて、黒豆もたくさん並び始めたので、今年は「黒豆の煮方の動画」を作って先ほどアップしました!

実は、黒豆は冷凍可なので、事前に炊いておくことができる『忙しい年末年始に大助かりな一品』なんですよね。僕なんて、すでに冷凍庫にタッパー2つ分の黒豆のストックがあります(^^♪

黒豆自体は炊くのに時間がかかるものなので、例えば今週末炊いておいて、煮汁ごと冷凍しておき、30 日くらいから冷蔵庫に出して自然解凍しておくっていうのが、超スムーズで年末忙しい人にとってはおすすめできるやり方なんです。

ぜひ、動画も参考にしつつ、黒豆炊いてみてくださいね!

*そういえば昨日!白ごはん.comのyoutubeチャンネル登録者が10万人を突破しました!月に2本くらいしかアップしていないのに、なんという有難いこと…。これからも細く長く、レシピサイトも動画もやっていこうと思っています^^
https://www.youtube.com/c/sirogohancomChannel

kawahaginabe2625.JPG
みなさん、こんばんは。愛知は今日は寒くなかったなぁ…(この鍋の記事を書こうと思っていたのに...)

でも、週末は寒さも戻ってくるようなので、ちょっとでもね、献立作りの参考になればと思ってマス(^^)/


そう、スーパーにもカワハギが並び始め、今月のscopeさんの連載、旬シュ瞬!は『カワハギのちり鍋』なのです。
https://bbs.scope.ne.jp/shu/10345.html


コラムにも書いてるんですけど、鍋の具材を【野菜+魚介系】にしてあっさりと仕上げるのもけっこうおすすめなんですよね。脂が少ない分、ヘルシーで具材の味わいも引き立ってくれると思います。

kawahaginabe15.JPG

特にカワハギは、身離れもよくて、プリっとした食感がたまらなく美味しいお魚。スーパーや魚屋で見つけたら、ぜひ鍋の具の候補に入れて作ってみてください!!

kawahaginabe16.JPG

↓↓↓こうやって、キッチンバサミなどを使って、ヒレを切り落としてから鍋に入れると、食べやすく、煮込んだりお玉で具をくずしちゃっても、汁に骨やヒレが入ったりする心配もなくなります。
https://bbs.scope.ne.jp/shu/10345.html

kawahaginabe5.JPG

toriyuzukoshou52862.JPG
先ほど白ごはん.comに『鶏肉の柚子胡椒焼き』のレシピをアップしました~!
https://www.sirogohan.com/recipe/toriyuzukoshou/

フライパンで作る「照り焼きチキン」と同じような作り方なのですが、柚子胡椒をきかせたタレで下漬けをするのがポイント!

toriyuzukoshou2.JPG

下漬けできたら、フライパンで皮目から焼き、焼き色がつけば裏返して弱火でじっくり火を通します。鶏肉にほぼ火が通れば、漬け込みに使ったタレを捨てずに取っておいて全量加えます!火を強めて鶏肉にしっかり絡ませれば完成です(^^)/

toriyuzukoshou10.JPG

エリンギの柚子胡椒和えに続く、柚子胡椒レシピ第2弾なわけですが、どちらもやみつき感のある美味しさで、きっと好きな人多いんじゃないかなーと思ってマス!

先週アップした『エリンギの柚子胡椒和え』も合わせてどうぞ~
https://www.sirogohan.com/recipe/eringi/

eringi4755.JPG

tororonagaimo5117.jpg
忘年会シーズンですねー。都会から離れてフリーランスやってる僕は忘年会ゼロなので、忘年会ネタのニュースを見るたび、会社員時代を懐かしく思います^^

さて、そんな時期でもあるので、疲れた胃腸をいたわる料理をアップしようかと!

先ほど『長芋とろろご飯』を白ごはん.comにアップしました(^^♪
https://www.sirogohan.com/recipe/tororonagaimo/


白ごはん.comでは自然薯を使ったとろろご飯のレシピはすでにあったのですが、作りやすさで言ったらやはり長芋に軍配が上がります。

長芋は自然薯に比べれば水気の多い芋ですが、だし汁や卵の割合、調味料をうまく合わせることで、長芋でもものすごく美味しいとろろご飯ができるので、それを紹介したくてレシピにしてみました。


すり鉢がない場合のこともレシピページには書いているのですが、ここでは【よりなめらかさの出るすり鉢で作るやり方】をざっと紹介しますね。

はじめにすり鉢に卵を割り入れ(長芋400gに卵を1個使います)、1/6量くらいの長芋をすりおろします。卵白のかたまりが完全になくなるくらいすり合わせたら、残りの長芋をすりおろし、すり鉢でさらに当たっていきます。

tororonagaimo5.jpgtororonagaimo7.jpgtororonagaimo8.jpg

あとは、自然薯の時に比べると少量のだし汁、醤油、煮切ったみりん、塩を加えてよく混ぜる!だし汁が少量なので(長芋400gに対してだし汁50ml)、いつもより少し濃いめくらいで取るといいかもしれません。

tororonagaimo11.jpg

熱々のご飯にかけていただきましょう!これに具だくさんのお味噌汁さえあれば、十分すぎる食事になりますよね。

tororonagaimo5124small.jpg

 今日は金曜日。忘年会に参加される方も多いんじゃないでしょうか。ぜひ週末に長芋とろろで回復してください(笑)

