6年間勤めた会社を辞めて、ついに出してきました!
『開業届』。

税務署に行って、ちょっとドキドキしながら出したんですけどね(^^)
だって業種のとこに“料理研究家業”って自分で書いているから。。

でも税務署ではあっさり「はいはーい」っていう感じで終わりましたよ。


これからいろいろやりたいことを考えると、
・白ごはん.comとかのレシピサイトの充実
・白ごはん.comからは少しビギナーよりのレシピサイトの運営
・料理教室(ひとまず名古屋近郊で計画中)
・レシピ本の出版 とかとか。

いろいろやりたいことがあるから、
活動の総称として「ごはんスタジオ」という屋号をつけてやっていこうと思います。
「ごはんスタジオ」でやっていきたい上にあげたものを考えると
やっぱり「料理研究家」というのが一番伝わりやすい気がしたんですよね(>_<)

ここは言ったもん勝ちですから、その肩書に恥じないように
きちんと料理を生活に取り入れる工夫やレシピそのもの、
いろんなものをできるだけ多くの媒体から紹介していきたいと思います!

ブログでも今後いろいろな活動報告をしていこうと思います!
そして娘を含めた家族3人のことなども、いろいろつづっていこうと思います。
(ちなみにこれまでの弁当ブログは和弁当だけをアップするブログにする予定です☆彡)

今後とも料理研究家として活動をはじめる「冨田ただすけ」、
そして「白ごはん.com」や「ごはんスタジオ」自体の活動をよろしくお願いします!

※ブログランキングに参加しています!
見に来てくださった足あとをのこす応援クリックぜひお願いします(^^)

テスト プロフィールページ

matutakegohantop

最近買ったお気に入りのお茶碗に、松茸ご飯をよそいました!
骨董屋さんが年に1度の半額祭をやっていて、
なんと“江戸時代”の器がとっても安くなっていたのでつい・・・。
とても味のあるお茶碗です。

器はさておき、今回は松茸ご飯に何のだしを使ったらいいか
を検証してみた結果のご報告デス。

料理本では①かつおだしと②昆布だしが使われていることが多いので、
その2つで食べ比べてみました!

①かつおだしで作った松茸ご飯
私はいつも炊き込みご飯は、かつおだし:薄口しょうゆ:みりんが10:1:1
で作っています。でも松茸ご飯でその割合だと、味が強すぎるので、
かつおだし:薄口しょうゆ:みりんを11:1:0.5、この割合で炊きました。
※普段具材で加える油揚げも、松茸の味と香りの邪魔をしそうなので入れませんでした。

作ってみた感想は、甘みも抑え目で、しっかりうまみもあって、とてもおいしい仕上がり!
なんですけれども、少しかつおだしの香りと味が強く、松茸の風味に勝ってしまいました。

②昆布だしで作った松茸ご飯
今回私は真昆布を使用しました。
昆布だしは水に対して1%の昆布を火入れせずに一晩水だし。
割合は昆布だし:日本酒:薄口しょうゆ:塩が11:1:0.5:少々、この割合です。
この割合でも油揚げは加えませんでした。

食べてみると、こちらの方が純粋に松茸の風味を香り・味ともにしっかり楽しめることが
できる味付けでした。甘みを極力少なくして①のごはんと比較してみたかったので、
日本酒にしましたが、ほんの少しみりんに置き換えてもおいしいと思います。

ぜひ皆さんも、今年は松茸が安く購入できますので、作ってみください!!
次回は松茸ごはんを使った和弁当が紹介出来ると思います。

↑このページのトップへ