noriben6413.JPG
たまにのり弁が食べたくなります。

コンビニや弁当屋で売ってる、白身魚フライ&ちくわ磯部なのり弁も食べたくなるし、家にストックしてある常備菜などで作れちゃう写真のような渋いのり弁も、どちらも好きで、思い出してはそそられるんですよね~。

そこで、

白ごはん.comではあんまり弁当レシピってやってなかったのですが、のり弁のご飯の乗っけ方とかも参考になる点もあるかもしれない!と今回まとめてみました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/noriben/


常備菜だったり、家にある卵などだけで作れちゃう渋いのり弁は、(僕の場合はなんですが)ご飯が主役になることが多いです。

使うのは【炒り卵】と【手作りかつおふりかけ】。この2つがご飯&海苔と組み合わさることで美味しくなるんですよね~

noriben1.JPG

ちなみに、それぞれを手作りする場合は、、
・炒り卵…https://www.sirogohan.com/recipe/iritamago/
・ふりかけ…https://www.sirogohan.com/recipe/katuohurikake/(普通のだしがら)
・ふりかけ…https://www.sirogohan.com/recipe/dghurikake/(だしブレンド使用)

noriben4.JPG
ごはんの間に、ふりかけ、炒り卵、ちぎり海苔をのせ、上にごはんをまた薄く盛り付けます。さらにその上にもふりかけ、最後に醬油を片面につけてから海苔をのっければ完成です↓↓↓

noriben6423.JPG

おぉ!ひさしぶりにちゃんと弁当を撮影したんですけど、普段の料理とは違う感じでなんだか撮るのが楽しかったです(^^)/

おかずは「椎茸とにんじんの煮物」「スナップえんどうのごま和え」「酢れんこん」を合わせました!のり弁のご飯は卵やふりかけで少し甘めに仕上がるので、おかずは酸味があったり、食感がよかったりするものを組み合わせるとよいと思います!


*写真のかつおふりかけは、白ごはん.comのだしブレンドのだしがらを活用。昆布も入っていて、もともと細かくもなっているので、作りやすく美味しい!といつも手前みそながら感心してます(笑)だしがらは再利用したくなるようなレシピが増えることが、捨てずに活用するいちばんの方法だと思うので、こういったレシピもこれから増やしていこうと思います(^^♪ 白ごはん.comのだしブレンド→
https://shop.sirogohan.com/

DSC_6280.JPG

一昨日の土曜日、「日曜はどこにも行かないし、家でなんかしよっか」と相談したら、「パフェ祭りをやりたい!」との、とても前向きな提案が家族からあったので(娘ですら「私も何でも協力しますんで…」と言ってた笑)、久しぶりにおうちパフェ祭りをやったんです。

Twitterでこんなのやりましたーって言ったら「うちも今度やるぞー!」という声がめちゃめちゃあがってて、こういう家での楽しいご飯のイベントが増えるのはいいなぁって思ってるので嬉しかったです(うちでは「炊き立てご飯会」とか「おにぎりパーティ」とか、地味に聞こえるけどやってる本人たちはすごく楽しい家族のごはん系イベントが多いのではないかと思ってます…笑)



パフェと言っても、うちではもっぱらクリームあんみつに近い和風パフェみたいなのがみんな好きなんですよね。でもクリームあんみつって言わずにパフェって言ってます。なんででしょうか。パフェって言葉のほうが、浮かれる気分が出ていいんですよね(^^)/

さて、必須ともいえる「白玉だんご」「あずき」「バニラアイス」「各種フルーツ」を用意して(白玉だんごとかは娘がほぼ作ってくれました)、今回は「わらび餅」「寒天」を用意。ちなみにフルーツは思い切って佐藤錦とデコポンとバナナという3種盛り!あずきにアイス、寒天などは買ってきたものを合わせてます。

DSC_6261.JPG

フレークとか、チョコクリームとか、抹茶の粉とか、黒蜜とか、冷凍庫か冷蔵庫なんかあったよなーとあるものを探し出してきて、家族みな、欲望のまま大皿にのっけました。

DSC_6273.JPG
丼ぶりに盛るのも考えたんですが、僕は結局こんな盛り付けに。家族でやっていると、ちょっとした競い合いになるんですが、僕はなんといっても家族の中でいちばん美しく仕上げたい。そしておぉ~って言われたい(笑)

