_var_mobile_Media_DCIM_110APPLE_IMG_0772.JPG
「なんでそんなに楽しそうなんですか?FBやブログの映像を見たときから感じてて、その人間力を知りたい、聞いてみたい」

そんな嬉しいことコトを言われたので簡単にそのときの返答を元に整理してみました(^_−)
------------------------------------------------
彼:なんでそんなに楽しそうなんですか?
僕:たのしいって"選択"してるんです
------------------------------------------------
以上、とてもシンプル

《準備》
①楽しい、楽しくないの感情の境界線の整理

《実践》
②楽しいって選択▶︎自からでるエネルギーの循環で自ら自身がたのしくなる
③自らの楽しいエネルギーが仲間や場と循環し更に楽しくなる
そんな感じです

まわりの人間関係の安心と信頼度によって選択する感覚の本気度は変わってきますが、
基本はシンプル、選択する基準の感覚を身につけるコトです。

子供の頃はミンナがもっていた感覚を意識的に創る力だし、役者の方も基本このような感覚や世界観、認識を自ら創ってる技術的なものも同じですね…

ただシンプルですが、感情を選択する感覚ってのがなかなかにシビアな感覚トレーニングが必要です。
動画などで感覚をシェアして行けたらと思ってまが、できればパーソナルで直接にアテンドして感覚を選択したときに変わる空気感、臨場感の変化を肌感覚だと理解しやすいと思います。

今日はたのしい雰囲気のコツは?
感情の選択であって自らが役者のように感覚をつくる"選択"と"感覚"の話でした、

皆さんのライフスタイルに少しでも役にたてるネタを書いていこうと思ってます、
ありがとうございました。

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1668.JPG
【コーチング仲間からの相談】

今日はカウンセリング/コーチング仲間からの相談へのアドバイスをブログに書いてみて、ブログフレンドの皆にコミュニケーション技術のノウハウとしてプレゼントしたいと思います。

"仲間からの相談"
『人の悩みを聞いて上げるコトは出来るし、ある程度の自信はある、けれど人の診断を規定する診断力と規定力が苦手なんです、
なのでカウンセリングしてるウチに疲れてしまうんです』

"相談への回答/要約してます"
上記の問題は苦手でなくて、実は選択してるコトを彼女に自覚してもらうコトをアドバイスしました。

どういうコトか彼女の診断規定できないといったテーマから下記の質問回答の流れになっています
※ポイントに要約した流れで整理してます

※僕側=〇/彼女側=△
〇普段から不明確に何でもしてない?
△"まぁいっかって不明確にしていると思います"
〇その理由は?
△白黒つけないボヤかすコトが相手を想い、コミュニケーションとしてイイ事かなと思ってて…
〇じゃあソレですね、


彼女は診断規定できない、
のではなくて診断規定しないといった価値観のモト自ら選択し、その習慣が今の自分を創っていってる事を自覚してもらいました。


【選択に隠された価値観】
人生の軸や設計図をまずは本人が自覚するコトは大切です。
自覚し、変化すべきは表面だけでなく選択の基準から同時に行動までつなげるコトです。


今日はコーチング仲間からの相談からの悩み課題も実は自分で選択しているコト、
その選択の基準が観え自覚するコトが"変化への扉"となるコトが分かりやすかったかなと思います。

日常で人の役にたつ問題解決のノウハウをブログやオンラインに提供し多くの人に共有していきたいと思います。

もちろん直接パーソナルな相談も受けつけてますので、僕のブログを見てピンと来た人は声をかけてきてください、
メカニズム構造つきの一味違ったコーチングを提供します(^_−)−☆

_var_mobile_Media_DCIM_111APPLE_IMG_1629.JPG
【メール文章も構造論理を活用しよう】

『メール文章を送るときに構造や論理を考えて作ってる?』

先日、クライアントさんとの交流の中でそのような質問をしたとき、そんな発想はナイですとの返答がありました。

コミュニケーションの中に目的があるように、メール文章の中に目的があり、
コミュニケーションの中で"プレゼン"があるように、メール文章の中にも"プレゼン"があります。

ナシで気軽なときもイイと思ってますが、
どちらか選択できたらイイですよね…

それをブログに書いていけたらと思います。

僕はもともと文章とか論理とかスゴく苦手で上手くトークしてる人を見ては羨ましいなーと心を痛めていました。

そして考え、トレーニング実践し、変化して言えるコトはコミュニケーションやメール文章にはコツがあり、それは構造論理を分かった上で実践トレーニングしていけばライフスタイルといった日常の中で気軽に高めていくコトができると言うコトです。

ぜひ活用して頂けたらと思いますし、パーソナルに相談にのります。

ミンナのライフスタイルが更にワクワクになっていくよう、役立つ情報をコレからも発信していこうと思います(#^.^#)

------------------------------
【メール文章の構造論理/まずは全体と順番、あとシンプルなサンプル】

①文章のテーマきめ
※テーマとは目的
②テーマ目的のための共有ポイントきめ
③ポイントを共有するためのストーリー
※ココでのストーリーは何から何といった心の変化プロセス
④負荷価値てきなトーク
※ポイントを見いだす理由づけ
⑤まとめ
※テーマと"まとめ"をつなげ、
一貫した文章へ
--------------------------------

《例/状況設定》
"はじめて出会い1時間お茶してその日におくるメール"

今日は大事な時間を作ってもらい、ありがとうございました。

〇〇さんの話しのテーマや内容、時々いれる笑い、そして自分を引き出してくれる質問があり1時間があっと言う間で、ディズニーランドに行くよりも〇〇さんとの交流ワクワクさしてもらいました。

人のコトや相手のコトに繊細に気を配る心をもっているからコソの暖かい雰囲気などをつくれる〇〇さんの姿勢にほんとビックリさせされました。

この出会いを大切にしていきたいと思ってます、ありがとうございました。

①テーマは"感謝"
目的は感謝が伝わるコト
②どこが感謝したのか
例…あなたの繊細な配慮など
③感謝したストーリー
例…そこまで気づかいされてる配慮に僕はビックリしました、などなど
④感謝した理由
例…人に立場をチェンジできる繊細な感覚など
⑤まとめは感謝
例…今日はありがとうございました、など






↑このページのトップへ