月別アーカイブ / 2018年09月

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9228.JPG
成功の方程式
A=B
このAは何でBは何でしょうか?

これ、
ヒトツとはいわず色々とだして作ることが大事です。
打ち出の小槌のように価値をいくらでも生み出さる思考が手にはいるのが大成功ですからね…

さてAは価値提供
Bは世間のニーズです。

では世間のニーズは何か?
ソフトバンクのソンさんはAIは優先順位一番といってます。
時代は情報革命、時代の共通土台がAIだから、なるほどのシャープな論点です。

もう一つはなぜ世界は存在しないのかの書いて世界で公演してる哲学者ガブリエルさん、
彼は資本主義の限界、資本主義を突破する新しい哲学と経済を融合させたスタイルの完成をめざすんだといっています。

僕はドイツ哲学のメタ認知学をそこまで学んでいないのだけど、ガブリエルさんのいってる事に共感です。

AIが完成するということは超格差社会、資本主義の限界ポイントと推測してるからです。

人間社会共同体の基軸となる教育が必要と規定しています。
基軸となる教育までにいったい何が必要なのか…

そもそもコミュニケーションとは何なのか?
人間とは何なのか?
世界とは何なのか?

AI完成、AI主導社会まであと数年、人間の尊厳がある社会はできるのか?

ぎりぎりのピンチだからこそのタイミングパワーで新しい価値をつくることができるかどうか…

緊張感をもっていきたいと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9278.JPG
AIと人間の境界線

コレからの人間の価値を考えるときに比較する対象はAIなのは誰もが基本にしてくる事かなと思いますのんで早め早めで整理していきたいと思います。

人間ができるサービスは?
例えば先日、カットしにいってきたのですが手術もロボットができるようになってきてるしお金が儲かるものから順次にロボット化がすすむんで、カットはまだまだでしょうが…

技術はロボットに勝てなくなるのは時間の問題、では人間にできるサービスは?

それは心を使ったサービス、
カット技術の裏側

・安心の空間、
・可能性を引き出すクリエイト観点

まずは母やパートナーのような、
癒しのエネルギーをカット全般の時間にお客様様やクライアントへ与えてあげて、

心充電をしてあげれるかどうか

表は技術
表なしの裏側は心

心と技術を融合したサービス、
この境界線がコレからは明確の人間のプライドになってきますね…

_var_mobile_Media_DCIM_118APPLE_IMG_8937.JPG
最近の改めて"営業"というものを学び自分に落とし込みしようとしています。

そして今までの書籍から学ぶだけでなく
モノをよく売っている人の特徴や直接インタビューしていって、
自分だからこその法則づくりして知的価値つくりまでできたら面白いなーとも思っています。

なのでここでは営業についての気づきを何でも書いて法則化していきたいと思います、
まぁおそらくは気づいた法則のほとんどは既に今までの偉人の書籍に書いていることと思いますが、

発見▶︎法則づくりのプロセスじたいも楽しいし、
コレからのAI時代、ゼロから1を創造することは人間だからこそのプライド蓄積にもつながっていくので大切なことと思います。

ゼロから1をどう定義するかってのも人それぞれだと思いますが、
自分は人間が進化していく知的財産を創造していくってところにフォーカスですね、

ちなみにnTech(認識技術)を学ぶことができた幸運を活かし知的財産を創造していくのは"使命"として捉えています。

話がそれましたが、何ごとも始める理由やストーリーは大事なんでそんな感じです。
で話をもどして、営業にもどって、営業に大切なのは何か?

当たり前なんだけどセールスするモノが"好きかどうか"、
これですね、
好きだから自然で自信があってウソがない、
その純粋な気持ちに人は心が動くってことですね、

人間の好きな気持ち、純粋な気持ちmエネルギーは人の猜疑心の壁をこえて循環するようです、
ほんとのところ猜疑心とか気にせずに交流したい想いも人は共通してもっていますし…

あと人は変化したいですよね、
他人の大切にしている価値を受け入れること、
営業という循環からも人は変化進化しています。

純粋にがんばってる人を応援したいって気持ちもありますよね、
じゃあ買ってあげるかって、

人が素直に頑張りあえる社会、世界をつくりたい、そんな愛情を日本人の根底には共通してあるのも間違いないと思います、

ってことで営業の法則、
それは営業するモノを超好きになること、
でした。

↑このページのトップへ