gomatounyuu4860.JPG

鍋つゆの中で、もはや定番の域に達したといってもいいかもしれない「ごま豆乳鍋」。

スーパーで市販されている鍋つゆシリーズの中では群を抜く人気商品のようですね。

それならば、白ごはん.com的なごま豆乳鍋を作ってみよう!という流れで、昨年くらいから試作を進めていたのですが、先日サイトにアップできました~


白ごはん.comの『ごま豆乳鍋』
https://www.sirogohan.com/recipe/gomatounyuu/


食品メーカーの研究開発職のころに、よくこういうことをやってたなーと思い出しながら試作してました。イメージの元となる商品を傍らに置きつつ、少しずつ味を調整してく作業。

でも、まったく同じ味わいにするというわけではなくて、白ごはん.comでレシピにするなら、家にあるものだけで手軽に作りたいし、化学調味料なんかも別に入れないですむなら入れたくないし、豆乳は調整豆乳よりも無調整豆乳を使いたいし…と試作回数も増えていったわけです(笑)

最終的には、鍋つゆの調味料もけっこうシンプルになって、無調整豆乳、昆布だし、白すりごま、しょうゆ、ごま油、みそ、砂糖、塩という材料でできちゃいます。


gomatounyuu11.JPG

あとは具材はお好みで。白菜でも、キャベツでもよく、にんじんや白ねぎ、キノコ類や水菜など、たっぷりの野菜と、豆腐とお肉(鶏肉と豚肉を両方使うことで、スープの味が良くなると思います)を合わせます。

gomatounyuu14.JPG

あえて無調整豆乳を推奨しているレシピなので(調整豆乳は味の誤差が大きいため)、鍋つゆが沸騰したら、豆乳が少し凝固します…。でも、それは気にせずに食べてほしい!いや、気にならないくらい美味しい鍋つゆになったと思います!

gomatounyuu17.JPG

スープはこんな具合↓↓↓

gomatounyuu18.JPG


いやぁ、いいレシピできたなぁ。凝固さえ気にしなければ(笑) うちは昨年から何度となく作ってますが、豆乳が少し固まるのはまったく気にならない。見た目より美味しさ重視でOKというご家庭の皆さん、ぜひお試しくださいね!

白ごはん.comの『ごま豆乳鍋』
https://www.sirogohan.com/recipe/gomatounyuu/


wasabisupa4712.JPG
朝晩はずいぶんと涼しくなって、ちゃこの散歩も気温を気にせずに行けるようになってきました。

夕暮れ空もなんだか秋っぽいし、最近撮影したり考えたりしてるレシピもずいぶん秋っぽくなったものです(^^♪


さてさて、今日は『きのことわさびの和風スパゲッティ』。
https://www.sirogohan.com/recipe/wasabisupa/


久しぶりの和風パスタの登場!しかもピリリとわさびのきいた大人味です~

作り方もけっこう簡単にしていて、きのこはレンジ加熱したあとに、下のようにボウルでバターや醤油、チューブのわさびなんかを混ぜ合わせます。

wasabisupa7.JPG

ゆで湯も少し加えた後に、ゆであがったパスタをちゃちゃっと混ぜて完成です。フライパンは特に使わずのレシピにしてみました!

wasabisupa10.JPG

もちろん、好みでベーコン入れたり、野菜を増量したりとアレンジできますが、ひとまず、レンジで作るベーシックなシンプルわさびスパゲッティとして、ぜひチェックしてみてください~。

白ごはん.comの『きのことわさびの和風スパゲッティ』
https://www.sirogohan.com/recipe/wasabisupa/


*そういえば!皆さん、今日21時から放送のNHK「きょうの料理」、私の友人でもある和菓子職人のまっちんが登場します。岐阜のロケもあるそうですが、ロケ以外の料理部分は実は私の料理スタジオでの撮影でした(^^)/ 家でも作りやすい“ちんすこう”や半月餅などを紹介されるそう。ぜひこちらも見てみてくださいねー

goboukaraage4781.JPG

最近は、市販品でも“ごぼうチップス”が出ていたり、お惣菜屋で“揚げごぼうの甘辛がらめ”みたいなおかずが出ていたりと、ごぼうを揚げる=美味しくなる、って、けっこうみんな知っていることになりつつあると思っています。

そこで、白ごはん.comでも「ごぼうの唐揚げ」をレシピにしてみました~(^^♪
https://www.sirogohan.com/recipe/goboukaraage/


今回はごぼうをシンプルに素揚げするのではなく、ごぼうに下味をつけたり、揚げた後に仕上げの味付けをしたりと、ちょっとしたコツがあります。でも、そんなに難しいレシピにしていませんので!

goboukaraage3.JPG
↑ごぼうを縦に切って醤油、砂糖、少しのにんにくで下味をつけます


goboukaraage10.JPG
↑片栗粉をつけて揚げます。3~4分で十分!


goboukaraage12.JPG
↑下味をつけてたタレを少しぬって、こしょうをふって完成です!