DSC_6280.JPG
こちらは妻のパフェ↓↓↓(いや、もはやパフェではないかもしれない…)

DSC_6270.JPG
これは娘の↓↓↓(娘はここからさらに足してましたけどね…)

DSC_6272.JPG

甘いものを豪快に食べると、なんとも幸せで楽しい気分になりますね~。

ほんとにいい日曜日になりました(笑)


*とはいえ、ちょっとだけ罪悪感もあるので、昼ご飯はおにぎりのみ。晩ごはんは干物に味噌汁という質素な献立になりましたけどね…。

korokke6215.JPG

先ほど、白ごはん.comに【ポテトコロッケ】のレシピをアップしました~!!

いつかいつかと言っておきながら、長いことかかってしまいましたね(笑)

手作りコロッケは、家で作るからこその、素朴な味わいが楽しめるので、ぜひ作ってみてください~

●白ごはん.comのポテトコロッケ
https://www.sirogohan.com/recipe/korokke/


ざっと手順を紹介しますと、

コロッケのじゃが芋は蒸すレシピもありますが、作りやすさ優先でこのレシピでは塩ゆでする工程に↓↓↓ 塩気をきかせるとそれで十分美味しい!(白ごはん.comのポテサラと同じ考え方です^^)

korokke7.JPG

玉ねぎはじっくり炒めて、ひき肉とバターを加えて炒め合わせます。ひき肉は一般的なコロッケのレシピに比べると少し少なめくらいの分量にしています↓↓↓

korokke11.JPG

ゆでた芋はゆでた鍋でつぶし、つぶいた芋をフライパンに移して、、っていうのが洗い物が少なくていいなーとそんな工程です↓↓↓

korokke15.JPG

あとは小判型にまるめて小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけて170℃で揚げればOK↓↓↓

korokke20.JPG

さて、みなさんのお家の味とどう違うかも気になるところですが(笑)、ぜひ白ごはん.comのコロッケレシピも一度試してみてくださいね!→https://www.sirogohan.com/recipe/korokke/

korokke21.JPG

sirasudonscope0.JPG

調子にのってすいません…

正しくは、いまこそ!しらす丼! です(笑)


さて、年中スーパーに並んでる釜揚げしらす、春を迎えて冷凍してないものが出回る時期がやってきましたね~。まさにいまがしらすの旬です。

sirasudonscope2.JPG

超絶かんたんな丼ぶりを作りませんか??っていう内容で、scopeさんの旬、シュ瞬!の連載を書いてみましたので、ぜひご覧ください~ たぶん冨田家では累計100回くらいは作ってます(^^♪
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9931

ほんとに、美味しい釜揚げしらすは、3日続けて食べても食べ飽きない、そう思います。「しらす丼」にはやっぱり卵黄のっけ!! ↓↓↓

sirasudonscope3.JPG

コラムでは、卵黄を使った後の卵白の使い方も合わせて紹介。使ったその日に「卵白の味噌汁」にしちゃうといいんですよね!

sirasudonscope4.JPG

丼ぶりみそ汁合わせて、調理時間10分くらいでできると思います。朝昼晩いつでもいける美味しさが嬉しい!ぜひこの時期にいただいちゃってください!

sirasudonscope5.JPG

旬、シュ瞬!のコラムもチェックしてみてくださいね~ 丼ぶりとしてかっこみたくなる隠し味のことだったり、そもそも「美味しいってどんなものかな」と考えてみたことを書いてみました↓↓↓
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9931

*ちなみに、上の写真の副菜は「きゅうりの浅漬け」「かぶと人参の浅漬け」を盛り合わせてます。しらす丼にはシャキシャキな漬物とかを合わせると食感が違っていいですよね!


*母の日に僕は実家にだしブレンドを送りました(笑) 実家は山口県なので煮干し文化なんですがたまには本格派のお出汁をと思いまして(^^)/ 今日の15時くらいまでに注文いただければ、今日中に発送できると思います!ぜひ母の日のプレゼントにもご活用ください~ https://shop.sirogohan.com/

2019birthday.JPG
このGW、娘の誕生日があったので「なに食べたい?どっか食べ行く?」と聞いたら、去年と同様に「おうちで、でっかい茶碗蒸しが食べたい!」というので、今年も家での定食でした(笑)

いちおう他にも食べたいものを聞いて組み合わせたのですが、結局は去年と同じような白ごはん.com的な献立になってるじゃないですか!

