torigobou3765.JPG
来月に入れば、いろいろとアナウンスできると思いますが、、

いまはじめてのオリジナル商品の年内発売を目指して、モウレツに作業を進めています。そう、1年以上前くらいからブログでたまに言っていた、だし取り商品です♪

早く伝えたいけど、もうちょっとお待ちくださいね!このブログでどんな商品になるのか、まずはじめにお伝えできればと思っていますので!


さて、今日は「鶏ごぼう飯」レシピの紹介です(^^)/

最近、久しぶりに家で鶏ごぼう飯を作ったら、娘から「誕生日に作ってもらいたい料理が一個ふえたぜ」的なコメントをいただきました(笑)

そうか、鶏ごぼう飯、これからの時期食べたい料理だよなーと思って、10年くらい前に撮ったものだったので、再撮して、工程も文章もわかりやすく更新しておきました!!

白ごはん.comの「鶏ごぼう飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/torigobou/

torigobousai12.JPG
白ごはん.comの鶏ごぼう飯は硬めに炊いたご飯に、味をしみ込ませた具材を煮汁ごと加えるというやり方。

torigobousai13.JPG
炊き込みご飯にするよりも、ごぼうと鶏肉にしっかりと味がついてくれるので、鶏肉とごぼうは別で煮ておくのがおすすめなのです!その味のメリハリが美味しいんですよね(^^♪

ぜひ、お試しくださいねー!うちは来年の娘の誕生日、この鶏ごぼう飯になりそうな予感です。

白ごはん.comの「鶏ごぼう飯」
https://www.sirogohan.com/recipe/torigobou/

nagaimotumami3862.JPG
白ごはん.comに手軽な長芋のおつまみレシピをアップしました~

「長芋の簡単おつまみ」
https://www.sirogohan.com/recipe/nagaimotumami/


手軽に作れて、和っぽさが感じられて、うちだとけっこう人気もの(^^)

今回は2種類、長芋の納豆薬味のっけと明太子薬味のっけ、です↓↓↓

nagaimotumami1.JPG


長芋は皮をむいて1㎝幅に切って、フライパンで軽く両面を焼きます↓↓↓

nagaimotumami6.JPG


あとは納豆や明太子、薬味類をのっければ完成↓↓↓

nagaimotumami8.JPG

何が大切かって、薬味が大事。

青じそであったり、辛子、マヨネーズ、黒コショウなどなど。

メインでのっける納豆や明太子、時には油を切ったツナだとか、

そういったものと相性のよい薬味を2種類くらいのっけると美味しくなると思います(^^♪

この3連休、時間があればぜひお試しくださいねー。

「長芋の簡単おつまみ」
https://www.sirogohan.com/recipe/nagaimotumami/

yamasa201809.JPG

ヤマサ醤油さんの毎月のレシピも9月に入るとずいぶんと秋めいてきました。

「さんまのピカタ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2955

これは衣自体はシンプルで素朴な味なのですが、食べるときに醤油&ケチャップをつけていただく一品。一気に和風、ごはんも美味しい味付けになると思います(^^)/



yamasa20180902.JPG
「さつまいもの旨味きんぴら」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2953

これは白だしつゆを使って、さつまいもの甘みにしっかりと旨味をのせて作る常備菜レシピです。冷蔵庫で3~4日の日持ちなので、お弁当などにももってこいです。



yamasa201803.JPG
それからこちらは「揚げ銀杏とじゃこの醬油バタースパゲッティ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2956

意外な組み合わせですが、銀杏とパスタの相性もなかなかのものです。じゃこや薬味ねぎなどの和の具材、醤油&バターの味付け、銀杏単品よりもぐっと美味しくなってくれました!


ぜひぜひ、お試しくださいねー

benimyouga3584.JPG

たぶん数年に一回くらいしかない、本日2回目のブログ更新。

午前中に紹介した、みょうがって炒めても美味しい!に引き続き、私のみょうが愛をこの2つのブログ記事で感じていただけたら幸いです…笑。

さて、今回は『紅みょうが』っていう、超おすすめな手作り薬味(紅しょうがのようなもの)を紹介したいと思います!