ちょっとしたおかずに、おつまみに、お子さんのおやつなんかにも最強の1品になると思います(^^)/

ぜひごぼうが家にある方、お試しください!!

白ごはん.comの「ごぼうの唐揚げ」
https://www.sirogohan.com/recipe/goboukaraage/


kobupon4303.JPG
少し前から、ヤマサ醤油さんの『昆布ぽん酢』の商品に、顔写真つきでレシピを載せていただいています!ネックハンガーというものらしいです。

スーパーで見かけるたびに、おぉ、と、ひとり悦に入ってるんですよね(^^♪ 「今日も置いてるねー」なんて家族に自慢すらしています(笑)


さて、このヤマサさんの昆布ぽん酢の特徴は、昆布だしが入っている分、まろやかさがあって、酸味も少し穏やか。鍋などにはもちろん、料理に使っても素材の持ち味をしっかりと引き立たせてくれる良さがあると思っています。


そこで、今回はヤマサ醤油さんとコラボして、【昆布ぽん酢×豚肉】で4品ほどレシピを作って、スペシャルサイトを立ち上げていただきました!

↓↓↓
白ごはん.comの冨田ただすけさんのぽん酢DE料理
https://recipe.yamasa.com/ponzude



せっかくなので、ブログではそれぞれのレシピを簡単に紹介できればと思います。


1品目は、『豚もやしぽん酢のレンジ蒸し』
https://recipe.yamasa.com/recipes/2925

これは手軽さを考えて、耐熱ボウルひとつで、レンジを使って調理をするレシピです。もやしや豚肉に火を通してからぽん酢、ではなくて、レンジに入れる前にぽん酢やごま油を入れることで、味がしっかりのって美味しくなると思います。

ponzuneck4.JPG


続いては『豚ばら肉キムチぽん酢』。
https://recipe.yamasa.com/recipes/1769

これは焼き肉用の豚ばら肉とキムチを合わせ、こってりしがちな炒めものを、ぽん酢で少しさっぱりめに仕上げようと思って作った1品です。ぽん酢の旨みと酸味がプラスされることで、ビールが進む味付けなんだけど、さっぱりと美味しくいた抱けると思います。

ponzuneck2.JPG


3品目は『豚ばらなすのぽん酢炒め煮』
https://recipe.yamasa.com/recipes/2926

これは豚肉&なすという鉄板の組み合わせで、ぽん酢に生姜をきかせ、少し水だけプラスして、軽く炒めた後にぐつぐつ煮るという作り方です。はじめにさっと炒めることで、なすの色味もよく、味のなじみもよくなってくれると思います。

ponzuneck3.JPG


最後は『ポークソテーぽん酢バターソース』です。
https://recipe.yamasa.com/recipes/2927

豚ロース肉を焼いて、【ぽん酢×バター】でソースを作るレシピです。醤油を使うとみりんや酒などいろいろな調味料を足し入れてソースを作る必要がありますが、ぽん酢ならそれ1本で味がまとまってくれます(塩分も少ないですので)。ぽん酢でさっぱりとしつつもコクのある、食べ応えばっちりの仕上がりになると思います!

ponzuneck1.JPG

これから鍋のシーズンですし、ぽん酢は冷蔵庫に常備!っていうご家庭も多いと思います。ぜひ、これらのレシピも参考にしてみてください!!(ぜひ昆布ぽん酢も合わせて~)

↓↓↓
ヤマサ昆布ぽん酢のぽん酢DE料理
https://recipe.yamasa.com/ponzude


ninjinsiitake4574.JPG

冨田家で作る乾物を使ったおかずで、いまいちばん頻度が高いと自信をもって言えるのがこの料理。

『干し椎茸とにんじんの煮物』。


椎茸だけをシンプルに炊くことも多かったのですが、もう少し肩ひじ張らずに、普段使いしやすい、食卓にのせやすい組み合わせにしたいなと思って、にんじんを一緒に炊くようになりました。

椎茸だけよりも、おかず感が出て、色どりもよく、季節問わず、飽きずに美味しく食べられる(←うちの場合の感想です笑)

白ごはん.comでもそういえば紹介してなかったなと、昨日アップしておきました↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/ninjinsiitake/


ninjinsiitake6.JPG
戻した干し椎茸と縦に切ったにんじんを鍋に入れ、戻し汁と調味料もはじめから加えます。

ninjinsiitake13.JPG
あとは沸いたらアクを取って落し蓋をして煮て、にんじんに火が通ったころに蓋を取って、汁気を軽く煮詰めます。


お弁当にもぴったりの1品だと思いますので、ぜひ作ってみてください。

『干し椎茸とにんじんの煮物』
https://www.sirogohan.com/recipe/ninjinsiitake/

*この煮物を作るときは、そんなに立派な干し椎茸じゃなくてもいいと思うので、私はいつも小ぶりの干し椎茸を買ってきて、切らずにそのまま煮ちゃうことが多いです(^^)/