→娘の誕生日定食2018の記事
https://lineblog.me/sirogohan/archives/67297146.html

でもまぁ、喜んでくれるから、普段は作らないでっかい茶碗蒸しも作り甲斐があります(^^)/

ちなみに2019年今年の献立は…

・鯛と豆の炊き込みご飯
・なめこと絹さやのみそ汁
・手羽先の煮物
・でっかい茶碗蒸し
・スナップえんどうとホタテとかの和え物 でした!

去年よりちょっと豪華です(笑)

たぶん来年もこんな定食になると思うのですが、せっかくなので毎年ブログの記事にして記録していこうと思います。

そして冨田家、残り少ないGWは映画キングダムでも見にいこっかなーとお出かけ準備中です~ ではでは~


*週末は「母の日」ですね!白ごはん.comのだしブレンドも「プレゼントとして買っていかれる方も多いんですよ~」と最近訪問した雑貨店さんからも言っていただけました(名古屋中心の取り扱い店さんを時間があるときに回っているのです^^)。WEBでの注文後、翌々日にはお届けできますので、ぜひ母の日のプレゼントにもご活用ください~ https://shop.sirogohan.com/

warabimoti59343.JPG
わらび餅ってやっぱり出来たてが美味しい!

家で手作りすると、外で買うのとはまた違って、そんな美味しさも楽しめると思います。

GWの後半にどうかなーと思って、白ごはん.comでアップしてみました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/warabimoti/


わらび餅の材料はシンプルで、わらびもち粉、砂糖、水の3つだけ。

これを鍋で練ってコシとツヤをだすのですが、和食の雪平鍋は角に丸みがあって、和菓子作りに最適だなぁと改めて感じますね。

warabimoti17.JPG

できあがったわらび餅は食べる直前に冷やして、食べやすく切り分けます。わらび餅を冷やしすぎると硬くなるので、食べる20~30分前くらいがちょうどいいと思います。

warabimoti25.JPG

わらび餅にほのかに甘味をつけ、まわりにはきな粉をたっぷりまぶすのがおすすめ!そのきな粉は複雑味があって香りも高い「黒豆きな粉」を使うとめちゃくちゃ美味しくなると思います~

warabimoti26.JPG

ぜひ、GW後半戦、買い物ついでに「わらび餅粉」を見つけたら、作ってみてくださいね!市販のわらび餅粉もいくつか種類があるので、そのことについてもレシピページでまとめています。

白ごはん.comの「わらび餅」
https://www.sirogohan.com/recipe/warabimoti/

ご飯とみそ汁セット4963.JPG
みなさんGWいかがお過ごしでしょうか。

僕は仕事したり家族で出かけたり。遠出はせずに家の近くで過ごしています。


さて、今日はワークショップのお知らせ。

岐阜・各務ヶ原の長月さんにて、5/26(日)にワークショップを行います。


今回はどちらかと言うと少人数で行い、だしブレンドの使い方や活用方法などを紹介しつつ、実際に食べてもらうことを中心に構成したいなーと思っています。

開催日:5/26(日)
時間:10:30~と13:30~
参加費:3,500円 
※だしを使った軽い定食付き&だしブレンド1袋お持ち帰り付き!
※定食はいまのところ「ごはん、みそ汁、おかず2~3品」の予定!

下のページにワークショップの内容や予約方法についても詳しく紹介していますので、ぜひチェックしてみてください↓↓↓
https://nagatsuki.life/news/33017.html

*長月さんのLINE@で先行予約が本日4/30の20:00からスタートしますので、参加を検討されている方はぜひお早めに!ちなみに電話予約は5/1の11:30~です(電話番号は058-259-3055)

*また、だしブレンドの詳細については下の商品ページを参考に。同じような商品を出されている業者さんに言わせると「信じられないくらい原価をかけて材料にこだわってる…」そうです(僕はそのあたりの仕組みのことはよくわからないけど、だしの味には自信アリです笑)。レシピも多数のせてますので~
だしブレンド商品ページ→https://shop.sirogohan.com/

musipan55873.JPG
今年のGWは、学校の春休みかってくらい長いですねー。

お出かけもいいけれど、長い休みだからこそ、家でゆっくりする日もあるかと思います。

そんな時に【おうちでちょっとおやつを手作り】なんていいなぁと思って、うちでよく作る『たまご蒸しパン』をアップしました~
https://www.sirogohan.com/recipe/musipan/

musipan13.JPG
牛乳なしのレシピにしています。生地が出来たら蒸すわけですが、その選択肢って意外にたくさんあるんですよね。アルミカップ(レンジ不可)、紙カップ(レンジ可)、シリコンカップ(くり返し使える!)、器に直入れ(けっこう可愛い!)。