白ごはん.comの長芋とろろご飯
https://www.sirogohan.com/recipe/tororonagaimo/

satumaimoni1311.JPG
さつまいもを醤油系の調味料で煮付ける煮物。

「さつまいもが甘いから合わないんじゃ!?」って思う人も多いみたいですが、これが案外あうんですよねー。

白ごはん.comではこれまで、「鶏肉とさつまいもの煮物」のレシピがあったんですが、これは隠れた銘レシピで、いまの時期にぜひ作ってもらいたい煮物なんです↓↓↓ https://www.sirogohan.com/recipe/satutorini/

satutorini3479.JPG

そして、先ほど、これをもっとシンプルにしたような、さつまいもだけの田舎煮のレシピを白ごはん.comにアップしました~。

白ごはん.comの「さつまいもの田舎煮」
https://www.sirogohan.com/recipe/satumaimoni/

だし汁と醬油、砂糖、みりんをはじめから鍋に合わせて、1.5㎝幅くらいに切った輪切りのさつまいもをことこと煮るだけなので、手順もけっこう簡単かと!それぞれぜひお試しくださいねー(^^)/ ほんとに、醤油味のさつまいもの煮物の美味しさに目覚めると思いますっ

satumaimoni4.JPG

kyabesara8615.JPG
野菜がたっぷり食べられるし、加熱することで野菜の甘みもアップする『温野菜サラダ』。

白ごはん.comでも、作りやすい組み合わせ、ボリュームの出しやすい組み合わせでレシピにしてみました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabesara/


温野菜サラダに使う野菜は【キャベツとブロッコリー】で、そこに【鶏ささみ】をプラスして、盛り付け方によってはおもてなしにもなるようなサラダにしてみました(^^)/


作り方は、フライパンで蒸し煮にするスタイルで、食べやすく切ったキャベツ、ブロッコリー、鶏ささみに水と酒を加えて、蓋をして蒸し煮にします。

kyabesara6.JPG

だいたい12分くらいで火が通るので、鶏ささみだけ取り出して食べやすく切り、器に盛り付けましょう!

kyabesara9.JPG

シンプルに【レモンしぼって、塩+オリーブオイル】という食べ方も美味しいのですが、【マヨネーズにごまをきかせたドレッシング】のレシピも掲載しておいたので、それをかけて食べるのもおすすめです!

kyabesara5009.JPG

これからの季節、体もあたたまって、野菜もたっぷりと摂れる『温野菜サラダ』の出番も多いと思うので、ぜひご活用ください~
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabesara/ 

eringi4755.JPG
見た目は地味なんですけど…、とっても手軽で美味しく仕上がるので、ぜひ皆さん作ってみてください。

つい先ほどアップした、白ごはん.comの『エリンギのゆず胡椒和え』
https://www.sirogohan.com/recipe/eringi/


さっそく作り方ですが、エリンギは食べやすい長さに切って縦6等分くらいに切り、レンジで加熱します。600Wで1分半~2分くらいが目安です。

そうしたら、まずはじめにやるのは下味をつけること。砂糖と塩で火の通ったエリンギに下味をつけます↓↓↓

eringi4.JPG

レンジ加熱ってどうしても味がのりにくいので、味付けも2段階でやったほうがいいような気がしています。時間をおいてから、ゆず胡椒、醬油、ごま、植物油を加えて味を調えれば完成です(^^)/

eringi8.JPG

鍋料理で使うようになるからか、、寒い時期はゆず胡椒を使ったピリリと仕上げる料理が作りたくなります。ぜひお試しくださいねー!

白ごはん.comの『エリンギのゆず胡椒和え』
https://www.sirogohan.com/recipe/eringi/

 

onimanyoko.jpg
愛知県のローカルおやつの『鬼まんじゅう』が、つい3日前くらいにテレビ放映されたみたいで、Twitterのトレンドに入るわ、白ごはん.comでもアクセスのびるわで、びっくりしてます。

今日も妻の実家で「どんな鬼まんじゅうが好きか⁇」という議論になったのですが、僕のまわりはけっこうな確率で【生地ずっしり系】が好きだぜ派でした。

愛知県下の多くの和菓子屋さんでは、特にいまの時期は鬼まんじゅうを作られているところが多いのですが、蒸しパンのようにふんわりした生地だったり、もちもち&ねちっとしたずっしり系の生地だったり、生地の特徴もさまざまなんです!

そこに加え、さつまいもの切り方(大きく切るか、細かく切ってどこを食べてもさつまいもがある感じにするか)などの違いもあるから、ほんとに千差万別(^^♪

愛知県に来られることがあれば、和菓子屋さんをいろいろめぐって、鬼まんじゅうを食べ比べてみるのも楽しいかも、なんて思います。

白ごはん.comでは僕好みのずっしり系鬼まんじゅうレシピもあります↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/oniman/

そんなに作るのは難しくないので、ぜひお休みの時にでもチャレンジしてみてください(^^)/

*最後に、、白ごはん.comのyoutube動画に2つほど新しい動画をアップしておきました。といっても、これまでアップしてきた2品献立からのピックアップで、単品のレシピをより見やすくしたほうがよいものを、編集し直して更新したものです。こちらもぜひ~





 

↑このページのトップへ