0LHh_km1Ua.JPG

今月アップしたヤマサ醤油さんのレシピ。

和っぽいものから、ちょっと洋風なものまで、バラエティにとんでます(^^♪

まず1品目。

「しらすと青じそのブルスケッタ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2984

これは和の雰囲気が感じられる手軽なおつまみになってくれるもので、やわらかなしらすと青じその香りがなかなかパンに合う!と目からウロコだと思います。


2品目は、「焼きねぎとベーコンのあごだしスープ」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2981

ねぎを香ばしく焼いて、ベーコンの旨味とあごだしのコクをプラスする、シンプルなスープレシピ。ちょっと男っぽい料理かもしれませんが、潔さも含め、なかなか自慢の一品です!

mNqq8d4SAj.JPG

続いては「高野豆腐と豚ごぼうの煮物」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2982

高野豆腐をおかずっぽく仕上げたいと思って組み合わせたレシピで、豚肉のうま味をごぼうや高野豆腐にじっくり吸わせるイメージでことこと炊いて作ります!

G_2V2NfcbP.JPG

最後は食感のよい冬野菜、水菜を使ったおかず。

「水菜とハムのぽん酢和え」
https://recipe.yamasa.com/recipes/2983

水菜と同じくらいの細切りにしたハムと一緒に、ぽん酢和えにしています。

79vQJCeBUg.JPG

それぞれ少しでも参考になれば嬉しいです~

scopemasshu1.JPG

今月のscopeさんの、旬、シュ瞬!連載は『生マッシュルームの三つ葉和え』。
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9494


料理名だけ見るとなんだかものすごく和風にも見えますが、マッシュルームの形の可愛らしさに加え、味付けでは醤油とオリーブオイルを使っているので、けっこう洋風な感じに。

scopemasshu3.JPG
マッシュルームを生で食べたことがないや、、という方!

scopemasshu4.JPG
こんな風に5㎜幅くらいに切って和えるだけで美味しくいただけちゃうので、ぜひお試しください。


コラムではマッシュルームの扱いや料理のちょっとしたポイントも書いています。ぜひぜひscopeさんのコラムもWEBで見てみてくださいね(^^♪

◎旬、シュ瞬!マッシュルームのコラム
https://www.scope.ne.jp/now/shu/9494

↓ハムと盛り合わせて、ちょっとおしゃれにしても。この盛り合わせも、ものの5分で作れちゃいますから!
scopemasshu2.JPG

kyabeyami4345.JPG
最近は白ごはん.comの撮影をする時間がじっくりと取れない日々が続いているのですが、じゃあ時短レシピをいろいろ考えるか!と気持ちも時間配分も切り替えつつ、レシピを撮影&更新するようにしています。

さて、今日はそんな時短レシピの中でもけっこうな自信作!(笑)

白ごはん.comの「やみつきキャベツ」です↓↓↓
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabeyami/


WEBで検索してみても、やみつきキャベツ(もしくは無限キャベツ)ってけっこう出てきますよね~。人気があるなら白ごはん.comもやってみるっきゃないと、レシピの試作を進めてみました。

すると、キャベツってにんにくを少しだけきかせることで、生でぼりぼりと食べやすくなる(生のキャベツの青臭さがなくなる)ので、これはいいなーと気づかされました。

kyabeyami9.JPG
はじめにおろしにんにく、醤油、ごま油などを混ぜておき、そこにちぎったキャベツ、塩昆布、ごまをプラスします。

kyabeyami11.JPG
あとはざざっと和えれば完成!

キャベツをレンチンしたりして火を通す必要すらないと思った超簡単レシピ。包丁いらずなのもいいですよね(^^♪

時間のないとき、パパッとおつまみを作りたいときなど重宝すると思うので、ぜひお試しを!

白ごはん.comの「やみつきキャベツ」
https://www.sirogohan.com/recipe/kyabeyami/

kanikama3453.JPG

なんてことないレシピですが、白ごはん.comに最近2品ほど、手軽に作れる副菜をアップしました。

ひとつは「カニカマサラダ」
https://www.sirogohan.com/recipe/kanikama/

缶詰のコーンを合わせ、包丁いらずでできるレシピにしています。ちょこっと練り辛子をプラスして味を引きしめるのがポイントです。これをベースにきゅうりやキャベツ、ブロッコリーなど、家にある野菜でアレンジしてもらえれば!

kanikama6.JPG

もう一つは、ほたての水煮缶を使った「三つ葉とほたての煮びたし」↓↓↓

hotatemituba4049.JPG

こちらも缶詰を使っているから手軽さがあります。普通はだし汁がいる煮びたしを、缶詰の缶汁を使うことで補っているのですが、ほたての旨みと三つ葉の香りのよさがなかなかに美味しいレシピです!

「ほたてと三つ葉の煮びたし」
https://www.sirogohan.com/recipe/hotatemituba/


hotatemituba6.JPG

それぞれ参考になれば嬉しいです!

↑このページのトップへ