ちなみに、いちばん上の写真は縦長の器に直入れして取り出したものです。生地に油が入っているので、けっこう簡単に取れるんですよね。


musipan16.JPG
ほんとに蒸したてサイコー!朝ごはんに、おやつに、作りたいシーンはたくさんありそう!

サラダ油は小麦粉100gに対して大さじ1と1/2ほど入れています。ここから増やしたり、減らしたりしてみたのですが、シンプルな材料の蒸しパンにはサラダ油ってけっこう大事なんだなと思いました。これ以上少なくなると、冷えた時に硬くなるし、生地のふくらみもちょっと弱くて密な感じに。かといって多すぎると卵の風味が弱くなっちゃうなーと。

ぜひぜひ、容器の使い方、砂糖の分量など、好みの方法でやってみてください!

白ごはん.comのたまご蒸しパン
https://www.sirogohan.com/recipe/musipan/

misomoto4718.JPG
みそ玉って数年前に流行りましたよね。テレビでもやってたしレシピ本もたくさん出てます。僕もやってみたことはあるのですが、どーにも好きになれませんでした。いま思えば、具材までみその中に混ぜ込む作り方が個人的になじまなかったんだと思います(←具材も限られるし、みその塩分で具材が美味しくなくなっちゃう)

その当時はまったくアイデアはなかったのですが、「だしブレンド」という粉状のだし取り商品をオリジナルで作ったから毎日のようにそれを使っていると、「あ、そうか、みそにはシンプルにだし素材だけを混ぜればよかったんだ!」と気づいたわけです。

時間のあるときに、みそと粉状のだし素材を合わせておく。そうすれば、だしを取ることなく、その「みそ汁の素」と具材を合わせるだけで、手軽にみそ汁が作れるんです!

その「みそ汁の素」のレシピを白ごはん.comにアップしました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/misomoto/

※レシピでは「だしブレンド」を合わせて作っています。
https://shop.sirogohan.com/


misomoto1.JPG
↑まとめて作ってこその時短なので、みそ汁15杯分くらいの「みそ」と「だし素材」を合わせる作り方で紹介しています。

misomoto3.JPG
↑ボウルに合わせてよく混ぜ合わせます。

misomoto6.JPG
↑みそ玉は1杯ずつラップで包むことが多いですが、それは面倒なので、浅めのタッパーに合わせたみそ汁の素を広げます。

misomoto4713.JPG
↑15杯分が目安なので、ヘラなどで線を引いておけば、1杯でも2~3杯分でも、作りたい分量が一目瞭然で、さっと取り出せると思います(保存は冷蔵か冷凍で。みそは冷凍してもカチカチにならないので冷凍でもOKです!)

misomoto10.JPG
↑あとは、熱湯をそそぐだけで火の通る具材であれば(ここでは乾燥わかめ、ねぎ、えのき、お麩)、お椀にみそ汁の素をひとかけと具材、そして熱湯をそそぐだけでみそ汁ができちゃいます!

misomoto12.JPG
↑もちろん、鍋の中に水だけを入れて、加熱して火を通す野菜や油揚げなどを加え、そこにみそ汁の素を溶いてもOKです!

白ごはん.comの「みそ汁の素」レシピと、「だしブレンド」それぞれダブルで活用してみてくださいね!

・みそ汁の素 https://www.sirogohan.com/recipe/misomoto/
・だしブレンド https://shop.sirogohan.com/

***
最近、僕がずっと好きだった超老舗の自然食品店さんに「だしブレンド」の採用が決まって(地方に本店があって、東京にも支店があるお店なのですが)、そこの奥さんが電話で「ほんとうに美味しいおだしが取れる商品を作りましたね」と言ってくださって…!めちゃくちゃ嬉しかったんです!

店頭に並ぶころにまたお店の紹介もできたらなと思っています~ だしブレンドは母の日にもぴったりだと思いますので、ぜひ白ごはん.comの通販ページもチェックしてみてくださいね!

↑このページのトップへ