そもそも紅みょうがってなんなんだ?!という話ですが、みょうがの新しい食べ方を考えるんため、いろいろと試作しててできたもので、「これ、紅しょうがみたいにメジャーになってくれるんじゃない??」と思ったのです。

あまりの出来の良さに、紅しょうがくらいの実力(美味しさ)はあるから!と太鼓判を押す気持ちでのネーミング、紅みょうが!!

使い方は、上の写真のとおり、紅しょうがと同じ感覚でOKで、牛丼や焼きそばに添えたり、薬味的に肉料理に合わせたり、混ぜご飯やお寿司の具材に使ったりいろいろできると思います。

◎白ごはん.com考案の「紅みょうが」レシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/benimyouga/


さてさて、ここからはそんなに難しいことはない作り方へ。

benimyouga10.JPG
みょうがは縦半分に切って1分くらいゆでてざる上げ。塩した後に水気しぼってせん切りに。


benimyouga12.JPG
あとは、赤梅酢、酢、砂糖を合わせた、紅みょうがのもとに漬け込むだけ。


benimyougasmall.JPG
色がこんな風に赤くなれば食べごろ(うちの自家製赤梅酢は紫蘇多めなのでけっこう赤が濃い…)


benimyouga3584.JPG
これ↑これですよ!

紅しょうがよりも、食感シャキシャキで、みょうがの香りも楽しめる!これはみょうが好きの大人はたまんないと思うんですよね。ぜひみょうが好きの皆さん、自宅でトライしてみてくださいねー。

◎白ごはん.com考案の「紅みょうが」レシピ
https://www.sirogohan.com/recipe/benimyouga/


そして、もし、もしですよ、スーパーで売られてたら人気出そうな気もするので、みょうがの主産地、高知の漬物屋さんなどぜひ商品化を。白ごはん.com監修つけて、紅しょうがくらいメジャーな薬味の新定番に育てあげましょう!(半分本気です)

scope201809.JPG

今月のscopeさん、旬、シュ瞬!連載は『みょうが』がテーマ。
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9474


コラムにも書いてますが、

そう、かれこれ15年以上も前、社会人一年目のひとりさみしい私は、赴任先のアパートの狭いベランダを“みょうが栽培”で草ぼうぼうにしたことがあるんです…笑

妻からは「あなたはまともな振りしてるけど、世間から見たらそうとう変わった人だから!」と、知り合った大学生のころから言われ続けているのですが、その一端かもですね。


みょうがレシピから脱線しちゃいましたが、そんな変わりもの、ひねくれものな私は、大好きなみょうがに対しても、こーしたらどうなんだろ、あーしたらどうなの?とやってみたことがあります。

その結果、さっと炒めても美味しいんじゃん!となったというおはなし。

scopemyouga4.JPG

味付けのやり方とかにも、ちょっとしたこだわりがあるので(切り口をぜったい上にして盛り付け!とか)、まずは、scopeさんの連載ページをぜひチェックしてみてくださいね!

◎旬、シュ瞬!みょうがコラム
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9474

kabayakisanma3552.JPG
秋の味覚が出そろいつつありますね。

さんま

銀杏
松茸
むかご などなど。

その中でも庶民派なさんまレシピですが、白ごはん.comではまだ数が少ないので、もっともっとレシピを増やしたいと思ってマス。

その第一弾が「かば焼き」。

かば焼き丼にしてもいいし、きのこを一緒に炒めてかば焼きにしたりと、主菜にご飯ものにと、活躍しまくりだと思います。(さんまと一緒に炒めてかば焼きにするなら、火通りがよく、味がしみ込みすぎないものがいいかと。椎茸、エリンギ、ピーマン、なす、れんこん、ごぼうとかオススメ!)

