月別アーカイブ / 2019年02月

523LrpbVQ0.jpg
いま資本主義や民主主義の限界から新しい文化つくりのタイミングなんでしょうね、
それはネクストルネッサンスってことでもありホモデウス が分かりやすいかもしれない。

ちょうどサピエンス全史のハラリ氏の言葉なのでとても信頼性があるし人間が神になるホモデウスってのは明確に文明の方向性を提示してくれたなと思います。

人間とは何なのか?
その根底ある神という土台となる概念からアメリカはもちろん世界のほぼ全ての国が動いてるし…

ここで面白いのが日本ってところです。
神=自然=自分
こういった基本概念が誰もが無意識ではもっているのが日本文明だからです。

ホモデウスとなる人類の道しるべは日本文明にあり…

nTechは日本哲学を認識技術として教育プログラムとして体系化しました。

なので、もうすぐブームがくるかも😉

NMKPBQG7yU.jpg
『なんで認識技術/nTechなんですか?』

この質問、よく聞かれる質問なのでブログで整理しておこうと思う。

小学校のときから、緊張不安といった感情の問題克服が僕の人生テーマでした。

体と心がうまくコントロールできないことに悩み、パニック症候群みたいな感じでしょっちゅうお腹が痛くなる問題があって…
いつそうなるんだろって不安な感情を日々蓄積してしまっていました😥

それで高校2年のときには強烈な痛にまでなってしまい高校の間には死ぬと思っていました。
あまりの痛みに我慢できなくなり病院で診断、直腸の良性ポリープだったので死には至りませんでした。

死を意識しだした事で、
この頃から何の為に生まれてきたんだろ?
死んだらどうなるんだろ?
っていう不安と恐怖のレパートが追加されました。

社会人になり10年、
29才の時に一向に体が治らないことで絶望していたところ、
苦労した道が使命につながるという反転理論に希望を感じ、健康分野の整体業に転身、
そして兵庫の田舎から東京へ上京…

その反転理論をくださった船井幸雄先生の推薦する整体学校に入学、
そこに集まる仲間たちの情報交流から神の手を持つという整体の先生(開節法/松原秀樹先生)との出会いがあり整体塾に入塾、弟子入りさしてもらい、分院で働く。
ここでの統合治療理論によって体の健康はほぼ克服。

体はよくなったことで次に心、不安な枯渇していく感情の問題と向き合うが追求した結果、
根底の感情の回転に気づき、またまた絶望する。

西洋的自己啓発から瞑想などの東洋的スタイルを含めあらゆるメソッドを実践、
最後は瞑想的な思考、感情との自問自答、
自分の根底感情と出会ってしまう。

根底にある自己否定、
自分が自分をダメだっていう否定感情のエネルギーをブラックホールのように吸引する軸を意識化できるが、この根底の感情を吸引するフィルター認識を変化させる技術は世の中にはないのかもしれないと絶望する日々を過ごす。

そんな問題課題にフォーカスしているときに出会ったのが、認識技術/nTechでした。


人間の思考意識の力ってスゴイですよね!!
深く深く、コレがほしい必要だって決めれば情報との出会いが必ず起こるってことを、
この記事を書きながら実感しますね😉

↑このページのトップへ