さんまを大名おろしにするやり方も詳しくまとめていますので、ぜひお試しくださいね。

白ごはん.comの「さんまのかば焼き」
https://www.sirogohan.com/recipe/kabayakisanma/

kare-tirimen3421.JPG
いろいろと仕事が立て込んで、ブログの更新もままならず。気が付いたら夏休みもあけてて、前回のブログ更新から2週間以上たってました…。

それはさておき、皆さん台風大丈夫だったでしょうか。うちは仕事場の裏庭の除草シートがすべてめくり上がったくらいで済みました。中心地から少しずれた愛知でさえこの状況。今回の台風の勢力は怖いくらいでしたね…。


さて、久しぶりに昨日の夜、白ごはん.comにレシピをアップしました。ブログでアナウンスする前にTwitterでこのレシピのツイートが何件かあったので、人気がでそうな予感(^^)/


白ごはん.comの「カレーちりめん」
https://www.sirogohan.com/recipe/kare-tirimen/


kare-tirimen6.JPG
カレー粉入りの調味料、酒、みりん、醤油(あれば薄口)、砂糖の煮汁を鍋に沸かして、しらすを入れて炊くという作り方です。

けっこう簡単なわりに、白ごはんがめっちゃすすみます。冷蔵庫で4日くらいは日持ちします。これはぜひ作ってほしい~!!

kare-tirimen3438.JPG

Wo52hUI4W2.JPG
今日はヤマサ醤油さんの新しいレシピを2つほどご紹介です。

一つは「モロヘイヤとキムチのぶっかけ冷麦」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2917

ねばねば食材のモロヘイヤとピリ辛のキムチ、マイルドな卵黄、とたっぷり具材な麺料理です。卵黄をつぶし、豪快に混ぜていただくっていう夏っぽさもいいかなと!写真もちょっと男前な感じにしてみました(^^)/ 


Wg8_iFVYwn.JPG

もう一つは、「トマトとベーコンのお味噌汁」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2919

こちらも上のキムチと同じように、生姜と粗びき黒こしょうをピリリときかせて、爽やかな仕上がりをねらった汁物です!

それぞれぜひチェックしてみてくださいねー!


*先日、久しぶりに家でもつ鍋を作りました。今年の秋冬は鍋料理のレシピを増やしたいなーと思っているのですが、その時期はイレギュラーの仕事も多そうで、夏から秋のうちに各鍋料理の完成度も上げていかねば!と試行錯誤しています^^ 

oobagohan2971.JPG
最近、夏休みの娘(小5)が家でドラマを見ることが多くなりました(宿題も終わって完全にリラックスだらだらモードです…笑)。そうとう楽しみにしているし、夏休みなんだから楽しく過ごせばいいよねと思いつつも、テレビの見すぎにならないよう、私も時間があるときには、彼女の食い意地をエサに「鬼まんじゅう作らない?」とか「五平餅作らない?」とか、おやつ作りとかも提案したりしています。

そして、今度、娘にやらせてみようと思っているのが「なめたけ」づくりです↓↓↓

nametakesai11.JPG
ここ1~2か月、娘はずいぶんと気に入って自家製なめたけをたんまりと消費して(つまり私に作らせて)いるので、自分で作ったらなおさら美味しかろう、おやつじゃない手作りも好きなものであれば楽しかろう、と思うので作ってもらう予定です(^^)/

娘も白ごはん.comをipadとかで見ながら作るので、「ここがよくわかんない」とか、娘につっこまれないよう、一昨日くらいになめたけの工程をすべて撮り直して、よりわかりやすくしておきました。つまらない親のプライドですが…(笑)

白ごはん.comの「自家製なめたけ」
https://www.sirogohan.com/recipe/nametake/


それから、サイトの「青じそごはん」をよりさっぱりと、色どりもよく「梅干しと青じその混ぜご飯」に変更しました~。こちらも合わせてぜひ見てみてくださいねー
https://www.sirogohan.com/recipe/oobagohan/

oobagohan2971.JPG

↑このページのトップへ